Time measure タイムメジャー

Measure=Time measures a date and time.Measure=Time 日付と時刻を測定します。

By default this is simply the current system date and time. The string representation desired for the date and / or time of the measure is then defined by using the Format option.デフォルトでは、これは単に現在のシステムの日付と時刻です。小節の日付や時刻に必要な文字列表現は、フォーマットオプションを使用して定義します。

Optionsオプション

General measure options一般的な測定オプション

All general measure options are valid.一般的な測定オプションはすべて有効です。

Format Default: %H:%M:%SFormat デフォルト: %H:%M:%S

Display format for the string value of the measure. This can be any combination of text and Time Format codes.メジャーの文字列値の表示形式。これは、テキストとタイムフォーマットコードの任意の組み合わせです。

An example might be:例は次のとおりです。

  • Format=%A, %B %#d, %Y %#I:%M %p
    Tuesday, January 27, 2015 3:22:30 PMFormat=%A, %B %#d, %Y %#I:%M %p
    2015年1月27日火曜日15:22:30

If Format is not defined, the string value returned is in the default format %H:%M:%S, however the number value will be a Windows timestamp. If Format is defined, the number value will be the value defined by the format, or zero if the format does not define a numeric value.Formatが定義されていない場合、返される文字列値はデフォルトの形式になります%H:%M:%Sが、数値Windowsのタイムスタンプになります。Formatが定義されている場合、数値はフォーマットで定義された値になります。フォーマットが数値を定義していない場合は、ゼロになります。

Note: If a Format option is defined, the Windows timestamp value of the measure can still be retrieved and used with the [MeasureName:Timestamp] section variable measure modifier.注: [形式]オプションが定義されている場合でも、メジャーのWindowsタイムスタンプ値を取得して[MeasureName:Timestamp]セクションの変数メジャー修飾子と共に使用できます。

TimeStamp

The TimeStamp option is used to define an alternative to the default current system date and time used by the measure.TimeStampオプションは、数値データによって使用されるデフォルトの現在のシステムの日付と時刻に代わるものを定義するために使用されます。

This option can take one of several forms:このオプションは、いくつかの形式のうちの1つをとることができます。

A numeric Windows timestamp.数値のWindowsタイムスタンプ。

If TimeStamp is a numeric Windows timestamp or a formula defining a Windows timestamp, then this number, in one-second increments since January 1, 1601, will be used as the basis for measuring the date and time.TimeStampがWindowsのタイムスタンプの数値またはWindowsのタイムスタンプを定義するである場合、この数値は、1601年1月1日から1秒単位で、日付と時刻を測定するための基準として使用されます。

Daylight Saving Time codes夏時間コード

This can be one of several TimeStamp codes that represent various Daylight Saving Time values.これは、さまざまなサマータイム値を表すタイムスタンプコードの1つです。

  • TimeStamp=DSTNextStart
    Returns the local date and time of the next start of Daylight Saving Time.TimeStamp = 次回の夏時間の開始のDSTNextStart
    現地の日時を返します。
  • TimeStamp=DSTNextEnd
    Returns the local date and time of the next end of Daylight Saving Time.TimeStamp = 夏時間DSTNextEnd
    次の終了時刻の現地の日時を返します。
  • TimeStamp=DSTStart
    Returns the local date and time of the start of Daylight Saving Time for the current year.TimeStamp = 現在の年のDSTStart
    夏時間の開始の現地の日時を返します。
  • TimeStamp=DSTEnd
    Returns the local date and time of the end of Daylight Saving Time for the current year.タイムスタンプは= DSTEnd
    のために夏時間の終わりのローカルの日付と時刻を返し、現在の年。
  • TimeStamp=DSTStartYYYY
    Returns the local date and time of the start of Daylight Saving Time for a defined year.
    Example: TimeStamp=DSTStart2016TimeStamp = 定義された年のDSTStartYYYY
    夏時間の開始の現地の日時を返します。例:
    TimeStamp=DSTStart2016
  • TimeStamp=DSTEndYYYY
    Returns the local date and time of the end of Daylight Saving Time for a defined year.
    Example: TimeStamp=DSTEnd2016TimeStamp = 定義された年のDSTEndYYYY
    夏時間の終わりの現地の日時を返します。例:
    TimeStamp=DSTEnd2016

