config

NAME

git-config - Get and set repository or global optionsgit-config - リポジトリまたはグローバルオプションの取得と設定

SYNOPSIS概要

git config [<file-option>] [--type=<type>] [--show-origin] [-z|--null] name [value [value_regex]]
git config [<file-option>] [--type=<type>] --add name value
git config [<file-option>] [--type=<type>] --replace-all name value [value_regex]
git config [<file-option>] [--type=<type>] [--show-origin] [-z|--null] --get name [value_regex]
git config [<file-option>] [--type=<type>] [--show-origin] [-z|--null] --get-all name [value_regex]
git config [<file-option>] [--type=<type>] [--show-origin] [-z|--null] [--name-only] --get-regexp name_regex [value_regex]
git config [<file-option>] [--type=<type>] [-z|--null] --get-urlmatch name URL
git config [<file-option>] --unset name [value_regex]
git config [<file-option>] --unset-all name [value_regex]
git config [<file-option>] --rename-section old_name new_name
git config [<file-option>] --remove-section name
git config [<file-option>] [--show-origin] [-z|--null] [--name-only] -l | --list
git config [<file-option>] --get-color name [default]
git config [<file-option>] --get-colorbool name [stdout-is-tty]
git config [<file-option>] -e | --edit

DESCRIPTION説明

You can query/set/replace/unset options with this command. The name is actually the section and the key separated by a dot, and the value will be escaped.このコマンドでオプションの問い合わせ/設定/置換/設定解除を行うことができます。名前は実際にはドットで区切られたセクションとキーであり、値はエスケープされます。

Multiple lines can be added to an option by using the --add option. If you want to update or unset an option which can occur on multiple lines, a POSIX regexp value_regex needs to be given. Only the existing values that match the regexp are updated or unset. If you want to handle the lines that do not match the regex, just prepend a single exclamation mark in front (see also EXAMPLES).オプションを使用して、--addオプションに複数の行を追加できます。複数行にまたがる可能性のあるオプションを更新または設定解除したい場合は、POSIX正規表現を指定value_regexする必要があります。正規表現に一致する既存の値のみが更新または設定解除されます。正規表現と一致しない行を処理したい場合は、先頭に感嘆符を1つ追加してください(も参照)。

The --type=<type> option instructs git config to ensure that incoming and outgoing values are canonicalize-able under the given <type>. If no --type=<type> is given, no canonicalization will be performed. Callers may unset an existing --type specifier with --no-type.この--type=<type>オプションは、指定された<type>の下で着信値と発信値が正規化可能であることを確認するようにgit configに指示します。no --type=<type>が与えられた場合、正規化は行われません。呼び出し側は既存の--type指定子をで設定解除できます--no-type

When reading, the values are read from the system, global and repository local configuration files by default, and options --system, --global, --local, --worktree and --file <filename> can be used to tell the command to read from only that location (see FILES).読み込む場合、値は、システムから読み込まれ、グローバルおよびリポジトリのローカル構成ファイルデフォルトでは、およびオプション--system--global--local--worktree及び--file <filename>(参照のみその場所から読み出すためのコマンドを伝えるために使用することができますファイル)。

When writing, the new value is written to the repository local configuration file by default, and options --system, --global, --worktree, --file <filename> can be used to tell the command to write to that location (you can say --local but that is the default).書き込みを行う場合、新しい値は、デフォルトでは、リポジトリのローカルコンフィギュレーションファイルに書き込まれ、およびオプションは--system--global--worktree--file <filename>その場所への書き込みにコマンドを伝えるために使用することができます(あなたが言うことができます--localが、それはデフォルトです)。

This command will fail with non-zero status upon error. Some exit codes are:このコマンドはエラー時にゼロ以外のステータスで失敗します。いくつかの終了コードは以下のとおりです。

  • The section or key is invalid (ret=1),セクションまたはキーが無効です(ret = 1)。

  • no section or name was provided (ret=2),セクションまたは名前が指定されていません(ret = 2)。

  • the config file is invalid (ret=3),設定ファイルが無効です(ret = 3)。

  • the config file cannot be written (ret=4),設定ファイルに書き込めません(ret = 4)。

  • you try to unset an option which does not exist (ret=5),存在しないオプションを設定解除しようとしました(ret = 5)。

  • you try to unset/set an option for which multiple lines match (ret=5), or複数の行が一致するオプションを設定解除または設定しようとした(ret = 5)、または

  • you try to use an invalid regexp (ret=6).無効な正規表現を使用しようとしています(ret = 6)。

On success, the command returns the exit code 0.成功すると、コマンドは終了コード0を返します。

OPTIONSオプション

--replace-all

Default behavior is to replace at most one line. This replaces all lines matching the key (and optionally the value_regex).デフォルトの動作では、最大で1行が置き換えられます。これは、キー(およびオプションでvalue_regex)に一致するすべての行を置き換えます。

--add

Adds a new line to the option without altering any existing values. This is the same as providing ^$ as the value_regex in --replace-all.既存の値を変更せずにオプションに新しい行を追加します。これはでvalue_regexとして^ $を提供するのと同じ--replace-allです。

--get - 取得する

Get the value for a given key (optionally filtered by a regex matching the value). Returns error code 1 if the key was not found and the last value if multiple key values were found.指定されたキーの値を取得します(オプションで、値と一致する正規表現によってフィルタリングされます)。キーが見つからなかった場合はエラーコード1を返し、複数のキー値が見つかった場合は最後の値を返します。

--get-all - すべて取得

Like get, but returns all values for a multi-valued key.getと似ていますが、多値キーのすべての値を返します。

--get-regexp

Like --get-all, but interprets the name as a regular expression and writes out the key names. Regular expression matching is currently case-sensitive and done against a canonicalized version of the key in which section and variable names are lowercased, but subsection names are not.--get-allと似ていますが、名前を正規表現として解釈し、キー名を書き出します。正規表現のマッチングでは現在大文字と小文字が区別され、セクション名と変数名は小文字になりますがサブセクション名は小文字にしていない正規化されたバージョンのキーに対して行われます。

--get-urlmatch name URL --get-urlmatch nameのURL

When given a two-part name section.key, the value for section.<url>.key whose <url> part matches the best to the given URL is returned (if no such key exists, the value for section.key is used as a fallback). When given just the section as name, do so for all the keys in the section and list them. Returns error code 1 if no value is found.2部構成の名前section.keyが与えられると、その<url>部分が与えられたURLに最もよく一致するsection。<url> .keyの値が返されます(そのようなキーが存在しない場合は、section.keyの値が使用されます)代替として))。セクションとして名前だけを指定した場合は、セクション内のすべてのキーに対して指定してそれらをリストします。値が見つからない場合はエラーコード1を返します。

--global - グローバル

For writing options: write to global ~/.gitconfig file rather than the repository .git/config, write to $XDG_CONFIG_HOME/git/config file if this file exists and the ~/.gitconfig file doesn’t.書き込みオプション:~/.gitconfigリポジトリ.git/configではなくグローバルファイルに書き込みます。$XDG_CONFIG_HOME/git/configこのファイルが存在し、~/.gitconfigファイルが存在しない場合はファイルに書き込みます。

For reading options: read only from global ~/.gitconfig and from $XDG_CONFIG_HOME/git/config rather than from all available files.読み取りオプションの場合:使用可能なすべてのファイル~/.gitconfigから$XDG_CONFIG_HOME/git/configではなく、グローバルからと読み取り専用から読み取ります。

See also FILES.ファイルも参照してください。

--system - システム

For writing options: write to system-wide $(prefix)/etc/gitconfig rather than the repository .git/config.オプションを書く場合:$(prefix)/etc/gitconfigリポジトリではなくシステム全体に書いてください.git/config

For reading options: read only from system-wide $(prefix)/etc/gitconfig rather than from all available files.読み取りオプションの場合:$(prefix)/etc/gitconfig使用可能なすべてのファイルからではなく、システム全体からのみ読み取ります。

See also FILES.ファイルも参照してください。

--local - 地元

For writing options: write to the repository .git/config file. This is the default behavior.書き込みオプションの場合:リポジトリ.git/configファイルに書き込みます。これがデフォルトの動作です。

For reading options: read only from the repository .git/config rather than from all available files.読み取りオプションの場合:.git/config使用可能なすべてのファイルからではなく、リポジトリからのみ読み取ります。

See also FILES.ファイルも参照してください。

--worktree

Similar to --local except that .git/config.worktree is read from or written to if extensions.worktreeConfig is present. If not it’s the same as --local.それが存在する場合にそれから読み書きされる--localことを除いて同様です。そうでなければそれはと同じです。.git/config.worktreeextensions.worktreeConfig--local

-f config-file -f設定ファイル
--file config-file --file設定ファイル

Use the given config file instead of the one specified by GIT_CONFIG.GIT_CONFIGで指定されたものではなく、指定された設定ファイルを使用してください。

--blob blob

Similar to --file but use the given blob instead of a file. E.g. you can use master:.gitmodules to read values from the file .gitmodules in the master branch. See "SPECIFYING REVISIONS" section in gitrevisions[7] for a more complete list of ways to spell blob names.に似て--fileいますが、ファイルの代わりに与えられたBLOBを使用します。例えば、master:.gitmodulesを使ってmasterブランチのファイル.gitmodulesから値を読み込むことができます。BLOB名をつづる方法のより完全なリストについてはgitrevisions [7]の "リビジョンの指定"セクションを見てください。

--remove-section

Remove the given section from the configuration file.指定されたセクションを構成ファイルから削除してください。

--rename-section

Rename the given section to a new name.与えられたセクションの名前を新しい名前に変更します。

--unset - 未設定

Remove the line matching the key from config file.設定ファイルからキーに一致する行を削除します。

--unset-all

Remove all lines matching the key from config file.設定ファイルからキーに一致するすべての行を削除します。

-l
--list - リスト

List all variables set in config file, along with their values.設定ファイルに設定されているすべての変数とその値を一覧表示します。

--type <type> --type <タイプ>

git config will ensure that any input or output is valid under the given type constraint(s), and will canonicalize outgoing values in <type>'s canonical form.git configは与えられた型制約の下でどんな入力または出力も有効であることを保証し、<type>の正規の形式で出力値を正規化します。

Valid <type>'s include:有効なもの<type>は次のとおりです。

  • bool: canonicalize values as either "true" or "false".bool:値を "true"または "false"として正規化します。

  • int: canonicalize values as simple decimal numbers. An optional suffix of k, m, or g will cause the value to be multiplied by 1024, 1048576, or 1073741824 upon input.int:値を単純な10進数として正規化します。オプションの接尾辞km、またはgは、入力時に値に1024、1048576、または1073741824を乗算します。

  • bool-or-int: canonicalize according to either bool or int, as described above.bool-or-int:上記のように、boolまたはintのいずれかに従って正規化します。

  • path: canonicalize by adding a leading ~ to the value of $HOME and ~user to the home directory for the specified user. This specifier has no effect when setting the value (but you can use git config section.variable ~/ from the command line to let your shell do the expansion.)パス:大手追加することによって、カノニカル化~の値に$HOMEし、~user指定したユーザーのホームディレクトリにします。この指定子は値を設定するときには効果がありません(ただしgit config section.variable ~/、コマンド行からシェルに展開を実行させることはできます)。

  • expiry-date: canonicalize by converting from a fixed or relative date-string to a timestamp. This specifier has no effect when setting the value.expiry-date:固定または相対的な日付文字列からタイムスタンプに変換して正規化します。この指定子は値を設定するときには効果がありません。

  • color: When getting a value, canonicalize by converting to an ANSI color escape sequence. When setting a value, a sanity-check is performed to ensure that the given value is canonicalize-able as an ANSI color, but it is written as-is.color:値を取得するときは、ANSIカラーエスケープシーケンスに変換して正規化します。値を設定するとき、指定された値がANSIカラーとして正規化可能であることを確認するために健全性チェックが実行されますが、それはそのまま書き込まれます。

--bool - ブール
--int
--bool-or-int
--path - パス
--expiry-date - 有効期限

Historical options for selecting a type specifier. Prefer instead --type (see above).型指定子を選択するための履歴オプション 代わりに選んで--typeください(上記参照)。

--no-type

Un-sets the previously set type specifier (if one was previously set). This option requests that git config not canonicalize the retrieved variable. --no-type has no effect without --type=<type> or --<type>.以前に設定された型指定子を設定解除します(以前に設定された場合)。このオプションは、git configが取得した変数を正規化しないことを要求します。--no-typeなしでは効果がありません--type=<type>--<type>

-z
--null - ヌル

For all options that output values and/or keys, always end values with the null character (instead of a newline). Use newline instead as a delimiter between key and value. This allows for secure parsing of the output without getting confused e.g. by values that contain line breaks.値および/またはキーを出力するすべてのオプションでは、値を(改行ではなく)常にヌル文字で終了してください。キーと値の間の区切り文字として代わりに改行を使用してください。これにより、例えば改行を含む値によって混乱することなく、安全に出力を解析することができます。

--name-only

Output only the names of config variables for --list or --get-regexp.--listまたはに対する設定変数の名前のみを出力します--get-regexp

--show-origin - ショウ - オリジン

Augment the output of all queried config options with the origin type (file, standard input, blob, command line) and the actual origin (config file path, ref, or blob id if applicable).起点の種類(ファイル、標準入力、BLOB、コマンドライン)と実際の起源(該当する場合は設定ファイルのパス、参照番号、またはBLOB ID)を使用して、照会されたすべての構成オプションの出力を増やします。

--get-colorbool name [stdout-is-tty] --get-colorbool名[stdout-is-tty]

Find the color setting for name (e.g. color.diff) and output "true" or "false". stdout-is-tty should be either "true" or "false", and is taken into account when configuration says "auto". If stdout-is-tty is missing, then checks the standard output of the command itself, and exits with status 0 if color is to be used, or exits with status 1 otherwise. When the color setting for name is undefined, the command uses color.ui as fallback.の色設定を探しname(例color.diff)、 "true"または "false"を出力します。stdout-is-tty"true"または "false"のどちらかであるべきで、configurationが "auto"と言ったときに考慮されます。stdout-is-ttyがない場合は、コマンド自体の標準出力をチェックし、colorが使用される場合はステータス0で終了し、それ以外の場合はステータス1で終了します。の色設定nameが未定義の場合、コマンドはcolor.ui代替として使用します。

--get-color name [default] --get-color name [デフォルト]

Find the color configured for name (e.g. color.diff.new) and output it as the ANSI color escape sequence to the standard output. The optional default parameter is used instead, if there is no color configured for name.name(例えばcolor.diff.new)に設定された色を見つけて、それをANSIカラーエスケープシーケンスとして標準出力に出力します。default色が設定されていない場合は、代わりにオプションのパラメータが使用されますname

--type=color [--default=<default>] is preferred over --get-color.--type=color [--default=<default>]より優先され--get-colorます。

-e
--edit - 編集

Opens an editor to modify the specified config file; either --system, --global, or repository (default).指定した設定ファイルを変更するためのエディタを開きます。いずれか--system--globalまたはリポジトリ(デフォルト)。

--[no-]includes - [no-]を含む

Respect include.* directives in config files when looking up values. Defaults to off when a specific file is given (e.g., using --file, --global, etc) and on when searching all config files.include.*値を調べるときは設定ファイルのディレクティブを尊重してください。デフォルトはoff、特定のファイルが与えられた場合(例えば、使用して--file--globalなど)とon、すべての設定ファイルを検索するとき。

--default <value> --default <値>

When using --get, and the requested variable is not found, behave as if <value> were the value assigned to the that variable.使用時に--get要求された変数が見つからない場合は、<値>がその変数に割り当てられた値であるかのように動作します。

CONFIGURATION設定

pager.config is only respected when listing configuration, i.e., when using --list or any of the --get-* which may return multiple results. The default is to use a pager.pager.config設定を一覧表示するとき、すなわち、使用しているとき、--listまたは--get-*複数の結果を返す可能性があるときにのみ尊重される デフォルトではポケットベルを使用します。

FILESファイル

If not set explicitly with --file, there are four files where git config will search for configuration options:明示的に設定されていない場合--filegit configが設定オプションを検索する4つのファイルがあります。

$(prefix)/etc/gitconfig $(プレフィックス)/ etc / gitconfig

System-wide configuration file.システム全体の設定ファイル

$XDG_CONFIG_HOME/git/config $ XDG_CONFIG_HOME / git / config

Second user-specific configuration file. If $XDG_CONFIG_HOME is not set or empty, $HOME/.config/git/config will be used. Any single-valued variable set in this file will be overwritten by whatever is in ~/.gitconfig. It is a good idea not to create this file if you sometimes use older versions of Git, as support for this file was added fairly recently.2番目のユーザー固有の設定ファイル $ XDG_CONFIG_HOMEが設定されていないか空の場合$HOME/.config/git/configは、が使用されます。このファイルに設定されている単一値の変数は、中にあるものすべてによって上書きされ~/.gitconfigます。このファイルのサポートはかなり最近追加されたため、Gitの古いバージョンを使用することがある場合は、このファイルを作成しないことをお勧めします。

~/.gitconfig 〜/ .gitconfig

User-specific configuration file. Also called "global" configuration file.ユーザー固有の設定ファイル 「グローバル」設定ファイルとも呼ばれます。

$GIT_DIR/config $ GIT_DIR / config

Repository specific configuration file.リポジトリ固有の設定ファイル

$GIT_DIR/config.worktree $ GIT_DIR / config.worktree

This is optional and is only searched when extensions.worktreeConfig is present in $GIT_DIR/config.これはオプションでありextensions.worktreeConfig、$ GIT_DIR / configに存在する場合にのみ検索されます。

If no further options are given, all reading options will read all of these files that are available. If the global or the system-wide configuration file are not available they will be ignored. If the repository configuration file is not available or readable, git config will exit with a non-zero error code. However, in neither case will an error message be issued.これ以上オプションが指定されていない場合、すべての読み取りオプションは、使用可能なこれらのファイルすべてを読み取ります。グローバルまたはシステム全体の設定ファイルが利用できない場合、それらは無視されます。リポジトリ設定ファイルが利用できない、または読めない場合、git configはゼロ以外のエラーコードで終了します。ただし、どちらの場合もエラーメッセージは発行されません。

The files are read in the order given above, with last value found taking precedence over values read earlier. When multiple values are taken then all values of a key from all files will be used.ファイルは上記の順序で読み込まれ、最後に見つかった値が先に読み込まれた値よりも優先されます。複数の値が取られると、すべてのファイルからのキーのすべての値が使用されます。

You may override individual configuration parameters when running any git command by using the -c option. See git[1] for details.この-cオプションを使用して、gitコマンドを実行するときに個々の設定パラメータを上書きすることができます。詳細はgit [1]を見てください。

All writing options will per default write to the repository specific configuration file. Note that this also affects options like --replace-all and --unset. git config will only ever change one file at a time.すべての書き込みオプションは、デフォルトでリポジトリ固有の設定ファイルに書き込みます。これはまた、のようなオプション影響することに注意してください--replace-allとを--unsetgit configは一度に一つのファイルしか変更しません

You can override these rules either by command-line options or by environment variables. The --global, --system and --worktree options will limit the file used to the global, system-wide or per-worktree file respectively. The GIT_CONFIG environment variable has a similar effect, but you can specify any filename you want.これらの規則は、コマンドラインオプションまたは環境変数によって上書きできます。--global--systemおよび--worktreeオプションは、それぞれグローバル、システム全体またはあたりworktreeファイルに使用されるファイルを制限します。GIT_CONFIG環境変数は、同様の効果を持っていますが、あなたが望む任意のファイル名を指定することができます。

ENVIRONMENT環境

GIT_CONFIG

Take the configuration from the given file instead of .git/config. Using the "--global" option forces this to ~/.gitconfig. Using the "--system" option forces this to $(prefix)/etc/gitconfig..git / configの代わりに与えられたファイルから設定を取ります。"--global"オプションを使用すると、これは〜/ .gitconfigに強制されます。"--system"オプションを使用すると、これは$(プレフィックス)/ etc / gitconfigに強制されます。

GIT_CONFIG_NOSYSTEM

Whether to skip reading settings from the system-wide $(prefix)/etc/gitconfig file. See git[1] for details.システム全体の$(プレフィックス)/ etc / gitconfigファイルから設定の読み取りをスキップするかどうか。詳細はgit [1]を見てください。

See also FILES.ファイルも参照してください。

EXAMPLES

Given a .git/config like this:このような.git / configを考えます:

#
# This is the config file, and
# a '#' or ';' character indicates
# a comment
#
; core variables
[core]
	; Don't trust file modes
	filemode = false
; Our diff algorithm
[diff]
	external = /usr/local/bin/diff-wrapper
	renames = true
; Proxy settings
[core]
	gitproxy=proxy-command for kernel.org
	gitproxy=default-proxy ; for all the rest
; HTTP
[http]
	sslVerify
[http "https://weak.example.com"]
	sslVerify = false
	cookieFile = /tmp/cookie.txt

you can set the filemode to true withファイルモードをtrueに設定することができます

% git config core.filemode true

The hypothetical proxy command entries actually have a postfix to discern what URL they apply to. Here is how to change the entry for kernel.org to "ssh".架空のproxyコマンドのエントリには、実際にはどのURLに適用されるのかを識別するための接尾辞があります。これはkernel.orgのエントリを "ssh"に変更する方法です。

% git config core.gitproxy '"ssh" for kernel.org' 'for kernel.org$'

This makes sure that only the key/value pair for kernel.org is replaced.これにより、kernel.orgのキーと値のペアのみが置き換えられます。

To delete the entry for renames, do名前変更のエントリを削除するには、

% git config --unset diff.renames

If you want to delete an entry for a multivar (like core.gitproxy above), you have to provide a regex matching the value of exactly one line.上記のcore.gitproxyのように複数変数のエントリを削除したい場合は、正確に1行の値に一致する正規表現を指定する必要があります。

To query the value for a given key, do与えられたキーの値を問い合わせるには、

% git config --get core.filemode

orまたは

% git config core.filemode

or, to query a multivar:または、多変数を照会するには

% git config --get core.gitproxy "for kernel.org$"

If you want to know all the values for a multivar, do:多変数のすべての値を知りたい場合は、次のようにします。

% git config --get-all core.gitproxy

If you like to live dangerously, you can replace all core.gitproxy by a new one withあなたが危険に生きるのが好きなら、あなたは新しいものとすべての core.gitproxy を交換することができます

% git config --replace-all core.gitproxy ssh

However, if you really only want to replace the line for the default proxy, i.e. the one without a "for …​" postfix, do something like this:しかし、デフォルトのプロキシ、つまり "for…"の接尾辞のない行を置き換えるだけの場合は、次のようにします。

% git config core.gitproxy ssh '! for '

To actually match only values with an exclamation mark, you have to値だけを感嘆符と実際に一致させるには、次のようにします。

% git config section.key value '[!]'

To add a new proxy, without altering any of the existing ones, use既存のプロキシを変更せずに新しいプロキシを追加するには、次のコマンドを使用します。

% git config --add core.gitproxy '"proxy-command" for example.com'

An example to use customized color from the configuration in your script:スクリプトの設定からカスタマイズされた色を使用する例:

#!/bin/sh
WS=$(git config --get-color color.diff.whitespace "blue reverse")
RESET=$(git config --get-color "" "reset")
echo "${WS}your whitespace color or blue reverse${RESET}"

For URLs in https://weak.example.com, http.sslVerify is set to false, while it is set to true for all others:のURLの場合https://weak.example.comhttp.sslVerifyはfalseに設定さtrueれ、その他のすべてのURLはfalseに設定されます。

% git config --type=bool --get-urlmatch http.sslverify https://good.example.com
true
% git config --type=bool --get-urlmatch http.sslverify https://weak.example.com
false
% git config --get-urlmatch http https://weak.example.com
http.cookieFile /tmp/cookie.txt
http.sslverify false

CONFIGURATION FILE設定ファイル

The Git configuration file contains a number of variables that affect the Git commands' behavior. The files .git/config and optionally config.worktree (see extensions.worktreeConfig below) in each repository are used to store the configuration for that repository, and $HOME/.gitconfig is used to store a per-user configuration as fallback values for the .git/config file. The file /etc/gitconfig can be used to store a system-wide default configuration.Git設定ファイルには、Gitコマンドの動作に影響を与えるいくつかの変数が含まれています。各リポジトリ内のファイル.git/configおよびオプションとしてconfig.worktree(下記extensions.worktreeConfig参照)はそのリポジトリの設定を保存するために$HOME/.gitconfig使用され、.git/configファイルごとのフォールバック値としてユーザごとの設定を保存するために使用されます。このファイル/etc/gitconfigを使用して、システム全体のデフォルト設定を保存できます。

The configuration variables are used by both the Git plumbing and the porcelains. The variables are divided into sections, wherein the fully qualified variable name of the variable itself is the last dot-separated segment and the section name is everything before the last dot. The variable names are case-insensitive, allow only alphanumeric characters and -, and must start with an alphabetic character. Some variables may appear multiple times; we say then that the variable is multivalued.構成変数はGit配管と磁器の両方で使用されます。変数はセクションに分割され、変数自体の完全修飾変数名は最後のドット区切りセグメントであり、セクション名は最後のドットより前のすべてです。変数名は大文字と小文字を区別せず、英数字のみを許可-し、英字で始める必要があります。いくつかの変数は複数回現れるかもしれません。それから変数は多値であると言います。

Syntax構文

The syntax is fairly flexible and permissive; whitespaces are mostly ignored. The # and ; characters begin comments to the end of line, blank lines are ignored.構文はかなり柔軟で寛容です。空白はほとんど無視されます。; 文字は行の終わりまでコメントを開始し、空白行は無視されます。

The file consists of sections and variables. A section begins with the name of the section in square brackets and continues until the next section begins. Section names are case-insensitive. Only alphanumeric characters, - and . are allowed in section names. Each variable must belong to some section, which means that there must be a section header before the first setting of a variable.ファイルはセクションと変数で構成されています。セクションは、大括弧で囲まれたセクションの名前で始まり、次のセクションが始まるまで続きます。セクション名は大文字と小文字を区別しません。英数字のみ、-および.セクション名に使用できます。各変数はあるセクションに属している必要があります。つまり、変数の最初の設定の前にセクションヘッダーがなければなりません。

Sections can be further divided into subsections. To begin a subsection put its name in double quotes, separated by space from the section name, in the section header, like in the example below:セクションはさらにサブセクションに分けることができます。次の例のように、サブセクションを開始するには、セクションヘッダー内に、セクション名からスペースで区切って名前を二重引用符で囲みます。

	[section "subsection"]

Subsection names are case sensitive and can contain any characters except newline and the null byte. Doublequote " and backslash can be included by escaping them as \" and \\, respectively. Backslashes preceding other characters are dropped when reading; for example, \t is read as t and %%BODY%% is read as 0 Section headers cannot span multiple lines. Variables may belong directly to a section or to a given subsection. You can have [section] if you have [section "subsection"], but you don’t need to.サブセクション名は大文字と小文字が区別され、改行とヌルバイトを除く任意の文字を含めることができます。ダブルクォート"やバックスラッシュは、それらをエスケープすることにより含めることができ\"、および\それぞれ。他の文字の前にあるバックスラッシュは読み取り時に削除されます。例えば、\tとして読み取られるt

として読み取られる0セクションヘッダが複数行にまたがることができません。変数は、セクションまたは特定のサブセクションに直接属することができます。あなたが持って[section]いればあなたは持っていることができますが[section "subsection"]、あなたはする必要はありません。

There is also a deprecated [section.subsection] syntax. With this syntax, the subsection name is converted to lower-case and is also compared case sensitively. These subsection names follow the same restrictions as section names.非推奨の[section.subsection]構文もあります。この構文では、サブセクション名は小文字に変換され、大文字と小文字が区別されて比較されます。これらのサブセクション名はセクション名と同じ制限に従います。

All the other lines (and the remainder of the line after the section header) are recognized as setting variables, in the form name = value (or just name, which is a short-hand to say that the variable is the boolean "true"). The variable names are case-insensitive, allow only alphanumeric characters and -, and must start with an alphabetic character.他のすべての行(およびセクションヘッダーの後の行の残りの部分)は、name = value(または単にname、つまりその変数がブール値の "true"であることを表す略語)の形式で設定変数として認識されます。 )変数名は大文字と小文字を区別せず、英数字のみを許可-し、英字で始める必要があります。

A line that defines a value can be continued to the next line by ending it with a \; the backquote and the end-of-line are stripped. Leading whitespaces after name =, the remainder of the line after the first comment character # or ;, and trailing whitespaces of the line are discarded unless they are enclosed in double quotes. Internal whitespaces within the value are retained verbatim.値を定義する行は、値を終了することで次の行に続けることができます\。バッククォートと行末は削除されます。name =の後の先頭の空白、最初のコメント文字または;の後の行の残りの部分二重引用符で囲まれていない限り、行の末尾の空白は破棄されます。値内の内部空白は逐語的に保持されます。

Inside double quotes, double quote " and backslash \ characters must be escaped: use \" for " and \\ for \.二重引用符内では、二重引用符"やバックスラッシュ\文字をエスケープする必要があります使用を\"するために"して\ため\

The following escape sequences (beside \" and \\) are recognized: \n for newline character (NL), \t for horizontal tabulation (HT, TAB) and \b for backspace (BS). Other char escape sequences (including octal escape sequences) are invalid.改行文字(NL)、水平タブ(HT、TAB)、およびバックスペース(BS)のエスケープシーケンス(\"およびの横\)が認識さ\nれます。他のcharエスケープシーケンス(8進エスケープシーケンスを含む)は無効です。\t\b

Includes含む

The include and includeIf sections allow you to include config directives from another source. These sections behave identically to each other with the exception that includeIf sections may be ignored if their condition does not evaluate to true; see "Conditional includes" below.includeそしてincludeIfセクションでは、別のソースからの設定ディレクティブを含めることができます。これらのセクションincludeIfは、条件がtrueと評価されない場合にセクションが無視される可能性があることを除いて、互いに同じように動作します。以下の「条件付きインクルード」を参照してください。

You can include a config file from another by setting the special include.path (or includeIf.*.path) variable to the name of the file to be included. The variable takes a pathname as its value, and is subject to tilde expansion. These variables can be given multiple times.特別なinclude.path(またはincludeIf.*.path)変数をインクルードするファイルの名前に設定することで、他のコンフィギュレーションファイルをインクルードできます。変数は値としてパス名を取り、ティルダ展開の影響を受けます。これらの変数は複数回指定できます。

The contents of the included file are inserted immediately, as if they had been found at the location of the include directive. If the value of the variable is a relative path, the path is considered to be relative to the configuration file in which the include directive was found. See below for examples.インクルードファイルの内容は、あたかもそれらがincludeディレクティブの場所で見つかったかのように、ただちに挿入されます。変数の値が相対パスの場合、そのパスはincludeディレクティブが見つかった設定ファイルからの相対パスと見なされます。例については以下を参照してください。

Conditional includes条件付きインクルード

You can include a config file from another conditionally by setting a includeIf.<condition>.path variable to the name of the file to be included.インクルードするファイルincludeIf.<condition>.pathの名前に変数を設定することで、条件付きで別の設定ファイルを含めることができます。

The condition starts with a keyword followed by a colon and some data whose format and meaning depends on the keyword. Supported keywords are:条件はキーワードで始まり、その後にコロンと、キーワードによって形式と意味が異なるデータが続きます。サポートされているキーワードは次のとおりです。

gitdir

The data that follows the keyword gitdir: is used as a glob pattern. If the location of the .git directory matches the pattern, the include condition is met.キーワードに続くデータgitdir:はグロブパターンとして使用されます。.gitディレクトリの場所がパターンと一致すると、包含条件が満たされます。

The .git location may be auto-discovered, or come from $GIT_DIR environment variable. If the repository is auto discovered via a .git file (e.g. from submodules, or a linked worktree), the .git location would be the final location where the .git directory is, not where the .git file is..gitの場所は自動検出されるか、$GIT_DIR環境変数から取得されます。リポジトリが.gitファイル(サブモジュール、リンクされたワークツリーなど)を介して自動検出される場合、.gitの場所は、.gitファイルがある場所ではなく、.gitディレクトリがある最後の場所になります。

The pattern can contain standard globbing wildcards and two additional ones, **/ and /**, that can match multiple path components. Please refer to gitignore[5] for details. For convenience:パターンは、標準的なグロブワイルドカードと二つの追加のものを含有することができ**/、および/**マルチパス成分を一致させることができること、。詳細はgitignore [5]を参照してください。便宜のために:

  • If the pattern starts with ~/, ~ will be substituted with the content of the environment variable HOME.パターンが始まる場合~/~環境変数の内容に置き換えられますHOME

  • If the pattern starts with ./, it is replaced with the directory containing the current config file.パターンがで始まる場合は./、現在の設定ファイルを含むディレクトリに置き換えられます。

  • If the pattern does not start with either ~/, ./ or /, **/ will be automatically prepended. For example, the pattern foo/bar becomes **/foo/bar and would match /any/path/to/foo/bar.パターンは、いずれかで起動しない場合~/./または/**/自動的に先頭に追加されます。たとえば、パターンはにfoo/barなり**/foo/bar、一致し/any/path/to/foo/barます。

  • If the pattern ends with /, ** will be automatically added. For example, the pattern foo/ becomes foo/**. In other words, it matches "foo" and everything inside, recursively.パターンがで終わっている場合/**自動的に追加されます。たとえば、パターンはにfoo/なりfoo/**ます。言い換えれば、それは "foo"とその中のすべてに再帰的にマッチします。

gitdir/i

This is the same as gitdir except that matching is done case-insensitively (e.g. on case-insensitive file sytems)これはgitdir大文字小文字を区別しないでマッチングが行われることを除いて同じです(例えば、大文字と小文字を区別しないファイルシステム上)。

A few more notes on matching via gitdir and gitdir/i:gitdirとを使ったマッチングに関するもう少し注意してgitdir/iください:

  • Symlinks in $GIT_DIR are not resolved before matching.のシンボリックリンクは$GIT_DIR一致する前に解決されません。

  • Both the symlink & realpath versions of paths will be matched outside of $GIT_DIR. E.g. if ~/git is a symlink to /mnt/storage/git, both gitdir:~/git and gitdir:/mnt/storage/git will match.シンボリックリンクと実パスの両方のバージョンのパスは、の外側で一致し$GIT_DIRます。〜/ gitのは、/ mntに/ストレージ/ gitのへのシンボリックリンクである場合などは、両方gitdir:~/gitgitdir:/mnt/storage/git一致します。

    This was not the case in the initial release of this feature in v2.13.0, which only matched the realpath version. Configuration that wants to be compatible with the initial release of this feature needs to either specify only the realpath version, or both versions.これはv2.13.0のこの機能の最初のリリースでは当てはまりませんでした。それはrealpathバージョンにのみマッチしました。この機能の最初のリリースと互換性があるようにしたい設定では、リアルパスバージョンのみ、または両方のバージョンを指定する必要があります。

