Events: patch

Requires authorization 承認が必要

Updates an event. This method supports patch semantics. The field values you specify replace the existing values. Fields that you don’t specify in the request remain unchanged. Array fields, if specified, overwrite the existing arrays; this discards any previous array elements. Try it now. イベントを更新します。このメソッドはパッチのセマンティクスをサポートしています。指定したフィールド値は既存の値を置き換えます。リクエストで指定していないフィールドは変更されません。配列フィールドを指定すると、既存の配列が上書きされます。これにより、以前の配列要素は破棄されます。今すぐ試してください

Request要求

HTTP requestHTTPリクエスト

PATCH https://www.googleapis.com/calendar/v3/calendars/calendarId/events/eventId

Parametersパラメーター

Parameter nameパラメータ名 Value Description説明
Path parametersパスパラメータ
calendarId string Calendar identifier. To retrieve calendar IDs call the calendarList.list method. If you want to access the primary calendar of the currently logged in user, use the "primary" keyword. カレンダーID カレンダーIDを取得するには、calendarList.listメソッドを呼び出します。現在ログインしているユーザーのメインカレンダーにアクセスしたい場合は、primaryキーワード" "を使用してください。
eventId string Event identifier. イベントID
Optional query parametersオプションのクエリパラメータ
alwaysIncludeEmail boolean Whether to always include a value in the email field for the organizer, creator and attendees, even if no real email is available (i.e. a generated, non-working value will be provided). The use of this option is discouraged and should only be used by clients which cannot handle the absence of an email address value in the mentioned places. Optional. The default is False. email実際の電子メールが利用できない場合でも、開催者、作成者、および出席者 のフィールドに常に値を含めるかどうか(つまり、生成された、機能しない値が提供されます)。このオプションの使用は推奨されておらず、言及された場所に電子メールアドレス値が存在しないことを処理できないクライアントによってのみ使用されるべきです。オプションです。デフォルトはFalseです。
conferenceDataVersion integer Version number of conference data supported by the API client. Version 0 assumes no conference data support and ignores conference data in the event's body. Version 1 enables support for copying of ConferenceData as well as for creating new conferences using the createRequest field of conferenceData. The default is 0. Acceptable values are 0 to 1, inclusive. APIクライアントによってサポートされている会議データのバージョン番号。バージョン0では、会議データがサポートされていないと想定し、イベント本体の会議データを無視します。バージョン1では、ConferenceDataのコピーをサポートし、conferenceDataのcreateRequestフィールドを使用して新しい会議を作成することもできます。デフォルトは0です。許容値は0to 1です。
maxAttendees integer The maximum number of attendees to include in the response. If there are more than the specified number of attendees, only the participant is returned. Optional. 応答に含める参加者の最大数。指定した数を超える出席者がいる場合は、参加者だけが返されます。オプションです。
sendNotifications boolean Deprecated. Please use sendUpdates instead.

Whether to send notifications about the event update (for example, description changes, etc.). Note that some emails might still be sent even if you set the value to false. The default is false. 廃止予定です。代わりにsendUpdatesを使ってください。

イベントの更新に関する通知を送信するかどうか(説明の変更など)。に値を設定しても、電子メールが送信される可能性があることに注意してくださいfalse。デフォルトはfalseです。
sendUpdates string Guests who should receive notifications about the event update (for example, title changes, etc.).

Acceptable values are:
  • "all": Notifications are sent to all guests. " all":すべてのゲストに通知が送信されます。
  • "externalOnly": Notifications are sent to non-Google Calendar guests only. " externalOnly":通知は、Googleカレンダー以外のゲストにのみ送信されます。
  • "none": No notifications are sent. This value should only be used for migration use cases (note that in most migration cases the import method should be used). " none":通知は送信されません。この値は、マイグレーションのユースケースにのみ使用する必要があります(ほとんどのマイグレーションのケースでは、インポート方式を使用する必要があります)。
supportsAttachments boolean Whether API client performing operation supports event attachments. Optional. The default is False. 操作を実行しているAPIクライアントがイベント添付をサポートするかどうか。オプションです。デフォルトはFalseです。

Authorization承認

This request requires authorization with at least one of the following scopes (read more about authentication and authorization).この要求には、以下の範囲のうちの少なくとも1つを使用した許可が必要です(認証および許可について詳しく読む)。

Scope範囲
https://www.googleapis.com/auth/calendar
https://www.googleapis.com/auth/calendar.events

Request bodyリクエストボディ

In the request body, supply the relevant portions of an Events resource, according to the rules of patch semantics.リクエスト本文で、パッチのセマンティクスの規則に従って、Eventsリソースの関連部分を指定します。

Response応答

If successful, this method returns an Events resource in the response body.成功した場合、このメソッドはレスポンスボディにEventsリソースを返します。

Try it!それを試してみてください!

Use the APIs Explorer below to call this method on live data and see the response. 以下のAPI Explorerを使用して、ライブデータに対してこのメ??ソッドを呼び出して応答を確認してください。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

zend_mm_heap corrupted とは

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る