clone

NAME

git-clone - Clone a repository into a new directorygit-clone - リポジトリを新しいディレクトリにクローンする

SYNOPSIS概要

git clone [--template=<template_directory>]
	  [-l] [-s] [--no-hardlinks] [-q] [-n] [--bare] [--mirror]
	  [-o <name>] [-b <name>] [-u <upload-pack>] [--reference <repository>]
	  [--dissociate] [--separate-git-dir <git dir>]
	  [--depth <depth>] [--[no-]single-branch] [--no-tags]
	  [--recurse-submodules[=<pathspec>]] [--[no-]shallow-submodules]
	  [--jobs <n>] [--] <repository> [<directory>]

DESCRIPTION説明

Clones a repository into a newly created directory, creates remote-tracking branches for each branch in the cloned repository (visible using git branch -r), and creates and checks out an initial branch that is forked from the cloned repository’s currently active branch.リポジトリを新しく作成されたディレクトリにクローンし、クローンされたリポジトリの各ブランチに対してリモートトラッキングブランチを作成し(を使って表示git branch -r)、クローンされたリポジトリの現在アクティブなブランチから分岐した最初のブランチを作成してチェックアウトします。

After the clone, a plain git fetch without arguments will update all the remote-tracking branches, and a git pull without arguments will in addition merge the remote master branch into the current master branch, if any (this is untrue when "--single-branch" is given; see below).クローン作成後、git fetch引数なしのプレーンはすべてのリモートトラッキングブランチを更新し、git pull引数なしの場合はさらにリモートマスターブランチを現在のマスターブランチにマージします( "--single-branch"がある場合は正しくありません)。与えられる;下記参照)。

This default configuration is achieved by creating references to the remote branch heads under refs/remotes/origin and by initializing remote.origin.url and remote.origin.fetch configuration variables.このデフォルト設定は、リモートブランチヘッドへの参照を作成し、変数をrefs/remotes/origin初期化remote.origin.urlしてremote.origin.fetch設定することによって実現されます。

OPTIONSオプション

--local - 地元
-l

When the repository to clone from is on a local machine, this flag bypasses the normal "Git aware" transport mechanism and clones the repository by making a copy of HEAD and everything under objects and refs directories. The files under .git/objects/ directory are hardlinked to save space when possible.クローンを作成するリポジトリがローカルマシン上にある場合、このフラグは通常の "Git aware"トランスポートメカニズムをバイパスし、HEADとオブジェクトの下にあるすべてのもののコピーを作成してディレクトリを参照することによってリポジトリを複製します。.git/objects/ディレクトリの下のファイルは、可能な限りスペースを節約するためにハードリンクされています。

If the repository is specified as a local path (e.g., /path/to/repo), this is the default, and --local is essentially a no-op. If the repository is specified as a URL, then this flag is ignored (and we never use the local optimizations). Specifying --no-local will override the default when /path/to/repo is given, using the regular Git transport instead.リポジトリがローカルパス(例/path/to/repo:)として指定されている場合、これがデフォルトになり、 - localは基本的に何もしません。リポジトリがURLとして指定されている場合、このフラグは無視されます(そしてローカルの最適化は使用されません)。代わりに通常のGitトランスポートを使用して、指定--no-localするとデフォルトが指定されたときに上書きされます/path/to/repo

Force the cloning process from a repository on a local filesystem to copy the files under the .git/objects directory instead of using hardlinks. This may be desirable if you are trying to make a back-up of your repository..git/objectsハードリンクを使用する代わりに、ローカルファイルシステムのリポジトリからクローン作成プロセスを実行して、ディレクトリの下にファイルをコピーします。あなたがあなたのリポジトリのバックアップを作成しようとしているなら、これは望ましいかもしれません。

--shared
-s

When the repository to clone is on the local machine, instead of using hard links, automatically setup .git/objects/info/alternates to share the objects with the source repository. The resulting repository starts out without any object of its own.クローン作成するリポジトリがハードリンクを使用する代わりにローカルマシン上にある場合は、自動的.git/objects/info/alternatesにオブジェクトをソースリポジトリと共有するように設定します。結果として得られるリポジトリは、それ自身のオブジェクトなしで始まります。

