Mercurial設定ファイル

Mercurial設定ファイルの場所

マシン全体で共通に設定する

Windows版の場合

Mercurialインストールディレクトリ以下のMercurial.ini
C:\Program Files\Mercurial\Mercurial.ini

Linux版の場合

/etc/mercurial/hgrc

ユーザー毎に設定する

Windows版の場合

環境変数HOMEが指すディレクトリにある .hgrc ファイル
環境変数HOMEが指すディレクトリにある Mercurial.ini ファイル
環境変数USRPROFILEが指すディレクトリにある Mercurial.ini ファイル

Linux版の場合

$HOME/.hgrc

リポジトリ毎に設定する

Windows版、Linux版共通

【hgプロジェクトのルートディクレクトリ】/.hg/hgrc

Mercurial設定例

[ui]
ignore = 【無視リストファイルの保存先】

[ui]
editor = 【テキストエディタのパス】

[merge-tools]
マージツールの一覧を参照

.hgignoreファイル 無視リスト

.hgignoreファイルをhgプロジェクトのルートディクレクトリに設置することで、 Mercurialでのバージョン管理から除外するファイルを指定することができます。 syntaxによって、ファイル解析の方法を変更することができ、また両方の指定をすることもできます。

指定値解析方法
globワイルドカード
regexp正規表現

この無視リストというのは、status / add / push などのときにデフォルトの対象からはずすということなので、 無視リストに該当するファイルでも、指定するとバージョン管理下に置くことができます。

syntax: glob
*.log
.htaccess
cache/*
tmp/*
syntax: regexp
\.log
\.htaccess
^cache/.*
^tmp/.*

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Meters メーター

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る