Notes:These values cannot be modified with the TimeZone option to obtain valid Daylight Saving Time information for another location. These are always based on the information for the local computer.注:これらの値は、他の場所の有効な夏時間情報を取得するためにTimeZoneオプションを使用して変更することはできません。これらは常にローカルコンピュータの情報に基づいています。

Also see SysInfoType Time Zone values on SysInfo plugin measures.SysInfoプラグインメジャーのSysInfoTypeタイムゾーン値も参照してください。

A formatted date and time string.フォーマットされた日付と時刻の文字列

TimeStamp can be any formatted date and/or time string. This might be a string the skin retrieves from a website with the WebParser plugin, or any string value that represents a date and/or time defined for the option.TimeStampは、任意の書式設定された日付または時刻文字列、あるいはその両方です。これは、スキンがWebParserプラグインを使用してWebサイトから取得する文字列、またはオプションに定義された日付や時刻を表す任意の文字列値です。

Some examples might be:いくつかの例があります:

  • TimeStamp=2015-01-27T15:22:30Z
  • TimeStamp=Tue, 27 Jan 2015 15:22:30
  • TimeStamp=1/27/2105 15:22:30
  • TimeStamp=Tuesday, January 27, 2015 at 15:22:30

Any date and time format can be used, as long as the constituent values can be expressed with any combination of the the Time Format codes and text. This form of the TimeStamp option MUST be used in conjunction with a matching TimeStampFormat option, which will be used to create a mask that will define the structure and values of the date and time string.構成値がTime Formatコードとテキストの任意の組み合わせで表すことができる限り、任意の日付および時刻形式を使用できます。この形式のTimeStampオプションは、一致するTimeStampFormatオプションと組み合わせて使用する必要があります。これは、日付と時刻の文字列の構造と値を定義するマスクを作成するために使用されます。

TimeStampFormat

The TimeStampFormat option creates a mask that defines the structure and values used in a matching TimeStamp formatted date and/or time string. If the TimeStamp option is not defined, or if the TimeStampFormat mask does not match the format of the TimeStamp option, an error will be produced.TimeStampFormatオプションは、一致するTimeStamp形式の日付または時刻文字列、あるいはその両方で使用される構造と値を定義するマスクを作成します。TimeStampオプションが定義されていない場合、またはTimeStampFormatマスクがTimeStampオプションの形式と一致しない場合は、エラーが発生します。

The TimeStampFormat is created with any combination of the the Time Format codes and text, to create a mask of the TimeStamp option's formatted date and/or time string.

Some examples might be:いくつかの例があります:

  • TimeStamp=2015-01-27T15:22:30Z
    TimeStampFormat=%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ
  • TimeStamp=Tue, 27 Jan 2015 15:22:30
    TimeStampFormat=%a, %#d %b %Y %H:%M:%S
  • TimeStamp=1/27/2105 15:22:30
    TimeStampFormat=%#m/%#d/%Y %H:%M:%S
  • TimeStamp=Tuesday, January 27, 2015 at 15:22:30
    TimeStampFormat=%A, %B %#d, %Y at %H:%M:%S

In this usage, the TimeStamp and TimeStampFormat options are used together to turn a formatted string into a valid Windows timestamp. That timestamp value can be used for mathematical comparisons or formulas, or the Format and FormatLocale options can be used to format the timestamp any way desired for display.この使用法では、TimeStampオプションとTimeStampFormatオプションを一緒に使用して、フォーマットされた文字列を有効なWindowsタイムスタンプに変換します。そのタイムスタンプ値は、数学的な比較や数式に使用することができます。または、FormatおよびFormatLocaleオプションを使用して、表示に必要な方法でタイムスタンプをフォーマットすることができます。