NOTE: this is a possibly dangerous operation; do not use it unless you understand what it does. If you clone your repository using this option and then delete branches (or use any other Git command that makes any existing commit unreferenced) in the source repository, some objects may become unreferenced (or dangling). These objects may be removed by normal Git operations (such as git commit) which automatically call git gc --auto. (See git-gc[1].) If these objects are removed and were referenced by the cloned repository, then the cloned repository will become corrupt.:これはおそらく危険な操作です。んではないあなたはそれが何をするかを理解しない限り、それを使用しています。このオプションを使用してリポジトリのクローンを作成してからソースリポジトリ内のブランチを削除する(または既存のコミットを参照されないようにするその他のGitコマンドを使用する)と、オブジェクトが参照されなくなることがあります。これらのオブジェクトは、git commit自動的に呼び出される通常のGit操作(など)によって削除される可能性がありますgit gc --auto。(git-gc [1]を参照。)これらのオブジェクトが削除され、クローンリポジトリによって参照されている場合、クローンリポジトリは破損します。

Note that running git repack without the -l option in a repository cloned with -s will copy objects from the source repository into a pack in the cloned repository, removing the disk space savings of clone -s. It is safe, however, to run git gc, which uses the -l option by default.でクローンを作成したリポジトリでオプションを指定せgit repackずに実行-lする-sと、ソースリポジトリからクローンリポジトリのパックにオブジェクトがコピーされ、ディスク領域の節約になりclone -sます。ただし、実行するのが安全です。デフォルトgit gcではこの-lオプションが使用されます。

If you want to break the dependency of a repository cloned with -s on its source repository, you can simply run git repack -a to copy all objects from the source repository into a pack in the cloned repository.クローン作成されたリポジトリと-sそのソースリポジトリとの依存関係を解消したい場合は、単に実行git repack -aすることで、ソースリポジトリのすべてのオブジェクトをクローンリポジトリのパックにコピーすることができます。

--reference[-if-able] <repository> --reference [-if-able] <リポジトリ>

If the reference repository is on the local machine, automatically setup .git/objects/info/alternates to obtain objects from the reference repository. Using an already existing repository as an alternate will require fewer objects to be copied from the repository being cloned, reducing network and local storage costs. When using the --reference-if-able, a non existing directory is skipped with a warning instead of aborting the clone.参照リポジトリがローカルマシン上にある場合は、参照リポジトリ.git/objects/info/alternatesからオブジェクトを取得するように自動的に設定されます。代替として既存のリポジトリを使用すると、クローン作成中のリポジトリからコピーするオブジェクトが少なくて済み、ネットワークとローカルのストレージコストが削減されます。を使用する--reference-if-ableと、クローンを中止するのではなく、存在しないディレクトリが警告でスキップされます。

NOTE: see the NOTE for the --shared option, and also the --dissociate option.--sharedオプションについての注、および--dissociateオプションも参照してください。

--dissociate - 解体する

Borrow the objects from reference repositories specified with the --reference options only to reduce network transfer, and stop borrowing from them after a clone is made by making necessary local copies of borrowed objects. This option can also be used when cloning locally from a repository that already borrows objects from another repository—​the new repository will borrow objects from the same repository, and this option can be used to stop the borrowing.--referenceネットワーク転送を減らすためだけにオプションで指定された参照リポジトリからオブジェクトを借用し、借用されたオブジェクトの必要なローカルコピーを作成してクローンが作成された後にそれらからのオブジェクトの借用を停止します。このオプションは、すでに別のリポジトリからオブジェクトを借用しているリポジトリからローカルに複製する場合にも使用できます。新しいリポジトリは同じリポジトリからオブジェクトを借用し、このオプションを使用して借用を停止できます。

--quiet - 静か
-q

Operate quietly. Progress is not reported to the standard error stream.静かに操作してください。進行状況は標準エラーストリームに報告されません。

--verbose - 冗談
-v

Run verbosely. Does not affect the reporting of progress status to the standard error stream.冗長に実行します。進行状況の標準エラーストリームへの報告には影響しません。

--progress - 進捗

Progress status is reported on the standard error stream by default when it is attached to a terminal, unless -q is specified. This flag forces progress status even if the standard error stream is not directed to a terminal.-qが指定されていない限り、進行状況は端末に接続されたときにデフォルトで標準エラー・ストリームに報告されます。このフラグは、標準エラーストリームが端末に向けられていなくても進行状況を強制します。