  • Note that "../" is not special and will match literally, which is unlikely what you want."../"は特別なものではなく、文字通りに一致することに注意してください。

Example

# Core variables
[core]
	; Don't trust file modes
	filemode = false
# Our diff algorithm
[diff]
	external = /usr/local/bin/diff-wrapper
	renames = true
[branch "devel"]
	remote = origin
	merge = refs/heads/devel
# Proxy settings
[core]
	gitProxy="ssh" for "kernel.org"
	gitProxy=default-proxy ; for the rest
[include]
	path = /path/to/foo.inc ; include by absolute path
	path = foo.inc ; find "foo.inc" relative to the current file
	path = ~/foo.inc ; find "foo.inc" in your `$HOME` directory
; include if $GIT_DIR is /path/to/foo/.git
[includeIf "gitdir:/path/to/foo/.git"]
	path = /path/to/foo.inc
; include for all repositories inside /path/to/group
[includeIf "gitdir:/path/to/group/"]
	path = /path/to/foo.inc
; include for all repositories inside $HOME/to/group
[includeIf "gitdir:~/to/group/"]
	path = /path/to/foo.inc
; relative paths are always relative to the including
; file (if the condition is true); their location is not
; affected by the condition
[includeIf "gitdir:/path/to/group/"]
	path = foo.inc

Values

Values of many variables are treated as a simple string, but there are variables that take values of specific types and there are rules as to how to spell them.多くの変数の値は単純な文字列として扱われますが、特定の型の値をとる変数があり、それらをつづる方法についての規則があります。

boolean ブール値

When a variable is said to take a boolean value, many synonyms are accepted for true and false; these are all case-insensitive.変数がブール値をとると言われるとき、多くの同義語がtruefalseに受け入れられます。これらはすべて大文字と小文字を区別しません。

true 本当の

Boolean true literals are yes, on, true, and 1. Also, a variable defined without = <value> is taken as true.Boolean trueのリテラルはyesontrue、と1。また、なし= <value>で定義された変数は真と見なされます。

false

Boolean false literals are no, off, false, 0 and the empty string.ブール偽のリテラルはnoofffalse0と空の文字列。

When converting a value to its canonical form using the --type=bool type specifier, git config will ensure that the output is "true" or "false" (spelled in lowercase).--type=bool型指定子を使用して値を標準形式に変換するとき、git configは出力が "true"または "false"(小文字のスペル)であることを確認します。

integer 整数

The value for many variables that specify various sizes can be suffixed with k, M,…​ to mean "scale the number by 1024", "by 1024x1024", etc.様々なサイズを指定する多くの変数の値は、接尾辞することができkMなど、「1024×1024で」、「1024によって数を拡大縮小」を意味し、...

color

The value for a variable that takes a color is a list of colors (at most two, one for foreground and one for background) and attributes (as many as you want), separated by spaces.色をとる変数の値は、色(最大2つ、前景用と背景用)と属性(必要な数だけ)のリストで、スペースで区切ります。

The basic colors accepted are normal, black, red, green, yellow, blue, magenta, cyan and white. The first color given is the foreground; the second is the background.受け入れられた基本的な色はnormalblackredgreenyellowbluemagentacyanwhite。最初の色は前景です。二つ目は背景です。

Colors may also be given as numbers between 0 and 255; these use ANSI 256-color mode (but note that not all terminals may support this). If your terminal supports it, you may also specify 24-bit RGB values as hex, like #ff0ab3.色は0から255までの数字としても与えられます。これらはANSI 256色モードを使用します(ただし、すべての端末がこれをサポートしているわけではないことに注意してください)。あなたの端末がそれをサポートしているなら、同様に24ビットRGB値を16進数として指定することができます#ff0ab3

The accepted attributes are bold, dim, ul, blink, reverse, italic, and strike (for crossed-out or "strikethrough" letters). The position of any attributes with respect to the colors (before, after, or in between), doesn’t matter. Specific attributes may be turned off by prefixing them with no or no- (e.g., noreverse, no-ul, etc).受け入れられた属性はbolddimulblinkreverseitalic、およびstrike(クロスアウトまたは「取り消し線」の文字のため)。色に関する属性の位置(前後、途中)は関係ありません。特定の属性には、それらをつけることでオフにすることができるnono-(例えば、noreverseno-ul、など)。

An empty color string produces no color effect at all. This can be used to avoid coloring specific elements without disabling color entirely.空の色文字列は色効果をまったく生成しません。これは、色を完全に無効にすることなく特定の要素の色付けを避けるために使用できます。

For git’s pre-defined color slots, the attributes are meant to be reset at the beginning of each item in the colored output. So setting color.decorate.branch to black will paint that branch name in a plain black, even if the previous thing on the same output line (e.g. opening parenthesis before the list of branch names in log --decorate output) is set to be painted with bold or some other attribute. However, custom log formats may do more complicated and layered coloring, and the negated forms may be useful there.gitの定義済みカラースロットでは、属性はカラー出力の各項目の先頭でリセットされることを意図しています。ように設定color.decorate.branchするblack平野でそのブランチ名をペイントしますblack同じ出力ライン上の以前のものは(例えば、分岐名のリストの前に括弧を開く場合でも、log --decorate出力)で塗装されるように設定されているboldか、他のいくつかの属性。しかしながら、カスタムログフォーマットはより複雑で階層化された色付けをするかもしれず、そして否定された形式はそこで役に立つかもしれません。

pathname パス名

A variable that takes a pathname value can be given a string that begins with "~/" or "~user/", and the usual tilde expansion happens to such a string: ~/ is expanded to the value of $HOME, and ~user/ to the specified user’s home directory.パス名の値をとる変数は「で始まる文字列を与えることができる~/」または「~user/」を、通常のチルダ展開は、このような文字列に起こります~/の値に展開さ$HOMEれ、~user/指定したユーザのホームディレクトリに移動します。

Variables変数

Note that this list is non-comprehensive and not necessarily complete. For command-specific variables, you will find a more detailed description in the appropriate manual page.このリストは包括的ではなく、必ずしも完全ではないことに注意してください。コマンド固有の変数については、適切なマニュアルページに詳細な説明があります。

Other git-related tools may and do use their own variables. When inventing new variables for use in your own tool, make sure their names do not conflict with those that are used by Git itself and other popular tools, and describe them in your documentation.他のgit関連のツールは独自の変数を使用するかもしれませんし、使用します。あなた自身のツールで使用するための新しい変数を発明するとき、それらの名前がGit自身と他の人気のあるツールによって使用されるものと衝突しないことを確認し、あなたのドキュメントでそれらを説明してください。

advice.* 助言。*

These variables control various optional help messages designed to aid new users. All advice.* variables default to true, and you can tell Git that you do not need help by setting these to false:これらの変数は、新規ユーザーを支援するために設計されたさまざまなオプションのヘルプメッセージを制御します。すべてのadvice。*変数はデフォルトでtrueに設定されています。これらをfalseに設定することでGitに助けが必要ないことを伝えることができます

pushUpdateRejected

Set this variable to false if you want to disable pushNonFFCurrent, pushNonFFMatching, pushAlreadyExists, pushFetchFirst, and pushNeedsForce simultaneously.pushNonFFCurrentpushNonFFMatchingpushAlreadyExistspushFetchFirst、およびpushNeedsForceを同時に無効にする場合は、この変数をfalseに設定します。

pushNonFFCurrent

Advice shown when git-push[1] fails due to a non-fast-forward update to the current branch.現在のブランチへの早送りでない更新が原因でgit-push [1]が失敗したときに表示されるアドバイス。

pushNonFFMatching

Advice shown when you ran git-push[1] and pushed matching refs explicitly (i.e. you used :, or specified a refspec that isn’t your current branch) and it resulted in a non-fast-forward error.あなたが実行したときのアドバイスを示した[1] Gitのプッシュをし、プッシュマッチング、参考文献を明示的に(あなたが使用すなわち、またはあなたの現在の分岐ではありませんrefspecを指定)、それが非早送りエラーが発生しました。

pushAlreadyExists

Shown when git-push[1] rejects an update that does not qualify for fast-forwarding (e.g., a tag.)git-push [1]が早送りに適していない更新(たとえばタグ)を拒否したときに表示されます。

pushFetchFirst

Shown when git-push[1] rejects an update that tries to overwrite a remote ref that points at an object we do not have.git-push [1]が、自分が持っていないオブジェクトを指すリモート参照を上書きしようとする更新を拒否したときに表示されます。

pushNeedsForce

Shown when git-push[1] rejects an update that tries to overwrite a remote ref that points at an object that is not a commit-ish, or make the remote ref point at an object that is not a commit-ish.git-push [1]が、コミットではないオブジェクトを指すリモート参照を上書きしようとする、またはコミットではないオブジェクトを指すリモート参照を作成しようとする更新を拒否したときに表示されます。

pushUnqualifiedRefname

Shown when git-push[1] gives up trying to guess based on the source and destination refs what remote ref namespace the source belongs in, but where we can still suggest that the user push to either refs/heads/* or refs/tags/* based on the type of the source object.場合に表示さgitのプッシュは[1]のソースがで属するものをリモート参照の名前空間送信元と送信先、引用文献に基づいて推測しようとあきらめ、我々はまだどちらかレフリー/ヘッド/ *へのユーザープッシュまたはREF /タグすることを示唆していることができる場所/ *ソースオブジェクトの種類に基づきます。

statusHints

Show directions on how to proceed from the current state in the output of git-status[1], in the template shown when writing commit messages in git-commit[1], and in the help message shown by git-checkout[1] when switching branch.git-status [1]の出力、git-commit [1]でコミットメッセージを書くときに表示されるテンプレート、およびgit-checkout [1]で表示されるヘルプメッセージで現在の状態から進む方法に関する指示を示します分岐を切り替えるとき

statusUoption

Advise to consider using the -u option to git-status[1] when the command takes more than 2 seconds to enumerate untracked files.コマンドが追跡されていないファイルを列挙するのに2秒以上かかる場合は、git-status [1]-uオプションを使用することを検討することをお勧めします。

commitBeforeMerge

Advice shown when git-merge[1] refuses to merge to avoid overwriting local changes.git-merge [1]がローカルの変更を上書きしないようにマージを拒否したときに表示されるアドバイス。

resetQuiet

Advice to consider using the --quiet option to git-reset[1] when the command takes more than 2 seconds to enumerate unstaged changes after reset.リセット後にステージングされていない変更を列挙するためにコマンドが2秒以上かかる場合は、git-reset [1]--quietオプションを使用することを検討することをお勧めします。

resolveConflict

Advice shown by various commands when conflicts prevent the operation from being performed.競合が発生して操作が実行できない場合に、さまざまなコマンドによって表示されるアドバイス

implicitIdentity

Advice on how to set your identity configuration when your information is guessed from the system username and domain name.システムのユーザー名とドメイン名から情報が推測されたときにID設定を設定する方法に関するアドバイス。

detachedHead

Advice shown when you used git-checkout[1] to move to the detach HEAD state, to instruct how to create a local branch after the fact.事実後にローカルブランチを作成する方法を指示するために、git-checkout [1]を使用してdetach HEAD状態に移行したときに表示されるアドバイス。

checkoutAmbiguousRemoteBranchName

Advice shown when the argument to git-checkout[1] ambiguously resolves to a remote tracking branch on more than one remote in situations where an unambiguous argument would have otherwise caused a remote-tracking branch to be checked out. See the checkout.defaultRemote configuration variable for how to set a given remote to used by default in some situations where this advice would be printed.あいまいさのない引数によってリモートトラッキングブランチがチェックアウトされるような状況で、git-checkout [1]への引数が複数のリモートのリモートトラッキングブランチにあいまいに解決したときに表示されるアドバイス。checkout.defaultRemoteこのアドバイスが表示されるような状況で、特定のリモートをデフォルトで使用するように設定する方法については、構成変数を参照してください。

amWorkDir

Advice that shows the location of the patch file when git-am[1] fails to apply it.git-am [1]が適用に失敗したときのパッチファイルの場所を示すアドバイス。

rmHints rmヒント

In case of failure in the output of git-rm[1], show directions on how to proceed from the current state.git-rm [1]の出力に失敗した場合は、現在の状態からどのように進めるかについての指示を示してください。

addEmbeddedRepo

Advice on what to do when you’ve accidentally added one git repo inside of another.あるGitリポジトリを誤って別のGitリポジトリに追加した場合の対処方法についてのアドバイス。

ignoredHook

Advice shown if a hook is ignored because the hook is not set as executable.フックが実行可能として設定されていないためにフックが無視された場合に表示されるアドバイス。

waitingForEditor

Print a message to the terminal whenever Git is waiting for editor input from the user.Gitがユーザーからのエディタ入力を待っているときはいつでも端末にメッセージを印刷します。

core.fileMode

Tells Git if the executable bit of files in the working tree is to be honored.ワーキングツリー内のファイルの実行可能ビットを尊重するかどうかをGitに伝えます。

Some filesystems lose the executable bit when a file that is marked as executable is checked out, or checks out a non-executable file with executable bit on. git-clone[1] or git-init[1] probe the filesystem to see if it handles the executable bit correctly and this variable is automatically set as necessary.実行可能としてマークされたファイルがチェックアウトされたとき、または実行可能ビットがオンになっている非実行可能ファイルをチェックアウトしたときに、ファイルシステムによっては実行可能ビットを失います。git-clone [1]またはgit-init [1]は、ファイルシステムが実行可能ビットを正しく処理し、必要に応じてこの変数が自動的に設定されているかどうかを確認します。

A repository, however, may be on a filesystem that handles the filemode correctly, and this variable is set to true when created, but later may be made accessible from another environment that loses the filemode (e.g. exporting ext4 via CIFS mount, visiting a Cygwin created repository with Git for Windows or Eclipse). In such a case it may be necessary to set this variable to false. See git-update-index[1].ただし、リポジトリはファイルモードを正しく処理するファイルシステム上にあり、この変数は作成時にtrueに設定されますが、後でファイルモードを失う別の環境からアクセス可能になる場合があります(例:CIFSマウントによるext4のエクスポート、Cygwinへのアクセス)。 Git for WindowsまたはEclipseでリポジトリを作成しました。そのような場合、この変数をfalseに設定する必要があるかもしれません。git-update-index [1]を参照してください。

The default is true (when core.filemode is not specified in the config file).デフォルトはtrueです(core.filemodeが設定ファイルで指定されていない場合)。

core.hideDotFiles

(Windows-only) If true, mark newly-created directories and files whose name starts with a dot as hidden. If dotGitOnly, only the .git/ directory is hidden, but no other files starting with a dot. The default mode is dotGitOnly.(Windowsのみ)trueの場合、名前がドットで始まる新しく作成されたディレクトリおよびファイルを非表示としてマークします。dotGitOnlyの場合、.git/ディレクトリのみが隠され、ドットで始まる他のファイルは隠されません。デフォルトのモードはdotGitOnlyです。

core.ignoreCase

Internal variable which enables various workarounds to enable Git to work better on filesystems that are not case sensitive, like APFS, HFS+, FAT, NTFS, etc. For example, if a directory listing finds "makefile" when Git expects "Makefile", Git will assume it is really the same file, and continue to remember it as "Makefile".APFS、HFS +、FAT、NTFSなど、大文字と小文字を区別しないファイルシステムでGitがより適切に動作するようにさまざまな回避策を有効にする内部変数。それは本当に同じファイルであると仮定し、そしてそれを "Makefile"として覚え続けるであろう。

The default is false, except git-clone[1] or git-init[1] will probe and set core.ignoreCase true if appropriate when the repository is created.デフォルトはfalseです。ただし、リポジトリの作成時に、git-clone [1]またはgit-init [1]が適切であればcore.ignoreCaseをプローブおよび設定します。

Git relies on the proper configuration of this variable for your operating and file system. Modifying this value may result in unexpected behavior.Gitはあなたのオペレーティングシステムとファイルシステムに適したこの変数の設定に依存しています。この値を変更すると、予期しない動作が生じる可能性があります。

core.precomposeUnicode

This option is only used by Mac OS implementation of Git. When core.precomposeUnicode=true, Git reverts the unicode decomposition of filenames done by Mac OS. This is useful when sharing a repository between Mac OS and Linux or Windows. (Git for Windows 1.7.10 or higher is needed, or Git under cygwin 1.7). When false, file names are handled fully transparent by Git, which is backward compatible with older versions of Git.このオプションはGitのMac OS実装でのみ使われます。core.precomposeUnicode = trueの場合、GitはMac OSによって行われたファイル名のUnicode分解を元に戻します。これは、Mac OSとLinuxまたはWindowsの間でリポジトリを共有するときに役立ちます。(Windows 1.7.10以降用のGit、またはcygwin 1.7下のGitが必要です)。falseの場合、ファイル名はGitによって完全に透過的に処理されます。これは、古いバージョンのGitと下位互換性があります。

core.protectHFS

If set to true, do not allow checkout of paths that would be considered equivalent to .git on an HFS+ filesystem. Defaults to true on Mac OS, and false elsewhere.trueに設定した場合、.gitHFS +ファイルシステムと同等と見なされるパスのチェックアウトを許可しません。trueMac OSとfalse他の場所でのデフォルトです。

core.protectNTFS

If set to true, do not allow checkout of paths that would cause problems with the NTFS filesystem, e.g. conflict with 8.3 "short" names. Defaults to true on Windows, and false elsewhere.trueに設定されている場合、NTFSファイルシステムで問題を引き起こす可能性のあるパスのチェックアウトを許可しません。例えば8.3 "short"名との衝突。デフォルトtrueはWindows falseなどです。

core.fsmonitor

If set, the value of this variable is used as a command which will identify all files that may have changed since the requested date/time. This information is used to speed up git by avoiding unnecessary processing of files that have not changed. See the "fsmonitor-watchman" section of githooks[5].設定されている場合、この変数の値は、要求された日時以降に変更された可能性のあるすべてのファイルを識別するコマンドとして使用されます。この情報は、変更されていないファイルの不要な処理を避けることによってgitをスピードアップするために使用されます。githooksの[ fsmonitor-watchman ]セクションを参照してください[5]

core.trustctime

If false, the ctime differences between the index and the working tree are ignored; useful when the inode change time is regularly modified by something outside Git (file system crawlers and some backup systems). See git-update-index[1]. True by default.falseの場合、インデックスと作業ツリーのctimeの違いは無視されます。iノードの変更時刻がGit以外のもの(ファイルシステムのクローラや一部のバックアップシステム)によって定期的に変更される場合に便利です。git-update-index [1]を参照してください。デフォルトでは真です。

core.splitIndex

If true, the split-index feature of the index will be used. See git-update-index[1]. False by default.trueの場合、インデックスの分割インデックス機能が使用されます。git-update-index [1]を参照してください。デフォルトではfalseです。

core.untrackedCache

Determines what to do about the untracked cache feature of the index. It will be kept, if this variable is unset or set to keep. It will automatically be added if set to true. And it will automatically be removed, if set to false. Before setting it to true, you should check that mtime is working properly on your system. See git-update-index[1]. keep by default.インデックスの追跡されていないキャッシュ機能について何をするかを決定します。この変数が設定されていないかに設定されてkeepいる場合は、保持されます。に設定すると、自動的に追加されtrueます。に設定すると、自動的に削除されfalseます。に設定する前にtrue、mtimeがあなたのシステムで正しく動作していることを確認する必要があります。git-update-index [1]を参照してください。keepデフォルトで。

core.checkStat

When missing or is set to default, many fields in the stat structure are checked to detect if a file has been modified since Git looked at it. When this configuration variable is set to minimal, sub-second part of mtime and ctime, the uid and gid of the owner of the file, the inode number (and the device number, if Git was compiled to use it), are excluded from the check among these fields, leaving only the whole-second part of mtime (and ctime, if core.trustCtime is set) and the filesize to be checked.見つからないか、またはに設定されdefaultている場合、stat構造体の多くのフィールドは、Gitがそれを見てからファイルが変更されたかどうかを検出するためにチェックされます。この構成変数がに設定されているminimal場合、mtimeとctimeの1秒未満の部分、ファイルの所有者のuidとgid、iノード番号(Gitがそれを使用するようにコンパイルされている場合はデバイス番号)は除外されます。これらのフィールドをチェックして、mtime(およびcore.trustCtime設定されている場合はctime)の秒全体とチェックされるファイルサイズだけを残します。

There are implementations of Git that do not leave usable values in some fields (e.g. JGit); by excluding these fields from the comparison, the minimal mode may help interoperability when the same repository is used by these other systems at the same time.いくつかのフィールドに使用可能な値を残さないGitの実装があります(例えばJGit)。比較からこれらのフィールドを除外することによってminimal、同じリポジトリがこれらの他のシステムによって同時に使用されるとき、モードは相互運用性を助けるかもしれません。

core.quotePath

Commands that output paths (e.g. ls-files, diff), will quote "unusual" characters in the pathname by enclosing the pathname in double-quotes and escaping those characters with backslashes in the same way C escapes control characters (e.g. \t for TAB, \n for LF, \\ for backslash) or bytes with values larger than 0x80 (e.g. octal \302\265 for "micro" in UTF-8). If this variable is set to false, bytes higher than 0x80 are not considered "unusual" any more. Double-quotes, backslash and control characters are always escaped regardless of the setting of this variable. A simple space character is not considered "unusual". Many commands can output pathnames completely verbatim using the -z option. The default value is true.出力パス(例えばことをコマンドLS-ファイルdiffが)、二重引用符でパス名を囲むとCは例えば(制御文字をエスケープするのと同じ方法でバックスラッシュでこれらの文字をエスケープすることにより、パス名に「珍しい」文字を引用します\t、TAB用\nのためにLF(\バックスラッシュの場合)、または0x80より大きい値のバイト(25UTF-8の "micro"の場合は8進数)。この変数がfalseに設定されていると、0x80を超えるバイトは「異常」とは見なされなくなります。この変数の設定に関係なく、二重引用符、バックスラッシュ、制御文字は常にエスケープされます。単純な空白文字は「変わった」とは見なされません。多くのコマンドは、-zオプションを使用してパス名を完全に逐語的に出力できます。デフォルト値はtrueです。

core.eol

Sets the line ending type to use in the working directory for files that are marked as text (either by having the text attribute set, or by having text=auto and Git auto-detecting the contents as text). Alternatives are lf, crlf and native, which uses the platform’s native line ending. The default value is native. See gitattributes[5] for more information on end-of-line conversion. Note that this value is ignored if core.autocrlf is set to true or input.テキストとしてマークされているファイルの作業ディレクトリで使用する行末タイプを設定します(text属性を設定するかtext=auto、Gitを使用して内容をテキストとして自動検出します)。選択肢はlfcrlfnativeで、プラットフォームのネイティブ行末を使用します。デフォルト値はnativeです。行末変換の詳細についてはgitattributes [5]を参照してください。またはにcore.autocrlf設定されている場合、この値は無視されることに注意してください。trueinput

core.safecrlf

If true, makes Git check if converting CRLF is reversible when end-of-line conversion is active. Git will verify if a command modifies a file in the work tree either directly or indirectly. For example, committing a file followed by checking out the same file should yield the original file in the work tree. If this is not the case for the current setting of core.autocrlf, Git will reject the file. The variable can be set to "warn", in which case Git will only warn about an irreversible conversion but continue the operation.trueの場合、CRLF行末変換がアクティブなときにGitが変換を元に戻すことができるかどうかをチェックします。Gitは、コマンドがワークツリー内のファイルを直接または間接的に変更しているかどうかを検証します。たとえば、ファイルをコミットしてから同じファイルをチェックアウトすると、作業ツリーに元のファイルが作成されます。これがの現在の設定に該当しない場合core.autocrlf、Gitはファイルを拒否します。この変数は "warn"に設定することができ、その場合Gitは不可逆的な変換について警告するだけで操作を続行します。

CRLF conversion bears a slight chance of corrupting data. When it is enabled, Git will convert CRLF to LF during commit and LF to CRLF during checkout. A file that contains a mixture of LF and CRLF before the commit cannot be recreated by Git. For text files this is the right thing to do: it corrects line endings such that we have only LF line endings in the repository. But for binary files that are accidentally classified as text the conversion can corrupt data.CRLF変換では、データが破損する可能性がわずかにあります。有効になっていると、Gitはコミット中にCRLFをLFに、チェックアウト中にLFをCRLFに変換します。コミット前にLFとCRLFが混在するファイルはGitでは再作成できません。テキストファイルの場合、これは正しいことです。リポジトリにLFの行末しかないように行末を修正します。しかし、誤ってテキストとして分類されているバイナリファイルの場合、変換によってデータが破損する可能性があります。

If you recognize such corruption early you can easily fix it by setting the conversion type explicitly in .gitattributes. Right after committing you still have the original file in your work tree and this file is not yet corrupted. You can explicitly tell Git that this file is binary and Git will handle the file appropriately.このような破損を早期に認識した場合は、.gitattributesで明示的に変換タイプを設定することで簡単に修正できます。コミットした直後でも、作業ツリーには元のファイルが残っており、このファイルはまだ破損していません。このファイルはバイナリであり、Gitが適切にファイルを処理することをGitに明示的に伝えることができます。

Unfortunately, the desired effect of cleaning up text files with mixed line endings and the undesired effect of corrupting binary files cannot be distinguished. In both cases CRLFs are removed in an irreversible way. For text files this is the right thing to do because CRLFs are line endings, while for binary files converting CRLFs corrupts data.残念ながら、行末が混在するテキストファイルをクリーンアップすることの望ましい効果とバイナリファイルを破損することの望ましくない効果を区別することはできません。どちらの場合も、CRLFは元に戻せない方法で削除されます。テキストファイルの場合はこれが正しいことです。CRLFは行の終わりですが、バイナリファイルの場合はCRLFを変換するとデータが破損するためです。

Note, this safety check does not mean that a checkout will generate a file identical to the original file for a different setting of core.eol and core.autocrlf, but only for the current one. For example, a text file with LF would be accepted with core.eol=lf and could later be checked out with core.eol=crlf, in which case the resulting file would contain CRLF, although the original file contained LF. However, in both work trees the line endings would be consistent, that is either all LF or all CRLF, but never mixed. A file with mixed line endings would be reported by the core.safecrlf mechanism.注、この安全チェックは、チェックアウトは、別の設定のため、元のファイルと同じファイルを生成することを意味するものではありませんcore.eolcore.autocrlfだけ、現在の1のために、。たとえば、テキストファイルLFはで受け入れられ、core.eol=lf後でチェックアウトすることができます。core.eol=crlfこの場合CRLF、元のファイルは含まれていますが、結果のファイルは含まれますLF。ただし、両方の作業ツリーで、行末は一貫しています。つまり、すべてLFまたはすべてのいずれかですが、CRLF混在することはありません。行末が混在するファイルはcore.safecrlfメカニズムによって報告されます。

core.autocrlf

Setting this variable to "true" is the same as setting the text attribute to "auto" on all files and core.eol to "crlf". Set to true if you want to have CRLF line endings in your working directory and the repository has LF line endings. This variable can be set to input, in which case no output conversion is performed.この変数を "true"に設定するtextことは、すべてのファイルで属性を "auto"に設定し、core.eolを "crlf"に設定することと同じです。CRLF作業ディレクトリに行末があり、リポジトリにLF行末がある場合は、trueに設定します。この変数はinputに設定できます。その場合、出力変換は実行されません。

core.checkRoundtripEncoding

A comma and/or whitespace separated list of encodings that Git performs UTF-8 round trip checks on if they are used in an working-tree-encoding attribute (see gitattributes[5]). The default value is SHIFT-JIS.GitがUTF-8ラウンドトリップチェックをworking-tree-encoding属性内で使用しているかどうかを確認するためにカンマまたは空白で区切られたエンコーディングのリスト(gitattributes [5]を参照)。デフォルト値はSHIFT-JISです。

If false, symbolic links are checked out as small plain files that contain the link text. git-update-index[1] and git-add[1] will not change the recorded type to regular file. Useful on filesystems like FAT that do not support symbolic links.falseの場合、シンボリックリンクはリンクテキストを含む小さなプレーンファイルとしてチェックアウトされます。git-update-index [1]git-add [1]は記録タイプを通常のファイルに変更しません。シンボリックリンクをサポートしていないFATのようなファイルシステムで役に立ちます。

The default is true, except git-clone[1] or git-init[1] will probe and set core.symlinks false if appropriate when the repository is created.リポジトリの作成時にgit-clone [1]またはgit-init [1]が適切であればcore.symlinksをプローブしてfalseに設定することを除いて、デフォルトはtrueです。

core.gitProxy

A "proxy command" to execute (as command host port) instead of establishing direct connection to the remote server when using the Git protocol for fetching. If the variable value is in the "COMMAND for DOMAIN" format, the command is applied only on hostnames ending with the specified domain string. This variable may be set multiple times and is matched in the given order; the first match wins.フェッチにGitプロトコルを使用するときにリモートサーバーへの直接接続を確立する代わりに(コマンドホストポートとして)実行するための「プロキシコマンド」。変数値が "COMMAND for DOMAIN"形式の場合、コマンドは指定されたドメイン文字列で終わるホスト名にのみ適用されます。この変数は複数回設定することができ、与えられた順序で照合されます。最初の試合が勝ちます。

Can be overridden by the GIT_PROXY_COMMAND environment variable (which always applies universally, without the special "for" handling).GIT_PROXY_COMMAND環境変数によって上書きすることができます(特別な "for"処理なしで、常に普遍的に適用されます)。

The special string none can be used as the proxy command to specify that no proxy be used for a given domain pattern. This is useful for excluding servers inside a firewall from proxy use, while defaulting to a common proxy for external domains.特殊文字列noneをproxyコマンドとして使用して、特定のドメインパターンにプロキシを使用しないように指定できます。これは、ファイアウォールの内側にあるサーバーをプロキシの使用から除外する一方で、外部ドメイン用の共通プロキシにデフォルト設定するのに役立ちます。

core.sshCommand core.sshコマンド

If this variable is set, git fetch and git push will use the specified command instead of ssh when they need to connect to a remote system. The command is in the same form as the GIT_SSH_COMMAND environment variable and is overridden when the environment variable is set.この変数が設定され、場合git fetchgit pushの代わりに、指定されたコマンドを使用します。ssh彼らは、リモート・システムに接続する必要がある場合。このコマンドはGIT_SSH_COMMAND環境変数と同じ形式であり、環境変数が設定されているとオーバーライドされます。

core.ignoreStat

If true, Git will avoid using lstat() calls to detect if files have changed by setting the "assume-unchanged" bit for those tracked files which it has updated identically in both the index and working tree.trueの場合、Gitはlstat()呼び出しを使用して、インデックスと作業ツリーの両方で同じように更新された追跡ファイルの「仮定変更」ビットを設定することによってファイルが変更されたかどうかを検出しません。

When files are modified outside of Git, the user will need to stage the modified files explicitly (e.g. see Examples section in git-update-index[1]). Git will not normally detect changes to those files.ファイルがGitの外部で変更された場合、ユーザーは変更されたファイルを明示的にステージングする必要があります(例えばgit-update-index [1]の例のセクションを参照)。Gitは通常これらのファイルへの変更を検出しません。

This is useful on systems where lstat() calls are very slow, such as CIFS/Microsoft Windows.これは、CIFS / Microsoft Windowsなど、lstat()呼び出しが非常に遅いシステムで役立ちます。

False by default.デフォルトではfalseです。

core.preferSymlinkRefs

Instead of the default "symref" format for HEAD and other symbolic reference files, use symbolic links. This is sometimes needed to work with old scripts that expect HEAD to be a symbolic link.HEADおよび他のシンボリック参照ファイルのデフォルトの "symref"フォーマットの代わりに、シンボリックリンクを使用してください。これは、HEADがシンボリックリンクであることを期待する古いスクリプトで動作するために必要なことがあります。

core.alternateRefsCommand

When advertising tips of available history from an alternate, use the shell to execute the specified command instead of git-for-each-ref[1]. The first argument is the absolute path of the alternate. Output must contain one hex object id per line (i.e., the same as produced by git for-each-ref --format='%(objectname)').代替から利用可能な履歴のヒントを宣伝するとき、git-for-each-ref [1]の代わりにシェルを使用して指定されたコマンドを実行します。最初の引数は代替パスの絶対パスです。出力には、1行に1つの16進数のオブジェクトIDを含める必要があります(つまり、で生成されたものと同じgit for-each-ref --format='%(objectname)')。

Note that you cannot generally put git for-each-ref directly into the config value, as it does not take a repository path as an argument (but you can wrap the command above in a shell script).git for-each-ref引数としてリポジトリパスを使用しないため、一般的にconfig値に直接入れることはできません(ただし、上記のコマンドをシェルスクリプトでラップすることはできます)。

core.alternateRefsPrefixes

When listing references from an alternate, list only references that begin with the given prefix. Prefixes match as if they were given as arguments to git-for-each-ref[1]. To list multiple prefixes, separate them with whitespace. If core.alternateRefsCommand is set, setting core.alternateRefsPrefixes has no effect.代替からの参照をリストするときは、与えられた接頭辞で始まる参照のみをリストします。プレフィックスはあたかもそれらがgit-for-each-ref [1]への引数として与えられたかのようにマッチします。複数のプレフィックスを一覧表示するには、それらを空白で区切ります。core.alternateRefsCommandが設定されている場合、設定core.alternateRefsPrefixesは効果がありません。

core.bare

If true this repository is assumed to be bare and has no working directory associated with it. If this is the case a number of commands that require a working directory will be disabled, such as git-add[1] or git-merge[1].trueの場合、このリポジトリは裸であると見なされ、作業ディレクトリは関連付けられていません。この場合、git-add [1]git-merge [1]のように、作業ディレクトリを必要とするいくつかのコマンドは無効になります。

This setting is automatically guessed by git-clone[1] or git-init[1] when the repository was created. By default a repository that ends in "/.git" is assumed to be not bare (bare = false), while all other repositories are assumed to be bare (bare = true).この設定は、リポジトリ作成時にgit-clone [1]またはgit-init [1]によって自動的に推測されます。デフォルトでは "/.git"で終わるリポジトリは裸ではない(bare = false)と見なされ、他のすべてのリポジトリは裸である(bare = true)と見なされます。

core.worktree

Set the path to the root of the working tree. If GIT_COMMON_DIR environment variable is set, core.worktree is ignored and not used for determining the root of working tree. This can be overridden by the GIT_WORK_TREE environment variable and the --work-tree command-line option. The value can be an absolute path or relative to the path to the .git directory, which is either specified by --git-dir or GIT_DIR, or automatically discovered. If --git-dir or GIT_DIR is specified but none of --work-tree, GIT_WORK_TREE and core.worktree is specified, the current working directory is regarded as the top level of your working tree.パスを作業ツリーのルートに設定します。GIT_COMMON_DIR環境変数が設定されている場合、core.worktreeは無視され、作業ツリーのルートを決定するためには使用されません。これはGIT_WORK_TREE環境変数と--work-treeコマンドラインオプションで上書きできます。値は絶対パスでも、.gitディレクトリへのパスからの相対パスでもかまいません。これは--git-dirまたはGIT_DIRで指定されるか、自動的に検出されます。--git-dirまたはGIT_DIRが指定されているが--work-tree、GIT_WORK_TREE、およびcore.worktreeのいずれも指定されていない場合、現在の作業ディレクトリが作業ツリーの最上位と見なされます。

