REGR_COUNT関数 回帰直線の調整に使用されるnull以外の数値のペアの数を表す整数を返す

構文

REGR_COUNT( e1 ,e2 )

戻り値

数値

n ⇒ y パーテションを指定する式
m ⇒ x 順位を計算する上で評価を行う式

対応SQL

  • Oracle
  • DB2

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

member_configのname_value_hashのルール

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る