--no-checkout - チェックアウトなし
-n

No checkout of HEAD is performed after the clone is complete.クローンが完成した後、HEADのチェックアウトは行われません。

--bare - 裸

Make a bare Git repository. That is, instead of creating <directory> and placing the administrative files in <directory>/.git, make the <directory> itself the $GIT_DIR. This obviously implies the -n because there is nowhere to check out the working tree. Also the branch heads at the remote are copied directly to corresponding local branch heads, without mapping them to refs/remotes/origin/. When this option is used, neither remote-tracking branches nor the related configuration variables are created.裸の Gitリポジトリを作ります。つまり<directory>、管理ファイルを作成して配置する代わりに<directory>/.git<directory>それ自体をにし$GIT_DIRます。これは明らかに-nワーキングツリーをチェックアウトする場所がないということを意味しています。また、リモートのブランチヘッドは、マッピングせずに、対応するローカルブランチヘッドに直接コピーされrefs/remotes/origin/ます。このオプションを使用すると、リモートトラッキングブランチも関連設定変数も作成されません。

--mirror - 鏡

Set up a mirror of the source repository. This implies --bare. Compared to --bare, --mirror not only maps local branches of the source to local branches of the target, it maps all refs (including remote-tracking branches, notes etc.) and sets up a refspec configuration such that all these refs are overwritten by a git remote update in the target repository.ソースリポジトリのミラーを設定します。これは意味し--bareます。とは対照的に、ソースのローカルブランチをターゲットのローカルブランチにマッピングするだけ--bare--mirrorなく、すべての参照(リモート追跡ブランチ、メモなどを含む)をマッピングし、これらの参照がすべてa git remote updateで上書きされるようにrefspec設定を設定します。ターゲットリポジトリ

--origin <name> --origin <名前>
-o <name> -o <名前>

Instead of using the remote name origin to keep track of the upstream repository, use <name>.origin上流のリポジトリを追跡するためにリモート名を使う代わりにを使ってください<name>

--branch <name> --branch <名前>
-b <name> -b <名前>

Instead of pointing the newly created HEAD to the branch pointed to by the cloned repository’s HEAD, point to <name> branch instead. In a non-bare repository, this is the branch that will be checked out. --branch can also take tags and detaches the HEAD at that commit in the resulting repository.新しく作成されたHEADをクローンリポジトリのHEADが指す<name>ブランチを指すのではなく、ブランチをポイントします。非ベアリポジトリでは、これはチェックアウトされるブランチです。--branchタグを取り、そのコミットでHEADを結果リポジトリにデタッチすることもできます。

--upload-pack <upload-pack>
-u <upload-pack> -u <アップロードパッケージ>

When given, and the repository to clone from is accessed via ssh, this specifies a non-default path for the command run on the other end.指定した場合、クローン作成元のリポジトリにssh経由でアクセスする場合は、反対側で実行されるコマンドのデフォルト以外のパスを指定します。

--template=<template_directory> --template = <template_directory>

Specify the directory from which templates will be used; (See the "TEMPLATE DIRECTORY" section of git-init[1].)テンプレートを使用するディレクトリを指定します。(git-init [1]の "TEMPLATE DIRECTORY"セクションを参照してください。)

--config <key>=<value> --config <key> = <value>
-c <key>=<value> -c <キー> = <値>

Set a configuration variable in the newly-created repository; this takes effect immediately after the repository is initialized, but before the remote history is fetched or any files checked out. The key is in the same format as expected by git-config[1] (e.g., core.eol=true). If multiple values are given for the same key, each value will be written to the config file. This makes it safe, for example, to add additional fetch refspecs to the origin remote.新しく作成したリポジトリに設定変数を設定します。これは、リポジトリが初期化された直後、リモート履歴がフェッチされる前、またはファイルがチェックアウトされる前に有効になります。キーはgit-config [1]が期待するものと同じフォーマットです(例:)core.eol=true。同じキーに複数の値が指定されている場合は、それぞれの値が設定ファイルに書き込まれます。これにより、例えば、オリジンリモートに追加のフェッチ参照仕様を追加することが安全になります。