Note that this variable is honored even when set in a configuration file in a ".git" subdirectory of a directory and its value differs from the latter directory (e.g. "/path/to/.git/config" has core.worktree set to "/different/path"), which is most likely a misconfiguration. Running Git commands in the "/path/to" directory will still use "/different/path" as the root of the work tree and can cause confusion unless you know what you are doing (e.g. you are creating a read-only snapshot of the same index to a location different from the repository’s usual working tree).この変数は、ディレクトリの ".git"サブディレクトリ内の設定ファイルで設定されていても、その値が後者のディレクトリと異なる場合でも有効です(例: "/path/to/.git/config"はcore.worktreeを次のように設定します)。 "/ different / path")、これはおそらく設定ミスです。"/ path / to"ディレクトリでGitコマンドを実行しても、作業ツリーのルートとして "/ different / path"が使用され、自分が何をしているのかわからない場合は混乱を招く可能性があります。リポジトリの通常の作業ツリーとは異なる場所への同じインデックス)

core.logAllRefUpdates

Enable the reflog. Updates to a ref <ref> is logged to the file "$GIT_DIR/logs/<ref>", by appending the new and old SHA-1, the date/time and the reason of the update, but only when the file exists. If this configuration variable is set to true, missing "$GIT_DIR/logs/<ref>" file is automatically created for branch heads (i.e. under refs/heads/), remote refs (i.e. under refs/remotes/), note refs (i.e. under refs/notes/), and the symbolic ref HEAD. If it is set to always, then a missing reflog is automatically created for any ref under refs/.reflogを有効にします。ref <ref>に対する更新は$GIT_DIR/logs/<ref>、新旧のSHA-1、日付と時刻、および更新の理由を追加することによってファイル " "に記録されますが、ファイルが存在する場合に限ります。この設定変数がtrue" $GIT_DIR/logs/<ref>"に設定されている場合、足りない " "ファイルはブランチヘッド(すなわちアンダーrefs/heads/)、リモートリファレンス(すなわちアンダーrefs/remotes/)、ノートrefs/notes/リファレンス(すなわちアンダー)、そしてシンボリックリファレンスに対して自動的に作成されますHEAD。これがに設定されているalwaysと、不足しているreflogが自動的にその下のrefに対して作成されますrefs/

This information can be used to determine what commit was the tip of a branch "2 days ago".この情報を使用して、「2日前」にどのコミットがブランチの先端になったのかを判断できます。

This value is true by default in a repository that has a working directory associated with it, and false by default in a bare repository.この値は、作業ディレクトリが関連付けられているリポジトリではデフォルトでtrue、ベアリポジトリではデフォルトでfalseです。

core.repositoryFormatVersion

Internal variable identifying the repository format and layout version.リポジトリフォーマットとレイアウトバージョンを識別する内部変数。

core.sharedRepository

When group (or true), the repository is made shareable between several users in a group (making sure all the files and objects are group-writable). When all (or world or everybody), the repository will be readable by all users, additionally to being group-shareable. When umask (or false), Git will use permissions reported by umask(2). When 0xxx, where 0xxx is an octal number, files in the repository will have this mode value. 0xxx will override user’s umask value (whereas the other options will only override requested parts of the user’s umask value). Examples: 0660 will make the repo read/write-able for the owner and group, but inaccessible to others (equivalent to group unless umask is e.g. 0022). 0640 is a repository that is group-readable but not group-writable. See git-init[1]. False by default.ときグループ(または)、リポジトリが(すべてのファイルとオブジェクトがグループ書き込み可能であることを確認すること)グループ内の複数のユーザー間で共有可能行われます。場合は、すべての(または世界または誰も)、リポジトリは、さらに、グループ共有可能であることに、すべてのユーザが読めるだろう。ときのumask(または)、Gitはumaskで報告されたアクセス許可を使用します(2)。とき0XXX0XXXが進数では、リポジトリ内のファイルは、このモード値を持つことになります。0xxxはユーザーのumask値をオーバーライドします(他のオプションはユーザーのumask値の要求された部分のみをオーバーライドします)。例:0660所有者とグループに対してrepoを読み書き可能にしますが、他の人にはアクセスできない(umaskが例えば0022でない限りgroupと同等)。0640は、グループ読み取り可能ですが、グループ書き込み可能ではないリポジトリーです。git-init [1]を参照してください。デフォルトではfalseです。

core.warnAmbiguousRefs

If true, Git will warn you if the ref name you passed it is ambiguous and might match multiple refs in the repository. True by default.もしtrueなら、Gitはあなたが渡した参照名があいまいでリポジトリ内の複数の参照と一致する可能性があるかどうかを警告します。デフォルトでは真です。

core.compression

An integer -1..9, indicating a default compression level. -1 is the zlib default. 0 means no compression, and 1..9 are various speed/size tradeoffs, 9 being slowest. If set, this provides a default to other compression variables, such as core.looseCompression and pack.compression.デフォルトの圧縮レベルを示す整数-1..9。-1がzlibのデフォルトです。0は圧縮なしを意味し、1..9はさまざまな速度とサイズのトレードオフ、9は最も遅いです。設定した場合、これは以下のような他の圧縮の変数にデフォルトの提供core.looseCompressionとをpack.compression

core.looseCompression

An integer -1..9, indicating the compression level for objects that are not in a pack file. -1 is the zlib default. 0 means no compression, and 1..9 are various speed/size tradeoffs, 9 being slowest. If not set, defaults to core.compression. If that is not set, defaults to 1 (best speed).パックファイル内にないオブジェクトの圧縮レベルを示す整数-1..9。-1がzlibのデフォルトです。0は圧縮なしを意味し、1..9はさまざまな速度とサイズのトレードオフ、9は最も遅いです。設定されていない場合、デフォルトはcore.compressionになります。これが設定されていない場合は、デフォルトの1(最高速度)になります。

core.packedGitWindowSize

Number of bytes of a pack file to map into memory in a single mapping operation. Larger window sizes may allow your system to process a smaller number of large pack files more quickly. Smaller window sizes will negatively affect performance due to increased calls to the operating system’s memory manager, but may improve performance when accessing a large number of large pack files.1回のマッピング操作でメモリにマッピングするパックファイルのバイト数。ウィンドウサイズを大きくすると、システムは少数の大きなパックファイルをより迅速に処理できるようになります。ウィンドウサイズを小さくすると、オペレーティングシステムのメモリマネージャへの呼び出しが増えるため、パフォーマンスに悪影響がありますが、多数の大きなパックファイルにアクセスする場合はパフォーマンスが向上する可能性があります。

Default is 1 MiB if NO_MMAP was set at compile time, otherwise 32 MiB on 32 bit platforms and 1 GiB on 64 bit platforms. This should be reasonable for all users/operating systems. You probably do not need to adjust this value.コンパイル時にNO_MMAPが設定されている場合のデフォルトは1 MiBです。それ以外の場合、32ビットプラットフォームでは32 MiB、64ビットプラットフォームでは1 GiBです。これはすべてのユーザー/オペレーティングシステムにとって合理的なはずです。おそらくこの値を調整する必要はありません。

Common unit suffixes of k, m, or g are supported.km、またはgの共通単位接尾部がサポートされています。

core.packedGitLimit

Maximum number of bytes to map simultaneously into memory from pack files. If Git needs to access more than this many bytes at once to complete an operation it will unmap existing regions to reclaim virtual address space within the process.パックファイルからメモリに同時にマッピングする最大バイト数。操作を完了するためにGitが一度にこれ以上のバイト数にアクセスする必要がある場合は、既存の領域のマッピングを解除してプロセス内の仮想アドレス空間を再利用します。

Default is 256 MiB on 32 bit platforms and 32 TiB (effectively unlimited) on 64 bit platforms. This should be reasonable for all users/operating systems, except on the largest projects. You probably do not need to adjust this value.デフォルトは、32ビットプラットフォームでは256 MiB、64ビットプラットフォームでは32 TiB(事実上無制限)です。これは、最大規模のプロジェクトを除いて、すべてのユーザー/オペレーティングシステムにとって合理的なはずです。おそらくこの値を調整する必要はありません。

Common unit suffixes of k, m, or g are supported.km、またはgの共通単位接尾部がサポートされています。

core.deltaBaseCacheLimit

Maximum number of bytes to reserve for caching base objects that may be referenced by multiple deltified objects. By storing the entire decompressed base objects in a cache Git is able to avoid unpacking and decompressing frequently used base objects multiple times.複数のデリケートオブジェクトによって参照される可能性があるベースオブジェクトをキャッシュするために予約する最大バイト数。解凍されたベースオブジェクト全体をキャッシュに格納することで、Gitは頻繁に使用されるベースオブジェクトの解凍と解凍を複数回回避することができます。

Default is 96 MiB on all platforms. This should be reasonable for all users/operating systems, except on the largest projects. You probably do not need to adjust this value.デフォルトはすべてのプラットフォームで96 MiBです。これは、最大規模のプロジェクトを除いて、すべてのユーザー/オペレーティングシステムにとって合理的なはずです。おそらくこの値を調整する必要はありません。

Common unit suffixes of k, m, or g are supported.km、またはgの共通単位接尾部がサポートされています。

core.bigFileThreshold

Files larger than this size are stored deflated, without attempting delta compression. Storing large files without delta compression avoids excessive memory usage, at the slight expense of increased disk usage. Additionally files larger than this size are always treated as binary.このサイズより大きいファイルは、デルタ圧縮を試みることなく、圧縮されて格納されます。デルタ圧縮なしで大きなファイルを保存すると、ディスク使用量が増えるという多少の犠牲を払って、過剰なメモリ使用量が避けられます。さらに、このサイズより大きいファイルは常にバイナリとして扱われます。

Default is 512 MiB on all platforms. This should be reasonable for most projects as source code and other text files can still be delta compressed, but larger binary media files won’t be.デフォルトはすべてのプラットフォームで512 MiBです。ソースコードや他のテキストファイルはまだデルタ圧縮できますが、それより大きなバイナリメディアファイルはそうではないので、これはほとんどのプロジェクトにとって妥当なはずです。

Common unit suffixes of k, m, or g are supported.km、またはgの共通単位接尾部がサポートされています。

core.excludesFile

Specifies the pathname to the file that contains patterns to describe paths that are not meant to be tracked, in addition to .gitignore (per-directory) and .git/info/exclude. Defaults to $XDG_CONFIG_HOME/git/ignore. If $XDG_CONFIG_HOME is either not set or empty, $HOME/.config/git/ignore is used instead. See gitignore[5]..gitignore(ディレクトリごと)および.git / info / excludeに加えて、追跡することを意図しないパスを記述するためのパターンを含むファイルへのパス名を指定します。デフォルトは$XDG_CONFIG_HOME/git/ignoreです。$XDG_CONFIG_HOMEが設定されていないか空の場合は、$HOME/.config/git/ignore代わりにが使用されます。gitignore [5]を参照してください。

core.askPass

Some commands (e.g. svn and http interfaces) that interactively ask for a password can be told to use an external program given via the value of this variable. Can be overridden by the GIT_ASKPASS environment variable. If not set, fall back to the value of the SSH_ASKPASS environment variable or, failing that, a simple password prompt. The external program shall be given a suitable prompt as command-line argument and write the password on its STDOUT.対話的にパスワードを要求するいくつかのコマンド(例えば、svnやhttpインターフェース)は、この変数の値を通して与えられる外部プログラムを使うように言われることができます。GIT_ASKPASS環境変数によってオーバーライドすることができます。設定されていない場合は、SSH_ASKPASS環境変数の値にフォールバックします。失敗した場合は、単純なパスワードプロンプトを表示します。外部プログラムはコマンドライン引数として適切なプロンプトを与えられ、そのSTDOUTにパスワードを書きます。

core.attributesFile

In addition to .gitattributes (per-directory) and .git/info/attributes, Git looks into this file for attributes (see gitattributes[5]). Path expansions are made the same way as for core.excludesFile. Its default value is $XDG_CONFIG_HOME/git/attributes. If $XDG_CONFIG_HOME is either not set or empty, $HOME/.config/git/attributes is used instead.加えて.gitattributes(ディレクトリごと)と.git /情報/属性、Gitは(参照属性のため、このファイルに見えますgitattributesを[5] )。パス展開はと同じ方法で行われcore.excludesFileます。デフォルト値は$XDG_CONFIG_HOME/git/attributesです。$XDG_CONFIG_HOMEが設定されていないか空の場合は、$HOME/.config/git/attributes代わりにが使用されます。

core.hooksPath

By default Git will look for your hooks in the $GIT_DIR/hooks directory. Set this to different path, e.g. /etc/git/hooks, and Git will try to find your hooks in that directory, e.g. /etc/git/hooks/pre-receive instead of in $GIT_DIR/hooks/pre-receive.デフォルトでは、Gitはあなたのフックを$ GIT_DIR / hooksディレクトリで探します。これを別のパス、例えば/ etc / git / hooksに設定すると、Gitはそのディレクトリの中であなたのフックを見つけようとします。例えば$ GIT_DIR / hooks / pre-receiveではなく/ etc / git / hooks / pre-receiveです。

The path can be either absolute or relative. A relative path is taken as relative to the directory where the hooks are run (see the "DESCRIPTION" section of githooks[5]).パスは絶対パスでも相対パスでもかまいません。相対パスは、フックが実行されているディレクトリからの相対パスと見なされます(githooks [5]の「DESCRIPTION」セクションを参照)。

This configuration variable is useful in cases where you’d like to centrally configure your Git hooks instead of configuring them on a per-repository basis, or as a more flexible and centralized alternative to having an init.templateDir where you’ve changed default hooks.この設定変数は、Gitフックをリポジトリごとに設定するのではなく、Gitフックを一元的に設定したい場合や、init.templateDirデフォルトのフックを変更した場所に柔軟で集中型の方法として使用する場合に役立ちます。

core.editor

Commands such as commit and tag that let you edit messages by launching an editor use the value of this variable when it is set, and the environment variable GIT_EDITOR is not set. See git-var[1].commitand などのコマンドをtag使用すると、エディタを起動してメッセージを編集できます。この変数の値が設定されていて、環境変数GIT_EDITORが設定されていない場合は、この値が使用されます。git-var [1]を参照してください。

core.commentChar

Commands such as commit and tag that let you edit messages consider a line that begins with this character commented, and removes them after the editor returns (default #).commitやなどのコマンドでtagメッセージを編集できるようにすると、この文字で始まる行がコメントアウトされ、エディタが戻った後でそれらが削除されます(デフォルト)。

If set to "auto", git-commit would select a character that is not the beginning character of any line in existing commit messages."auto"に設定するとgit-commit、既存のコミットメッセージのどの行の先頭文字でもない文字を選択します。

core.filesRefLockTimeout

The length of time, in milliseconds, to retry when trying to lock an individual reference. Value 0 means not to retry at all; -1 means to try indefinitely. Default is 100 (i.e., retry for 100ms).個々の参照をロックしようとしたときに再試行する時間(ミリ秒)。値0は、まったく再試行しないことを意味します。-1は無期限に試すことを意味します。デフォルトは100です(つまり、100msの間再試行します)。

core.packedRefsTimeout

The length of time, in milliseconds, to retry when trying to lock the packed-refs file. Value 0 means not to retry at all; -1 means to try indefinitely. Default is 1000 (i.e., retry for 1 second).packed-refsファイルをロックしようとしたときに再試行する時間の長さ(ミリ秒)。値0は、まったく再試行しないことを意味します。-1は無期限に試すことを意味します。デフォルトは1000です(つまり、1秒間再試行します)。

core.pager

Text viewer for use by Git commands (e.g., less). The value is meant to be interpreted by the shell. The order of preference is the $GIT_PAGER environment variable, then core.pager configuration, then $PAGER, and then the default chosen at compile time (usually less).Gitコマンドで使用するテキストビューア(例えばless)。値はシェルによって解釈されることを意図しています。優先順位は、$GIT_PAGER環境変数、core.pager設定、そして$PAGERコンパイル時に選択されたデフォルト(通常はそれ以下)の順になります。

When the LESS environment variable is unset, Git sets it to FRX (if LESS environment variable is set, Git does not change it at all). If you want to selectively override Git’s default setting for LESS, you can set core.pager to e.g. less -S. This will be passed to the shell by Git, which will translate the final command to LESS=FRX less -S. The environment does not set the S option but the command line does, instructing less to truncate long lines. Similarly, setting core.pager to less -+F will deactivate the F option specified by the environment from the command-line, deactivating the "quit if one screen" behavior of less. One can specifically activate some flags for particular commands: for example, setting pager.blame to less -S enables line truncation only for git blame.場合はLESS、環境変数が設定されていない、Gitはそれを設定しますFRX(場合LESS、環境変数が設定され、Gitがすべてでそれを変更しません)。Gitのデフォルト設定を選択的に上書きしたい場合はLESScore.pager例えばに設定できますless -S。これはGitによってシェルに渡され、Gitは最後のコマンドをに変換しLESS=FRX less -Sます。環境はSオプションを設定しませんが、コマンドラインは設定し、長い行を切り捨てるようにlessに指示します。同様に、に設定core.pagerするless -+FF、コマンドラインから環境によって指定されたオプションが無効になり、「1画面で終了」の動作が無効になりますless。一つは、特に、特定のコマンドのいくつかのフラグを有効にすることができます。たとえば、設定pager.blameless -Sの場合のみ行切り捨てを有効にしgit blameます。

Likewise, when the LV environment variable is unset, Git sets it to -c. You can override this setting by exporting LV with another value or setting core.pager to lv +c.同様に、LV環境変数が設定されていない場合、Gitはそれをに設定し-cます。あなたはエクスポートして、この設定を無効にすることができLV、別の値を設定したりcore.pagerしますlv +c

core.whitespace

A comma separated list of common whitespace problems to notice. git diff will use color.diff.whitespace to highlight them, and git apply --whitespace=error will consider them as errors. You can prefix - to disable any of them (e.g. -trailing-space):気づくべき一般的な空白問題のコンマ区切りのリスト。git diffcolor.diff.whitespaceそれらをハイライトするのに使い、git apply --whitespace = errorはそれらをエラーと見なします。あなた-はそれらを無効にするために接頭辞を付けることができます(例-trailing-space):

  • blank-at-eol treats trailing whitespaces at the end of the line as an error (enabled by default).blank-at-eol 行末の末尾の空白をエラーとして扱います(デフォルトでは有効です)。

  • space-before-tab treats a space character that appears immediately before a tab character in the initial indent part of the line as an error (enabled by default).space-before-tab 行の最初のインデント部分のタブ文字の直前に表示される空白文字をエラーとして扱います(デフォルトで有効)。

  • indent-with-non-tab treats a line that is indented with space characters instead of the equivalent tabs as an error (not enabled by default).indent-with-non-tab 同等のタブではなくスペース文字でインデントされている行をエラーとして扱います(デフォルトでは有効になっていません)。

  • tab-in-indent treats a tab character in the initial indent part of the line as an error (not enabled by default).tab-in-indent 行の最初のインデント部分にあるタブ文字をエラーとして扱います(デフォルトでは有効になっていません)。

  • blank-at-eof treats blank lines added at the end of file as an error (enabled by default).blank-at-eof ファイルの最後に追加された空白行をエラーとして扱います(デフォルトでは有効です)。

  • trailing-space is a short-hand to cover both blank-at-eol and blank-at-eof.trailing-space両方をカバーするために短い手であるblank-at-eolblank-at-eof

  • cr-at-eol treats a carriage-return at the end of line as part of the line terminator, i.e. with it, trailing-space does not trigger if the character before such a carriage-return is not a whitespace (not enabled by default).cr-at-eol行末のキャリッジリターンをラインターミネータの一部として扱います。つまり、そのtrailing-spaceようなキャリッジリターンの前の文字が空白でない場合はトリガされません(デフォルトでは有効になっていません)。

  • tabwidth=<n> tells how many character positions a tab occupies; this is relevant for indent-with-non-tab and when Git fixes tab-in-indent errors. The default tab width is 8. Allowed values are 1 to 63.tabwidth=<n>タブがいくつの文字位置を占めるかを指示します。これはindent-with-non-tabGitがtab-in-indentエラーを修正するときに関係します。デフォルトのタブ幅は8です。指定できる値は1〜63です。

core.fsyncObjectFiles

This boolean will enable fsync() when writing object files.このブール値は、オブジェクトファイルを書き込むときにfsync()を有効にします。

This is a total waste of time and effort on a filesystem that orders data writes properly, but can be useful for filesystems that do not use journalling (traditional UNIX filesystems) or that only journal metadata and not file contents (OS X’s HFS+, or Linux ext3 with "data=writeback").これはデータの書き込みを適切に指示するファイルシステムの時間と労力の無駄ですが、ジャーナル処理を使用しないファイルシステム(従来のUNIXファイルシステム)、またはファイルの内容ではなくメタデータのみを記録するシステム(OS XのHFS +、またはLinux)には役立ちます。 ext3と "data = writeback")

core.preloadIndex

Enable parallel index preload for operations like git diffgit diffのような操作に対して並列インデックスプリロードを有効にする

This can speed up operations like git diff and git status especially on filesystems like NFS that have weak caching semantics and thus relatively high IO latencies. When enabled, Git will do the index comparison to the filesystem data in parallel, allowing overlapping IO’s. Defaults to true.これはgit diffgit statusのような操作をスピードアップすることができます。特にNFSのようにキャッシュのセマンティクスが弱く、そのためIOの待ち時間が比較的長いファイルシステムではそうです。有効にすると、Gitはファイルシステムのデータとインデックスの比較を並行して行い、重複するIOを許可します。デフォルトはtrueです。

core.unsetenvvars

Windows-only: comma-separated list of environment variables' names that need to be unset before spawning any other process. Defaults to PERL5LIB to account for the fact that Git for Windows insists on using its own Perl interpreter.Windowsのみ:他のプロセスを起動する前に設定解除する必要がある環境変数名のカンマ区切りリスト。PERL5LIBGit for Windowsが独自のPerlインタプリタを使用することを主張しているという事実を説明するために、デフォルトではを使用します。

core.createObject

You can set this to link, in which case a hardlink followed by a delete of the source are used to make sure that object creation will not overwrite existing objects.これをlinkに設定することができます。その場合、オブジェクトの作成によって既存のオブジェクトが上書きされないようにするために、ハードリンクとそれに続くソースの削除が使用されます。

On some file system/operating system combinations, this is unreliable. Set this config setting to rename there; However, This will remove the check that makes sure that existing object files will not get overwritten.ファイルシステムとオペレーティングシステムの組み合わせによっては、これは信頼できません。この設定を変更して名前変更します。ただし、これにより、既存のオブジェクトファイルが上書きされないようにするためのチェックが削除されます。

core.notesRef

When showing commit messages, also show notes which are stored in the given ref. The ref must be fully qualified. If the given ref does not exist, it is not an error but means that no notes should be printed.コミットメッセージを表示するときは、与えられた参照に格納されているメモも表示します。参照は完全に修飾されていなければなりません。指定された参照が存在しない場合、それはエラーではありませんが、メモを印刷しないことを意味します。

This setting defaults to "refs/notes/commits", and it can be overridden by the GIT_NOTES_REF environment variable. See git-notes[1].この設定はデフォルトで "refs / notes / commit"になり、GIT_NOTES_REF環境変数によって上書きされることがあります。git-notes [1]を参照してください。

core.commitGraph

If true, then git will read the commit-graph file (if it exists) to parse the graph structure of commits. Defaults to false. See git-commit-graph[1] for more information.trueの場合、gitはコミットグラフファイル(存在する場合)を読み込み、コミットのグラフ構造を解析します。デフォルトはfalseです。詳しくはgit-commit-graph [1]をご覧ください。

core.useReplaceRefs

If set to false, behave as if the --no-replace-objects option was given on the command line. See git[1] and git-replace[1] for more information.に設定するfalseと、--no-replace-objectsオプションがコマンドラインで指定された場合と同じように動作します。詳しくはgit [1]git-replace [1]を見てください。

core.multiPackIndex

Use the multi-pack-index file to track multiple packfiles using a single index. See the multi-pack-index design document.単一索引を使用して複数のパックファイルを追跡するには、multi-pack-indexファイルを使用してください。マルチパックインデックスデザイン文書を参照してください。

core.sparseCheckout

Enable "sparse checkout" feature. See section "Sparse checkout" in git-read-tree[1] for more information.「スパースチェックアウト」機能を有効にします。詳細については、git-read-tree [1]の「疎チェックアウト」の節を参照してください。

core.abbrev

Set the length object names are abbreviated to. If unspecified or set to "auto", an appropriate value is computed based on the approximate number of packed objects in your repository, which hopefully is enough for abbreviated object names to stay unique for some time. The minimum length is 4.オブジェクト名の長さを省略形に設定します。指定しない場合、または "auto"に設定した場合は、リポジトリ内のおおよそのパックオブジェクト数に基づいて適切な値が計算されます。これは、省略形のオブジェクト名がしばらくの間一意であるために十分です。最小長は4です。

add.ignoreErrors
add.ignore-errors (deprecated) add.ignore-errors(廃止予定)

Tells git add to continue adding files when some files cannot be added due to indexing errors. Equivalent to the --ignore-errors option of git-add[1]. add.ignore-errors is deprecated, as it does not follow the usual naming convention for configuration variables.インデックスエラーのためにいくつかのファイルを追加できない場合に、ファイルの追加を続けるようgit addに指示します。git-add [1]--ignore-errorsオプションと同じです。add.ignore-errors構成変数の通常の命名規則に従わないため、は推奨されません。

alias.* エイリアス。*

Command aliases for the git[1] command wrapper - e.g. after defining "alias.last = cat-file commit HEAD", the invocation "git last" is equivalent to "git cat-file commit HEAD". To avoid confusion and troubles with script usage, aliases that hide existing Git commands are ignored. Arguments are split by spaces, the usual shell quoting and escaping is supported. A quote pair or a backslash can be used to quote them.git [1]コマンドラッパーのコマンドエイリアス- 例えば "alias.last = cat-file commit HEAD"を定義した後の "git last"の呼び出しは "git cat-file commit HEAD"と同じです。スクリプトの使用に関する混乱やトラブルを避けるために、既存のGitコマンドを隠しているエイリアスは無視されます。引数はスペースで区切られ、通常のシェルクォートとエスケープがサポートされています。引用符またはバックスラッシュを使用してそれらを引用できます。

If the alias expansion is prefixed with an exclamation point, it will be treated as a shell command. For example, defining "alias.new = !gitk --all --not ORIG_HEAD", the invocation "git new" is equivalent to running the shell command "gitk --all --not ORIG_HEAD". Note that shell commands will be executed from the top-level directory of a repository, which may not necessarily be the current directory. GIT_PREFIX is set as returned by running git rev-parse --show-prefix from the original current directory. See git-rev-parse[1].エイリアス展開の先頭に感嘆符が付いている場合は、シェルコマンドとして扱われます。たとえば、 "alias.new =!gitk --all --not ORIG_HEAD"と定義した場合、 "git new"の呼び出しは、シェルコマンド "gitk --all --not ORIG_HEAD"の実行と同じです。シェルコマンドはリポジトリの最上位ディレクトリから実行されることに注意してください。これは必ずしも現在のディレクトリとは限りません。元のカレントディレクトリからgit rev-parse --show-prefixGIT_PREFIX実行して返されるように設定されます。git-rev-parse [1]を参照してください。

am.keepcr

If true, git-am will call git-mailsplit for patches in mbox format with parameter --keep-cr. In this case git-mailsplit will not remove \r from lines ending with \r\n. Can be overridden by giving --no-keep-cr from the command line. See git-am[1], git-mailsplit[1].trueの場合、git-amはmbox形式のパッチに対してgit-mailsplitをパラメータ付きで呼び出します--keep-cr。この場合、git-mailsplitはで\r終わる行から削除しません\r\n--no-keep-crコマンドラインから与えることで上書きできます。git-am [1]git-mailsplit [1]を参照してください。

am.threeWay

By default, git am will fail if the patch does not apply cleanly. When set to true, this setting tells git am to fall back on 3-way merge if the patch records the identity of blobs it is supposed to apply to and we have those blobs available locally (equivalent to giving the --3way option from the command line). Defaults to false. See git-am[1].デフォルトでgit amは、パッチが正しく適用されないと失敗します。trueに設定するとgit am、パッチが適用対象のBLOBのIDを記録し、それらのBLOBがローカルで使用可能になった場合(--3wayコマンドラインからオプションを指定するのと同じ)、3方向マージを使用するように設定されます。デフォルトはfalseです。git-am [1]を参照してください。

apply.ignoreWhitespace

When set to change, tells git apply to ignore changes in whitespace, in the same way as the --ignore-space-change option. When set to one of: no, none, never, false tells git apply to respect all whitespace differences. See git-apply[1].changeに設定すると、git apply--ignore-space-changeオプションと同じ方法で空白の変更を無視するように指示します。no、none、never、falseのいずれかに設定すると、gitはすべての空白の違いを尊重するように指示ますgit-apply [1]を参照してください。

apply.whitespace

Tells git apply how to handle whitespaces, in the same way as the --whitespace option. See git-apply[1].指示しますGitが適用されますと同じように、空白をどのように処理するか--whitespaceのオプション。git-apply [1]を参照してください。

blame.blankBoundary

Show blank commit object name for boundary commits in git-blame[1]. This option defaults to false.git-blame [1]に、境界コミットのための空白のコミットオブジェクト名を表示します。このオプションのデフォルトはfalseです。

blame.coloring 責め

This determines the coloring scheme to be applied to blame output. It can be repeatedLines, highlightRecent, or none which is the default.これは、非難出力に適用される配色を決定します。これは、repeatLineshighlightRecent、またはnone(デフォルト)にすることができます。

blame.date

Specifies the format used to output dates in git-blame[1]. If unset the iso format is used. For supported values, see the discussion of the --date option at git-log[1].git-blame [1]で日付を出力するために使用されるフォーマットを指定します。設定しない場合は、ISOフォーマットが使用されます。サポートされている値については、git-log [1]の--dateオプションに関する議論を参照してください。

blame.showEmail

Show the author email instead of author name in git-blame[1]. This option defaults to false.git-blame [1]に著者名の代わりに著者の電子メールを表示します。このオプションのデフォルトはfalseです。

blame.showRoot

Do not treat root commits as boundaries in git-blame[1]. This option defaults to false.git-blame [1]ではルートコミットを境界として扱わないでください。このオプションのデフォルトはfalseです。

branch.autoSetupMerge

Tells git branch and git checkout to set up new branches so that git-pull[1] will appropriately merge from the starting point branch. Note that even if this option is not set, this behavior can be chosen per-branch using the --track and --no-track options. The valid settings are: false — no automatic setup is done; true — automatic setup is done when the starting point is a remote-tracking branch; always — automatic setup is done when the starting point is either a local branch or remote-tracking branch. This option defaults to true.伝えますgitのブランチGitのチェックアウトをするように、新たな支店を設定するには、[1] gitのプル適切に出発点のブランチからマージします。このオプションが設定されていなくても、--trackand --no-trackオプションを使用してブランチごとにこの動作を選択できます。有効な設定は以下のとおりです。false?- 自動セットアップは行われません。true?- 出発点が遠隔追跡分岐であるときに自動設定が行われる。always?- 開始点がローカルブランチまたはリモートトラッキングブランチのいずれかである場合、自動セットアップが行われます。このオプションのデフォルトはtrueです。

branch.autoSetupRebase

When a new branch is created with git branch or git checkout that tracks another branch, this variable tells Git to set up pull to rebase instead of merge (see "branch.<name>.rebase"). When never, rebase is never automatically set to true. When local, rebase is set to true for tracked branches of other local branches. When remote, rebase is set to true for tracked branches of remote-tracking branches. When always, rebase will be set to true for all tracking branches. See "branch.autoSetupMerge" for details on how to set up a branch to track another branch. This option defaults to never.別のブランチを追跡するgit branchまたはgit checkoutで新しいブランチが作成されると、この変数はマージの代わりにpull to rebaseを設定するようにGitに指示します( "branch。<name> .rebase"を参照)。の場合never、rebaseが自動的にtrueに設定されることはありません。の場合local、rebaseは他のローカルブランチの追跡ブランチに対してtrueに設定されます。場合はremote、リベース、リモート追跡ブランチの追跡ブランチに対してtrueに設定されています。の場合always、rebaseはすべての追跡ブランチに対してtrueに設定されます。別のブランチを追跡するためにブランチを設定する方法の詳細については、 "branch.autoSetupMerge"を参照してください。このオプションのデフォルトはneverです。

branch.sort

This variable controls the sort ordering of branches when displayed by git-branch[1]. Without the "--sort=<value>" option provided, the value of this variable will be used as the default. See git-for-each-ref[1] field names for valid values.この変数はgit-branch [1]で表示されたときのブランチのソート順を制御します。"--sort = <value>"オプションを指定しないと、この変数の値がデフォルトとして使用されます。有効な値についてはgit-for-each-ref [1]フィールド名を参照してください。

branch.<name>.remote branch。<名前> .remote

When on branch <name>, it tells git fetch and git push which remote to fetch from/push to. The remote to push to may be overridden with remote.pushDefault (for all branches). The remote to push to, for the current branch, may be further overridden by branch.<name>.pushRemote. If no remote is configured, or if you are not on any branch, it defaults to origin for fetching and remote.pushDefault for pushing. Additionally, . (a period) is the current local repository (a dot-repository), see branch.<name>.merge's final note below.ブランチ<name>上にあるとき、それはgit fetchgit pushにどのリモートから/ push toをフェッチするかを伝えます。プッシュ先のリモートはremote.pushDefault(すべてのブランチに対して)オーバーライドされる可能性があります。現在のブランチのプッシュ先のリモートは、によってオーバーライドされる可能性がありますbranch.<name>.pushRemote。リモートが設定されていない場合、またはどのブランチにもいない場合は、デフォルトoriginでフェッチとremote.pushDefaultプッシュが行われます。さらに、.(ピリオド)は現在のローカルリポジトリ(ドットリポジトリ)branch.<name>.mergeです。下記の最後の注意を参照してください。

branch.<name>.pushRemote branch。<名前> .pushRemote

When on branch <name>, it overrides branch.<name>.remote for pushing. It also overrides remote.pushDefault for pushing from branch <name>. When you pull from one place (e.g. your upstream) and push to another place (e.g. your own publishing repository), you would want to set remote.pushDefault to specify the remote to push to for all branches, and use this option to override it for a specific branch.ブランチ<name>にあるとき、それbranch.<name>.remoteはpushのためにオーバーライドします。remote.pushDefaultブランチ<name>からプッシュすることもオーバーライドします。ある場所(上流など)から引っ張って別の場所(自分の発行リポジトリなど)remote.pushDefaultにプッシュするときは、すべてのブランチに対してプッシュ先のリモートを指定し、このオプションを使用して特定の場所にオーバーライドします。ブランチ。

branch.<name>.merge branch。<名前> .merge

Defines, together with branch.<name>.remote, the upstream branch for the given branch. It tells git fetch/git pull/git rebase which branch to merge and can also affect git push (see push.default). When in branch <name>, it tells git fetch the default refspec to be marked for merging in FETCH_HEAD. The value is handled like the remote part of a refspec, and must match a ref which is fetched from the remote given by "branch.<name>.remote". The merge information is used by git pull (which at first calls git fetch) to lookup the default branch for merging. Without this option, git pull defaults to merge the first refspec fetched. Specify multiple values to get an octopus merge. If you wish to setup git pull so that it merges into <name> from another branch in the local repository, you can point branch.<name>.merge to the desired branch, and use the relative path setting . (a period) for branch.<name>.remote.branch。<name> .remoteとともに、指定されたブランチのアップストリームブランチを定義します。どのブランチをマージするかをgit fetch / git pull / git rebaseに指示し、git pushにも影響を与えます(push.defaultを参照)。ブランチ<name>にあるとき、それはgitがFETCH_HEADでマージするためにマークされるためにデフォルトのrefspecを取得するように伝えます。値はrefspecのリモート部分のように扱われ、 "branch。<name> .remote"によって与えられたリモートからフェッチされるrefと一致しなければなりません。マージ情報はgit pull(最初はgit fetchを呼び出します)によって使用され、マージのためにデフォルトのブランチを検索します。このオプションがなければ、git pullデフォルトでは、最初に取得した参照仕様をマージします。タコのマージを取得するために複数の値を指定します。git pullをローカルリポジトリ内の別のブランチから<name>にマ??ージするように設定したい場合は、branch。<name> .mergeを目的のブランチにポイントし、branchに相対パス設定.(ピリオド)を使用することができます。。<名前> .remote。

branch.<name>.mergeOptions branch。<名前> .mergeOptions

Sets default options for merging into branch <name>. The syntax and supported options are the same as those of git-merge[1], but option values containing whitespace characters are currently not supported.ブランチ<名前>にマージするためのデフォルトオプションを設定します。構文とサポートされるオプションはgit-merge [1]と同じですが、空白文字を含むオプション値は現在サポートされていません。

branch.<name>.rebase branch。<名前> .rebase

When true, rebase the branch <name> on top of the fetched branch, instead of merging the default branch from the default remote when "git pull" is run. See "pull.rebase" for doing this in a non branch-specific manner.trueの場合、 "git pull"が実行されたときにデフォルトのリモートからのデフォルトのブランチをマージするのではなく、フェッチされたブランチの上にブランチ<名前>を再配置します。これをブランチ固有ではない方法で行うための "pull.rebase"を参照してください。