Note: These values cannot evaluate any time zone information in the string and cannot be modified with the TimeZone option. What is internally arrived at by the measure is a resolution of the date and/or time string to a Windows timestamp, which is a number of seconds since January 1, 1601, and independent of any time zone.注:これらの値は、文字列内のタイムゾーン情報を評価できず、TimeZoneオプションを使用して変更することはできません。このメジャーによって内部的に到達されるのは、Windowsのタイムスタンプに対する日付および/または時刻の文字列の解決です。これは、1601年1月1日からの秒数であり、どのタイムゾーンにも依存しません。

TimeStampLocale

An optional value that defines the "language / locale" that the formatted date / time string defined in TimeStamp is in.TimeStampで定義されたフォーマットされた日付/時刻文字列が含まれている "言語/ロケール"を定義するオプションの値。

This will allow a TimeStamp formatted string that is in a particular language / locale to be properly resolved when TimeStampFormat is defined. The TimeStamp and TimeStampFormat options are required to use this option.これにより、TimeStampFormatが定義されているときに、特定の言語/ロケールのTimeStamp形式の文字列を正しく解決できます。このオプションを使用するには、TimeStampオプションとTimeStampFormatオプションが必要です。

An example might be:

TimeStamp=Montag, 16. Februar 2015 13:10:45
TimeStampFormat=%A, %d. %b %Y %H:%M:%S
TimeStampLocale=de-DE例は次のとおりです。

TimeStamp=Montag, 16. Februar 2015 13:10:45
TimeStampFormat=%A, %d. %b %Y %H:%M:%S
TimeStampLocale=de-DE

The values for this option can be found at NLS Language / Locale Identifiers. The values in the columns "Culture Name" or "Language Name Abbreviation" or "Language" can be used. Be sure to select your Windows version from the pull-down on the top left to get the most accurate information.

Hint: In addition, a combination of "Language", an "_" underscore, "Country" (from inside the parentheses in the "Locale" column) a "." dot and the value of the "ANSI Codepage" column can be used to be very specific.

Some examples might be:いくつかの例があります:

  • TimeStampLocale=de-DE
    The "Culture Name" value for German - GermanyTimeStampLocale=de-DE
    ドイツ語 - ドイツの "Culture Name"値
  • TimeStampLocale=FRA
    The "Language Name Abbreviation" for FrenchTimeStampLocale=FRA
    フランス語の「言語名の省略形」
  • TimeStampLocale=Russian_Russia.1251
    The "Language"_"Country"."ANSI Codepage" for Russian - Russia using codepage 1251TimeStampLocale=Russian_Russia.1251
    コードページ1251を使用しているロシア語 - ロシアの "言語" _ "国"。 "ANSIコードページ"

Note: While the NLS Language / Locale information is included with all versions of Windows XP (Service Pack 2) or later, extraordinarily rare cases of missing or damaged information can be corrected by downloading and installing the package at Microsoft National Language Support Downlevel APIs 1.0.注: NLS言語/ロケール情報はWindows XP(Service Pack 2)以降のすべてのバージョンに含まれていますが、情報が欠落しているか破損しているという非常にまれなケースはMicrosoft National Language Support Downlevel API 1.0でパッケージをダウンロードおよびインストールすることによって修正できます。

FormatLocale Default: A standard English formatFormatLocale デフォルト:標準の英語フォーマット

An optional value that defines the "language / locale" that the measure value formatted by the Format option will be displayed in.[フォーマット]オプションでフォーマットされた数値データが表示される "言語/ロケール"を定義するオプションの値。

This will allow a Time measure's value to be automatically "translated", and displayed in a particular language when used with the Format option. This will translate things like the "month name", "day of week name" and other text values to the language defined in this option.これにより、タイムメジャーの値が自動的に「翻訳」され、フォーマットオプションと一緒に使用したときに特定の言語で表示されるようになります。これは、 "月名"、 "曜日名"などのテキスト値をこのオプションで定義されている言語に変換します。