Due to limitations of the current implementation, some configuration variables do not take effect until after the initial fetch and checkout. Configuration variables known to not take effect are: remote.<name>.mirror and remote.<name>.tagOpt. Use the corresponding --mirror and --no-tags options instead.現在の実装の制限により、いくつかの設定変数は最初の取得とチェックアウトの後まで有効になりません。有効にならないことが知られているコンフィギュレーション変数は次のとおりですremote.<name>.mirrorremote.<name>.tagOpt。代わりに対応する--mirror--no-tagsオプションを使用してください。

--depth <depth> --depth <深さ>

Create a shallow clone with a history truncated to the specified number of commits. Implies --single-branch unless --no-single-branch is given to fetch the histories near the tips of all branches. If you want to clone submodules shallowly, also pass --shallow-submodules.指定されたコミット数に切り捨てられた履歴を持つ、シャロークローンを作成します。すべての枝の先端近くの歴史を取得するために与えられてい--single-branchない限り、含意--no-single-branchします。サブモジュールを浅くクローン化したい場合は、合格--shallow-submodulesです。

--shallow-since=<date> --shallow-since = <日付>

Create a shallow clone with a history after the specified time.指定した時間の経過後に履歴を使用して浅いクローンを作成します。

--shallow-exclude=<revision> --shallow-exclude = <リビジョン>

Create a shallow clone with a history, excluding commits reachable from a specified remote branch or tag. This option can be specified multiple times.指定されたリモートブランチまたはタグから到達可能なコミットを除いて、履歴付きのシャロークローンを作成します。このオプションは複数回指定できます。

--[no-]single-branch - [no-]単一分岐

Clone only the history leading to the tip of a single branch, either specified by the --branch option or the primary branch remote’s HEAD points at. Further fetches into the resulting repository will only update the remote-tracking branch for the branch this option was used for the initial cloning. If the HEAD at the remote did not point at any branch when --single-branch clone was made, no remote-tracking branch is created.--branchオプションまたはプライマリブランチのリモートのHEADポイントのどちらかで指定された、単一のブランチの先端に至る履歴のみを複製します。結果のリポジトリにさらにフェッチしても、このオプションが初期クローン作成に使用されたブランチのリモートトラッキングブランチのみが更新されます。--single-branchクローンが作成されたときにリモートのHEADがどのブランチも指していなかった場合、リモートトラッキングブランチは作成されません。

--no-tags

Don’t clone any tags, and set remote.<remote>.tagOpt=--no-tags in the config, ensuring that future git pull and git fetch operations won’t follow any tags. Subsequent explicit tag fetches will still work, (see git-fetch[1]).タグを複製せずにremote.<remote>.tagOpt=--no-tagsconfigに設定して、将来git pullgit fetch操作がどのタグにも従わないようにします。その後の明示的なタグフェッチはまだうまくいきます(git-fetch [1]参照)。

Can be used in conjunction with --single-branch to clone and maintain a branch with no references other than a single cloned branch. This is useful e.g. to maintain minimal clones of the default branch of some repository for search indexing.--single-branch単一のクローンブランチ以外の参照なしでブランチのクローンを作成して維持するために使用できます。これは、検索インデックス作成用のリポジトリのデフォルトブランチの最小限のクローンを維持する場合などに便利です。

--recurse-submodules[=<pathspec] --recurse-submodules [= <パス指定]

After the clone is created, initialize and clone submodules within based on the provided pathspec. If no pathspec is provided, all submodules are initialized and cloned. This option can be given multiple times for pathspecs consisting of multiple entries. The resulting clone has submodule.active set to the provided pathspec, or "." (meaning all submodules) if no pathspec is provided.クローンが作成されたら、提供されたpathspecに基づいてサブモジュールを初期化し、その中でサブモジュールのクローンを作成します。pathspecが指定されていない場合は、すべてのサブモジュールが初期化され、複製されます。このオプションは、複数のエントリからなるパス指定に対して複数回指定できます。結果のクローンは、指定submodule.activeされたパス指定、つまり「。」に設定されています。pathspecが指定されていない場合(すべてのサブモジュールを意味します)。

Submodules are initialized and cloned using their default settings. This is equivalent to running git submodule update --init --recursive <pathspec> immediately after the clone is finished. This option is ignored if the cloned repository does not have a worktree/checkout (i.e. if any of --no-checkout/-n, --bare, or --mirror is given)サブモジュールは、デフォルト設定を使用して初期化およびクローン作成されます。これはgit submodule update --init --recursive <pathspec>、クローンが完成した直後に実行することと同じです。このオプションは、クローン化されたリポジトリがworktree /チェックアウトを持っていない場合は無視されます(つまり、のいずれかの場合は--no-checkout/ -n--bare、または--mirror与えられています)

