IISのインストールと設定

高級なWindowsのエディションには、IIS(インターネットインフォメーションサービス)のインストールプログラムが標準で組み込まれているため、ダウンロードなどをしなくても インストールすることができます。
IISにはWebサーバの機能以外にFTPサーバ、SMTPサーバの機能も含まれています。
SMTPサーバの機能は管理者にエラーを報告するために含まれているため、高度なことはできません。またSMTPサーバはIIS7.0以降では削除されています。
初期にはインターネットインフォメーションサーバーとされていましたが、 バージョン5.0以降よりインターネットインフォメーションサービスとなっています。

Internet Information Server

IIS 1.0Windows NT 3.51 のフリーアドオン
IIS 2.0Windows NT 4.0
IIS 3.0Windows NT 4.0 Service Pack 3
IIS 4.0Windows NT 4.0 Option Pack

Internet Information Services

IIS 5.0Windows 2000
IIS 5.1Windows XP Professional
IIS 6.0Windows Server 2003 と Windows XP Professional x64 Edition
IIS 7.0Windows Vista と Windows Server 2008
IIS 7.5Windows 7 と Windows Server 2008 R2

セキュリティ

IIS 6.0でアーキテクチャを大幅に変更し、セキュリティが向上しています。
それ以前の4.0、5.0、5.1では、セキュリティ対策用のツール「IIS Lockdown Wizard ツール」をインストールすることでセキュリティが向上します。

IIS Lockdown Wizard ツール

インストール

スタート→コントロールパネル


プログラムの追加と削除


Windowsコンポーネントの追加と削除


インターネット インフォメーションサービス(IIS)


追加オプションを選びます。


『次へ』をクリックするとインストールが始まります。


インストールが完了したら『完了』をクリックします。
インストールが完了した時点からIISのサービスは開始されています。


C:\Inetpub\wwwroot 以下が公開層になるので、ここにファイルを設置すると、ブラウザから確認することができます。
ファイル名Default.htm がApacheのindex.htmlに相当します。

設定

IISの設定画面を開く方法です。

マイコンピュータを右クリックして『管理』を開きます。


サービスとアプリケーション下のインターネットインフォメーションサービス以下がIISに関する設定項目です。


規定のWebサイトを右クリックして『プロパティ』を開きます。


下の画面がIISを設定する画面です。


インストールされているサービスによっては次のような画面になります。


設定画面はコントロールパネルからも開くことができます。

コントロールパネルより『パフォーマンスとメンテナンス』を開きます。


『管理ツール』を開きます。


『インターネットインフォメーションサービス』を開きます。


管理ツールより開いた場合は、マイコンピュータから開いた場合と違いIISの設定のみが表示されます。

仮想ディレクトリの作成

仮想ディレクトリを作成する方法です。

規定のWebサイトを右クリックして、『新規作成』→『仮想ディレクトリ』を開きます。




エイリアス名を入力します。


ディレクトリを指定します。


アクセス権限を指定します。




一覧に作成した仮想ディレクトリが表示されます。


右クリックしてプロパティを開くと、仮想ディレクトリの設定画面が表示されます。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

[暗号化]ブロック暗号とは(AES/DES/Blowfish PKCS5Padding ECB/CBC IV)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る