The values for this option are the same ones defined for the TimeStampLocale option.このオプションの値は、TimeStampLocaleオプションに定義されているものと同じです。

In addition, using the value Local, e.g. FormatLocale=Local on the measure will cause the output format to automatically use the date / time "locale" language and format set in Windows for the machine the skin is running on, rather than defaulting to a standard platform-agnostic "English" representation.さらにLocal、たとえばFormatLocale=Localメジャーなどに値を使用すると、標準のプラットフォームに依存しないデフォルトではなく、スキンが実行されているマシンに対して、Windowsで設定されている日付/時刻の「ロケール」言語およびフォーマットが自動的に使用されます。 「英語」表現

Examples might be:例は次のとおりです。

TimeStamp=Wednesday, February 18, 2015 at 01:07:40
TimeStampFormat=%A, %B %#d, %Y at %H:%M:%S
TimeStampLocale=en-US
FormatLocale=de-DE
Format=%#c
Result in a String meter: Mittwoch, 18. Februar 2015 01:07:40TimeStamp=Wednesday, February 18, 2015 at 01:07:40
TimeStampFormat=%A, %B %#d, %Y at %H:%M:%S
TimeStampLocale=en-US
FormatLocale=de-DE
Format=%#c
文字列メーターの結果:Mittwoch、18 Februar 2015 01:07:40

TimeStamp=Wednesday, February 18, 2015 at 01:07:40
TimeStampFormat=%A, %B %#d, %Y at %H:%M:%S
TimeStampLocale=en-US
FormatLocale=Local
Format=%#c
The result in a String meter will be the language and format representation appropriate for the system the skin is running on.TimeStamp=Wednesday, February 18, 2015 at 01:07:40
TimeStampFormat=%A, %B %#d, %Y at %H:%M:%S
TimeStampLocale=en-US
FormatLocale=Local
Format=%#c
文字列メーターの結果は、スキンが実行されているシステムに適した言語と形式の表現になります。

Note: While any Format string desired can be used, the codes like %#c that return long or short representations of the date and/or time for the system locale or the locale defined by TimeStampLocale or FormatLocal are particularly useful for easily changing between locale values from the "input" to the "output". Not only will it use the language defined by the locale, but also with the appropriate order, structure and punctuation.

TimeZone Default: localTimeZone デフォルト: local

If specified, GMT time is used, modified with the specified positive or negative offset number. E.g. TimeZone=-5 would measure the time as GMT -5.0. If not specified, or set to local, local time for the computer is used.指定した場合、GMT時刻が使用され、指定した正または負のオフセット番号で修正されます。例えばTimeZone=-5として時間を測定しGMT -5.0ます。指定しない場合、または設定した場合はlocal、コンピューターの現地時間が使用されます。

DaylightSavingTime Default: 1DaylightSavingTime デフォルト: 1

If DaylightSavingTime is set to 0 and TimeZone is supplied, the current local offset for Daylight Saving Time is not applied to the value.DaylightSavingTimeがに設定され0TimeZone指定されている場合、夏時間の現在のローカルオフセットは値に適用されません。

Note: All locations do not follow the same Daylight Saving Time schedule, if any. If a Time measure is intended to provide the time in a specific location, and that location follows a different schedule from the user's local system, the default value will be wrong on certain dates over the course of the year. In order to provide an accurate time, DaylightSavingTime must be set to 0, and TimeZone must be set in a way that accounts for the current Daylight Saving Time rules for that location.注:ある場合、すべての場所が同じ夏時間スケジュールに従いません。時間メジャーが特定の場所の時間を提供することを目的としており、その場所がユーザーのローカルシステムとは異なるスケジュールに従っている場合、その年の間の特定の日付ではデフォルト値が間違っています。正確な時間を指定するには、にDaylightSavingTime設定し0TimeZoneその場所の現在の夏時間規則を考慮して設定する必要があります。