--[no-]shallow-submodules - [no-]浅いサブモジュール

All submodules which are cloned will be shallow with a depth of 1.複製されたすべてのサブモジュールは、深さ1の浅いものになります。

--separate-git-dir=<git dir> --separate-git-dir = <git dir>

Instead of placing the cloned repository where it is supposed to be, place the cloned repository at the specified directory, then make a filesystem-agnostic Git symbolic link to there. The result is Git repository can be separated from working tree.クローンリポジトリを本来の場所に配置する代わりに、クローンリポジトリを指定されたディレクトリに配置してから、ファイルシステムに依存しないGitシンボリックリンクをそこに作成します。その結果、Gitリポジトリは作業ツリーから分離することができます。

-j <n>
--jobs <n> - ジョブ<n>

The number of submodules fetched at the same time. Defaults to the submodule.fetchJobs option.同時に取り出されたサブモジュールの数。デフォルトはsubmodule.fetchJobsオプションです。

<repository> <リポジトリ>

The (possibly remote) repository to clone from. See the GIT URLS section below for more information on specifying repositories.複製元の(おそらくリモートの)リポジトリ。リポジトリ指定の詳細については、後述のGIT URLセクションを参照してください。

<directory> <ディレクトリ>

The name of a new directory to clone into. The "humanish" part of the source repository is used if no directory is explicitly given (repo for /path/to/repo.git and foo for host.xz:foo/.git). Cloning into an existing directory is only allowed if the directory is empty.クローンを作成する新しいディレクトリの名前。明示的に(repofor /path/to/repo.gitおよびfoofor host.xz:foo/.git)ディレクトリが指定されていない場合は、ソースリポジトリの「人道的」な部分が使用されます。既存のディレクトリへのクローン作成は、そのディレクトリが空の場合にのみ許可されます。

GIT URLSGIT URL

In general, URLs contain information about the transport protocol, the address of the remote server, and the path to the repository. Depending on the transport protocol, some of this information may be absent.一般に、URLにはトランスポートプロトコル、リモートサーバーのアドレス、およびリポジトリへのパスに関する情報が含まれています。トランスポートプロトコルによっては、この情報の一部が欠落している可能性があります。

Git supports ssh, git, http, and https protocols (in addition, ftp, and ftps can be used for fetching, but this is inefficient and deprecated; do not use it).Gitはssh、git、http、およびhttpsプロトコルをサポートしています(さらに、ftp、およびftpsをフェッチに使用できますが、これは非効率的で非推奨です。使用しないでください)。

The native transport (i.e. git:// URL) does no authentication and should be used with caution on unsecured networks.ネイティブトランスポート(つまりgit:// URL)は認証を行わないため、セキュリティ保護されていないネットワークでは注意して使用する必要があります。

The following syntaxes may be used with them:以下の構文がそれらと共に使用されるかもしれません:

  • ssh://[user@]host.xz[:port]/path/to/repo.git/ssh:// [user @] host.xz [:port] /path/to/repo.git/

  • git://host.xz[:port]/path/to/repo.git/git://host.xz [:port] /path/to/repo.git/

  • http[s]://host.xz[:port]/path/to/repo.git/http [s]://host.xz [:port] /path/to/repo.git/

  • ftp[s]://host.xz[:port]/path/to/repo.git/ftp [s]://host.xz [:port] /path/to/repo.git/

An alternative scp-like syntax may also be used with the ssh protocol:sshプロトコルでは、scpに似た代替構文も使用できます。

  • [user@]host.xz:path/to/repo.git/[user @] host.xz:パス/ to / repo.git /

This syntax is only recognized if there are no slashes before the first colon. This helps differentiate a local path that contains a colon. For example the local path foo:bar could be specified as an absolute path or ./foo:bar to avoid being misinterpreted as an ssh url.この構文は、最初のコロンの前にスラッシュがない場合にのみ認識されます。これは、コロンを含むローカルパスを区別するのに役立ちます。たとえば、ローカルパスをfoo:bar絶対パスとして指定したり./foo:bar、sshのURLとして誤って解釈されないようにすることができます。