When merges, pass the --rebase-merges option to git rebase so that the local merge commits are included in the rebase (see git-rebase[1] for details).の場合merges、ローカルマージコミットがリベースに含まれるよう--rebase-mergesgit rebaseにオプションを渡します(詳細はgit-rebase [1]を参照)。

When preserve, also pass --preserve-merges along to git rebase so that locally committed merge commits will not be flattened by running git pull.保存する場合は、git rebaseにも渡し--preserve-mergesて、ローカルでコミットされたマージコミットがgit pullを実行しても平らにならないようにします

When the value is interactive, the rebase is run in interactive mode.値がのinteractive場合、リベースは対話モードで実行されます。

NOTE: this is a possibly dangerous operation; do not use it unless you understand the implications (see git-rebase[1] for details).:これはおそらく危険な操作です。んではないあなたが意味を理解しない限り、それを使用する(参照[1] Gitは、リベース詳細)。

branch.<name>.description branch。<名前>。説明

Branch description, can be edited with git branch --edit-description. Branch description is automatically added in the format-patch cover letter or request-pull summary.ブランチの説明は、で編集できますgit branch --edit-description。ブランチの説明は、format-patchのカバーレターまたはrequest-pullの要約に自動的に追加されます。

browser.<tool>.cmd ブラウザ。<tool> .cmd

Specify the command to invoke the specified browser. The specified command is evaluated in shell with the URLs passed as arguments. (See git-web{litdd}browse[1].)指定したブラウザを起動するためのコマンドを指定します。指定されたコマンドは、引数として渡されたURLを使用してシェル内で評価されます。(git-web {litdd} browse [1]を参照してください。)

browser.<tool>.path ブラウザ。<tool> .path

Override the path for the given tool that may be used to browse HTML help (see -w option in git-help[1]) or a working repository in gitweb (see git-instaweb[1]).HTMLヘルプ(git-help [1]の-wオプションを参照)またはgitwebの作業リポジトリ(git-instaweb [1]を参照)を参照するために使用される可能性のある特定のツールのパスを上書きします。

checkout.defaultRemote

When you run git checkout <something> and only have one remote, it may implicitly fall back on checking out and tracking e.g. origin/<something>. This stops working as soon as you have more than one remote with a <something> reference. This setting allows for setting the name of a preferred remote that should always win when it comes to disambiguation. The typical use-case is to set this to origin.git checkout <something>を実行してリモートが1つしかない場合、暗黙のうちにorigin / <something>などのチェックアウトと追跡に戻ることがあります。<something>参照を持つ複数のリモートがあるとすぐに、これは動作を停止します。この設定により、曖昧さ解消に関して常に勝つべき優先リモートの名前を設定することができます。典型的なユースケースはこれをに設定することoriginです。

Currently this is used by git-checkout[1] when git checkout <something> will checkout the <something> branch on another remote, and by git-worktree[1] when git worktree add refers to a remote branch. This setting might be used for other checkout-like commands or functionality in the future.現在これは、git checkout <something>が別のリモートの<something>ブランチをチェックアウトするときにgit-checkout [1]によって使用され、git worktree addがリモートブランチを指すときにgit -worktree [1]によって使用されます。この設定は、将来他のチェックアウトのようなコマンドや機能に使用される可能性があります。

checkout.optimizeNewBranch

Optimizes the performance of "git checkout -b <new_branch>" when using sparse-checkout. When set to true, git will not update the repo based on the current sparse-checkout settings. This means it will not update the skip-worktree bit in the index nor add/remove files in the working directory to reflect the current sparse checkout settings nor will it show the local changes.sparse-checkoutを使用するときの "git checkout -b <new_branch>"のパフォーマンスを最適化します。trueに設定すると、gitは現在の疎チェックアウト設定に基づいてリポジトリを更新しません。つまり、インデックス内のskip-worktreeビットを更新したり、作業ディレクトリ内のファイルを追加/削除して現在の疎チェックアウト設定を反映したり、ローカルの変更を表示したりすることはありません。

clean.requireForce

A boolean to make git-clean do nothing unless given -f, -i or -n. Defaults to true.-f、-i、または-nが与えられない限り、git-cleanに何もしないようにさせるためのブール値。デフォルトはtrueです。

color.advice

A boolean to enable/disable color in hints (e.g. when a push failed, see advice.* for a list). May be set to always, false (or never) or auto (or true), in which case colors are used only when the error output goes to a terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).ヒントの色を有効/無効にするためのブール値(プッシュが失敗したときadvice.*、リストを見る)。alwaysfalse(またはnever)またはauto(またはtrue)に設定できます。その場合、エラー出力が端末に送信されるときにのみ色が使用されます。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.advice.hint

Use customized color for hints.ヒントにはカスタマイズした色を使用してください。

color.blame.highlightRecent

This can be used to color the metadata of a blame line depending on age of the line.これは、行の年齢に応じて非難行のメタデータに色を付けるために使用できます。

This setting should be set to a comma-separated list of color and date settings, starting and ending with a color, the dates should be set from oldest to newest. The metadata will be colored given the colors if the the line was introduced before the given timestamp, overwriting older timestamped colors.この設定は、色で始まり、色で終わる色と日付の設定のコンマ区切りリストに設定する必要があります。日付は最も古いものから新しいものに設定する必要があります。指定したタイムスタンプより前に行が挿入された場合は、メタデータに色が付けられ、古いタイムスタンプ付きの色が上書きされます。

Instead of an absolute timestamp relative timestamps work as well, e.g. 2.weeks.ago is valid to address anything older than 2 weeks.絶対的なタイムスタンプの代わりに、相対的なタイムスタンプも同様に機能します。例えば、2.weeks.agoは2週間以上経過したものに対処するのに有効です。

It defaults to blue,12 month ago,white,1 month ago,red, which colors everything older than one year blue, recent changes between one month and one year old are kept white, and lines introduced within the last month are colored red.デフォルトは青、12か月前、白、1か月前、赤です。これは1年以上前のすべての色を彩色します。1か月から1年前の最近の変更は白に保たれ、先月に導入された行は赤になります。

color.blame.repeatedLines

Use the customized color for the part of git-blame output that is repeated meta information per line (such as commit id, author name, date and timezone). Defaults to cyan.git-blameの出力の1行ごとに繰り返されるメタ情報(コミットID、作成者名、日付、タイムゾーンなど)の部分には、カスタマイズされた色を使用してください。デフォルトはシアンです。

color.branch

A boolean to enable/disable color in the output of git-branch[1]. May be set to always, false (or never) or auto (or true), in which case colors are used only when the output is to a terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).git-branch [1]の出力で色を有効/無効にするためのブール値。alwaysfalse(またはnever)またはauto(またはtrue)に設定できます。この場合、色は出力が端末へのものである場合にのみ使用されます。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.branch.<slot> color.branch。<スロット>

Use customized color for branch coloration. <slot> is one of current (the current branch), local (a local branch), remote (a remote-tracking branch in refs/remotes/), upstream (upstream tracking branch), plain (other refs).枝の着色にカスタマイズされた色を使う。<slot>一つであるcurrent(現在のブランチ)、 local(ローカルブランチ)、 remote(参考文献/リモコンで遠隔追跡ブランチ/)、 upstream(上流の追跡ブランチ)、 plain(他の参考文献)。

color.diff

Whether to use ANSI escape sequences to add color to patches. If this is set to always, git-diff[1], git-log[1], and git-show[1] will use color for all patches. If it is set to true or auto, those commands will only use color when output is to the terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).パッチに色を追加するためにANSIエスケープシーケンスを使用するかどうか。これがに設定されている場合alwaysgit-diff [1]git-log [1]、およびgit-show [1]はすべてのパッチに色を使用します。それがtrueまたはautoに設定されている場合、これらのコマンドは出力が端末へのものである場合にのみ色を使用します。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

This does not affect git-format-patch[1] or the git-diff-* plumbing commands. Can be overridden on the command line with the --color[=<when>] option.これはgit-format-patch [1]git-diff- * plumbingコマンドには影響しません。--color[=<when>]オプションを使用してコマンドラインで上書きできます。

color.diff.<slot> color.diff。<スロット>

Use customized color for diff colorization. <slot> specifies which part of the patch to use the specified color, and is one of context (context text - plain is a historical synonym), meta (metainformation), frag (hunk header), func (function in hunk header), old (removed lines), new (added lines), commit (commit headers), whitespace (highlighting whitespace errors), oldMoved (deleted lines), newMoved (added lines), oldMovedDimmed, oldMovedAlternative, oldMovedAlternativeDimmed, newMovedDimmed, newMovedAlternative newMovedAlternativeDimmed (See the <mode> setting of --color-moved in git-diff[1] for details), contextDimmed, oldDimmed, newDimmed, contextBold, oldBold, and newBold (see git-range-diff[1] for details).差分色付けにカスタマイズされた色を使用します。<slot>指定された色を使用するパッチのどの部分を特定し、の一つであるcontext(文脈テキスト- plain歴史的同義語である)、 meta(メタ情報)、 frag(ハンクヘッダ)、FUNC(塊ヘッダーの関数)、 old(除去ライン)、 new(添加行)、(commitヘッダをコミット)、 whitespace()空白のエラーを強調表示、oldMoved(削除された行)、 newMoved(追加ライン)、 、oldMovedDimmedoldMovedAlternativeoldMovedAlternativeDimmednewMovedDimmednewMovedAlternative newMovedAlternativeDimmed(参照<モード>の設定--color-移動における[1]のgit-差分を詳細)、 、contextDimmedoldDimmednewDimmedcontextBoldoldBoldおよびnewBold(参照詳細はgit-range-diff [1]を参照してください。

color.decorate.<slot> color.decorate。<スロット>

Use customized color for git log --decorate output. <slot> is one of branch, remoteBranch, tag, stash or HEAD for local branches, remote-tracking branches, tags, stash and HEAD, respectively and grafted for grafted commits.git log -出力をカスタマイズするためにカスタマイズされた色を使う。<slot>一つでありbranchremoteBranchtagstashまたはHEAD支店のために、リモート追跡ブランチは、タグは、隠しておくとHEAD、それぞれおよびgraftedグラフトされたコミットのために。

color.grep

When set to always, always highlight matches. When false (or never), never. When set to true or auto, use color only when the output is written to the terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).に設定するとalways、常に一致を強調表示します。ときfalse(またはnever)、しないでください。trueまたはautoに設定すると、出力が端末に書き込まれるときにのみcolorを使用します。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.grep.<slot> color.grep。<スロット>

Use customized color for grep colorization. <slot> specifies which part of the line to use the specified color, and is one ofgrepの色付けにはカスタマイズした色を使用してください。<slot>指定した色を線のどの部分に使用するかを指定します。

context

non-matching text in context lines (when using -A, -B, or -C)非マッチングコンテキスト行のテキスト(使用-A-Bまたは-C

filename

filename prefix (when not using -h)ファイル名の接頭辞(使用しない場合-h

function

function name lines (when using -p)関数名行(使用時-p

lineNumber

line number prefix (when using -n)行番号プレフィックス(使用時-n

column

column number prefix (when using --column)列番号プレフィックス(使用時--column

match

matching text (same as setting matchContext and matchSelected)一致するテキスト(設定matchContextと同じmatchSelected

matchContext

matching text in context linesコンテキスト行のテキストのマッチング

matchSelected

matching text in selected lines選択した行のテキストを一致させる

selected

non-matching text in selected lines選択した行に一致しないテキスト

separator

separators between fields on a line (:, -, and =) and between hunks (--)線(上フィールドとの間のセパレータ:-及び=)とハンクの間(--

color.interactive

When set to always, always use colors for interactive prompts and displays (such as those used by "git-add --interactive" and "git-clean --interactive"). When false (or never), never. When set to true or auto, use colors only when the output is to the terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).に設定するとalways、インタラクティブなプロンプトや表示には常に色を使用します( "git-add --interactive"や "git-clean --interactive"で使用されるものなど)。偽(またはnever)のときは、絶対にしないでください。trueまたはautoに設定した場合は、出力が端末へのものである場合にのみ色を使用します。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.interactive.<slot> color.interactive。<スロット>

Use customized color for git add --interactive and git clean --interactive output. <slot> may be prompt, header, help or error, for four distinct types of normal output from interactive commands.git add --interactiveおよびgit clean --interactive出力にはカスタマイズされた色を使用してください。<slot>であってもよいpromptheaderhelpまたはerror対話型コマンドから通常の出力の4つの異なる種類の、。

color.pager

A boolean to enable/disable colored output when the pager is in use (default is true).ポケットベルが使用されているときにカラー出力を有効または無効にするためのブール値(デフォルトはtrue)。

color.push

A boolean to enable/disable color in push errors. May be set to always, false (or never) or auto (or true), in which case colors are used only when the error output goes to a terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).プッシュエラーの色を有効または無効にするためのブール値。alwaysfalse(またはnever)またはauto(またはtrue)に設定できます。その場合、エラー出力が端末に送信されるときにのみ色が使用されます。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.push.error

Use customized color for push errors.プッシュエラーにはカスタマイズされた色を使用してください。

color.remote

If set, keywords at the start of the line are highlighted. The keywords are "error", "warning", "hint" and "success", and are matched case-insensitively. May be set to always, false (or never) or auto (or true). If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).設定すると、行頭のキーワードが強調表示されます。キーワードは "error"、 "warning"、 "hint"、 "success"であり、大文字と小文字を区別せずに照合されます。ように設定することができるalwaysfalse(またはnever)またはauto(もしくはtrue)。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.remote.<slot> color.remote。<スロット>

Use customized color for each remote keyword. <slot> may be hint, warning, success or error which match the corresponding keyword.各リモートキーワードにカスタマイズされた色を使用します。<slot>であってもよいhintwarningsuccessまたはerror対応するキーワードに一致しています。

color.showBranch

A boolean to enable/disable color in the output of git-show-branch[1]. May be set to always, false (or never) or auto (or true), in which case colors are used only when the output is to a terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).git-show-branch [1]の出力で色を有効/無効にするためのブール値。alwaysfalse(またはnever)またはauto(またはtrue)に設定できます。この場合、色は出力が端末へのものである場合にのみ使用されます。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.status

A boolean to enable/disable color in the output of git-status[1]. May be set to always, false (or never) or auto (or true), in which case colors are used only when the output is to a terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).git-status [1]の出力で色を有効/無効にするためのブール値。alwaysfalse(またはnever)またはauto(またはtrue)に設定できます。この場合、色は出力が端末へのものである場合にのみ使用されます。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.status.<slot> color.status。<スロット>

Use customized color for status colorization. <slot> is one of header (the header text of the status message), added or updated (files which are added but not committed), changed (files which are changed but not added in the index), untracked (files which are not tracked by Git), branch (the current branch), nobranch (the color the no branch warning is shown in, defaulting to red), localBranch or remoteBranch (the local and remote branch names, respectively, when branch and tracking information is displayed in the status short-format), or unmerged (files which have unmerged changes).ステータスの色付けにカスタマイズされた色を使用します。<slot>一つであるheader(ステータスメッセージのヘッダーテキスト)、addedまたはupdated(追加が、コミットされていないファイル)、 changed(変更が、インデックスに追加されていないファイル)、untracked(Gitので追跡されていないファイル)、 branch(現在の分岐)、nobranch(分岐なしの警告が表示される色、デフォルトは赤)、localBranchまたはremoteBranch(分岐および追跡情報がステータスの短い形式で表示される場合は、それぞれローカルおよびリモートの分岐名)、またはunmerged(マージされていない変更)

color.transport

A boolean to enable/disable color when pushes are rejected. May be set to always, false (or never) or auto (or true), in which case colors are used only when the error output goes to a terminal. If unset, then the value of color.ui is used (auto by default).プッシュが拒否されたときに色を有効または無効にするためのブール値。alwaysfalse(またはnever)またはauto(またはtrue)に設定できます。その場合、エラー出力が端末に送信されるときにのみ色が使用されます。設定されていない場合、の値color.uiが使用さautoれます(デフォルト)。

color.transport.rejected

Use customized color when a push was rejected.プッシュが拒否されたときにカスタマイズされた色を使用します。

color.ui

This variable determines the default value for variables such as color.diff and color.grep that control the use of color per command family. Its scope will expand as more commands learn configuration to set a default for the --color option. Set it to false or never if you prefer Git commands not to use color unless enabled explicitly with some other configuration or the --color option. Set it to always if you want all output not intended for machine consumption to use color, to true or auto (this is the default since Git 1.8.4) if you want such output to use color when written to the terminal.この変数は、以下のような変数のデフォルト値を決定color.diffし、color.grepそれには、コマンド家族あたりの色の使用を制御します。より多くのコマンドが--colorオプションのデフォルトを設定するための設定を学ぶにつれて、その範囲は拡大します。他の設定やオプションで明示的に有効にされていない限り、Gitコマンドがcolorを使用しないように設定するfalsenever、または好みで使用し--colorます。設定しalways、すべての出力が、色を使用するために、マシンの消費のために意図していないかどうtrueか、autoあなたは、端末に書き込まれたときに、そのような出力が色を使用する場合(これはGitの1.8.4以降のデフォルトです)。

column.ui

Specify whether supported commands should output in columns. This variable consists of a list of tokens separated by spaces or commas:サポートしているコマンドを列単位で出力するかどうかを指定します。この変数は、スペースまたはコンマで区切られたトークンのリストで構成されています。

These options control when the feature should be enabled (defaults to never):これらのオプションは、機能をいつ有効にするかを制御します(デフォルトはnever)。

always

always show in columns常に列に表示する

never

never show in columns列に表示しない

auto

show in columns if the output is to the terminal出力が端末へのものである場合は列で表示する

These options control layout (defaults to column). Setting any of these implies always if none of always, never, or auto are specified.これらのオプションはレイアウトを制御します(デフォルトはcolumn)。これらのいずれかを設定することを意味し、常にのどれ場合は常に決して、またはautoが指定されていません。

column

fill columns before rows行の前に列を埋める

row

fill rows before columns列の前に行を埋める

plain

show in one column1列に表示

Finally, these options can be combined with a layout option (defaults to nodense):最後に、これらのオプションはレイアウトオプションと組み合わせることができます(デフォルトはnodense):

dense

make unequal size columns to utilize more spaceより多くのスペースを利用するために異なるサイズの列を作成する

nodense

make equal size columns同じサイズの列を作る

column.branch

Specify whether to output branch listing in git branch in columns. See column.ui for details.分岐リストgit branchを列単位で出力するかどうかを指定します。詳細はcolumn.uiを見てください。

column.clean

Specify the layout when list items in git clean -i, which always shows files and directories in columns. See column.ui for details.アイテムを一覧表示するときのレイアウトを指定git clean -iします。ファイルとディレクトリを常に列で表示します。詳細はcolumn.uiを見てください。

column.status

Specify whether to output untracked files in git status in columns. See column.ui for details.未追跡ファイルgit statusを列単位で出力するかどうかを指定します。詳細はcolumn.uiを見てください。

column.tag

Specify whether to output tag listing in git tag in columns. See column.ui for details.タグリストgit tagを列単位で出力するかどうかを指定します。詳細はcolumn.uiを見てください。

commit.cleanup

This setting overrides the default of the --cleanup option in git commit. See git-commit[1] for details. Changing the default can be useful when you always want to keep lines that begin with comment character # in your log message, in which case you would do git config commit.cleanup whitespace (note that you will have to remove the help lines that begin with # in the commit log template yourself, if you do this).この設定は、の--cleanupオプションのデフォルトをオーバーライドしますgit commit。詳細はgit-commit [1]を見てください。#ログメッセージ内でコメント文字で始まる行を常に保持したい場合は、デフォルトを変更すると便利ですgit config commit.cleanup whitespace#コミットログテンプレートで始まるヘルプ行は自分で削除する必要があります)。あなたがこれをするならば)。

commit.gpgSign

A boolean to specify whether all commits should be GPG signed. Use of this option when doing operations such as rebase can result in a large number of commits being signed. It may be convenient to use an agent to avoid typing your GPG passphrase several times.すべてのコミットをGPG署名するかどうかを指定するブール値。リベースなどの操作を行うときにこのオプションを使用すると、多数のコミットが署名される可能性があります。GPGパスフレーズを何度も入力しないようにするには、エージェントを使用すると便利です。

commit.status

A boolean to enable/disable inclusion of status information in the commit message template when using an editor to prepare the commit message. Defaults to true.エディタを使用してコミットメッセージを準備するときにコミットメッセージテンプレートにステータス情報を含めることを有効または無効にするためのブール値。デフォルトはtrueです。

commit.template

Specify the pathname of a file to use as the template for new commit messages.新しいコミットメッセージのテンプレートとして使用するファイルのパス名を指定してください。

commit.verbose

A boolean or int to specify the level of verbose with git commit. See git-commit[1].詳細レベルを指定するブール値または整数git commitgit-commit [1]を参照してください。

credential.helper

Specify an external helper to be called when a username or password credential is needed; the helper may consult external storage to avoid prompting the user for the credentials. Note that multiple helpers may be defined. See gitcredentials[7] for details.ユーザー名またはパスワードの資格情報が必要なときに呼び出される外部ヘルパーを指定します。ヘルパーは、ユーザーに資格情報の入力を求めることを避けるために外部ストレージを調べます。複数のヘルパーを定義できることに注意してください。詳細はgitcredentials [7]を見てください。

credential.useHttpPath

When acquiring credentials, consider the "path" component of an http or https URL to be important. Defaults to false. See gitcredentials[7] for more information.資格情報を取得するときは、httpまたはhttpsのURLの「パス」コンポーネントが重要であると考えてください。デフォルトはfalseです。詳しくはgitcredentials [7]を見てください。

credential.username

If no username is set for a network authentication, use this username by default. See credential.<context>.* below, and gitcredentials[7].ネットワーク認証にユーザー名が設定されていない場合は、デフォルトでこのユーザー名を使用してください。下記のcredential。<context>。*およびgitcredentials [7]を参照してください。

credential.<url>.* 認証情報。<url>。*

Any of the credential.* options above can be applied selectively to some credentials. For example "credential.https://example.com.username" would set the default username only for https connections to example.com. See gitcredentials[7] for details on how URLs are matched.上記のいずれかのcredentials. *オプションは、一部の資格情報に選択的に適用できます。たとえば、「credential.https://example.com.username」は、example.comへのhttps接続に対してのみデフォルトのユーザー名を設定します。参照してくださいgitcredentials [7]のURLが一致している方法の詳細について。

credentialCache.ignoreSIGHUP

Tell git-credential-cache—​daemon to ignore SIGHUP, instead of quitting.git-credential-cache ? daemonに、終了する代わりにSIGHUPを無視するように伝えます。

completion.commands

This is only used by git-completion.bash to add or remove commands from the list of completed commands. Normally only porcelain commands and a few select others are completed. You can add more commands, separated by space, in this variable. Prefixing the command with - will remove it from the existing list.これはgit-completion.bashが完成したコマンドのリストにコマンドを追加または削除するためにのみ使用されます。通常は磁器コマンドといくつかの他のものだけが完成します。この変数には、スペースで区切ってさらにコマンドを追加できます。コマンドの前に-を付けると、既存のリストから削除されます。

diff.autoRefreshIndex

When using git diff to compare with work tree files, do not consider stat-only change as changed. Instead, silently run git update-index --refresh to update the cached stat information for paths whose contents in the work tree match the contents in the index. This option defaults to true. Note that this affects only git diff Porcelain, and not lower level diff commands such as git diff-files.作業ツリーファイルと比較するためにgit diffを使用するときは、stat-o??nly changeを変更と見なさないでください。代わりgit update-index --refreshに、作業ツリーの内容がインデックスの内容と一致するパスのキャッシュされた統計情報を更新するために静かに実行します。このオプションのデフォルトはtrueです。これはgit diff Porcelainにのみ影響し、git diff-filesのような低レベルのdiffコマンドには影響しないことに注意してください。

diff.dirstat

A comma separated list of --dirstat parameters specifying the default behavior of the --dirstat option to git-diff[1]` and friends. The defaults can be overridden on the command line (using --dirstat=<param1,param2,...>). The fallback defaults (when not changed by diff.dirstat) are changes,noncumulative,3. The following parameters are available:git-diff [1] `とフレンドへ--dirstat--dirstatオプションのデフォルトの振る舞いを指定するパラメータのコンマ区切りのリスト。デフォルトはコマンドラインで上書きすることができます(を使用)。フォールバックのデフォルト(変更されていない場合)はです。以下のパラメータが利用可能です。--dirstat=<param1,param2,...>diff.dirstatchanges,noncumulative,3

changes

Compute the dirstat numbers by counting the lines that have been removed from the source, or added to the destination. This ignores the amount of pure code movements within a file. In other words, rearranging lines in a file is not counted as much as other changes. This is the default behavior when no parameter is given.転送元から削除された行、または転送先に追加された行をカウントして、dirstat番号を計算します。これはファイル内の純粋なコードの移動量を無視します。つまり、ファイル内の行の並べ替えは、他の変更ほどにはカウントされません。これは、パラメータが指定されていない場合のデフォルトの動作です。

lines

Compute the dirstat numbers by doing the regular line-based diff analysis, and summing the removed/added line counts. (For binary files, count 64-byte chunks instead, since binary files have no natural concept of lines). This is a more expensive --dirstat behavior than the changes behavior, but it does count rearranged lines within a file as much as other changes. The resulting output is consistent with what you get from the other --*stat options.通常の行ベースの差分分析を行い、削除/追加された行数を合計することによって、dirstat数を計算します。(バイナリファイルの場合、バイナリファイルには行の自然な概念がないため、代わりに64バイトのチャンクを数えてください)。これは--dirstat動作よりも高価な動作ですが、changes他の変更と同じくらいファイル内の再配置された行をカウントします。結果の出力は、他の--*statオプションから得られるものと一致しています。

files

Compute the dirstat numbers by counting the number of files changed. Each changed file counts equally in the dirstat analysis. This is the computationally cheapest --dirstat behavior, since it does not have to look at the file contents at all.変更されたファイルの数を数えることによってdirstat番号を計算します。それぞれの変更されたファイルは、嫌悪感分析において等しく数えられます。--dirstatファイルの内容をまったく調べる必要がないため、これは計算上最も安価な動作です。

cumulative

Count changes in a child directory for the parent directory as well. Note that when using cumulative, the sum of the percentages reported may exceed 100%. The default (non-cumulative) behavior can be specified with the noncumulative parameter.親ディレクトリの子ディレクトリの変更もカウントします。使用時cumulativeに、報告されたパーセンテージの合計が100%を超える可能性があることに注意してください。デフォルトの(非累積的な)振る舞いはnoncumulativeパラメータで指定できます。

<limit>

An integer parameter specifies a cut-off percent (3% by default). Directories contributing less than this percentage of the changes are not shown in the output.整数パラメータは、カットオフパーセント(デフォルトでは3%)を指定します。この割合より少ない変更を提供しているディレクトリは、出力には表示されません。

Example: The following will count changed files, while ignoring directories with less than 10% of the total amount of changed files, and accumulating child directory counts in the parent directories: files,10,cumulative.例:以下は、変更されたファイルの総数の10%未満のディレクトリを無視し、変更されたファイルを数え、親ディレクトリに子ディレクトリの数を累積しますfiles,10,cumulative

diff.statGraphWidth

Limit the width of the graph part in --stat output. If set, applies to all commands generating --stat output except format-patch.--stat出力のグラフ部分の幅を制限します。設定すると、format-patch以外の--stat出力を生成するすべてのコマンドに適用されます。

diff.context

Generate diffs with <n> lines of context instead of the default of 3. This value is overridden by the -U option.デフォルトの3ではなく、<n>行のコンテキストでdiffを生成します。この値は-Uオプションによって上書きされます。

diff.interHunkContext

Show the context between diff hunks, up to the specified number of lines, thereby fusing the hunks that are close to each other. This value serves as the default for the --inter-hunk-context command line option.指定した行数までの差分ハンク間のコンテキストを表示し、それによって互いに近いハンクを融合します。この値は、--inter-hunk-contextコマンドラインオプションのデフォルトとして機能します。

diff.external

If this config variable is set, diff generation is not performed using the internal diff machinery, but using the given command. Can be overridden with the ‘GIT_EXTERNAL_DIFF’ environment variable. The command is called with parameters as described under "git Diffs" in git[1]. Note: if you want to use an external diff program only on a subset of your files, you might want to use gitattributes[5] instead.この設定変数が設定されている場合、差分生成は内部差分機構を使用せずに、与えられたコマンドを使用して実行されます。'GIT_EXTERNAL_DIFF'環境変数で上書きすることができます。このコマンドは、git [1]の "git Diffs"で説明されているようにパラメータを指定して呼び出されます。注意:ファイルのサブセットに対してのみ外部のdiffプログラムを使用したい場合は、代わりにgitattributes [5]を使用することをお勧めします。

diff.ignoreSubmodules

Sets the default value of --ignore-submodules. Note that this affects only git diff Porcelain, and not lower level diff commands such as git diff-files. git checkout also honors this setting when reporting uncommitted changes. Setting it to all disables the submodule summary normally shown by git commit and git status when status.submoduleSummary is set unless it is overridden by using the --ignore-submodules command-line option. The git submodule commands are not affected by this setting.--ignore-submodulesのデフォルト値を設定します。これはgit diff Porcelainにのみ影響し、git diff-filesのような低レベルのdiffコマンドには影響しないことに注意してください。コミットされていない変更を報告するとき、git checkoutもこの設定を尊重します。allに設定すると、--ignore-submodulesコマンドラインオプションを使用して上書きされない限り、通常git commitおよびgit status whenで表示されるサブモジュールの概要が無効になります。gitのサブモジュールのコマンドは、この設定の影響を受けません。status.submoduleSummary

diff.mnemonicPrefix

If set, git diff uses a prefix pair that is different from the standard "a/" and "b/" depending on what is being compared. When this configuration is in effect, reverse diff output also swaps the order of the prefixes:設定されている場合、git diffは、比較対象によって標準の "a /"および "b /"とは異なるプレフィックスペアを使用します。この設定が有効になっていると、逆差分出力もプレフィックスの順序を入れ替えます。

git diff

compares the (i)ndex and the (w)ork tree;(i)ndexと(w)orkツリーを比較します。

git diff HEAD

compares a (c)ommit and the (w)ork tree;(c)ommitと(w)orkツリーを比較します。

git diff --cached

compares a (c)ommit and the (i)ndex;(c)ommitと(i)ndexを比較します。

git diff HEAD:file1 file2

compares an (o)bject and a (w)ork tree entity;(o)オブジェクトと(w)オークツリーエンティティを比較します。

git diff --no-index a b

compares two non-git things (1) and (2).2つのgit以外のもの(1)と(2)を比較します。

diff.noprefix

If set, git diff does not show any source or destination prefix.設定した場合、git diffは送信元または送信先のプレフィックスを表示しません。

diff.orderFile

File indicating how to order files within a diff. See the -O option to git-diff[1] for details. If diff.orderFile is a relative pathname, it is treated as relative to the top of the working tree.差分内でファイルを並べ替える方法を示すファイル。詳細はgit-diff [1]-Oオプションを参照してください。が相対パス名の場合、作業ツリーの最上部からの相対パスとして扱われます。diff.orderFile

diff.renameLimit

The number of files to consider when performing the copy/rename detection; equivalent to the git diff option -l. This setting has no effect if rename detection is turned off.コピー/名前変更の検出を実行するときに考慮するファイルの数。git diffオプションと同等-lです。名前変更検出がオフになっている場合、この設定は効果がありません。

diff.renames

Whether and how Git detects renames. If set to "false", rename detection is disabled. If set to "true", basic rename detection is enabled. If set to "copies" or "copy", Git will detect copies, as well. Defaults to true. Note that this affects only git diff Porcelain like git-diff[1] and git-log[1], and not lower level commands such as git-diff-files[1].Gitが名前の変更を検出するかどうかとその方法。"false"に設定すると、名前変更検出は無効になります。"true"に設定すると、基本的な名前変更検出が有効になります。「コピー」または「コピー」に設定すると、Gitはコピーも検出します。デフォルトはtrueです。これはgit-diff [1]git-log [1]のようなgit diff Porcelainにのみ影響し、git-diff-files [1]のような低レベルのコマンドには影響しないことに注意してください。

diff.suppressBlankEmpty

A boolean to inhibit the standard behavior of printing a space before each empty output line. Defaults to false.空の各出力行の前にスペースを印刷するという標準の動作を抑制するためのブール値。デフォルトはfalseです。

diff.submodule diffsubmodule

Specify the format in which differences in submodules are shown. The "short" format just shows the names of the commits at the beginning and end of the range. The "log" format lists the commits in the range like git-submodule[1] summary does. The "diff" format shows an inline diff of the changed contents of the submodule. Defaults to "short".サブモジュールの違いを表示する形式を指定します。"短い"形式は単に範囲の最初と最後のコミットの名前を示しています。"log"フォーマットはgit-submodule [1] summaryがするように範囲内のコミットをリストします。"diff"フォーマットは、サブモジュールの変更内容のインライン差分を示します。デフォルトは "short"です。

diff.wordRegex

A POSIX Extended Regular Expression used to determine what is a "word" when performing word-by-word difference calculations. Character sequences that match the regular expression are "words", all other characters are ignorable whitespace.単語ごとの差分計算を実行するときに「単語」とは何かを判断するために使用されるPOSIX拡張正規表現。正規表現に一致する文字シーケンスは「単語」です。他のすべての文字は無視できる空白です。

diff.<driver>.command diff。<ドライバ>。コマンド

The custom diff driver command. See gitattributes[5] for details.カスタム差分ドライバコマンド。詳細はgitattributes [5]を見てください。

diff.<driver>.xfuncname diff。<ドライバ> .xfuncname

The regular expression that the diff driver should use to recognize the hunk header. A built-in pattern may also be used. See gitattributes[5] for details.差分ドライバがハンクヘッダを認識するために使用する正規表現。組み込みパターンも使用できます。詳細はgitattributes [5]を見てください。

diff.<driver>.binary diff。<ドライバ> .binary

Set this option to true to make the diff driver treat files as binary. See gitattributes[5] for details.このオプションをtrueに設定すると、diffドライバはファイルをバイナリとして扱います。詳細はgitattributes [5]を見てください。

diff.<driver>.textconv diff。<ドライバ> .textconv

The command that the diff driver should call to generate the text-converted version of a file. The result of the conversion is used to generate a human-readable diff. See gitattributes[5] for details.テキストの変換されたファイルを生成するためにdiffドライバが呼び出すべきコマンド。変換の結果は、人間が読める形式の差分を生成するために使用されます。詳細はgitattributes [5]を見てください。

diff.<driver>.wordRegex diff。<ドライバ> .wordRegex

The regular expression that the diff driver should use to split words in a line. See gitattributes[5] for details.diffドライバが単語を1行に分割するために使用する正規表現。詳細はgitattributes [5]を見てください。

diff.<driver>.cachetextconv diff。<ドライバ> .cachetextconv

Set this option to true to make the diff driver cache the text conversion outputs. See gitattributes[5] for details.diffドライバにテキスト変換出力をキャッシュさせるには、このオプションをtrueに設定します。詳細はgitattributes [5]を見てください。

diff.tool

Controls which diff tool is used by git-difftool[1]. This variable overrides the value configured in merge.tool. The list below shows the valid built-in values. Any other value is treated as a custom diff tool and requires that a corresponding difftool.<tool>.cmd variable is defined.git-difftool [1]によって使用される差分ツールを制御します。この変数はで設定された値を上書きしますmerge.tool。以下のリストは有効な組み込み値を示しています。それ以外の値はカスタム差分ツールとして扱われ、対応するdifftool。<tool> .cmd変数が定義されている必要があります。

diff.guitool

Controls which diff tool is used by git-difftool[1] when the -g/--gui flag is specified. This variable overrides the value configured in merge.guitool. The list below shows the valid built-in values. Any other value is treated as a custom diff tool and requires that a corresponding difftool.<guitool>.cmd variable is defined.-g / - guiフラグが指定されているときにgit-difftool [1]がどの差分ツールを使用するかを制御します。この変数はで設定された値を上書きしますmerge.guitool。以下のリストは有効な組み込み値を示しています。他の値はカスタム差分ツールとして扱われ、対応するdifftool。<guitool> .cmd変数が定義されている必要があります。