Format codesフォーマットコード

The following formatting codes are used in the Format and TimeStampFormat options.FormatおよびTimeStampFormatオプションでは、次のフォーマットコードが使用されています。

  • %a: Abbreviated weekday name. (e.g. "Sat")%a:曜日名の略称。(例:「土」)
  • %A: Full weekday name. (e.g. "Saturday")%A:平日のフルネーム。(例:「土曜日」)
  • %b: Abbreviated month name. (e.g. "Dec")%b:月名の略称 (例: "Dec")
  • %B: Full month name. (e.g. "December")%B:月名 (例: "12月")
  • %c: Abbreviated date and time for system or defined locale. (e.g. "Sat Dec 26 22:55:03 2015")%c:システムまたは定義されたロケールの省略形の日時。(例: "Sat Dec 26 22:55:03 2015")
  • %#c: Long date and time for system or defined locale. (e.g. "Saturday, December 26, 2015, 22:55:03")%#c:システムまたは定義されたロケールの長い日時。(例:「2015年12月26日(土)22:55:03)」
  • %C: Century. Year divided by 100 and truncated to integer. (00 - 99)%C: 世紀。年を100で割って整数に切り捨てた。(00〜99)
  • %d: Day of month as number, zero padded (01 - 31).%d:月の日数、0で埋められたゼロ(01 - 31)
  • %D: Short MM/DD/YY date, equivalent to %m/%d/%y (e.g. "12/26/15")%D:短いMM / DD / YY日付。%m /%d /%yに相当します(例 "12/26/15")
  • %e: Day of month as number, space padded. ( 1 - 31).%e:月の日数、スペースの入ったスペース (1 - 31)
  • %F: Short YYYY-MM-DD date, equivalent to %Y-%m-%d (e.g. "2015-12-26")%F:短いYYYY-MM-DDの日付、%Y-%m-%dに相当(例えば "2015-12-26")
  • %g: Week-based year, last two digits. (00 - 99)%g:週ベースの年、下2桁。(00〜99)
  • %G: Week-based year. (e.g. "2015")%G:週ベースの年 (例:「2015」)
  • %h: Abbreviated month name, equivalent to %b. (e.g. "Dec")%h:月名の省略形、%bと同等 (例: "Dec")
  • %H: Hour in 24-hour format (00 - 23).%H:24時間形式(00 - 23)で時間を表示します。
  • %I: Hour in 12-hour format (01 - 12).%I:12時間制の時間(01 - 12)
  • %j: Day of year as number (001 - 366).%j:年としての曜日(001 - 366)
  • %m: Month as number (01 - 12).%m:月を数字で表したもの(01 - 12)。
  • %M: Minute as number (00 - 59).%M:分(00 - 59)としての分。
  • %n: Newline character. (\n)%n:改行文字 (\ n)
  • %p: AM/PM indicator for 12-hour clock.%p:12時間表示のAM / PMインジケーター。
  • %r: Full 12-hour clock time. (e.g. "10:55:03 pm")%r:フル12時間制 (例: "10:55:03 pm")
  • %R: 24-hour HH:MM clock time. (e.g. "22:55")%R:24時間HH:MMの時刻。(例 "22:55")
  • %S: Second as number (00 - 59).%S:2番目の数字(00 - 59)
  • %t: Horizontal-tab character. (\t)%t:水平タブ文字。(\ t)
  • %T: ISO 8601 HH:MM:SS time format, equivalent to %H:%M:%S. (e.g. 22:55)%T:ISO 8601 HH:MM:SS時刻フォーマット。%H:%M:%Sと同じです。(例22:55)
  • %u: ISO 8601 weekday as number with Monday as first day of week. (1 - 7)%u:月曜日を週の最初の日として、ISO 8601の曜日を数字で表したもの。(1 - 7)
  • %U: Week of year number, with the first Sunday as first day of week one. (00 - 53)%U:年の週番号。最初の日曜日を週1の最初の日とします。(00〜53)
  • %V: ISO 8601 week of year number (01 - 53)%V:ISO 8601の週番号(01 - 53)
  • %w: Weekday as number with Sunday as first day of week. (0 - 6)%w:週の最初の日としての日曜日と数としての平日。(0 - 6)
  • %W: Week of year as number, with first Monday as first day of week one. (00 - 53)%W:週の最初の日として最初の月曜日を使用して、番号として年の週。(00〜53)
  • %x: Short date representation for system or defined locale. (e.g. "12/26/15")%x:システムまたは定義されたロケールの短い日付表現 (例 "12/26/15")
  • %#x: Long date representation for system or defined locale. (e.g. "Saturday, December 26, 2015")%#x:システムまたは定義されたロケールの長い日付表現 (例:「2015年12月26日(土)」)
  • %X: Time representation for system or defined locale. (e.g. "22:55:03")%X:システムまたは定義されたロケールの時間表現 (例 "22:55:03")
  • %y: Year without century (00 - 99).%y:世紀のない年(00 - 99)
  • %Y: Year with century.%Y:世紀の年。
  • %z: ISO 8601 offset from UTC in timezone. (e.g. "-0500")%z:ISO 8601はUTCからタイムゾーンでオフセットされています。(例 "-0500")
  • %Z: Time zone name. These are for the system locale, and cannot be modified using FormatLocale. (e.g. "Eastern Standard Time")%Z:タイムゾーン名 これらはシステムロケール用であり、を使用して変更することはできませんFormatLocale。(例:「東部標準時」)
  • %%: Percent sign.%%:パーセント記号。
  • locale-date: Default system date for the system locale. This code cannot be modified by using TimeStampLocale or FormatLocale.locale-dateシステムロケールのデフォルトのシステム日付。TimeStampLocaleまたはを使用してこのコードを変更することはできませんFormatLocale
  • locale-time: Default system time for the system locale. This code cannot be modified by using TimeStampLocale or FormatLocale.locale-timeシステムロケールのデフォルトのシステム時刻。TimeStampLocaleまたはを使用してこのコードを変更することはできませんFormatLocale