The ssh and git protocols additionally support ~username expansion:sshおよびgitプロトコルはさらに〜ユーザー名の展開をサポートします。

  • ssh://[user@]host.xz[:port]/~[user]/path/to/repo.git/ssh:// [ユーザー@] host.xz [:ポート] /〜[ユーザー] /path/to/repo.git/

  • git://host.xz[:port]/~[user]/path/to/repo.git/git://host.xz [:port] /〜[ユーザー] /path/to/repo.git/

  • [user@]host.xz:/~[user]/path/to/repo.git/[user @] host.xz:/〜[user] /path/to/repo.git/

For local repositories, also supported by Git natively, the following syntaxes may be used:同じくGitによってサポートされているローカルリポジトリのために、以下の構文が使用されるかもしれません:

  • /path/to/repo.git/

  • file:///path/to/repo.git/file:///path/to/repo.git/

These two syntaxes are mostly equivalent, except the former implies --local option.これら2つの構文は、前者が--localオプションを暗黙指定していることを除けば、ほとんど同じです。

When Git doesn’t know how to handle a certain transport protocol, it attempts to use the remote-<transport> remote helper, if one exists. To explicitly request a remote helper, the following syntax may be used:Gitが特定のトランスポートプロトコルの扱い方を知らない場合、remote- <transport>リモートヘルパーがあればそれを使用しようとします。リモートヘルパーを明示的に要求するには、次の構文が使用されます。

  • <transport>::<address><トランスポート> :: <アドレス>

where <address> may be a path, a server and path, or an arbitrary URL-like string recognized by the specific remote helper being invoked. See gitremote-helpers[1] for details.ここで、<address>はパス、サーバーとパス、または呼び出されている特定のリモートヘルパーによって認識される任意のURLのような文字列です。詳細はgitremote-helpers [1]を見てください。

If there are a large number of similarly-named remote repositories and you want to use a different format for them (such that the URLs you use will be rewritten into URLs that work), you can create a configuration section of the form:同じ名前のリモートリポジトリが多数あり、それらに異なるフォーマットを使用する場合(使用するURLが機能するURLに書き換えられるなど)は、次の形式の構成セクションを作成できます。

	[url "<actual url base>"]
		insteadOf = <other url base>

For example, with this:たとえば、これで:

	[url "git://git.host.xz/"]
		insteadOf = host.xz:/path/to/
		insteadOf = work:

a URL like "work:repo.git" or like "host.xz:/path/to/repo.git" will be rewritten in any context that takes a URL to be "git://git.host.xz/repo.git"."work:repo.git"や "host.xz:/path/to/repo.git"のようなURLは、URLが "git://git.host.xz/repo"になるような任意のコンテキストで書き換えられます。 "git"。

If you want to rewrite URLs for push only, you can create a configuration section of the form:プッシュ専用のURLに書き換えたい場合は、次の形式の構成セクションを作成できます。

	[url "<actual url base>"]
		pushInsteadOf = <other url base>

For example, with this:たとえば、これで:

	[url "ssh://example.org/"]
		pushInsteadOf = git://example.org/

a URL like "git://example.org/path/to/repo.git" will be rewritten to "ssh://example.org/path/to/repo.git" for pushes, but pulls will still use the original URL."git://example.org/path/to/repo.git"のようなURLはプッシュのために "ssh://example.org/path/to/repo.git"に書き換えられますが、プルは依然として元のURL

EXAMPLES

  • Clone from upstream:上流からクローンする:

    $ git clone git://git.kernel.org/pub/scm/.../linux.git my-linux
    $ cd my-linux
    $ make
  • Make a local clone that borrows from the current directory, without checking things out:チェックアウトせずに、現在のディレクトリから借用するローカルクローンを作成します。

    $ git clone -l -s -n . ../copy
    $ cd ../copy
    $ git show-branch
  • Clone from upstream while borrowing from an existing local directory:既存のローカルディレクトリから借用しながら、上流からクローンを作成します。

    $ git clone --reference /git/linux.git \
    	git://git.kernel.org/pub/scm/.../linux.git \
    	my-linux
    $ cd my-linux
  • Create a bare repository to publish your changes to the public:変更を一般に公開するためのベアリポジトリを作成します。

    $ git clone --bare -l /home/proj/.git /pub/scm/proj.git

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

echoしても文字は表示されないのに、emptyがtrueにならない

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る