  • araxisアラクシス

  • bc紀元前

  • bc3BC3

  • codecompareコード比較

  • deltawalkerデルタウォーカー

  • diffmerge拡散する

  • diffuse拡散する

  • ecmergeエマージ

  • emerge出現する

  • examdiffExdiff

  • guiffyギフイ

  • gvimdiff

  • gvimdiff2

  • gvimdiff3

  • kdiff3

  • kompareコンパンパ

  • meld溶ける

  • opendiffOpenndiff

  • p4merge

  • tkdiff

  • vimdiffビムディフ

  • vimdiff2

  • vimdiff3

  • winmerge勝ち

  • xxdiff

diff.indentHeuristic

Set this option to true to enable experimental heuristics that shift diff hunk boundaries to make patches easier to read.このオプションをtrueに設定して、パッチを読みやすくするために差分ハンク境界をシフトする実験的ヒューリスティックを有効にします。

diff.algorithm

Choose a diff algorithm. The variants are as follows:差分アルゴリズムを選択してください。バリアントは以下のとおりです。

default, myers defaultmyers

The basic greedy diff algorithm. Currently, this is the default.基本的な欲張りな差分アルゴリズム。現在、これがデフォルトです。

minimal

Spend extra time to make sure the smallest possible diff is produced.可能な限り最小の差分が生成されるように、余分な時間をかけてください。

patience

Use "patience diff" algorithm when generating patches.パッチを生成するときは "patience diff"アルゴリズムを使用してください。

histogram

This algorithm extends the patience algorithm to "support low-occurrence common elements".このアルゴリズムは、忍耐度アルゴリズムを「発生頻度の低い共通要素をサポートする」ように拡張したものです。

diff.wsErrorHighlight

Highlight whitespace errors in the context, old or new lines of the diff. Multiple values are separated by comma, none resets previous values, default reset the list to new and all is a shorthand for old,new,context. The whitespace errors are colored with color.diff.whitespace. The command line option --ws-error-highlight=<kind> overrides this setting.差分のcontextoldまたは行内の空白エラーを強調表示しますnew。複数の値は、コンマによって分離されるnone前の値をリセットし、defaultにリストをリセットnewallの省略形ですold,new,context。空白エラーは色付きcolor.diff.whitespaceです。コマンドラインオプションは--ws-error-highlight=<kind>この設定を上書きします。

diff.colorMoved

If set to either a valid <mode> or a true value, moved lines in a diff are colored differently, for details of valid modes see --color-moved in git-diff[1]. If simply set to true the default color mode will be used. When set to false, moved lines are not colored.有効な<mode>値またはtrueの値に設定されている場合、差分内の移動された行は異なる色で表示されます。有効なモードの詳細についてgit-diff [1]の--color-movedを参照してください。単純にtrueに設定すると、デフォルトのカラーモードが使用されます。falseに設定すると、移動した線は色付けされません。

diff.colorMovedWS

When moved lines are colored using e.g. the diff.colorMoved setting, this option controls the <mode> how spaces are treated for details of valid modes see --color-moved-ws in git-diff[1].移動ラインは、例えば使用して着色されている場合はdiff.colorMoved、設定は、このオプションはコントロール<mode>を参照スペースが有効なモードの詳細についてはどのように扱われるか--color-移動-WS[1]のgit-diffを

difftool.<tool>.path difftool。<tool> .path

Override the path for the given tool. This is useful in case your tool is not in the PATH.与えられたツールのパスを上書きします。あなたのツールがPATHにない場合、これは役に立ちます。

difftool.<tool>.cmd difftool。<ツール> .cmd

Specify the command to invoke the specified diff tool. The specified command is evaluated in shell with the following variables available: LOCAL is set to the name of the temporary file containing the contents of the diff pre-image and REMOTE is set to the name of the temporary file containing the contents of the diff post-image.指定された差分ツールを呼び出すためのコマンドを指定します。指定されたコマンドは、使用可能な次の変数を使用してシェル内で評価されます。LOCALは、差分プリイメージの内容を含む一時ファイルの名前に設定され、REMOTEは、差分ポストの内容を含む一時ファイルの名前に設定されます。 -画像。

difftool.prompt

Prompt before each invocation of the diff tool.diffツールを呼び出すたびにプロンプ??トを出します。

fastimport.unpackLimit

If the number of objects imported by git-fast-import[1] is below this limit, then the objects will be unpacked into loose object files. However if the number of imported objects equals or exceeds this limit then the pack will be stored as a pack. Storing the pack from a fast-import can make the import operation complete faster, especially on slow filesystems. If not set, the value of transfer.unpackLimit is used instead.git-fast-import [1]によってインポートされたオブジェクトの数がこの制限を下回ると、それらのオブジェクトはばらばらのオブジェクトファイルに展開されます。ただし、インポートされたオブジェクトの数がこの制限以上である場合、パックはパックとして保存されます。速いインポートからパックを保存することは、特に遅いファイルシステムで、インポート操作をより速く完了させることができます。設定されていない場合は、transfer.unpackLimit代わりにの値が使用されます。

fetch.recurseSubmodules

This option can be either set to a boolean value or to on-demand. Setting it to a boolean changes the behavior of fetch and pull to unconditionally recurse into submodules when set to true or to not recurse at all when set to false. When set to on-demand (the default value), fetch and pull will only recurse into a populated submodule when its superproject retrieves a commit that updates the submodule’s reference.このオプションは、ブール値またはオンデマンドに設定できます。これをブール値に設定すると、フェッチおよびプルの動作が変更され、trueに設定すると無条件にサブモジュールに再帰し、falseに設定するとまったく再帰しません。設定するとオンデマンド(デフォルト値)、フェッチと引っ張っその親プロジェクトは、それがサブモジュールの参照を更新しコミットを取得したときにのみ、人口サブモジュールに再帰します。

fetch.fsckObjects

If it is set to true, git-fetch-pack will check all fetched objects. See transfer.fsckObjects for what’s checked. Defaults to false. If not set, the value of transfer.fsckObjects is used instead.これがtrueに設定されていると、git-fetch-packは取得したすべてのオブジェクトをチェックします。transfer.fsckObjects何がチェックされているか見てください。デフォルトはfalseです。設定されていない場合は、transfer.fsckObjects代わりにの値が使用されます。

fetch.fsck.<msg-id> fetch.fsck。<msg-id>

Acts like fsck.<msg-id>, but is used by git-fetch-pack[1] instead of git-fsck[1]. See the fsck.<msg-id> documentation for details.のように振舞いますが、git-fsck [1]の代わりにgit- fetch-pack [1]fsck.<msg-id>によって使用されます。詳細はドキュメントを参照してください。fsck.<msg-id>

fetch.fsck.skipList

Acts like fsck.skipList, but is used by git-fetch-pack[1] instead of git-fsck[1]. See the fsck.skipList documentation for details.のように振舞いますが、git-fsck [1]の代わりにgit- fetch-pack [1]fsck.skipListによって使用されます。詳細はドキュメントを参照してください。fsck.skipList

fetch.unpackLimit

If the number of objects fetched over the Git native transfer is below this limit, then the objects will be unpacked into loose object files. However if the number of received objects equals or exceeds this limit then the received pack will be stored as a pack, after adding any missing delta bases. Storing the pack from a push can make the push operation complete faster, especially on slow filesystems. If not set, the value of transfer.unpackLimit is used instead.Gitネイティブ転送を介してフェッチされたオブジェクトの数がこの制限を下回ると、それらのオブジェクトはばらばらのオブジェクトファイルに展開されます。ただし、受信したオブジェクトの数がこの制限以上であると、受信したパックは、欠けているデルタベースを追加した後で、パックとして格納されます。パックをプッシュから保存することで、特に遅いファイルシステムではプッシュ操作をより速く完了させることができます。設定されていない場合は、transfer.unpackLimit代わりにの値が使用されます。

fetch.prune

If true, fetch will automatically behave as if the --prune option was given on the command line. See also remote.<name>.prune and the PRUNING section of git-fetch[1].trueの場合、fetchは自動的に--pruneオプションがコマンドラインで指定されたかのように動作します。git-fetch [1]remote.<name>.pruneのPRUNINGセクションも参照してください。

fetch.pruneTags

If true, fetch will automatically behave as if the refs/tags/*:refs/tags/* refspec was provided when pruning, if not set already. This allows for setting both this option and fetch.prune to maintain a 1=1 mapping to upstream refs. See also remote.<name>.pruneTags and the PRUNING section of git-fetch[1].trueの場合、refs/tags/*:refs/tags/*まだ設定されていない場合、fetchは整理時にrefspecが提供されたかのように自動的に動作します。これはこのオプションを設定することとfetch.prune、アップストリーム参照への1 = 1マッピングを維持することを可能にします。git-fetch [1]remote.<name>.pruneTagsのPRUNINGセクションも参照してください。

fetch.output

Control how ref update status is printed. Valid values are full and compact. Default value is full. See section OUTPUT in git-fetch[1] for detail.参照更新状況の印刷方法を制御します。有効な値はfulland compactです。デフォルト値はfullです。詳細はgit-fetch [1]の section出力を参照してください。

fetch.negotiationAlgorithm

Control how information about the commits in the local repository is sent when negotiating the contents of the packfile to be sent by the server. Set to "skipping" to use an algorithm that skips commits in an effort to converge faster, but may result in a larger-than-necessary packfile; The default is "default" which instructs Git to use the default algorithm that never skips commits (unless the server has acknowledged it or one of its descendants). Unknown values will cause git fetch to error out.サーバーによって送信されるパックファイルの内容をネゴシエートするときに、ローカルリポジトリ内のコミットに関する情報をどのように送信するかを制御します。より速く収束するためにコミットをスキップするアルゴリズムを使用するには "skipping"に設定しますが、必要以上に大きなパックファイルになる可能性があります。デフォルトは "default"で、コミットをスキップしないデフォルトのアルゴリズムを使用するようにGitに指示します(サーバがそれまたはその子孫の1つを確認していない限り)。値が不明の場合、git fetchはエラーになります。

See also the --negotiation-tip option for git-fetch[1].git-fetch [1]--negotiation-tipオプションも参照してください。

format.attach

Enable multipart/mixed attachments as the default for format-patch. The value can also be a double quoted string which will enable attachments as the default and set the value as the boundary. See the --attach option in git-format-patch[1].format-patchのデフォルトとしてマルチパート/混在添付ファイルを有効にします。値は、添付ファイルをデフォルトとして有効にし、値を境界として設定する二重引用符で囲まれた文字列にすることもできます。git-format-patch [1]の--attachオプションを参照してください。

format.from

Provides the default value for the --from option to format-patch. Accepts a boolean value, or a name and email address. If false, format-patch defaults to --no-from, using commit authors directly in the "From:" field of patch mails. If true, format-patch defaults to --from, using your committer identity in the "From:" field of patch mails and including a "From:" field in the body of the patch mail if different. If set to a non-boolean value, format-patch uses that value instead of your committer identity. Defaults to false.--fromformat-patchのオプションのデフォルト値を提供します。ブール値、または名前とEメールアドレスを受け入れます。falseの場合、format-patchはデフォルトで--no-from、パッチメールの "From:"フィールドに直接コミット作者を使用します。trueの場合、format-patchはデフォルトで--from、パッチメールの "From:"フィールドにあなたのコミッタIDを使用し、異なる場合はパッチメールの本文に "From:"フィールドを含めます。非ブール値に設定されている場合、format-patchはあなたのコミッターIDの代わりにその値を使用します。デフォルトはfalseです。

format.numbered

A boolean which can enable or disable sequence numbers in patch subjects. It defaults to "auto" which enables it only if there is more than one patch. It can be enabled or disabled for all messages by setting it to "true" or "false". See --numbered option in git-format-patch[1].パッチサブジェクトのシーケンス番号を有効または無効にすることができるブール値。デフォルトは "auto"で、複数のパッチがある場合にのみ有効になります。「true」または「false」に設定することで、すべてのメッセージに対して有効または無効にすることができます。git-format-patch [1]の --numberedオプションを参照してください。

format.headers

Additional email headers to include in a patch to be submitted by mail. See git-format-patch[1].メールで送信するパッチに含める追加の電子メールヘッダー。git-format-patch [1]を参照してください。

format.to
format.cc

Additional recipients to include in a patch to be submitted by mail. See the --to and --cc options in git-format-patch[1].メールで送信されるパッチに含める追加の受信者。git-format-patch [1]の--toと--ccオプションを参照してください。

format.subjectPrefix

The default for format-patch is to output files with the [PATCH] subject prefix. Use this variable to change that prefix.format-patchのデフォルトは、[PATCH]サブジェクトプレフィックスを付けてファイルを出力することです。この変数を使用してその接頭辞を変更してください。

format.signature

The default for format-patch is to output a signature containing the Git version number. Use this variable to change that default. Set this variable to the empty string ("") to suppress signature generation.format-patchのデフォルトはGitのバージョン番号を含む署名を出力することです。この変数を使用してそのデフォルトを変更します。この変数を空の文字列( "")に設定して署名の生成を抑制します。

format.signatureFile

Works just like format.signature except the contents of the file specified by this variable will be used as the signature.この変数で指定されたファイルの内容が署名として使用されることを除けば、format.signatureと同じように動作します。

format.suffix

The default for format-patch is to output files with the suffix .patch. Use this variable to change that suffix (make sure to include the dot if you want it).format-patchのデフォルトは接尾辞を付けてファイルを出力することです.patch。この変数を使用してその接尾辞を変更します(必要に応じて必ずドットを含めてください)。

format.pretty

The default pretty format for log/show/whatchanged command, See git-log[1], git-show[1], git-whatchanged[1].log / show / whatchangedコマンドのデフォルトのプリティフォーマット、git-log [1]git-show [1]git-whatchanged [1]を参照してください

format.thread

The default threading style for git format-patch. Can be a boolean value, or shallow or deep. shallow threading makes every mail a reply to the head of the series, where the head is chosen from the cover letter, the --in-reply-to, and the first patch mail, in this order. deep threading makes every mail a reply to the previous one. A true boolean value is the same as shallow, and a false value disables threading.git format-patchのデフォルトのスレッドスタイル。ブール値、またはのshallowいずれかdeepです。shallowスレッドは、すべてのメールをシリーズの先頭への返信にします。先頭には、カバーレター、--in-reply-to先頭のパッチメール、および最初のパッチメールの順に選択されます。deepスレッドはすべてのメールを前のものへの返信にします。真のブール値はと同じshallowであり、偽の値はスレッド化を無効にします。

format.signOff

A boolean value which lets you enable the -s/--signoff option of format-patch by default. Note: Adding the Signed-off-by: line to a patch should be a conscious act and means that you certify you have the rights to submit this work under the same open source license. Please see the SubmittingPatches document for further discussion.-s/--signoffデフォルトでformat-patchのオプションを有効にすることを可能にするブール値。注意: Signed-off-by:行をパッチに追加することは意識的な行為であるべきであり、あなたはあなたがこの作品を同じオープンソースライセンスの下で送信する権利を有することをあなたが証明することを意味します。さらなる議論についてはSubmittingPatches文書を見てください。

format.coverLetter

A boolean that controls whether to generate a cover-letter when format-patch is invoked, but in addition can be set to "auto", to generate a cover-letter only when there’s more than one patch.format-patchが呼び出されたときにカバーレターを生成するかどうかを制御するブール値ですが、さらに「auto」に設定して、複数のパッチがある場合にのみカバーレターを生成することもできます。

format.outputDirectory

Set a custom directory to store the resulting files instead of the current working directory.現在の作業ディレクトリではなく、結果のファイルを格納するためのカスタムディレクトリを設定します。

format.useAutoBase

A boolean value which lets you enable the --base=auto option of format-patch by default.--base=autoデフォルトでformat-patchのオプションを有効にすることを可能にするブール値。

filter.<driver>.clean <ドライバ> .clean

The command which is used to convert the content of a worktree file to a blob upon checkin. See gitattributes[5] for details.チェックイン時にワークツリーファイルの内容をBLOBに変換するために使用されるコマンド。詳細はgitattributes [5]を見てください。

filter.<driver>.smudge フィルタ。<ドライバ> .smudge

The command which is used to convert the content of a blob object to a worktree file upon checkout. See gitattributes[5] for details.チェックアウト時にBLOBオブジェクトの内容をワークツリーファイルに変換するために使用されるコマンド。詳細はgitattributes [5]を見てください。

fsck.<msg-id> fsck。<msg-id>

During fsck git may find issues with legacy data which wouldn’t be generated by current versions of git, and which wouldn’t be sent over the wire if transfer.fsckObjects was set. This feature is intended to support working with legacy repositories containing such data.fsckの間、gitは、gitの現在のバージョンでは生成されず、設定されているとネットワーク経由で送信されないという従来のデータに関する問題を見つける可能性がありますtransfer.fsckObjects。この機能は、そのようなデータを含むレガシーリポジトリでの作業をサポートすることを目的としています。

Setting fsck.<msg-id> will be picked up by git-fsck[1], but to accept pushes of such data set receive.fsck.<msg-id> instead, or to clone or fetch it set fetch.fsck.<msg-id>.設定fsck.<msg-id>git-fsck [1]によって拾われますが、receive.fsck.<msg-id>代わりにそのようなデータセットのプッシュを受け入れるか、またはそれを複製または取得しますfetch.fsck.<msg-id>

The rest of the documentation discusses fsck.* for brevity, but the same applies for the corresponding receive.fsck.* and fetch.<msg-id>.*. variables.ドキュメントの残りの部分ではfsck.*簡潔さのために説明していますが、対応するreceive.fsck.*and についても同じことが言えますfetch.<msg-id>.*。変数

Unlike variables like color.ui and core.editor the receive.fsck.<msg-id> and fetch.fsck.<msg-id> variables will not fall back on the fsck.<msg-id> configuration if they aren’t set. To uniformly configure the same fsck settings in different circumstances all three of them they must all set to the same values.color.uiand core.editorのような変数とは異なり、receive.fsck.<msg-id>and fetch.fsck.<msg-id>変数はfsck.<msg-id>設定されていなくても設定にフォールバックしません。異なる3つの環境で同じfsck設定を一律に設定するには、それらすべてを同じ値に設定する必要があります。

When fsck.<msg-id> is set, errors can be switched to warnings and vice versa by configuring the fsck.<msg-id> setting where the <msg-id> is the fsck message ID and the value is one of error, warn or ignore. For convenience, fsck prefixes the error/warning with the message ID, e.g. "missingEmail: invalid author/committer line - missing email" means that setting fsck.missingEmail = ignore will hide that issue.場合にfsck.<msg-id>設定され、エラーが構成することによって、警告またはその逆に切り替えることができるfsck.<msg-id>設定<msg-id>のfsckメッセージIDであり、値は以下のいずれかerrorwarnまたはignore。便宜上、fsckはエラー/警告の前にメッセージIDを付けます。たとえば、 "missingEmail:無効な作者/コミッター行 - 行方不明のEメール"は、設定fsck.missingEmail = ignoreがその問題を隠すことを意味します。

+ In general, it is better to enumerate existing objects with problems with fsck.skipList, instead of listing the kind of breakages these problematic objects share to be ignored, as doing the latter will allow new instances of the same breakages go unnoticed.+一般に、fsck.skipListこれらの問題のあるオブジェクトが無視する共有の種類を一覧表示するのではなく、既存のオブジェクトに問題があるものを列挙することをお勧めします。後者を実行すると、同じ破損の新しいインスタンスが見過ごされる可能性があるからです。

+ Setting an unknown fsck.<msg-id> value will cause fsck to die, but doing the same for receive.fsck.<msg-id> and fetch.fsck.<msg-id> will only cause git to warn.+未知のfsck.<msg-id>値を設定するとfsckは死にますが、のために同じことをしてgitに警告receive.fsck.<msg-id>fetch.fsck.<msg-id>するだけです。

fsck.skipList

The path to a list of object names (i.e. one unabbreviated SHA-1 per line) that are known to be broken in a non-fatal way and should be ignored. On versions of Git 2.20 and later comments (#), empty lines, and any leading and trailing whitespace is ignored. Everything but a SHA-1 per line will error out on older versions.致命的ではない方法で壊れていることがわかっているため無視する必要があるオブジェクト名のリスト(1行に1つのSHA-1の省略形なし)へのパス。Git 2.20以降のバージョンのコメント()では、空行、そして前後の空白は無視されます。1行あたりのSHA-1以外はすべて古いバージョンではエラーになります。

This feature is useful when an established project should be accepted despite early commits containing errors that can be safely ignored such as invalid committer email addresses. Note: corrupt objects cannot be skipped with this setting.この機能は、無効なコミッターのEメールアドレスなど、安全に無視できるエラーが含まれている初期のコミットにもかかわらず、確立されたプロジェクトを受け入れる必要がある場合に役立ちます。注:この設定では、破損したオブジェクトをスキップすることはできません。

Like fsck.<msg-id> this variable has corresponding receive.fsck.skipList and fetch.fsck.skipList variants.同じようにfsck.<msg-id>、この変数の対応があるreceive.fsck.skipListfetch.fsck.skipList変種。

Unlike variables like color.ui and core.editor the receive.fsck.skipList and fetch.fsck.skipList variables will not fall back on the fsck.skipList configuration if they aren’t set. To uniformly configure the same fsck settings in different circumstances all three of them they must all set to the same values.color.uiand core.editorのような変数とは異なり、receive.fsck.skipListand fetch.fsck.skipList変数はfsck.skipList設定されていなくても設定にフォールバックしません。異なる3つの環境で同じfsck設定を一律に設定するには、それらすべてを同じ値に設定する必要があります。

Older versions of Git (before 2.20) documented that the object names list should be sorted. This was never a requirement, the object names could appear in any order, but when reading the list we tracked whether the list was sorted for the purposes of an internal binary search implementation, which could save itself some work with an already sorted list. Unless you had a humongous list there was no reason to go out of your way to pre-sort the list. After Git version 2.20 a hash implementation is used instead, so there’s now no reason to pre-sort the list.Gitのより古いバージョン(2.20より前)は、オブジェクト名リストはソートされるべきであると文書化しました。これは必須の要件ではありませんでした。オブジェクト名は任意の順序で並べることができましたが、リストの読み取り時に、リストが内部バイナリ検索実装の目的でソートされたかどうかを追跡しました。あなたが巨大なリストを持っていない限り、リストを事前ソートするためにあなたの方法から出て行く理由はありませんでした。Gitバージョン2.20以降は代わりにハッシュ実装が使われているので、リストを事前にソートする理由はありません。

gc.aggressiveDepth

The depth parameter used in the delta compression algorithm used by git gc --aggressive. This defaults to 50.git gc --aggressiveによって使用されるデルタ圧縮アルゴリズムで使用される深さパラメータ。デフォルトは50です。

gc.aggressiveWindow

The window size parameter used in the delta compression algorithm used by git gc --aggressive. This defaults to 250.git gc --aggressiveによって使用されるデルタ圧縮アルゴリズムで使用されるウィンドウサイズパラメータ。デフォルトは250です。

gc.auto

When there are approximately more than this many loose objects in the repository, git gc --auto will pack them. Some Porcelain commands use this command to perform a light-weight garbage collection from time to time. The default value is 6700. Setting this to 0 disables it.リポジトリにこの数よりも多くのルーズオブジェクトがある場合、git gc --autoそれらはパックされます。一部のPorcelainコマンドは、このコマンドを使用して時々軽量のガベージコレクションを実行します。デフォルト値は6700です。0に設定すると無効になります。

gc.autoPackLimit

When there are more than this many packs that are not marked with *.keep file in the repository, git gc --auto consolidates them into one larger pack. The default value is 50. Setting this to 0 disables it.*.keepリポジトリ内にファイルでマークされていないパックがこれ以上多数ある場合は、git gc --autoそれらを1つの大きなパックに統合します。デフォルト値は50です。0に設定すると無効になります。

gc.autoDetach

Make git gc --auto return immediately and run in background if the system supports it. Default is true.git gc --autoシステムにサポートされている場合はすぐに戻り、バックグラウンドで実行してください。デフォルトはtrueです。

gc.bigPackThreshold

If non-zero, all packs larger than this limit are kept when git gc is run. This is very similar to --keep-base-pack except that all packs that meet the threshold are kept, not just the base pack. Defaults to zero. Common unit suffixes of k, m, or g are supported.ゼロ以外の場合、git gc実行時にこの制限よりも大きいすべてのパックが保持されます。これは--keep-base-pack、ベースパックだけでなく、しきい値を満たすすべてのパックが保持されることを除いて、非常に似ています。デフォルトはゼロです。km、またはgの共通単位接尾部がサポートされています。

Note that if the number of kept packs is more than gc.autoPackLimit, this configuration variable is ignored, all packs except the base pack will be repacked. After this the number of packs should go below gc.autoPackLimit and gc.bigPackThreshold should be respected again.保持パックの数がgc.autoPackLimitより多い場合、この構成変数は無視され、ベースパックを除くすべてのパックが再パックされます。この後、パック数はgc.autoPackLimitを下回り、gc.bigPackThresholdは再び尊重されるべきです。

gc.writeCommitGraph

If true, then gc will rewrite the commit-graph file when git-gc[1] is run. When using git-gc[1] --auto the commit-graph will be updated if housekeeping is required. Default is false. See git-commit-graph[1] for details.trueの場合、git-gc [1]が実行されたときにgcはcommit-graphファイルを書き換えます。git-gc [1] --autoを使うと、ハウスキーピングが必要な場合にコミットグラフが更新されます。デフォルトはfalseです。詳細はgit-commit-graph [1]をご覧ください。

gc.logExpiry

If the file gc.log exists, then git gc --auto will print its content and exit with status zero instead of running unless that file is more than gc.logExpiry old. Default is "1.day". See gc.pruneExpire for more ways to specify its value.ファイルgc.logが存在する場合は、git gc --autoそのファイルがより多くのでなければ、ステータスゼロの代わりに実行してその内容を表示し、終了しますgc.logExpiry古いです。デフォルトは "1.day"です。gc.pruneExpire値を指定するその他の方法についてはを参照してください。

gc.packRefs

Running git pack-refs in a repository renders it unclonable by Git versions prior to 1.5.1.2 over dumb transports such as HTTP. This variable determines whether git gc runs git pack-refs. This can be set to notbare to enable it within all non-bare repos or it can be set to a boolean value. The default is true.git pack-refsリポジトリ内で実行すると、HTTPなどのダム転送を介した1.5.1.2より前のGitバージョンではコピーできなくなります。この変数はgit gcが実行されるかどうかを決定しますgit pack-refs。これは、notbareすべてのベア以外のリポジトリ内で有効にするように設定することも、ブール値に設定することもできます。デフォルトはtrueです。

gc.pruneExpire

When git gc is run, it will call prune --expire 2.weeks.ago. Override the grace period with this config variable. The value "now" may be used to disable this grace period and always prune unreachable objects immediately, or "never" may be used to suppress pruning. This feature helps prevent corruption when git gc runs concurrently with another process writing to the repository; see the "NOTES" section of git-gc[1].ときにgit gcが実行され、それが呼び出されますプルーン--expire 2.weeks.ago。この設定変数で猶予期間を上書きします。値「now」を使用してこの猶予期間を無効にし、常に到達不能なオブジェクトをすぐにプルーニングするか、「never」を使用してプルーニングを抑制できます。この機能は、git gcがリポジトリへの他のプロセスの書き込みと並行して実行されるときの破損を防ぐのに役立ちます。git-gc [1]の "NOTES"セクションを参照してください。

gc.worktreePruneExpire

When git gc is run, it calls git worktree prune --expire 3.months.ago. This config variable can be used to set a different grace period. The value "now" may be used to disable the grace period and prune $GIT_DIR/worktrees immediately, or "never" may be used to suppress pruning.ときにgit gcが実行され、それが呼び出されますgitのworktreeプルーン--expire 3.months.ago。この設定変数は、異なる猶予期間を設定するために使用できます。値「now」を使用して猶予期間を無効にして$GIT_DIR/worktreesすぐにプルーニングするか、「never」を使用してプルーニングを抑制することができます。

gc.reflogExpire
gc.<pattern>.reflogExpire gc。<パターン> .reflogExpire

git reflog expire removes reflog entries older than this time; defaults to 90 days. The value "now" expires all entries immediately, and "never" suppresses expiration altogether. With "<pattern>" (e.g. "refs/stash") in the middle the setting applies only to the refs that match the <pattern>.git reflog expireは、この時間より古いreflogエントリを削除します。デフォルトは90日です。値「now」はすべてのエントリをただちに期限切れにし、「never」は期限切れを完全に抑制します。"<pattern>"(例: "refs / stash")が中央にある場合、設定は<pattern>に一致する参照にのみ適用されます。

gc.reflogExpireUnreachable
gc.<pattern>.reflogExpireUnreachable gc。<パターン> .reflogExpireUnreachable

git reflog expire removes reflog entries older than this time and are not reachable from the current tip; defaults to 30 days. The value "now" expires all entries immediately, and "never" suppresses expiration altogether. With "<pattern>" (e.g. "refs/stash") in the middle, the setting applies only to the refs that match the <pattern>.git reflog expireは、この時間よりも古いreflogエントリを削除し、現在のチップから到達できません。デフォルトは30日です。値「now」はすべてのエントリをただちに期限切れにし、「never」は期限切れを完全に抑制します。"<pattern>"(例: "refs / stash")が中央にある場合、設定は<pattern>に一致する参照にのみ適用されます。

gc.rerereResolved

Records of conflicted merge you resolved earlier are kept for this many days when git rerere gc is run. You can also use more human-readable "1.month.ago", etc. The default is 60 days. See git-rerere[1].git rerere gcが実行されるとき、あなたが以前に解決した衝突したマージの記録はこの数日間保持されます。より読みやすい「1.month.ago」などを使用することもできます。デフォルトは60日です。git-rerere [1]を参照してください。

gc.rerereUnresolved

Records of conflicted merge you have not resolved are kept for this many days when git rerere gc is run. You can also use more human-readable "1.month.ago", etc. The default is 15 days. See git-rerere[1].git rerere gcが実行されるとき、あなたが解決していない競合したマージの記録はこの数日間保持されます。より読みやすい「1.month.ago」などを使用することもできます。デフォルトは15日です。git-rerere [1]を参照してください。

gitcvs.commitMsgAnnotation

Append this string to each commit message. Set to empty string to disable this feature. Defaults to "via git-CVS emulator".この文字列を各コミットメッセージに追加します。この機能を無効にするには、空の文字列に設定します。デフォルトは "via git-CVS emulator"です。

gitcvs.enabled

Whether the CVS server interface is enabled for this repository. See git-cvsserver[1].このリポジトリに対してCVSサーバーインタフェースが有効になっているかどうか。git-cvsserver [1]を参照してください。

gitcvs.logFile

Path to a log file where the CVS server interface well…​ logs various stuff. See git-cvsserver[1].CVSサーバがうまくインターフェースするログファイルへのパス…いろいろなものをログに記録します。git-cvsserver [1]を参照してください。

gitcvs.usecrlfattr

If true, the server will look up the end-of-line conversion attributes for files to determine the -k modes to use. If the attributes force Git to treat a file as text, the -k mode will be left blank so CVS clients will treat it as text. If they suppress text conversion, the file will be set with -kb mode, which suppresses any newline munging the client might otherwise do. If the attributes do not allow the file type to be determined, then gitcvs.allBinary is used. See gitattributes[5].trueの場合、サーバーはファイルの行末変換属性を調べて、-k使用するモードを決定します。属性がGitにファイルをテキストとして扱わせる場合、-kモードは空白のままにされ、CVSクライアントはそれをテキストとして扱います。テキスト変換を抑制した場合、ファイルは-kbモードに設定されます。これは、クライアントが改行しないような改行を抑制します。属性がファイルタイプの決定を許可しない場合は、それgitcvs.allBinaryが使用されます。gitattributes [5]を参照してください。

gitcvs.allBinary

This is used if gitcvs.usecrlfattr does not resolve the correct -kb mode to use. If true, all unresolved files are sent to the client in mode -kb. This causes the client to treat them as binary files, which suppresses any newline munging it otherwise might do. Alternatively, if it is set to "guess", then the contents of the file are examined to decide if it is binary, similar to core.autocrlf.これは、使用gitcvs.usecrlfattrする正しい-kbモードが解決されない場合に使用されます。trueの場合、未解決のファイルはすべてモード-kbでクライアントに送信されます。これにより、クライアントはそれらをバイナリファイルとして扱うようになります。あるいは、 "guess"に設定されている場合は、ファイルの内容を調べて、それがバイナリかどうかを判断しcore.autocrlfます。

gitcvs.dbName

Database used by git-cvsserver to cache revision information derived from the Git repository. The exact meaning depends on the used database driver, for SQLite (which is the default driver) this is a filename. Supports variable substitution (see git-cvsserver[1] for details). May not contain semicolons (;). Default: %Ggitcvs.%m.sqliteGitリポジトリから派生したリビジョン情報をキャッシュするためにgit-cvsserverによって使用されるデータベース。正確な意味は、使用されているデータベースドライバによって異なります。SQLite(これはデフォルトのドライバです)の場合、これはファイル名です。変数置換をサポートします(詳細はgit-cvsserver [1]を参照)。セミコロン(;)を含めることはできません。デフォルト:%Ggitcvs。%m.sqlite

gitcvs.dbDriver

Used Perl DBI driver. You can specify any available driver for this here, but it might not work. git-cvsserver is tested with DBD::SQLite, reported to work with DBD::Pg, and reported not to work with DBD::mysql. Experimental feature. May not contain double colons (:). Default: SQLite. See git-cvsserver[1].Perl DBIドライバを使用しました。これに利用可能なドライバをここで指定できますが、動作しない可能性があります。git-cvsserverはDBD :: SQLiteでテストされ、DBD :: Pgで動作することが報告されており、DBD :: mysqlで動作しないことが報告されてます。実験的な機能 二重コロン()を含めることはできません。デフォルト:SQLiteのgit-cvsserver [1]を参照してください。:

gitcvs.dbUser, gitcvs.dbPass gitcvs.dbUser、gitcvs.dbPass

Database user and password. Only useful if setting gitcvs.dbDriver, since SQLite has no concept of database users and/or passwords. gitcvs.dbUser supports variable substitution (see git-cvsserver[1] for details).データベースのユーザーとパスワード。gitcvs.dbDriverSQLiteはデータベースユーザーやパスワードの概念を持っていないので、設定する場合にのみ役に立ちます。gitcvs.dbUserは変数置換をサポートします(詳細についてはgit-cvsserver [1]を参照してください)。

gitcvs.dbTableNamePrefix

Database table name prefix. Prepended to the names of any database tables used, allowing a single database to be used for several repositories. Supports variable substitution (see git-cvsserver[1] for details). Any non-alphabetic characters will be replaced with underscores.データベーステーブル名のプレフィックス。使用されるデータベーステーブルの名前の先頭に追加され、単一のデータベースを複数のリポジトリに使用できるようにします。変数置換をサポートします(詳細はgit-cvsserver [1]を参照)。アルファベット以外の文字はアンダースコアに置き換えられます。

