『開始タグ』と『閉じタグ』

HTMLは<…>〜</…>で表されるタグで囲われます。
始まりを『開始タグ』、終わりを『閉じタグ』または『終了タグ』といいます。
HTMLでは宣言とコメントを除くすべてのタグで『開始タグ』と『閉じタグ』が必ず対となっています。
改行を表すBRタグなどは、囲う内容がないため<br>のみになりますが、これは正確には<br></br>と記述します。
ただこのようにしてしまうと対応していない古いブラウザ・仕様があるため、<br />のような短縮形の最小化タグ文法を使うことが推奨されています。
タグ内の『スペース+ / 』で内容のないタグを表現します。<br></br> = <br />

[参考記事] BRタグが<br />と書ける理由 『<br> → <br /』で『</br> → >』になる

同じタグで複数回囲うことを『ネストする』または『入れ子にする』といいます。

古い仕様では『開始タグ』のみが必須で、『閉じタグ』は補完して認識されていました。

<p>テキスト
<p>テキスト

このように書くと

<p>テキスト</p>
<p>テキスト</p>

ブラウザでは『閉じタグ』が補完されて認識されます。

閉じタグが省略可能かどうかはDTDに書かれていますが、最近の仕様にあわせると省略しないほうがいいです。
HTML 4.01 Strict DTD

!ELEMENT BR - O EMPTY
!ELEMENT BODY O O
!ELEMENT AREA - O EMPTY
!ELEMENT LINK - O EMPTY
!ELEMENT IMG - O EMPTY
!ELEMENT HR - O EMPTY
!ELEMENT P - O
!ELEMENT DT - O
!ELEMENT DD - O
!ELEMENT LI - O
!ELEMENT INPUT - O
!ELEMENT OPTION - O
!ELEMENT THEAD - O
!ELEMENT TFOOT - O
!ELEMENT TBODY O O
!ELEMENT COLGROUP - O
!ELEMENT COL - O EMPTY
!ELEMENT TR - O
!ELEMENT (TH|TD) - O
!ELEMENT HEAD O O
!ELEMENT BASE - O EMPTY
!ELEMENT META - O EMPTY
!ELEMENT HTML O O

- O 閉じタグのみ省略可能
O O 開始タグ、閉じタグが省略可能

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

NULLIF関数 等しい場合にNULLを返す

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る