# modifier: Removes leading zeros in the following numeric codes:
%#d, %#H, %#I, %#j, %#m, %#M, %#S, %#U, %#w, %#W, %#y, %#Y修飾子:次の数値コードの先頭のゼロを削除します。
%#d, %#H, %#I, %#j, %#m, %#M, %#S, %#U, %#w, %#W, %#y, %#Y

E modifier: Uses the system locale alternative representation for the following codes:
%Ec, %EC, %Ex, %EX, %Ey, %EYE修飾子:次のコードにシステムロケールの代替表現を使用します。
%Ec, %EC, %Ex, %EX, %Ey, %EY

O modifier: Uses the system locale alternative representation for the following codes:
%Od, %Oe, %OH, %OI, %Om, %OM, %OS, %Ou, %OU, %OV, %Ow, %OW, %OyO修飾子:次のコードにシステムロケールの代替表現を使用します。
%Od, %Oe, %OH, %OI, %Om, %OM, %OS, %Ou, %OU, %OV, %Ow, %OW, %Oy

Example

[Rainmeter]
Update=1000
BackgroundMode=2
SolidColor=0,0,0,255

[MeasureDate]
Measure=Time
Format=%A, %B %#d, %Y

[Measure12HrTime]
Measure=Time
Format=%#I:%M %p

[Measure24HrTime]
Measure=Time
Format=%H:%M

[MeterText]
Meter=String
MeasureName=MeasureDate
MeasureName2=Measure12HrTime
MeasureName3=Measure24HrTime
X=5
Y=5
W=200
H=25
FontColor=255,255,255,255
Text="Date: %1, 12-hour time: %2, 24-hour time: %3"

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

instanceof 演算子

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る