All gitcvs variables except for gitcvs.usecrlfattr and gitcvs.allBinary can also be specified as gitcvs.<access_method>.<varname> (where access_method is one of "ext" and "pserver") to make them apply only for the given access method.gitcvs.usecrlfattrとを除くすべてのgitcvs変数gitcvs.allBinaryは、gitcvs。<access_method>。<varname>access_methodは "ext"と "pserver"のいずれか)として指定して、指定したアクセス方法にのみ適用されるようにすることもできます。

gitweb.category
gitweb.description
gitweb.owner
gitweb.url

See gitweb[1] for description.説明はgitweb [1]を参照してください。

gitweb.avatar
gitweb.blame
gitweb.grep
gitweb.highlight
gitweb.patches
gitweb.pickaxe
gitweb.remote_heads
gitweb.showSizes
gitweb.snapshot

See gitweb.conf[5] for description.説明はgitweb.conf [5]を見てください。

grep.lineNumber

If set to true, enable -n option by default.trueに設定されている場合、-nデフォルトでオプションを有効にします。

grep.column

If set to true, enable the --column option by default.trueに設定した場合、--columnデフォルトでこのオプションを有効にします。

grep.patternType

Set the default matching behavior. Using a value of basic, extended, fixed, or perl will enable the --basic-regexp, --extended-regexp, --fixed-strings, or --perl-regexp option accordingly, while the value default will return to the default matching behavior.デフォルトの一致動作を設定します。値を用いて、基本的な拡張固定、またはPerlのは有効になり--basic-regexp--extended-regexp--fixed-strings、または--perl-regexp値が、それに応じてオプションのデフォルトは、デフォルトのマッチング動作に戻ります。

grep.extendedRegexp

If set to true, enable --extended-regexp option by default. This option is ignored when the grep.patternType option is set to a value other than default.trueに設定されている場合、--extended-regexpデフォルトでオプションを有効にします。このオプションがdefaultgrep.patternType以外の値に設定されている場合、このオプションは無視されます

grep.threads

Number of grep worker threads to use. See grep.threads in git-grep[1] for more information.使用するgrepワーカースレッドの数 詳しくgrep.threadsgit-grep [1]を参照してください。

grep.fallbackToNoIndex

If set to true, fall back to git grep --no-index if git grep is executed outside of a git repository. Defaults to false.trueに設定した場合、git grepがgitリポジトリ外で実行された場合はgit grep --no-indexにフォールバックします。デフォルトはfalseです。

gpg.program

Use this custom program instead of "gpg" found on $PATH when making or verifying a PGP signature. The program must support the same command-line interface as GPG, namely, to verify a detached signature, "gpg --verify $file - <$signature" is run, and the program is expected to signal a good signature by exiting with code 0, and to generate an ASCII-armored detached signature, the standard input of "gpg -bsau $key" is fed with the contents to be signed, and the program is expected to send the result to its standard output.PGP署名を作成または検証するときにgpg見つかった代わりにこのカスタムプログラムを使用してください$PATH。プログラムはGPGと同じコマンドラインインタフェースをサポートしなければなりません。つまり、分離された署名を検証するために " gpg --verify $file - <$signature"が実行され、プログラムはコード0で終了して良い署名を知らせ、ASCII装甲の分離を生成します。 signatureの場合、 " gpg -bsau $key"の標準入力には署名する内容が与えられ、プログラムはその結果をその標準出力に送信することになっています。

gpg.format

Specifies which key format to use when signing with --gpg-sign. Default is "openpgp" and another possible value is "x509".署名時に使用するキー形式を指定します--gpg-sign。デフォルトは "openpgp"で、他の可能な値は "x509"です。

gpg.<format>.program gpg。<フォーマット> .program

Use this to customize the program used for the signing format you chose. (see gpg.program and gpg.format) gpg.program can still be used as a legacy synonym for gpg.openpgp.program. The default value for gpg.x509.program is "gpgsm".これを使用して、選択した署名形式に使用されるプログラムをカスタマイズします。(参照gpg.programしてgpg.formatgpg.program、まだのための従来の同義語として使用することができますgpg.openpgp.program。のデフォルト値gpg.x509.programは "gpgsm"です。

gui.commitMsgWidth

Defines how wide the commit message window is in the git-gui[1]. "75" is the default.コミットメッセージウィンドウがgit-gui [1]内にどのくらいの幅であるかを定義します。デフォルトは "75"です。

gui.diffContext

Specifies how many context lines should be used in calls to diff made by the git-gui[1]. The default is "5".git-gui [1]によって行われたdiffの呼び出しに使用するコンテキスト行数を指定します。デフォルトは "5"です。

gui.displayUntracked

Determines if git-gui[1] shows untracked files in the file list. The default is "true".git-gui [1]がファイルリスト内の追跡されていないファイルを表示するかどうかを決定します。デフォルトは "true"です。

gui.encoding

Specifies the default encoding to use for displaying of file contents in git-gui[1] and gitk[1]. It can be overridden by setting the encoding attribute for relevant files (see gitattributes[5]). If this option is not set, the tools default to the locale encoding.git-gui [1]およびgitk [1]でファイルの内容を表示するために使用するデフォルトのエンコーディングを指定します。関連ファイルのエンコーディング属性を設定することで上書きできます(gitattributes [5]を参照)。このオプションが設定されていない場合、ツールはデフォルトでロケールエンコードになります。

gui.matchTrackingBranch

Determines if new branches created with git-gui[1] should default to tracking remote branches with matching names or not. Default: "false".git-gui [1]で作成された新しいブランチがデフォルトで名前が一致するリモートブランチを追跡するかどうかを決定します。デフォルト: "false"

gui.newBranchTemplate

Is used as suggested name when creating new branches using the git-gui[1].git-gui [1]を使用して新しいブランチを作成するときの推奨名として使用されます。

gui.pruneDuringFetch

"true" if git-gui[1] should prune remote-tracking branches when performing a fetch. The default value is "false".git-gui [1]が取得を実行するときにリモートトラッキングブランチを削除するなら "true" 。デフォルト値は "false"です。

gui.trustmtime

Determines if git-gui[1] should trust the file modification timestamp or not. By default the timestamps are not trusted.git-gui [1]がファイル修正タイムスタンプを信頼するべきかどうかを決定します。デフォルトでは、タイムスタンプは信頼されていません。

gui.spellingDictionary

Specifies the dictionary used for spell checking commit messages in the git-gui[1]. When set to "none" spell checking is turned off.git-gui [1]でコミットメッセージのスペルチェックに使用される辞書を指定します。"none"に設定すると、スペルチェックは無効になります。

gui.fastCopyBlame

If true, git gui blame uses -C instead of -C -C for original location detection. It makes blame significantly faster on huge repositories at the expense of less thorough copy detection.trueの場合、git gui blameは元の位置検出-Cにではなくを使用し-C -Cます。それは徹底的なコピー検出を犠牲にして巨大なリポジトリを非難するのをかなり速くします。

gui.copyBlameThreshold

Specifies the threshold to use in git gui blame original location detection, measured in alphanumeric characters. See the git-blame[1] manual for more information on copy detection.git gui blameの元の位置検出に使用するしきい値を英数字で指定します。コピー検出の詳細についてはgit-blame [1]マニュアルを参照してください。

gui.blamehistoryctx

Specifies the radius of history context in days to show in gitk[1] for the selected commit, when the Show History Context menu item is invoked from git gui blame. If this variable is set to zero, the whole history is shown.メニュー項目がgit gui blameから呼び出されたときに、選択したコミットについてgitk [1]に表示する履歴コンテキストの半径を日数で指定しShow History Contextます。この変数がゼロに設定されている場合は、履歴全体が表示されます。

guitool.<name>.cmd guitool。<名前> .cmd

Specifies the shell command line to execute when the corresponding item of the git-gui[1] Tools menu is invoked. This option is mandatory for every tool. The command is executed from the root of the working directory, and in the environment it receives the name of the tool as GIT_GUITOOL, the name of the currently selected file as FILENAME, and the name of the current branch as CUR_BRANCH (if the head is detached, CUR_BRANCH is empty).git-gui [1] Toolsメニューの対応する項目が呼び出されたときに実行するシェルコマンドラインを指定します。このオプションはすべてのツールに必須です。コマンドは作業ディレクトリのルートから実行され、環境内ではツールGIT_GUITOOL名として、現在選択されているファイルの名前としてFILENAME、そして現在のブランチの名前としてCUR_BRANCHを受け取ります(ヘッドが切り離されている場合)。 、CUR_BRANCHは)空です。

guitool.<name>.needsFile guitool。<名前> .needsFile

Run the tool only if a diff is selected in the GUI. It guarantees that FILENAME is not empty.GUIで差分が選択されている場合にのみツールを実行します。FILENAMEが空でないことを保証します。

guitool.<name>.noConsole guitool。<名前> .noConsole

Run the command silently, without creating a window to display its output.出力を表示するウィンドウを作成せずに、コマンドをサイレントモードで実行します。

guitool.<name>.noRescan guitool。<名前> .noRescan

Don’t rescan the working directory for changes after the tool finishes execution.ツールの実行終了後に作業ディレクトリを変更しないように再スキャンしないでください。

guitool.<name>.confirm guitool。<名前> .confirm

Show a confirmation dialog before actually running the tool.実際にツールを実行する前に確認ダイアログを表示してください。

guitool.<name>.argPrompt guitool。<名前> .argPrompt

Request a string argument from the user, and pass it to the tool through the ARGS environment variable. Since requesting an argument implies confirmation, the confirm option has no effect if this is enabled. If the option is set to true, yes, or 1, the dialog uses a built-in generic prompt; otherwise the exact value of the variable is used.ユーザーに文字列引数を要求し、それをARGS環境変数を介してツールに渡します。引数を要求することは確認を意味するので、これが有効になっている場合、confirmオプションは効果がありません。このオプションがtrueyes、または1に設定されている場合、ダイアログは組み込みの汎用プロンプトを使用します。それ以外の場合は、変数の正確な値が使用されます。

guitool.<name>.revPrompt guitool。<名前> .revPrompt

Request a single valid revision from the user, and set the REVISION environment variable. In other aspects this option is similar to argPrompt, and can be used together with it.ユーザーに有効な単一のリビジョンを要求し、REVISION環境変数を設定してください。他の局面では、このオプションはargPromptに似ておりそれと一緒に使用できます。

guitool.<name>.revUnmerged guitool。<名前> .revUnmerged

Show only unmerged branches in the revPrompt subdialog. This is useful for tools similar to merge or rebase, but not for things like checkout or reset.revPromptサブダイアログにマージされていないブランチのみを表示します。これは、マージやリベースに似たツールには役立ちますが、チェックアウトやリセットなどには役立ちません。

guitool.<name>.title guitool。<名前> .title

Specifies the title to use for the prompt dialog. The default is the tool name.プロンプトダイアログに使用するタイトルを指定します。デフォルトはツール名です。

guitool.<name>.prompt guitool。<名前> .prompt

Specifies the general prompt string to display at the top of the dialog, before subsections for argPrompt and revPrompt. The default value includes the actual command.argPromptおよびrevPromptのサブセクションの前にダイアログの上部に表示する一般プロンプト文字列を指定します。デフォルト値には実際のコマンドが含まれています。

help.browser

Specify the browser that will be used to display help in the web format. See git-help[1].Web形式でヘルプを表示するために使用されるブラウザを指定します。git-help [1]を参照してください。

help.format

Override the default help format used by git-help[1]. Values man, info, web and html are supported. man is the default. web and html are the same.git-help [1]で使用されているデフォルトのヘルプフォーマットを上書きします。値maninfoweb、およびhtmlがサポートされています。manがデフォルトです。WebHTMLは同じです。

help.autoCorrect

Automatically correct and execute mistyped commands after waiting for the given number of deciseconds (0.1 sec). If more than one command can be deduced from the entered text, nothing will be executed. If the value of this option is negative, the corrected command will be executed immediately. If the value is 0 - the command will be just shown but not executed. This is the default.指定された桁数(0.1秒)を待った後で、誤って入力されたコマンドを自動的に修正して実行します。入力したテキストから複数のコマンドを推測できる場合、何も実行されません。このオプションの値が負の場合、修正されたコマンドはすぐに実行されます。値が0の場合、コマンドは表示されるだけで実行されません。これがデフォルトです。

help.htmlPath

Specify the path where the HTML documentation resides. File system paths and URLs are supported. HTML pages will be prefixed with this path when help is displayed in the web format. This defaults to the documentation path of your Git installation.HTML文書がある場所のパスを指定してください。ファイルシステムのパスとURLがサポートされています。ヘルプがWeb形式で表示されている場合は、HTMLページの先頭にこのパスが付きます。これはデフォルトであなたのGitインストールのドキュメントパスになります。

http.proxy

Override the HTTP proxy, normally configured using the http_proxy, https_proxy, and all_proxy environment variables (see curl(1)). In addition to the syntax understood by curl, it is possible to specify a proxy string with a user name but no password, in which case git will attempt to acquire one in the same way it does for other credentials. See gitcredentials[7] for more information. The syntax thus is [protocol://][user[:password]@]proxyhost[:port]. This can be overridden on a per-remote basis; see remote.<name>.proxyHTTPプロキシを上書きします。通常はhttp_proxyhttps_proxy、およびall_proxy環境変数を使用して設定します(を参照curl(1))。curlによって理解される構文に加えて、ユーザー名でパスワードなしのプロキシ文字列を指定することが可能です。その場合、gitは他の資格情報と同じ方法で取得しようとします。詳しくはgitcredentials [7]を見てください。したがって、構文は[protocol://] [user [:password] @] proxyhost [:port]です。これはリモートごとに上書きすることができます。remoteを参照してください。<name> .proxy

http.proxyAuthMethod

Set the method with which to authenticate against the HTTP proxy. This only takes effect if the configured proxy string contains a user name part (i.e. is of the form user@host or user@host:port). This can be overridden on a per-remote basis; see remote.<name>.proxyAuthMethod. Both can be overridden by the GIT_HTTP_PROXY_AUTHMETHOD environment variable. Possible values are:HTTPプロキシに対して認証する方法を設定します。これは、設定されたプロキシ文字列がユーザ名の部分を含む場合にのみ有効になります(つまり、user @ hostまたはuser @ host:portの形式です)。これはリモートごとに上書きすることができます。見てくださいremote.<name>.proxyAuthMethod。どちらもGIT_HTTP_PROXY_AUTHMETHOD環境変数で上書きできます。可能な値は次のとおりです。

  • anyauth - Automatically pick a suitable authentication method. It is assumed that the proxy answers an unauthenticated request with a 407 status code and one or more Proxy-authenticate headers with supported authentication methods. This is the default.anyauth - 適切な認証方法を自動的に選択します。プロキシは、407のステータスコードと、サポートされている認証方法を使用した1つ以上のProxy-authenticateヘッダーを使用して、認証されていない要求に応答すると想定されています。これがデフォルトです。

  • basic - HTTP Basic authenticationbasic - HTTP基本認証

  • digest - HTTP Digest authentication; this prevents the password from being transmitted to the proxy in clear textdigest - HTTPダイジェスト認証 これにより、パスワードがクリアテキストでプロキシに送信されるのを防ぎます。

  • negotiate - GSS-Negotiate authentication (compare the --negotiate option of curl(1))negotiate- GSSネゴシエート認証(--negotiateオプションの比較curl(1)

  • ntlm - NTLM authentication (compare the --ntlm option of curl(1))ntlm- NTLM認証(の--ntlmオプションを比較curl(1)

http.emptyAuth

Attempt authentication without seeking a username or password. This can be used to attempt GSS-Negotiate authentication without specifying a username in the URL, as libcurl normally requires a username for authentication.ユーザー名やパスワードを求めずに認証を試みます。libcurlは通常認証にユーザー名を必要とするため、これを使用してURLにユーザー名を指定せずにGSSネゴシエート認証を試みることができます。

http.delegation

Control GSSAPI credential delegation. The delegation is disabled by default in libcurl since version 7.21.7. Set parameter to tell the server what it is allowed to delegate when it comes to user credentials. Used with GSS/kerberos. Possible values are:GSSAPI資格情報の委任を制御します。バージョン7.21.7以降、libcurlでは委任がデフォルトで無効になっています。ユーザー資格情報に関して、サーバーに委任を許可する内容をサーバーに指示するためのパラメーターを設定します。GSS /ケルベロスと共に使用されます。可能な値は次のとおりです。

  • none - Don’t allow any delegation.none - 委任を許可しないでください。

  • policy - Delegates if and only if the OK-AS-DELEGATE flag is set in the Kerberos service ticket, which is a matter of realm policy.policy - KerberosサービスチケットにOK-AS-DELEGATEフラグが設定されている場合にのみ委任します。これはレルムポリシーの問題です。

  • always - Unconditionally allow the server to delegate.always - 無条件でサーバーに委任を許可します。

http.extraHeader

Pass an additional HTTP header when communicating with a server. If more than one such entry exists, all of them are added as extra headers. To allow overriding the settings inherited from the system config, an empty value will reset the extra headers to the empty list.サーバーと通信するときに追加のHTTPヘッダーを渡します。そのようなエントリが複数存在する場合は、それらすべてが追加のヘッダとして追加されます。システム設定から継承された設定を上書きできるようにするために、空の値は余分なヘッダを空のリストにリセットします。

http.cookieFile

The pathname of a file containing previously stored cookie lines, which should be used in the Git http session, if they match the server. The file format of the file to read cookies from should be plain HTTP headers or the Netscape/Mozilla cookie file format (see curl(1)). NOTE that the file specified with http.cookieFile is used only as input unless http.saveCookies is set.以前に保存されたcookie行を含むファイルのパス名。これはGit httpセッションで使用されるべきもので、それらがサーバーと一致する場合に使用されます。クッキーを読み込むファイルのファイルフォーマットは、プレーンなHTTPヘッダかNetscape / Mozillaクッキーファイルフォーマットであるべきです(を見てくださいcurl(1))。http.coaveファイルで指定されたファイルは、http.saveCookiesが設定されていない限り、入力としてのみ使用されることに注意してください。

http.saveCookies

If set, store cookies received during requests to the file specified by http.cookieFile. Has no effect if http.cookieFile is unset.設定すると、リクエスト中に受け取ったクッキーをhttp.cookieFileで指定されたファイルに保存します。http.cookieFileが設定されていない場合は効果がありません。

http.version

Use the specified HTTP protocol version when communicating with a server. If you want to force the default. The available and default version depend on libcurl. Actually the possible values of this option are:サーバーと通信するときは、指定されたHTTPプロトコルバージョンを使用してください。デフォルトを強制したい場合。利用可能でデフォルトのバージョンはlibcurlに依存します。実際には、このオプションの可能な値は次のとおりです。

  • HTTP/2HTTP / 2

  • HTTP/1.1HTTP / 1.1

http.sslVersion

The SSL version to use when negotiating an SSL connection, if you want to force the default. The available and default version depend on whether libcurl was built against NSS or OpenSSL and the particular configuration of the crypto library in use. Internally this sets the CURLOPT_SSL_VERSION option; see the libcurl documentation for more details on the format of this option and for the ssl version supported. Actually the possible values of this option are:デフォルトを強制したい場合に、SSL接続をネゴシエートするときに使用するSSLバージョン。利用可能でデフォルトのバージョンは、libcurlがNSSとOpenSSLのどちらに対して構築されたか、および使用中の暗号ライブラリの特定の設定によって異なります。内部的にこれはCURLOPT_SSL_VERSIONオプションを設定します。このオプションの形式およびサポートされているsslバージョンの詳細については、libcurlの資料を参照してください。実際には、このオプションの可能な値は次のとおりです。

  • sslv2

  • sslv3

  • tlsv1

  • tlsv1.0

  • tlsv1.1

  • tlsv1.2

  • tlsv1.3

Can be overridden by the GIT_SSL_VERSION environment variable. To force git to use libcurl’s default ssl version and ignore any explicit http.sslversion option, set GIT_SSL_VERSION to the empty string.GIT_SSL_VERSION環境変数によってオーバーライドすることができます。gitにlibcurlのデフォルトのsslバージョンを使用さGIT_SSL_VERSIONせ、明示的なhttp.sslversionオプションを無視させるには、空の文字列に設定します。

http.sslCipherList

A list of SSL ciphers to use when negotiating an SSL connection. The available ciphers depend on whether libcurl was built against NSS or OpenSSL and the particular configuration of the crypto library in use. Internally this sets the CURLOPT_SSL_CIPHER_LIST option; see the libcurl documentation for more details on the format of this list.SSL接続をネゴシエートするときに使用するSSL暗号のリスト。利用可能な暗号は、libcurlがNSSまたはOpenSSLに対して構築されたかどうか、および使用中の暗号ライブラリの特定の設定によって異なります。内部的にこれはCURLOPT_SSL_CIPHER_LISTオプションを設定します。このリストのフォーマットの詳細についてはlibcurlのドキュメントを参照してください。

Can be overridden by the GIT_SSL_CIPHER_LIST environment variable. To force git to use libcurl’s default cipher list and ignore any explicit http.sslCipherList option, set GIT_SSL_CIPHER_LIST to the empty string.GIT_SSL_CIPHER_LIST環境変数によってオーバーライドすることができます。gitにlibcurlのデフォルトの暗号リストを強制的に使用さGIT_SSL_CIPHER_LISTせ、明示的なhttp.sslCipherListオプションを無視させるには、空の文字列に設定します。

http.sslVerify

Whether to verify the SSL certificate when fetching or pushing over HTTPS. Defaults to true. Can be overridden by the GIT_SSL_NO_VERIFY environment variable.HTTPSを取得またはプッシュオーバーするときにSSL証明書を検証するかどうか。デフォルトはtrueです。GIT_SSL_NO_VERIFY環境変数によってオーバーライドすることができます。

http.sslCert

File containing the SSL certificate when fetching or pushing over HTTPS. Can be overridden by the GIT_SSL_CERT environment variable.HTTPSを取得またはプッシュするときのSSL証明書を含むファイル。GIT_SSL_CERT環境変数によってオーバーライドすることができます。

http.sslKey

File containing the SSL private key when fetching or pushing over HTTPS. Can be overridden by the GIT_SSL_KEY environment variable.HTTPSを取得またはプッシュするときのSSL秘密鍵を含むファイル。GIT_SSL_KEY環境変数によってオーバーライドすることができます。

http.sslCertPasswordProtected

Enable Git’s password prompt for the SSL certificate. Otherwise OpenSSL will prompt the user, possibly many times, if the certificate or private key is encrypted. Can be overridden by the GIT_SSL_CERT_PASSWORD_PROTECTED environment variable.SSL証明書に対するGitのパスワードプロンプトを有効にします。それ以外の場合、証明書または秘密鍵が暗号化されていると、OpenSSLは何度もユーザーにプロンプ??トを表示します。GIT_SSL_CERT_PASSWORD_PROTECTED環境変数によってオーバーライドすることができます。

http.sslCAInfo

File containing the certificates to verify the peer with when fetching or pushing over HTTPS. Can be overridden by the GIT_SSL_CAINFO environment variable.HTTPSをフェッチまたはプッシュするときにピアを検証するための証明書を含むファイル。GIT_SSL_CAINFO環境変数によってオーバーライドすることができます。

http.sslCAPath

Path containing files with the CA certificates to verify the peer with when fetching or pushing over HTTPS. Can be overridden by the GIT_SSL_CAPATH environment variable.HTTPSをフェッチまたはプッシュするときにピアを検証するためのCA証明書を含むファイルを含むパス。GIT_SSL_CAPATH環境変数によってオーバーライドすることができます。

http.sslBackend

Name of the SSL backend to use (e.g. "openssl" or "schannel"). This option is ignored if cURL lacks support for choosing the SSL backend at runtime.使用するSSLバックエンドの名前( "openssl"や "schannel"など)。実行時にcURLがSSLバックエンドの選択をサポートしていない場合、このオプションは無視されます。

http.schannelCheckRevoke

Used to enforce or disable certificate revocation checks in cURL when http.sslBackend is set to "schannel". Defaults to true if unset. Only necessary to disable this if Git consistently errors and the message is about checking the revocation status of a certificate. This option is ignored if cURL lacks support for setting the relevant SSL option at runtime.http.sslBackendが "schannel"に設定されている場合に、cURLで証明書失効チェックを実施または無効にするために使用されます。設定しtrueない場合のデフォルトはになります。Gitが一貫してエラーを起こし、メッセージが証明書の失効ステータスの確認に関するものである場合にのみこれを無効にするために必要です。実行時にcURLが関連SSLオプションの設定をサポートしていない場合、このオプションは無視されます。

http.schannelUseSSLCAInfo

As of cURL v7.60.0, the Secure Channel backend can use the certificate bundle provided via http.sslCAInfo, but that would override the Windows Certificate Store. Since this is not desirable by default, Git will tell cURL not to use that bundle by default when the schannel backend was configured via http.sslBackend, unless http.schannelUseSSLCAInfo overrides this behavior.cURL v7.60.0以降、Secure Channelバックエンドはで提供される証明書バンドルを使用できますhttp.sslCAInfoが、それがWindowsの証明書ストアを上書きします。これはデフォルトでは望ましくないので、この振る舞いを上書きしない限り、Gitはschannelバックエンドが経由して設定されたときにデフォルトでそのバンドルを使用しないようにcURLに伝えます。http.sslBackendhttp.schannelUseSSLCAInfo

http.pinnedpubkey

Public key of the https service. It may either be the filename of a PEM or DER encoded public key file or a string starting with sha256// followed by the base64 encoded sha256 hash of the public key. See also libcurl CURLOPT_PINNEDPUBLICKEY. git will exit with an error if this option is set but not supported by cURL.httpsサービスの公開鍵 PEMまたはDERでエンコードされた公開鍵ファイルのファイル名、またはsha256 //で始まる公開鍵のbase64でエンコードされたsha256ハッシュのいずれかの文字列です。libcurl CURLOPT_PINNEDPUBLICKEYも参照してください。このオプションが設定されているがcURLによってサポートされていない場合、gitはエラーで終了します。

http.sslTry http.ssl

Attempt to use AUTH SSL/TLS and encrypted data transfers when connecting via regular FTP protocol. This might be needed if the FTP server requires it for security reasons or you wish to connect securely whenever remote FTP server supports it. Default is false since it might trigger certificate verification errors on misconfigured servers.通常のFTPプロトコルを介して接続するときに、AUTH SSL / TLSおよび暗号化データ転送の使用を試みます。セキュリティ上の理由からFTPサーバーがそれを要求している場合、またはリモートFTPサーバーがサポートしているときはいつでも安全に接続したい場合は、これが必要になることがあります。設定が誤っているサーバで証明書検証エラーが発生する可能性があるため、デフォルトはfalseです。

http.maxRequests

How many HTTP requests to launch in parallel. Can be overridden by the GIT_HTTP_MAX_REQUESTS environment variable. Default is 5.同時に起動するHTTPリクエストの数。GIT_HTTP_MAX_REQUESTS環境変数によってオーバーライドすることができます。デフォルトは5です。

http.minSessions

The number of curl sessions (counted across slots) to be kept across requests. They will not be ended with curl_easy_cleanup() until http_cleanup() is invoked. If USE_CURL_MULTI is not defined, this value will be capped at 1. Defaults to 1.リクエスト間で保持されるカールセッション(スロット間でカウント)の数。http_cleanup()が呼び出されるまで、それらはcurl_easy_cleanup()で終了しません。USE_CURL_MULTIが定義されていない場合、この値は1に制限されます。デフォルトは1です。

http.postBuffer

Maximum size in bytes of the buffer used by smart HTTP transports when POSTing data to the remote system. For requests larger than this buffer size, HTTP/1.1 and Transfer-Encoding: chunked is used to avoid creating a massive pack file locally. Default is 1 MiB, which is sufficient for most requests.リモートシステムにデータをPOSTするときにスマートHTTPトランスポートが使用するバッファの最大サイズ(バイト単位)。このバッファサイズよりも大きい要求に対しては、HTTP / 1.1とTransfer-Encoding:chunkedが大量のパックファイルをローカルに作成することを避けるために使用されます。デフォルトは1 MiBです。これは、ほとんどの要求に十分です。

http.lowSpeedLimit, http.lowSpeedTime http.lowSpeedLimit、http.lowSpeedTime

If the HTTP transfer speed is less than http.lowSpeedLimit for longer than http.lowSpeedTime seconds, the transfer is aborted. Can be overridden by the GIT_HTTP_LOW_SPEED_LIMIT and GIT_HTTP_LOW_SPEED_TIME environment variables.HTTP転送速度がhttp.lowSpeedTime秒より長くhttp.lowSpeedLimitを下回ると、転送は中断されます。と環境変数によって上書きすることができます。GIT_HTTP_LOW_SPEED_LIMITGIT_HTTP_LOW_SPEED_TIME

http.noEPSV

A boolean which disables using of EPSV ftp command by curl. This can helpful with some "poor" ftp servers which don’t support EPSV mode. Can be overridden by the GIT_CURL_FTP_NO_EPSV environment variable. Default is false (curl will use EPSV).curlによるEPSV ftpコマンドの使用を無効にするブール値。これは、EPSVモードをサポートしていないいくつかの「貧弱な」ftpサーバーに役立ちます。GIT_CURL_FTP_NO_EPSV環境変数によってオーバーライドすることができます。デフォルトはfalseです(curlはEPSVを使用します)。

http.userAgent

The HTTP USER_AGENT string presented to an HTTP server. The default value represents the version of the client Git such as git/1.7.1. This option allows you to override this value to a more common value such as Mozilla/4.0. This may be necessary, for instance, if connecting through a firewall that restricts HTTP connections to a set of common USER_AGENT strings (but not including those like git/1.7.1). Can be overridden by the GIT_HTTP_USER_AGENT environment variable.HTTPサーバーに提示されたHTTP USER_AGENTストリング。デフォルト値はgit / 1.7.1のようなクライアントGitのバージョンを表します。このオプションを使用すると、この値をMozilla / 4.0などのより一般的な値に上書きできます。これは、たとえばHTTP接続を一般的なUSER_AGENT文字列のセットに制限するファイアウォール経由で接続する場合に必要になることがあります(ただし、git / 1.7.1のようなものは含まれません)。GIT_HTTP_USER_AGENT環境変数によってオーバーライドすることができます。

http.followRedirects

Whether git should follow HTTP redirects. If set to true, git will transparently follow any redirect issued by a server it encounters. If set to false, git will treat all redirects as errors. If set to initial, git will follow redirects only for the initial request to a remote, but not for subsequent follow-up HTTP requests. Since git uses the redirected URL as the base for the follow-up requests, this is generally sufficient. The default is initial.gitがHTTPリダイレクトに従うべきかどうか。これを設定するとtrue、gitは遭遇したサーバーによって発行されたリダイレクトを透過的にたどります。に設定するとfalse、gitはすべてのリダイレクトをエラーとして扱います。に設定されている場合initial、gitはリモートへの最初のリクエストに対してのみリダイレクトを行いますが、その後のフォローアップHTTPリクエストに対してはリダイレクトしません。gitはフォローアップリクエストのベースとしてリダイレクトされたURLを使用するので、これで十分です。デフォルトはinitialです。

http.<url>.* http。<url>。*

Any of the http.* options above can be applied selectively to some URLs. For a config key to match a URL, each element of the config key is compared to that of the URL, in the following order:上記のhttp。*オプションはすべて、一部のURLに選択的に適用できます。設定キーがURLと一致するように、設定キーの各要素が次の順序でURLの要素と比較されます。

  1. Scheme (e.g., https in https://example.com/). This field must match exactly between the config key and the URL.スキーム(例:httpsin https://example.com/)このフィールドは設定キーとURLの間で正確に一致しなければなりません。

  2. Host/domain name (e.g., example.com in https://example.com/). This field must match between the config key and the URL. It is possible to specify a * as part of the host name to match all subdomains at this level. https://*.example.com/ for example would match https://foo.example.com/, but not https://foo.bar.example.com/.ホスト/ドメイン名(例:example.comin https://example.com/)このフィールドは設定キーとURLの間で一致する必要があります。*このレベルのすべてのサブドメインに一致するように、ホスト名の一部としてaを指定することは可能です。https://*.example.com/たとえばhttps://foo.example.com/、一致しますが、一致しませんhttps://foo.bar.example.com/

  3. Port number (e.g., 8080 in http://example.com:8080/). This field must match exactly between the config key and the URL. Omitted port numbers are automatically converted to the correct default for the scheme before matching.ポート番号(例:8080in http://example.com:8080/)このフィールドは設定キーとURLの間で正確に一致しなければなりません。省略されたポート番号は、照合前に自動的にスキームの正しいデフォルトに変換されます。

  4. Path (e.g., repo.git in https://example.com/repo.git). The path field of the config key must match the path field of the URL either exactly or as a prefix of slash-delimited path elements. This means a config key with path foo/ matches URL path foo/bar. A prefix can only match on a slash (/) boundary. Longer matches take precedence (so a config key with path foo/bar is a better match to URL path foo/bar than a config key with just path foo/).パス(例:repo.gitin https://example.com/repo.git)設定キーのパスフィールドは、URLのパスフィールドと完全に一致するか、またはスラッシュ区切りのパス要素のプレフィックスとして一致する必要があります。これは、パスを持つ設定キーがfoo/URLパスと一致することを意味しますfoo/bar。接頭辞はslash(/)境界でのみ一致できます。長い一致が優先されます(したがって、パスを含む設定キーfoo/barは、パスのみfoo/barを含む設定キーよりもURLパスに適していますfoo/)。

  5. User name (e.g., user in https://user@example.com/repo.git). If the config key has a user name it must match the user name in the URL exactly. If the config key does not have a user name, that config key will match a URL with any user name (including none), but at a lower precedence than a config key with a user name.ユーザー名(例:userin https://user@example.com/repo.git)設定キーにユーザ名がある場合は、URLのユーザ名と正確に一致する必要があります。設定キーにユーザ名がない場合、その設定キーは任意のユーザ名(なしを含む)のURLと一致しますが、ユーザ名のある設定キーよりも優先順位が低くなります。

The list above is ordered by decreasing precedence; a URL that matches a config key’s path is preferred to one that matches its user name. For example, if the URL is https://user@example.com/foo/bar a config key match of https://example.com/foo will be preferred over a config key match of https://user@example.com.上記のリストは優先順位が低い順になっています。設定キーのパスに一致するURLは、そのユーザー名に一致するURLよりも優先されます。たとえば、URLがhttps://user@example.com/foo/bar設定キーの一致の場合は、設定キーの一致のhttps://example.com/foo場合よりも優先されhttps://user@example.comます。

All URLs are normalized before attempting any matching (the password part, if embedded in the URL, is always ignored for matching purposes) so that equivalent URLs that are simply spelled differently will match properly. Environment variable settings always override any matches. The URLs that are matched against are those given directly to Git commands. This means any URLs visited as a result of a redirection do not participate in matching.すべてのURLはマッチングを試みる前に正規化されます(URLに埋め込まれている場合、パスワード部分はマッチングのために常に無視されます)。したがって、単純にスペルが異なる同等のURLは正しくマッチングされます。環境変数の設定は常に一致を上書きします。照合されるURLはGitコマンドに直接与えられたものです。これは、リダイレクトの結果として訪問されたURLが一致に参加しないことを意味します。

i18n.commitEncoding

Character encoding the commit messages are stored in; Git itself does not care per se, but this information is necessary e.g. when importing commits from emails or in the gitk graphical history browser (and possibly at other places in the future or in other porcelains). See e.g. git-mailinfo[1]. Defaults to utf-8.コミットメッセージをエンコードする文字はに格納されます。Git自体はそれ自体気にしませんが、この情報は、例えばEメールやgitkグラフィカル履歴ブラウザ(そして将来的には他の場所や他の磁器)からコミットをインポートするときに必要です。例えばgit-mailinfo [1]を見てください。デフォルトはutf-8です。

i18n.logOutputEncoding

Character encoding the commit messages are converted to when running git log and friends.コミットメッセージをエンコードする文字は、git logやその仲間を実行するときに変換されます

imap.folder

The folder to drop the mails into, which is typically the Drafts folder. For example: "INBOX.Drafts", "INBOX/Drafts" or "[Gmail]/Drafts". Required.メールをドロップするフォルダー。通常はDraftsフォルダーです。たとえば、 "INBOX.Drafts"、 "INBOX / Drafts"、 "[Gmail] / Drafts"などです。必須。

imap.tunnel

Command used to setup a tunnel to the IMAP server through which commands will be piped instead of using a direct network connection to the server. Required when imap.host is not set.サーバーへの直接ネットワーク接続を使用する代わりに、IMAPサーバーへのトンネルを確立するために使用されるコマンド。imap.hostが設定されていない場合は必須です。

imap.host

A URL identifying the server. Use an imap:// prefix for non-secure connections and an imaps:// prefix for secure connections. Ignored when imap.tunnel is set, but required otherwise.サーバーを識別するURL。imap://安全でない接続にはプレフィックスを使用し、安全な接続にはプレフィックスを使用しますimaps://。imap.tunnelが設定されている場合は無視されますが、それ以外の場合は必要です。

imap.user

The username to use when logging in to the server.サーバーにログインするときに使用するユーザー名。

imap.pass

The password to use when logging in to the server.サーバーにログインするときに使用するパスワード。

imap.port

An integer port number to connect to on the server. Defaults to 143 for imap:// hosts and 993 for imaps:// hosts. Ignored when imap.tunnel is set.サーバー上で接続する整数のポート番号。imap://ホストのデフォルトは143、imaps://ホストのデフォルトは993です。imap.tunnelが設定されているときは無視されます。

imap.sslverify

A boolean to enable/disable verification of the server certificate used by the SSL/TLS connection. Default is true. Ignored when imap.tunnel is set.SSL / TLS接続で使用されるサーバー証明書の検証を有効または無効にするためのブール値。デフォルトはtrueです。imap.tunnelが設定されているときは無視されます。

imap.preformattedHTML

A boolean to enable/disable the use of html encoding when sending a patch. An html encoded patch will be bracketed with <pre> and have a content type of text/html. Ironically, enabling this option causes Thunderbird to send the patch as a plain/text, format=fixed email. Default is false.パッチを送信するときにHTMLエンコードの使用を有効または無効にするためのブール値。htmlでエンコードされたパッチは<pre>で囲まれ、text / htmlのコンテンツタイプを持ちます。皮肉なことに、このオプションを有効にするとThunderbirdはパッチを平文/テキスト、format = fixed emailとして送信します。デフォルトはfalseです。

imap.authMethod

Specify authenticate method for authentication with IMAP server. If Git was built with the NO_CURL option, or if your curl version is older than 7.34.0, or if you’re running git-imap-send with the --no-curl option, the only supported method is CRAM-MD5. If this is not set then git imap-send uses the basic IMAP plaintext LOGIN command.IMAPサーバとの認証方法を指定します。GitがNO_CURLオプションを指定してビルドされた場合、または使用しているcurlのバージョンが7.34.0より古い場合、またはこの--no-curlオプションを指定してgit-imap-sendを実行している場合、サポートされる方法はCRAM-MD5だけです。これが設定されていない場合、git imap-sendは基本的なIMAPプレーンテキストのLOGINコマンドを使用します。

index.recordEndOfIndexEntries

Specifies whether the index file should include an "End Of Index Entry" section. This reduces index load time on multiprocessor machines but produces a message "ignoring EOIE extension" when reading the index using Git versions before 2.20. Defaults to true if index.threads has been explicitly enabled, false otherwise.索引ファイルに「索引項目の終わり」セクションを含めるかどうかを指定します。これにより、マルチプロセッサマシンでのインデックスロード時間が短縮されますが、2.20より前のGitバージョンを使用してインデックスを読み込むときに「ignoring EOIE extension」というメッセージが表示されます。index.threadsが明示的に有効になっている場合はデフォルトのtrueに、それ以外の場合はfalseになります。

index.recordOffsetTable

Specifies whether the index file should include an "Index Entry Offset Table" section. This reduces index load time on multiprocessor machines but produces a message "ignoring IEOT extension" when reading the index using Git versions before 2.20. Defaults to true if index.threads has been explicitly enabled, false otherwise.インデックスファイルに「Index Entry Offset Table」セクションを含めるかどうかを指定します。これにより、マルチプロセッサマシンでのインデックスロード時間が短縮されますが、2.20より前のGitバージョンを使用してインデックスを読み取るときに「ignoring IEOT extension」というメッセージが表示されます。index.threadsが明示的に有効になっている場合はデフォルトのtrueに、それ以外の場合はfalseになります。

index.threads

Specifies the number of threads to spawn when loading the index. This is meant to reduce index load time on multiprocessor machines. Specifying 0 or true will cause Git to auto-detect the number of CPU’s and set the number of threads accordingly. Specifying 1 or false will disable multithreading. Defaults to true.インデックスをロードするときに生成するスレッドの数を指定します。これは、マルチプロセッサマシンでのインデックスロード時間を短縮するためのものです。0またはtrueを指定すると、GitはCPUの数を自動検出し、それに応じてスレッドの数を設定します。1またはfalseを指定すると、マルチスレッドが無効になります。デフォルトはtrueです。

index.version

Specify the version with which new index files should be initialized. This does not affect existing repositories.新しいインデックスファイルを初期化するバージョンを指定します。これは既存のリポジトリには影響しません。

init.templateDir

Specify the directory from which templates will be copied. (See the "TEMPLATE DIRECTORY" section of git-init[1].)テンプレートをコピーするディレクトリを指定します。(git-init [1]の "TEMPLATE DIRECTORY"セクションを参照してください。)

instaweb.browser

Specify the program that will be used to browse your working repository in gitweb. See git-instaweb[1].gitwebで作業リポジトリを閲覧するために使用されるプログラムを指定します。git-instaweb [1]を参照してください。

instaweb.httpd

The HTTP daemon command-line to start gitweb on your working repository. See git-instaweb[1].作業リポジトリでgitwebを起動するためのHTTPデーモンのコマンドライン。git-instaweb [1]を参照してください。

instaweb.local

If true the web server started by git-instaweb[1] will be bound to the local IP (127.0.0.1).trueの場合、git-instaweb [1]によって起動されたWebサーバーはローカルIP(127.0.0.1)にバインドされます。

instaweb.modulePath

The default module path for git-instaweb[1] to use instead of /usr/lib/apache2/modules. Only used if httpd is Apache./ usr / lib / apache2 / modulesの代わりに使用するgit-instaweb [1]のデフォルトのモジュールパス。httpdがApacheの場合にのみ使用されます。

instaweb.port

The port number to bind the gitweb httpd to. See git-instaweb[1].gitweb httpdをバインドするポート番号。git-instaweb [1]を参照してください。

interactive.singleKey

In interactive commands, allow the user to provide one-letter input with a single key (i.e., without hitting enter). Currently this is used by the --patch mode of git-add[1], git-checkout[1], git-commit[1], git-reset[1], and git-stash[1]. Note that this setting is silently ignored if portable keystroke input is not available; requires the Perl module Term::ReadKey.対話式コマンドでは、ユーザーが単一のキーで1文字の入力を提供できるようにします(つまり、Enterキーを押すことなく)。現在これはgit-add [1]git-checkout [1]git-commit [1]git-reset [1]、およびgit-stash [1]--patchモードで使用されています。ポータブルキー入力が利用できない場合、この設定は暗黙のうちに無視されることに注意してください。PerlモジュールTerm :: ReadKeyが必要です。

interactive.diffFilter

When an interactive command (such as git add --patch) shows a colorized diff, git will pipe the diff through the shell command defined by this configuration variable. The command may mark up the diff further for human consumption, provided that it retains a one-to-one correspondence with the lines in the original diff. Defaults to disabled (no filtering).対話的なコマンド(などgit add --patch)が色付けされた差分を表示するとき、gitはこの構成変数によって定義されたシェルコマンドを通して差分をパイプ処理します。このコマンドは、元のdiffの行と1対1の対応関係が保たれていれば、さらにdiffを人間が消費できるようにマークアップすることができます。デフォルトは無効(フィルタリングなし)です。

log.abbrevCommit

If true, makes git-log[1], git-show[1], and git-whatchanged[1] assume --abbrev-commit. You may override this option with --no-abbrev-commit.trueの場合、git-log [1]git-show [1]、およびgit-whatchanged [1]になり--abbrev-commitます。このオプションをで上書きすることができます--no-abbrev-commit

log.date

Set the default date-time mode for the log command. Setting a value for log.date is similar to using git log's --date option. See git-log[1] for details.logコマンドのデフォルトの日時モードを設定します。log.dateに値を設定することは、git log--dateオプションを使用することに似ています。詳細はgit-log [1]を見てください。

log.decorate

Print out the ref names of any commits that are shown by the log command. If short is specified, the ref name prefixes refs/heads/, refs/tags/ and refs/remotes/ will not be printed. If full is specified, the full ref name (including prefix) will be printed. If auto is specified, then if the output is going to a terminal, the ref names are shown as if short were given, otherwise no ref names are shown. This is the same as the --decorate option of the git log.logコマンドで表示されたコミットの参照名を表示します。場合は短いが指定され、REF名前が接頭辞レフリー/ヘッド/レフリー/タグ/及びレフリー/リモコンを/印刷されません。fullが指定されている場合は、完全な参照名(プレフィックスを含む)が印刷されます。場合はautoが指定されている出力が端末に起こっている場合、参照名が示されているかのように、その後、短いが与えられた、そうでなければ参照名が表示されません。これはの--decorateオプションと同じgit logです。

log.follow

If true, git log will act as if the --follow option was used when a single <path> is given. This has the same limitations as --follow, i.e. it cannot be used to follow multiple files and does not work well on non-linear history.ifがtrue、単一の<path>が与えられたときにオプションが使用さgit logれたかのように動作し--followます。これには同じ制限--followがあります。つまり、複数のファイルを追跡するために使用することはできず、非線形履歴ではうまく機能しません。

log.graphColors

A list of colors, separated by commas, that can be used to draw history lines in git log --graph.履歴行を描画するために使用できる色のリスト。カンマで区切られていますgit log --graph

log.showRoot

If true, the initial commit will be shown as a big creation event. This is equivalent to a diff against an empty tree. Tools like git-log[1] or git-whatchanged[1], which normally hide the root commit will now show it. True by default.trueの場合、最初のコミットは大きな作成イベントとして表示されます。これは空のツリーに対する差分に相当します。通常ルートコミットを隠すgit-log [1]git-whatchanged [1]のようなツールが表示されます。デフォルトでは真です。

log.showSignature

If true, makes git-log[1], git-show[1], and git-whatchanged[1] assume --show-signature.trueの場合、git-log [1]git-show [1]、およびgit-whatchanged [1]になり--show-signatureます。

log.mailmap

If true, makes git-log[1], git-show[1], and git-whatchanged[1] assume --use-mailmap.trueの場合、git-log [1]git-show [1]、およびgit-whatchanged [1]になり--use-mailmapます。

mailinfo.scissors

If true, makes git-mailinfo[1] (and therefore git-am[1]) act by default as if the --scissors option was provided on the command-line. When active, this features removes everything from the message body before a scissors line (i.e. consisting mainly of ">8", "8<" and "-").trueの場合、git-mailinfo [1](したがってgit-am [1])を--scissorsオプションがコマンドラインで指定された場合と同じようにデフォルトで動作させます。アクティブになっていると、この機能ははさみ行の前のメッセージ本文からすべてを削除します(すなわち、主に "> 8"、 "8 <"、および " - "で構成されます)。

mailmap.file

The location of an augmenting mailmap file. The default mailmap, located in the root of the repository, is loaded first, then the mailmap file pointed to by this variable. The location of the mailmap file may be in a repository subdirectory, or somewhere outside of the repository itself. See git-shortlog[1] and git-blame[1].拡張メールマップファイルの場所。リポジトリのルートにあるデフォルトのメールマップが最初にロードされ、次にこの変数が指すメールマップファイルがロードされます。メールマップファイルの場所は、リポジトリサブディレクトリ、またはリポジトリ自体の外のどこかにあります。git-shortlog [1]git-blame [1]を参照してください。

mailmap.blob

Like mailmap.file, but consider the value as a reference to a blob in the repository. If both mailmap.file and mailmap.blob are given, both are parsed, with entries from mailmap.file taking precedence. In a bare repository, this defaults to HEAD:.mailmap. In a non-bare repository, it defaults to empty.同じmailmap.fileですが、値をリポジトリ内のBLOBへの参照と見なします。both mailmap.filemailmap.blobが与えられた場合、両方が解析され、エントリmailmap.fileが優先されません。裸のリポジトリでは、これはにデフォルト設定されHEAD:.mailmapます。ベア以外のリポジトリでは、デフォルトは空です。

man.viewer

Specify the programs that may be used to display help in the man format. See git-help[1].man形式でヘルプを表示するために使用できるプログラムを指定してください。git-help [1]を参照してください。

man.<tool>.cmd 男。<tool> .cmd

Specify the command to invoke the specified man viewer. The specified command is evaluated in shell with the man page passed as argument. (See git-help[1].)指定されたmanビューアーを呼び出すためのコマンドを指定してください。指定されたコマンドは、manページを引数として渡されてシェル内で評価されます。(git-help [1]を見てください。)

man.<tool>.path man。<tool> .path

Override the path for the given tool that may be used to display help in the man format. See git-help[1].man形式でヘルプを表示するために使用される可能性のある特定のツールのパスを上書きします。git-help [1]を参照してください。

merge.conflictStyle

Specify the style in which conflicted hunks are written out to working tree files upon merge. The default is "merge", which shows a <<<<<<< conflict marker, changes made by one side, a ======= marker, changes made by the other side, and then a >>>>>>> marker. An alternate style, "diff3", adds a ||||||| marker and the original text before the ======= marker.マージ時に競合するハンクが作業ツリーファイルに書き出されるスタイルを指定します。デフォルトは "merge"で、<<<<<<<競合マーカー、一方の側による変更、=======マーカー、もう一方の側による変更、そして>>>>>>>マーカーが表示されます。代替スタイル "diff3"は、|||||||マーカーと=======マーカーの前に元のテキストを追加します。

merge.defaultToUpstream

If merge is called without any commit argument, merge the upstream branches configured for the current branch by using their last observed values stored in their remote-tracking branches. The values of the branch.<current branch>.merge that name the branches at the remote named by branch.<current branch>.remote are consulted, and then they are mapped via remote.<remote>.fetch to their corresponding remote-tracking branches, and the tips of these tracking branches are merged.commit引数なしでmergeが呼び出された場合は、現在のブランチ用に設定されているアップストリームブランチを、リモートトラッキングブランチに格納されている最後の観測値を使用してマージします。でbranch.<current branch>.merge指名されたリモートのブランチのその名前の値branch.<current branch>.remoteが調べられ、それからそれらはremote.<remote>.fetch対応するリモートトラッキングブランチにマッピングされ、これらのトラッキングブランチのチップはマージされます。

merge.ff

By default, Git does not create an extra merge commit when merging a commit that is a descendant of the current commit. Instead, the tip of the current branch is fast-forwarded. When set to false, this variable tells Git to create an extra merge commit in such a case (equivalent to giving the --no-ff option from the command line). When set to only, only such fast-forward merges are allowed (equivalent to giving the --ff-only option from the command line).デフォルトでは、Gitは現在のコミットの子孫であるコミットをマージするときに追加のマージコミットを作成しません。代わりに、現在のブランチの先端は早送りされます。に設定するとfalse、この変数はそのような場合に追加のコミットコミットを作成するようにGitに指示します(--no-ffコマンドラインからオプションを与えるのと同じです)。に設定するとonly、そのような早送りマージのみが許可されます(--ff-onlyコマンドラインからオプションを指定するのと同じ)。

merge.verifySignatures

If true, this is equivalent to the --verify-signatures command line option. See git-merge[1] for details.trueの場合、これは--verify-signaturesコマンドラインオプションと同じです。詳細はgit-merge [1]を見てください。

merge.branchdesc

In addition to branch names, populate the log message with the branch description text associated with them. Defaults to false.ブランチ名に加えて、それらに関連付けられたブランチの説明テキストをログメッセージに入力します。デフォルトはfalseです。

merge.log

In addition to branch names, populate the log message with at most the specified number of one-line descriptions from the actual commits that are being merged. Defaults to false, and true is a synonym for 20.ブランチ名に加えて、マージされている実際のコミットから最大で指定された数の1行の記述をログメッセージに入れます。デフォルトはfalseで、trueは20の同義語です。

merge.renameLimit

The number of files to consider when performing rename detection during a merge; if not specified, defaults to the value of diff.renameLimit. This setting has no effect if rename detection is turned off.マージ中に名前変更検出を実行するときに考慮するファイルの数。指定しない場合、デフォルトはdiff.renameLimitの値になります。名前変更検出がオフになっている場合、この設定は効果がありません。

merge.renames

Whether and how Git detects renames. If set to "false", rename detection is disabled. If set to "true", basic rename detection is enabled. Defaults to the value of diff.renames.Gitが名前の変更を検出するかどうかとその方法。"false"に設定すると、名前変更検出は無効になります。"true"に設定すると、基本的な名前変更検出が有効になります。デフォルトはdiff.renamesの値です。

merge.renormalize

Tell Git that canonical representation of files in the repository has changed over time (e.g. earlier commits record text files with CRLF line endings, but recent ones use LF line endings). In such a repository, Git can convert the data recorded in commits to a canonical form before performing a merge to reduce unnecessary conflicts. For more information, see section "Merging branches with differing checkin/checkout attributes" in gitattributes[5].リポジトリ内のファイルの正規表現が時間の経過とともに変化したことをGitに伝えます(例えば、以前のコミットはCRLF行末を持つテキストファイルを記録しましたが、最近のコミットはLF行末を使います)。そのようなリポジトリでは、Gitはマージを実行する前にコミットに記録されたデータを正規の形式に変換して不要な競合を減らすことができます。詳細については、gitattributes [5]の「異なるチェックイン/チェックアウト属性を持つブランチのマージ」節を参照してください。

merge.stat

Whether to print the diffstat between ORIG_HEAD and the merge result at the end of the merge. True by default.マージの最後にORIG_HEADとマージ結果の間のdiffstatを印刷するかどうか。デフォルトでは真です。

merge.tool

Controls which merge tool is used by git-mergetool[1]. The list below shows the valid built-in values. Any other value is treated as a custom merge tool and requires that a corresponding mergetool.<tool>.cmd variable is defined.git-mergetool [1]によって使用されるマージツールを制御します。以下のリストは有効な組み込み値を示しています。その他の値はカスタムマージツールとして扱われ、対応するmergetool。<tool> .cmd変数が定義されている必要があります。

merge.guitool

Controls which merge tool is used by git-mergetool[1] when the -g/--gui flag is specified. The list below shows the valid built-in values. Any other value is treated as a custom merge tool and requires that a corresponding mergetool.<guitool>.cmd variable is defined.-g / - guiフラグが指定されているときに、どのマージツールがgit-mergetool [1]によって使用されるかを制御します。以下のリストは有効な組み込み値を示しています。その他の値はカスタムマージツールとして扱われ、対応するmergetool。<guitool> .cmd変数が定義されている必要があります。

  • araxisアラクシス

  • bc紀元前

  • bc3BC3

  • codecompareコード比較

  • deltawalkerデルタウォーカー

  • diffmerge拡散する

  • diffuse拡散する

  • ecmergeエマージ

  • emerge出現する

  • examdiffExdiff

  • guiffyギフイ

  • gvimdiff

  • gvimdiff2

  • gvimdiff3

  • kdiff3

  • meld溶ける

  • opendiffOpenndiff

  • p4merge

  • tkdiff

  • tortoisemergeべっ甲

  • vimdiffビムディフ

  • vimdiff2

  • vimdiff3

  • winmerge勝ち

  • xxdiff

merge.verbosity

Controls the amount of output shown by the recursive merge strategy. Level 0 outputs nothing except a final error message if conflicts were detected. Level 1 outputs only conflicts, 2 outputs conflicts and file changes. Level 5 and above outputs debugging information. The default is level 2. Can be overridden by the GIT_MERGE_VERBOSITY environment variable.再帰的マージ戦略によって表示される出力の量を制御します。競合が検出された場合、レベル0は最後のエラーメッセージ以外は何も出力しません。レベル1は競合のみを出力し、2は競合とファイル変更を出力します。レベル5以上はデバッグ情報を出力します。デフォルトはレベル2 GIT_MERGE_VERBOSITYです。環境変数によってオーバーライドすることができます。

merge.<driver>.name マージします。

Defines a human-readable name for a custom low-level merge driver. See gitattributes[5] for details.カスタムの低レベルのマージドライバのための人間が読める名前を定義します。詳細はgitattributes [5]を見てください。

merge.<driver>.driver マージします。<driver> .driver

Defines the command that implements a custom low-level merge driver. See gitattributes[5] for details.カスタムの低レベルマージドライバを実装するコマンドを定義します。詳細はgitattributes [5]を見てください。

merge.<driver>.recursive マージします。

Names a low-level merge driver to be used when performing an internal merge between common ancestors. See gitattributes[5] for details.共通の先祖間で内部マージを実行するときに使用される低レベルのマージドライバを指定します。詳細はgitattributes [5]を見てください。

mergetool.<tool>.path mergetool。<tool> .path

Override the path for the given tool. This is useful in case your tool is not in the PATH.与えられたツールのパスを上書きします。あなたのツールがPATHにない場合、これは役に立ちます。

mergetool.<tool>.cmd mergetool。<tool> .cmd

Specify the command to invoke the specified merge tool. The specified command is evaluated in shell with the following variables available: BASE is the name of a temporary file containing the common base of the files to be merged, if available; LOCAL is the name of a temporary file containing the contents of the file on the current branch; REMOTE is the name of a temporary file containing the contents of the file from the branch being merged; MERGED contains the name of the file to which the merge tool should write the results of a successful merge.指定したマージツールを呼び出すためのコマンドを指定します。指定されたコマンドは、使用可能な以下の変数を使用してシェル内で評価されます。BASEは、使用可能であれば、マージするファイルの共通ベースを含む一時ファイルの名前です。LOCALは、現在のブランチ上のファイルの内容を含む一時ファイルの名前です。REMOTEは、マージされているブランチからのファイルの内容を含む一時ファイルの名前です。MERGEDは、マージツールが正常なマージの結果を書き込むファイルの名前を含みます。

mergetool.<tool>.trustExitCode mergetool。<tool> .trustExitCode

For a custom merge command, specify whether the exit code of the merge command can be used to determine whether the merge was successful. If this is not set to true then the merge target file timestamp is checked and the merge assumed to have been successful if the file has been updated, otherwise the user is prompted to indicate the success of the merge.カスタムマージコマンドの場合は、マージが成功したかどうかを判断するためにmergeコマンドの終了コードを使用できるかどうかを指定します。これがtrueに設定されていない場合、マージターゲットファイルのタイムスタンプがチェックされ、ファイルが更新されていればマージは成功したと見なされます。それ以外の場合、ユーザーはマージの成功を示すよう求められます。

mergetool.meld.hasOutput

Older versions of meld do not support the --output option. Git will attempt to detect whether meld supports --output by inspecting the output of meld --help. Configuring mergetool.meld.hasOutput will make Git skip these checks and use the configured value instead. Setting mergetool.meld.hasOutput to true tells Git to unconditionally use the --output option, and false avoids using --output.の古いバージョンはmeldこの--outputオプションをサポートしていません。Gitはの出力を調べてmeldサポート--outputしているかどうかを検出しようとしますmeld --help。設定mergetool.meld.hasOutputすることで、Gitはこれらのチェックをスキップし、代わりに設定された値を使用します。設定mergetool.meld.hasOutputするには、true無条件に使用するのGitを伝える--outputオプションを、そしてfalse使用して回避します--output

mergetool.keepBackup

After performing a merge, the original file with conflict markers can be saved as a file with a .orig extension. If this variable is set to false then this file is not preserved. Defaults to true (i.e. keep the backup files).マージを実行した後、競合マーカーを含む元のファイルを.orig拡張子付きのファイルとして保存できます。この変数がに設定されているfalse場合、このファイルは保存されません。デフォルト値はtrue(バックアップファイルを保存する)です。

mergetool.keepTemporaries

When invoking a custom merge tool, Git uses a set of temporary files to pass to the tool. If the tool returns an error and this variable is set to true, then these temporary files will be preserved, otherwise they will be removed after the tool has exited. Defaults to false.カスタムマージツールを起動すると、Gitはツールに渡すために一時ファイルのセットを使用します。ツールがエラーを返し、この変数がに設定されているtrue場合、これらの一時ファイルは保持されます。それ以外の場合、ツールが終了した後に削除されます。デフォルトはfalseです。

mergetool.writeToTemp

Git writes temporary BASE, LOCAL, and REMOTE versions of conflicting files in the worktree by default. Git will attempt to use a temporary directory for these files when set true. Defaults to false.デフォルトでは、Gitはワークツリーに競合するファイルの一時的なBASELOCAL、およびREMOTEバージョンを書き込みます。Gitは、設定時にこれらのファイル用の一時ディレクトリを使用しようとしますtrue。デフォルトはfalseです。

mergetool.prompt

Prompt before each invocation of the merge resolution program.マージ解決プログラムを呼び出すたびにプロンプ??トを出します。

notes.mergeStrategy

Which merge strategy to choose by default when resolving notes conflicts. Must be one of manual, ours, theirs, union, or cat_sort_uniq. Defaults to manual. See "NOTES MERGE STRATEGIES" section of git-notes[1] for more information on each strategy.ノートの競合を解決するときにデフォルトで選択するマージ戦略。いずれかでなければなりませんmanualourstheirsunion、またはcat_sort_uniq。デフォルトはmanualです。各戦略の詳細については、git-notes [1]の「NOTES MERGE STRATEGIES」セクションを参照してください。

notes.<name>.mergeStrategy <name> .mergeStrategy

Which merge strategy to choose when doing a notes merge into refs/notes/<name>. This overrides the more general "notes.mergeStrategy". See the "NOTES MERGE STRATEGIES" section in git-notes[1] for more information on the available strategies.ノートをrefs / notes / <name>にマ??ージするときに選択するマージ戦略。これはより一般的な "notes.mergeStrategy"を上書きします。利用可能な戦略についての詳細はgit-notes [1]の "NOTES MERGE STRATEGIES"セクションを参照してください。

notes.displayRef

The (fully qualified) refname from which to show notes when showing commit messages. The value of this variable can be set to a glob, in which case notes from all matching refs will be shown. You may also specify this configuration variable several times. A warning will be issued for refs that do not exist, but a glob that does not match any refs is silently ignored.コミットメッセージを表示するときにメモを表示する元の(完全修飾)refname。この変数の値はグロブに設定することができ、その場合、一致するすべての参照からのメモが表示されます。この構成変数を複数回指定することもできます。存在しない参照に対しては警告が発行されますが、どの参照にも一致しないglobは暗黙のうちに無視されます。

This setting can be overridden with the GIT_NOTES_DISPLAY_REF environment variable, which must be a colon separated list of refs or globs.この設定はGIT_NOTES_DISPLAY_REF環境変数で上書きできます。環境変数はコロンで区切られたrefまたはglobのリストでなければなりません。

The effective value of "core.notesRef" (possibly overridden by GIT_NOTES_REF) is also implicitly added to the list of refs to be displayed."core.notesRef"の有効値(おそらくGIT_NOTES_REFによってオーバーライドされる)も、表示される参照のリストに暗黙的に追加されます。

notes.rewrite.<command> notes.rewrite。<コマンド>

When rewriting commits with <command> (currently amend or rebase) and this variable is set to true, Git automatically copies your notes from the original to the rewritten commit. Defaults to true, but see "notes.rewriteRef" below.コミットを<command>(現在はamendor rebase)で書き換えて、この変数がに設定されているtrue場合、Gitは自動的にあなたのメモをオリジナルのものから書き換えられたコミットにコピーします。デフォルトはtrueですが、下記の "notes.rewriteRef"を参照してください。

notes.rewriteMode

When copying notes during a rewrite (see the "notes.rewrite.<command>" option), determines what to do if the target commit already has a note. Must be one of overwrite, concatenate, cat_sort_uniq, or ignore. Defaults to concatenate.書き換え中にメモをコピーするとき(「notes.rewrite。<command>」オプションを参照)、ターゲットコミットに既にメモがある場合の対処方法を決定します。いずれかでなければなりませんoverwriteconcatenatecat_sort_uniq、またはignore。デフォルトはconcatenateです。

This setting can be overridden with the GIT_NOTES_REWRITE_MODE environment variable.この設定はGIT_NOTES_REWRITE_MODE環境変数で上書きできます。

notes.rewriteRef

When copying notes during a rewrite, specifies the (fully qualified) ref whose notes should be copied. The ref may be a glob, in which case notes in all matching refs will be copied. You may also specify this configuration several times.書き換え中にメモをコピーするときに、メモをコピーする(完全修飾)参照を指定します。refはグロブかもしれません。その場合、一致するすべてのrefのノートがコピーされます。この設定を複数回指定することもできます。

Does not have a default value; you must configure this variable to enable note rewriting. Set it to refs/notes/commits to enable rewriting for the default commit notes.デフォルト値はありません。メモ書き換えを有効にするには、この変数を設定する必要があります。に設定してrefs/notes/commits、デフォルトのコミットノートの書き換えを有効にします。

This setting can be overridden with the GIT_NOTES_REWRITE_REF environment variable, which must be a colon separated list of refs or globs.この設定はGIT_NOTES_REWRITE_REF環境変数で上書きできます。環境変数はコロンで区切られたrefまたはglobのリストでなければなりません。

pack.window

The size of the window used by git-pack-objects[1] when no window size is given on the command line. Defaults to 10.コマンドラインでウィンドウサイズが指定されていないときにgit-pack-objects [1]によって使用されるウィンドウのサイズ。デフォルトは10です。

pack.depth

The maximum delta depth used by git-pack-objects[1] when no maximum depth is given on the command line. Defaults to 50. Maximum value is 4095.コマンドラインで最大深度が指定されていない場合にgit-pack-objects [1]によって使用される最大デルタ深度。デフォルトは50です。最大値は4095です。

pack.windowMemory

The maximum size of memory that is consumed by each thread in git-pack-objects[1] for pack window memory when no limit is given on the command line. The value can be suffixed with "k", "m", or "g". When left unconfigured (or set explicitly to 0), there will be no limit.git-pack-objects [1]で各ウィンドウがパックウィンドウメモリ用に消費する最大メモリサイズ。コマンドラインで制限がない場合。値の末尾には、 "k"、 "m"、または "g"を付けることができます。未設定のまま(または明示的に0に設定)の場合、制限はありません。

pack.compression

An integer -1..9, indicating the compression level for objects in a pack file. -1 is the zlib default. 0 means no compression, and 1..9 are various speed/size tradeoffs, 9 being slowest. If not set, defaults to core.compression. If that is not set, defaults to -1, the zlib default, which is "a default compromise between speed and compression (currently equivalent to level 6)."パックファイル内のオブジェクトの圧縮レベルを示す整数-1..9。-1がzlibのデフォルトです。0は圧縮なしを意味し、1..9はさまざまな速度とサイズのトレードオフ、9は最も遅いです。設定されていない場合、デフォルトはcore.compressionになります。これが設定されていない場合、デフォルトの-1(zlibのデフォルト)が「速度と圧縮の間のデフォルトの妥協点(現在はレベル6と同等)」となっています。

Note that changing the compression level will not automatically recompress all existing objects. You can force recompression by passing the -F option to git-repack[1].圧縮レベルを変更しても、既存のすべてのオブジェクトが自動的に再圧縮されるわけではありません。git-repack [1]に -Fオプションを渡すことで再圧縮を強制することができます。

pack.island

An extended regular expression configuring a set of delta islands. See "DELTA ISLANDS" in git-pack-objects[1] for details.一連のデルタアイランドを構成する拡張正規表現。詳細はgit-pack-objects [1]の "DELTA ISLANDS" を参照してください。

pack.islandCore

Specify an island name which gets to have its objects be packed first. This creates a kind of pseudo-pack at the front of one pack, so that the objects from the specified island are hopefully faster to copy into any pack that should be served to a user requesting these objects. In practice this means that the island specified should likely correspond to what is the most commonly cloned in the repo. See also "DELTA ISLANDS" in git-pack-objects[1].そのオブジェクトが最初にパックされるようになる島の名前を指定してください。これにより、1つのパックの前面に一種の疑似パックが作成されるため、指定した島のオブジェクトを、これらのオブジェクトを要求しているユーザーに提供する必要のある任意のパックにすばやくコピーできます。実際には、これは指定された島がレポで最も一般的に複製されているものに対応するはずであることを意味します。git-pack-objects [1]の "DELTA ISLANDS"もご覧ください。

pack.deltaCacheSize

The maximum memory in bytes used for caching deltas in git-pack-objects[1] before writing them out to a pack. This cache is used to speed up the writing object phase by not having to recompute the final delta result once the best match for all objects is found. Repacking large repositories on machines which are tight with memory might be badly impacted by this though, especially if this cache pushes the system into swapping. A value of 0 means no limit. The smallest size of 1 byte may be used to virtually disable this cache. Defaults to 256 MiB.パックに書き込む前にgit-pack-objects [1]のデルタをキャッシュするために使用される最大メモリ(バイト単位)。このキャッシュは、いったんすべてのオブジェクトに対する最良の一致が見つかると、最終的なデルタ結果を再計算する必要がないようにして、書き込みオブジェクトフェーズをスピードアップするために使用されます。ただし、特にこのキャッシュによってシステムがスワップ状態になった場合は、メモリが不足しているマシンで大きなリポジトリを再パックすると悪影響を受ける可能性があります。値0は無制限を意味します。このキャッシュを実質的に無効にするために、最小サイズの1バイトを使用することができます。デフォルトは256 MiBです。

pack.deltaCacheLimit

The maximum size of a delta, that is cached in git-pack-objects[1]. This cache is used to speed up the writing object phase by not having to recompute the final delta result once the best match for all objects is found. Defaults to 1000. Maximum value is 65535.git-pack-objects [1]にキャッシュされているデルタの最大サイズ。このキャッシュは、いったんすべてのオブジェクトに対する最良の一致が見つかると、最終的なデルタ結果を再計算する必要がないようにして、書き込みオブジェクトフェーズをスピードアップするために使用されます。デフォルトは1000です。最大値は65535です。

pack.threads

Specifies the number of threads to spawn when searching for best delta matches. This requires that git-pack-objects[1] be compiled with pthreads otherwise this option is ignored with a warning. This is meant to reduce packing time on multiprocessor machines. The required amount of memory for the delta search window is however multiplied by the number of threads. Specifying 0 will cause Git to auto-detect the number of CPU’s and set the number of threads accordingly.最適なデルタマッチを検索するときに生成するスレッドの数を指定します。これはgit-pack-objects [1]がpthreadsでコンパイルされていることを必要とします。そうでなければこのオプションは警告で無視されます。これはマルチプロセッサマシンでのパッキング時間を短縮するためのものです。ただし、デルタ検索ウィンドウに必要なメモリ量にスレッド数が掛けられます。0を指定すると、GitはCPUの数を自動検出し、それに応じてスレッドの数を設定します。

pack.indexVersion

Specify the default pack index version. Valid values are 1 for legacy pack index used by Git versions prior to 1.5.2, and 2 for the new pack index with capabilities for packs larger than 4 GB as well as proper protection against the repacking of corrupted packs. Version 2 is the default. Note that version 2 is enforced and this config option ignored whenever the corresponding pack is larger than 2 GB.デフォルトのパックインデックスバージョンを指定します。有効な値は、1.5.2より前のGitバージョンで使用されていたレガシパックインデックスで1、4 GBを超えるパックの機能と破損したパックの再パックに対する適切な保護を備えた新しいパックインデックスで2です。バージョン2がデフォルトです。対応するパックが2 GBを超える場合は常にバージョン2が適用され、この構成オプションは無視されます。

If you have an old Git that does not understand the version 2 *.idx file, cloning or fetching over a non native protocol (e.g. "http") that will copy both *.pack file and corresponding *.idx file from the other side may give you a repository that cannot be accessed with your older version of Git. If the *.pack file is smaller than 2 GB, however, you can use git-index-pack[1] on the *.pack file to regenerate the *.idx file.あなたがバージョン2の*.idxファイルを理解しない古いGitを持っているならば、反対側から*.packファイルと対応する*.idxファイルの両方をコピーするであろう非ネイティブプロトコル(例えば "http")上のクローン作成または取得はあなたにアクセスできないリポジトリを与えるかもしれません古いバージョンのGitと一緒に。*.packただし、ファイルが2 GBより小さい場合は、*。packファイルでgit-index-pack [1]を使用してファイルを再生成*.idxできます。

pack.packSizeLimit

The maximum size of a pack. This setting only affects packing to a file when repacking, i.e. the git:// protocol is unaffected. It can be overridden by the --max-pack-size option of git-repack[1]. Reaching this limit results in the creation of multiple packfiles; which in turn prevents bitmaps from being created. The minimum size allowed is limited to 1 MiB. The default is unlimited. Common unit suffixes of k, m, or g are supported.パックの最大サイズ。この設定は、再パック時のファイルへのパッキングにのみ影響します。つまり、git://プロトコルは影響を受けません。これ--max-pack-sizegit-repack [1]のオプションで上書きすることができます。この制限に達すると、複数のパックファイルが作成されます。これにより、ビットマップが作成されなくなります。許容される最小サイズは1 MiBに制限されています。デフォルトは無制限です。km、またはgの共通単位接尾部がサポートされています。

pack.useBitmaps

When true, git will use pack bitmaps (if available) when packing to stdout (e.g., during the server side of a fetch). Defaults to true. You should not generally need to turn this off unless you are debugging pack bitmaps.trueの場合、gitは標準出力にパッキングするときに(利用可能であれば)パックビットマップを使用します(例えば、サーバー側のフェッチの間)。デフォルトはtrueです。あなたがパックビットマップをデバッグしているのでなければ、通常これをオフにする必要はないはずです。

pack.useSparse

When true, git will default to using the --sparse option in git pack-objects when the --revs option is present. This algorithm only walks trees that appear in paths that introduce new objects. This can have significant performance benefits when computing a pack to send a small change. However, it is possible that extra objects are added to the pack-file if the included commits contain certain types of direct renames.trueの場合、-- revsオプションが存在する場合、gitはデフォルトでgit pack-objects--sparseオプションを使用します。このアルゴリズムは新しいオブジェクトを導入するパスに現れる木だけを歩きます。これは、小さな変更を送信するためにパックを計算するときに、パフォーマンス上の大きな利点があります。ただし、含まれているコミットに特定のタイプの直接名前変更が含まれている場合は、余分なオブジェクトがパックファイルに追加される可能性があります。

pack.writeBitmaps (deprecated) pack.writeBitmaps(廃止予定)

This is a deprecated synonym for repack.writeBitmaps.これはの推奨されない同義語ですrepack.writeBitmaps

pack.writeBitmapHashCache

When true, git will include a "hash cache" section in the bitmap index (if one is written). This cache can be used to feed git’s delta heuristics, potentially leading to better deltas between bitmapped and non-bitmapped objects (e.g., when serving a fetch between an older, bitmapped pack and objects that have been pushed since the last gc). The downside is that it consumes 4 bytes per object of disk space, and that JGit’s bitmap implementation does not understand it, causing it to complain if Git and JGit are used on the same repository. Defaults to false.trueの場合、gitはビットマップインデックスに「ハッシュキャッシュ」セクションを含めます(書き込まれている場合)。このキャッシュはgitのデルタヒューリスティックをフィードするために使うことができ、ビットマップオブジェクトと非ビットマップオブジェクトの間のデルタを改善する可能性があります(例えば、古い、ビットマップパックと最後のgc以来プッシュされたオブジェクト間のフェッチを提供するとき)。欠点は、1オブジェクトあたり4バイトのディスク容量を消費することです。また、GitとJGitが同じリポジトリで使用されているとJGitのビットマップ実装では理解できないため、エラーが発生します。デフォルトはfalseです。

pager.<cmd> ポケットベル<cmd>

If the value is boolean, turns on or off pagination of the output of a particular Git subcommand when writing to a tty. Otherwise, turns on pagination for the subcommand using the pager specified by the value of pager.<cmd>. If --paginate or --no-pager is specified on the command line, it takes precedence over this option. To disable pagination for all commands, set core.pager or GIT_PAGER to cat.値がブール値の場合、ttyに書き込むときに特定のGitサブコマンドの出力のページ区切りをオンまたはオフにします。それ以外の場合は、の値で指定されたページャーを使用してサブコマンドのページ区切りをオンにしますpager.<cmd>--paginateまたは--no-pagerがコマンドラインで指定されている場合は、このオプションよりも優先されます。すべてのコマンドのページ区切りを無効にするには、core.pagerまたはGIT_PAGERに設定しcatます。

pretty.<name> <名前>

Alias for a --pretty= format string, as specified in git-log[1]. Any aliases defined here can be used just as the built-in pretty formats could. For example, running git config pretty.changelog "format:* %H %s" would cause the invocation git log --pretty=changelog to be equivalent to running git log "--pretty=format:* %H %s". Note that an alias with the same name as a built-in format will be silently ignored.git-log [1]で指定されている--pretty = format文字列のエイリアス。ここで定義されているエイリアスは、組み込みのきれいなフォーマットと同じように使用できます。例えば、実行git config pretty.changelog "format:* %H %s"すると、呼び出しgit log --pretty=changelogは実行と同等になりますgit log "--pretty=format:* %H %s"。組み込み形式と同じ名前の別名は黙って無視されることに注意してください。

protocol.allow

If set, provide a user defined default policy for all protocols which don’t explicitly have a policy (protocol.<name>.allow). By default, if unset, known-safe protocols (http, https, git, ssh, file) have a default policy of always, known-dangerous protocols (ext) have a default policy of never, and all other protocols have a default policy of user. Supported policies:設定されている場合、明示的にpolicy(protocol.<name>.allow)を持たないすべてのプロトコルに対してユーザ定義のデフォルトポリシーを提供します。デフォルトでは、設定されていない場合、既知の安全なプロトコル(http、https、git、ssh、file)のデフォルトポリシーはdefault always、危険なプロトコル(ext)のデフォルトポリシーnever、およびその他のすべてのプロトコルのデフォルトポリシーになりuserます。サポートされているポリシー:

  • always - protocol is always able to be used.always - プロトコルは常に使用できます。

  • never - protocol is never able to be used.never - プロトコルは使用できません。

  • user - protocol is only able to be used when GIT_PROTOCOL_FROM_USER is either unset or has a value of 1. This policy should be used when you want a protocol to be directly usable by the user but don’t want it used by commands which execute clone/fetch/push commands without user input, e.g. recursive submodule initialization.user- protocolはGIT_PROTOCOL_FROM_USER、設定されていないか、値が1の場合にのみ使用できます。このポリシーは、プロトコルをユーザーが直接使用できるようにしたいがclone / fetchを実行するコマンドでは使用したくない場合に使用します。ユーザー入力のない/ pushコマンド、例えば再帰的サブモジュールの初期化。

protocol.<name>.allow protocol。<名前> .allow

Set a policy to be used by protocol <name> with clone/fetch/push commands. See protocol.allow above for the available policies.<name>clone / fetch / pushコマンドでプロトコルで使用されるポリシーを設定します。protocol.allow利用可能なポリシーについては上記を参照してください。

The protocol names currently used by git are:現在gitが使用しているプロトコル名は以下のとおりです。

  • file: any local file-based path (including file:// URLs, or local paths)file:任意のローカルファイルベースのパス(file://URLまたはローカルパスを含む)

  • git: the anonymous git protocol over a direct TCP connection (or proxy, if configured)git:直接TCP接続(または設定されている場合はプロキシ)を介した匿名Gitプロトコル

  • ssh: git over ssh (including host:path syntax, ssh://, etc).ssh:ssh(host:path構文ssh://などを含む)をgitします。

  • http: git over http, both "smart http" and "dumb http". Note that this does not include https; if you want to configure both, you must do so individually.http:httpをgitし、 "smart http"と "dumb http"の両方を実行します。これには含まれていないことに注意してくださいhttps。両方を設定したい場合は、個別に設定する必要があります。

  • any external helpers are named by their protocol (e.g., use hg to allow the git-remote-hg helper)任意の外部ヘルパーはそれらのプロトコルによって命名されます(例えば、ヘルパーhgを許可するために使用git-remote-hg

protocol.version

Experimental. If set, clients will attempt to communicate with a server using the specified protocol version. If unset, no attempt will be made by the client to communicate using a particular protocol version, this results in protocol version 0 being used. Supported versions:実験的です。設定されている場合、クライアントは指定されたプロトコルバージョンを使用してサーバーと通信しようとします。設定されていない場合、クライアントは特定のプロトコルバージョンを使用して通信しようとしません。その結果、プロトコルバージョン0が使用されます。サポートされているバージョン:

  • 0 - the original wire protocol.0 - オリジナルのワイヤプロトコル

  • 1 - the original wire protocol with the addition of a version string in the initial response from the server.1 - サーバからの最初の応答にバージョン文字列を追加したオリジナルのワイヤプロトコル。

  • 2 - wire protocol version 2.2- ワイヤプロトコルバージョン2

pull.ff

By default, Git does not create an extra merge commit when merging a commit that is a descendant of the current commit. Instead, the tip of the current branch is fast-forwarded. When set to false, this variable tells Git to create an extra merge commit in such a case (equivalent to giving the --no-ff option from the command line). When set to only, only such fast-forward merges are allowed (equivalent to giving the --ff-only option from the command line). This setting overrides merge.ff when pulling.デフォルトでは、Gitは現在のコミットの子孫であるコミットをマージするときに追加のマージコミットを作成しません。代わりに、現在のブランチの先端は早送りされます。に設定するとfalse、この変数はそのような場合に追加のコミットコミットを作成するようにGitに指示します(--no-ffコマンドラインからオプションを与えるのと同じです)。に設定するとonly、そのような早送りマージのみが許可されます(--ff-onlyコマンドラインからオプションを指定するのと同じ)。この設定はmerge.ffプル時にオーバーライドされます。

pull.rebase

When true, rebase branches on top of the fetched branch, instead of merging the default branch from the default remote when "git pull" is run. See "branch.<name>.rebase" for setting this on a per-branch basis.trueの場合、 "git pull"が実行されたときにデフォルトのリモートからのデフォルトのブランチをマージする代わりに、取得したブランチの上にブランチをリベースします。これをブランチごとに設定するには、 "branch。<name> .rebase"を参照してください。

When merges, pass the --rebase-merges option to git rebase so that the local merge commits are included in the rebase (see git-rebase[1] for details).の場合merges、ローカルマージコミットがリベースに含まれるよう--rebase-mergesgit rebaseにオプションを渡します(詳細はgit-rebase [1]を参照)。

When preserve, also pass --preserve-merges along to git rebase so that locally committed merge commits will not be flattened by running git pull.保存する場合は、git rebaseにも渡し--preserve-mergesて、ローカルでコミットされたマージコミットがgit pullを実行しても平らにならないようにします

When the value is interactive, the rebase is run in interactive mode.値がのinteractive場合、リベースは対話モードで実行されます。

NOTE: this is a possibly dangerous operation; do not use it unless you understand the implications (see git-rebase[1] for details).:これはおそらく危険な操作です。んではないあなたが意味を理解しない限り、それを使用する(参照[1] Gitは、リベース詳細)。

pull.octopus

The default merge strategy to use when pulling multiple branches at once.複数のブランチを一度に引っ張るときに使用するデフォルトのマージ戦略。

pull.twohead 両頭

The default merge strategy to use when pulling a single branch.単一のブランチを引っ張るときに使うデフォルトのマージ戦略。

push.default

Defines the action git push should take if no refspec is explicitly given. Different values are well-suited for specific workflows; for instance, in a purely central workflow (i.e. the fetch source is equal to the push destination), upstream is probably what you want. Possible values are:git pushrefspecが明示的に与えられていない場合に取るべきアクションを定義します。特定のワークフローには異なる値が適しています。たとえば、純粋に集中的なワークフロー(つまり、フェッチ元とプッシュ先が同じ)では、upstreamおそらくそれが望ましいでしょう。可能な値は次のとおりです。

  • nothing - do not push anything (error out) unless a refspec is explicitly given. This is primarily meant for people who want to avoid mistakes by always being explicit.nothing - refspecが明示的に与えられていない限り、何もプッシュしません(エラーを出します)。これは主に常に明示的にすることで間違いを避けたい人のためのものです。

  • current - push the current branch to update a branch with the same name on the receiving end. Works in both central and non-central workflows.current - 受信側で同じ名前のブランチを更新するために現在のブランチをプッシュします。中央ワークフローと非中央ワークフローの両方で機能します。

  • upstream - push the current branch back to the branch whose changes are usually integrated into the current branch (which is called @{upstream}). This mode only makes sense if you are pushing to the same repository you would normally pull from (i.e. central workflow).upstream- 変更が現在のブランチに統合されている(呼び出される@{upstream})ブランチに現在のブランチを戻す。このモードは、通常プルするのと同じリポジトリにプッシュしている場合(つまり、中央ワークフロー)にのみ意味があります。

  • tracking - This is a deprecated synonym for upstream.tracking- これはの推奨されていない同義語ですupstream

  • simple - in centralized workflow, work like upstream with an added safety to refuse to push if the upstream branch’s name is different from the local one.simple- 一元管理されたワークフローでupstreamは、上流のブランチの名前がローカルのものと異なる場合にプッシュを拒否するように追加の安全性を持って作業する。

    When pushing to a remote that is different from the remote you normally pull from, work as current. This is the safest option and is suited for beginners.あなたが通常引っ張っているリモコンとは違うリモコンに押すときは、のように動作しcurrentます。これは最も安全なオプションであり、初心者に適しています。

    This mode has become the default in Git 2.0.このモードはGit 2.0ではデフォルトになりました。

  • matching - push all branches having the same name on both ends. This makes the repository you are pushing to remember the set of branches that will be pushed out (e.g. if you always push maint and master there and no other branches, the repository you push to will have these two branches, and your local maint and master will be pushed there).matching - 両端に同じ名前のブランチをすべてプッシュします。これにより、プッシュするリポジトリに、プッシュされるブランチのセットを記憶させることができます(たとえば、常にmaintmasterをプッシュし、他のブランチはない場合、プッシュするリポジトリにはこれら2つのブランチとローカルmaintmasterがあります)そこにプッシュされます)。

    To use this mode effectively, you have to make sure all the branches you would push out are ready to be pushed out before running git push, as the whole point of this mode is to allow you to push all of the branches in one go. If you usually finish work on only one branch and push out the result, while other branches are unfinished, this mode is not for you. Also this mode is not suitable for pushing into a shared central repository, as other people may add new branches there, or update the tip of existing branches outside your control.このモードを効果的に使用するには、git pushを実行する前に、プッシュするすべてのブランチがプッシュされる準備ができていることを確認する必要があります。これは、すべてのブランチを一度にプッシュできるようにするためです。他のブランチが未完成であるのに、通常1つのブランチだけで作業を終えて結果を押し出すのであれば、このモードはあなたのためではありません。また、他の人がそこに新しいブランチを追加したり、あなたのコントロールの外にある既存のブランチのチップを更新したりするかもしれないので、このモードは共有中央リポジトリにプッシュするのには適していません。

    This used to be the default, but not since Git 2.0 (simple is the new default).これは以前はデフォルトでしたが、Git 2.0以降ではありません(simple新しいデフォルト)。

push.followTags

If set to true enable --follow-tags option by default. You may override this configuration at time of push by specifying --no-follow-tags.trueに設定した--follow-tags場合、デフォルトでオプションが有効になります。指定することでプッシュ時にこの設定を上書きすることができます--no-follow-tags

push.gpgSign

May be set to a boolean value, or the string if-asked. A true value causes all pushes to be GPG signed, as if --signed is passed to git-push[1]. The string if-asked causes pushes to be signed if the server supports it, as if --signed=if-asked is passed to git push. A false value may override a value from a lower-priority config file. An explicit command-line flag always overrides this config option.ブール値、またはif- askの場合は文字列に設定できます。真の値は、git-push [1]に--signed渡されるかのように、すべてのプッシュがGPG署名されるようにします。if-askという文字列は、git pushに渡されたかのように、サーバーがサポートしていればプッシュに署名をさせます。falseの値は優先度の低い設定ファイルからの値を上書きするかもしれません。明示的なコマンドラインフラグは常にこの設定オプションを上書きします。--signed=if-asked

push.pushOption

When no --push-option=<option> argument is given from the command line, git push behaves as if each <value> of this variable is given as --push-option=<value>.--push-option=<option>コマンドラインから引数が与えられなかったgit push場合、この変数の各<値>がで与えられたかのように振る舞います--push-option=<value>

This is a multi-valued variable, and an empty value can be used in a higher priority configuration file (e.g. .git/config in a repository) to clear the values inherited from a lower priority configuration files (e.g. $HOME/.gitconfig).これは多値変数であり、優先順位の高い設定ファイル(.git/configリポジトリなど)で空の値を使用して、優先順位の低い設定ファイル(たとえば$HOME/.gitconfig)から継承した値を消去できます。

Example:例:

/etc/gitconfig push.pushoption = a push.pushoption = b/ etc / gitconfig push.pushoption = a push.pushoption = b

~/.gitconfig push.pushoption = c〜/ .gitconfig push.pushoption = c

repo/.git/config push.pushoption = push.pushoption = brepo / .git / config push.pushoption = push.pushoption = b

This will result in only b (a and c are cleared).これはbだけになります(aとcはクリアされます)。

push.recurseSubmodules

Make sure all submodule commits used by the revisions to be pushed are available on a remote-tracking branch. If the value is check then Git will verify that all submodule commits that changed in the revisions to be pushed are available on at least one remote of the submodule. If any commits are missing, the push will be aborted and exit with non-zero status. If the value is on-demand then all submodules that changed in the revisions to be pushed will be pushed. If on-demand was not able to push all necessary revisions it will also be aborted and exit with non-zero status. If the value is no then default behavior of ignoring submodules when pushing is retained. You may override this configuration at time of push by specifying --recurse-submodules=check|on-demand|no.プッシュされるリビジョンによって使用されるすべてのサブモジュールコミットがリモートトラッキングブランチで利用可能であることを確認してください。値がチェックされている場合、Gitはプッシュされるリビジョンで変更されたすべてのサブモジュールコミットがサブモジュールの少なくとも1つのリモートで利用可能であることを確認します。コミットがない場合、プッシュは中止され、ゼロ以外のステータスで終了します。値がオンデマンドの場合、プッシュされるリビジョンで変更されたすべてのサブモジュールがプッシュされます。オンデマンドで必要なすべてのリビジョンをプッシュすることができなかった場合も、中止され、ゼロ以外のステータスで終了します。値がnoの場合、プッシュ時にサブモジュールを無視するというデフォルトの動作が維持されます。次のように指定することでプッシュ時にこの設定を上書きすることができます。--recurse-submodules = check | on-demand | no

rebase.useBuiltin

Set to false to use the legacy shellscript implementation of git-rebase[1]. Is true by default, which means use the built-in rewrite of it in C.git-rebase [1]falseのレガシーシェルスクリプト実装を使用するように設定します。これはデフォルトであり、これはCの組み込み式の書き換えを使用することを意味します。true

The C rewrite is first included with Git version 2.20. This option serves an an escape hatch to re-enable the legacy version in case any bugs are found in the rewrite. This option and the shellscript version of git-rebase[1] will be removed in some future release.Cの書き換えはGitバージョン2.20に最初に含まれています。このオプションは、書き換えにバグが見つかった場合にレガシーバージョンを再度有効にするためのエスケープハッチとして機能します。このオプションとgit-rebase [1]のshellscript版は将来のリリースで削除される予定です。

If you find some reason to set this option to false other than one-off testing you should report the behavior difference as a bug in git.このオプションをfalse1回限りのテスト以外に設定する理由が見つかった場合は、動作の違いをgitのバグとして報告してください。

rebase.stat

Whether to show a diffstat of what changed upstream since the last rebase. False by default.最後のリベース以降、アップストリームで何が変更されたかのdiffstatを表示するかどうか。デフォルトではfalseです。

rebase.autoSquash

If set to true enable --autosquash option by default.trueに設定した--autosquash場合、デフォルトでオプションが有効になります。

rebase.autoStash

When set to true, automatically create a temporary stash entry before the operation begins, and apply it after the operation ends. This means that you can run rebase on a dirty worktree. However, use with care: the final stash application after a successful rebase might result in non-trivial conflicts. This option can be overridden by the --no-autostash and --autostash options of git-rebase[1]. Defaults to false.trueに設定すると、操作が始まる前に一時的な隠し場所エントリが自動的に作成され、操作が終了した後でそれが適用されます。これは、汚れた作業ツリーでrebaseを実行できることを意味します。ただし、慎重に使用してください。リベースが成功した後の最後のstashアプリケーションは、重要な衝突を引き起こす可能性があります。このオプションはgit-rebase [1]--no-autostashand --autostashオプションで上書きすることができます。デフォルトはfalseです。

rebase.missingCommitsCheck

If set to "warn", git rebase -i will print a warning if some commits are removed (e.g. a line was deleted), however the rebase will still proceed. If set to "error", it will print the previous warning and stop the rebase, git rebase --edit-todo can then be used to correct the error. If set to "ignore", no checking is done. To drop a commit without warning or error, use the drop command in the todo list. Defaults to "ignore"."warn"に設定すると、git rebase -iはいくつかのコミットが削除された(例えば、行が削除された)場合に警告を表示しますが、それでもリベースは進行します。"error"に設定すると、前の警告を表示してリベースを停止し、git rebase --edit-todoを使用してエラーを修正できます。「無視」に設定すると、チェックは行われません。警告やエラーを表示せずにコミットを中止するにdropは、作業リストのコマンドを使用します。デフォルトは "ignore"です。

rebase.instructionFormat

A format string, as specified in git-log[1], to be used for the todo list during an interactive rebase. The format will automatically have the long commit hash prepended to the format.git-log [1]で指定されているフォーマット文字列。対話的なリベースの際にToDoリストに使用されます。フォーマットは自動的にロングコミットハッシュをフォーマットの先頭に追加します。

rebase.abbreviateCommands

If set to true, git rebase will use abbreviated command names in the todo list resulting in something like this:trueに設定されてgit rebaseいると、ToDoリストで短縮されたコマンド名が使用され、次のようになります。

	p deadbee The oneline of the commit
	p fa1afe1 The oneline of the next commit
	...

instead of:の代わりに:

	pick deadbee The oneline of the commit
	pick fa1afe1 The oneline of the next commit
	...

Defaults to false.デフォルトはfalseです。

rebase.rescheduleFailedExec

Automatically reschedule exec commands that failed. This only makes sense in interactive mode (or when an --exec option was provided). This is the same as specifying the --reschedule-failed-exec option.exec失敗したコマンドを自動的に再スケジュールします。これは対話モード(または--execオプションが提供されたとき)でのみ意味があります。これは--reschedule-failed-execオプションを指定するのと同じです。

receive.advertiseAtomic

By default, git-receive-pack will advertise the atomic push capability to its clients. If you don’t want to advertise this capability, set this variable to false.デフォルトでは、git-receive-packはアトミックプッシュ機能をクライアントにアドバタイズします。この機能を宣伝したくない場合は、この変数をfalseに設定してください。

receive.advertisePushOptions

When set to true, git-receive-pack will advertise the push options capability to its clients. False by default.trueに設定すると、git-receive-packはプッシュオプション機能をクライアントにアドバタイズします。デフォルトではfalseです。

receive.autogc

By default, git-receive-pack will run "git-gc --auto" after receiving data from git-push and updating refs. You can stop it by setting this variable to false.デフォルトでは、git-receive-packはgit-pushからデータを受信して??参照を更新した後に "git-gc --auto"を実行します。この変数をfalseに設定することでそれを止めることができます。

receive.certNonceSeed

By setting this variable to a string, git receive-pack will accept a git push --signed and verifies it by using a "nonce" protected by HMAC using this string as a secret key.この変数を文字列に設定git receive-packすることで、aを受け入れ、git push --signedこの文字列を秘密鍵として使用してHMACで保護された「ナンス」を使用して検証します。

receive.certNonceSlop

When a git push --signed sent a push certificate with a "nonce" that was issued by a receive-pack serving the same repository within this many seconds, export the "nonce" found in the certificate to GIT_PUSH_CERT_NONCE to the hooks (instead of what the receive-pack asked the sending side to include). This may allow writing checks in pre-receive and post-receive a bit easier. Instead of checking GIT_PUSH_CERT_NONCE_SLOP environment variable that records by how many seconds the nonce is stale to decide if they want to accept the certificate, they only can check GIT_PUSH_CERT_NONCE_STATUS is OK.git push --signedこの数秒以内に同じリポジトリにサービスを提供するreceive-packによって発行された「nonce」を含むプッシュ証明書を送信した場合は、GIT_PUSH_CERT_NONCE(receive-packが要求したものではなく)証明書にある「nonce」をフックにエクスポートします。含める送信側)。これは、小切手での書き込みを可能pre-receivepost-receive少し簡単に。GIT_PUSH_CERT_NONCE_SLOP証明書を受け入れるかどうかを決定するためにナンスが古くなっている秒数を記録する環境変数をチェックする代わりに、チェックできるのGIT_PUSH_CERT_NONCE_STATUSはそれらだけですOK

receive.fsckObjects

If it is set to true, git-receive-pack will check all received objects. See transfer.fsckObjects for what’s checked. Defaults to false. If not set, the value of transfer.fsckObjects is used instead.これがtrueに設定されていると、git-receive-packは受信したすべてのオブジェクトをチェックします。transfer.fsckObjects何がチェックされているか見てください。デフォルトはfalseです。設定されていない場合は、transfer.fsckObjects代わりにの値が使用されます。

receive.fsck.<msg-id> receive.fsck。<msg-id>

Acts like fsck.<msg-id>, but is used by git-receive-pack[1] instead of git-fsck[1]. See the fsck.<msg-id> documentation for details.のようfsck.<msg-id>に動作しますが、git-fsck [1]の代わりにgit- receive-pack [1]によって使用されます。詳細はドキュメントを参照してください。fsck.<msg-id>

receive.fsck.skipList

Acts like fsck.skipList, but is used by git-receive-pack[1] instead of git-fsck[1]. See the fsck.skipList documentation for details.のようfsck.skipListに動作しますが、git-fsck [1]の代わりにgit- receive-pack [1]によって使用されます。詳細はドキュメントを参照してください。fsck.skipList

receive.keepAlive

After receiving the pack from the client, receive-pack may produce no output (if --quiet was specified) while processing the pack, causing some networks to drop the TCP connection. With this option set, if receive-pack does not transmit any data in this phase for receive.keepAlive seconds, it will send a short keepalive packet. The default is 5 seconds; set to 0 to disable keepalives entirely.クライアントからパックを受信した後、パックの処理中にreceive-pack--quiet指定されている場合は)出力が生成されず、一部のネットワークでTCP接続が切断されることがあります。このオプションを設定receive-packすると、このフェーズでreceive.keepAlive数秒間データを送信しないと、短いキープアライブパケットが送信されます。デフォルトは5秒です。キープアライブを完全に無効にするには、0に設定します。

receive.unpackLimit

If the number of objects received in a push is below this limit then the objects will be unpacked into loose object files. However if the number of received objects equals or exceeds this limit then the received pack will be stored as a pack, after adding any missing delta bases. Storing the pack from a push can make the push operation complete faster, especially on slow filesystems. If not set, the value of transfer.unpackLimit is used instead.プッシュで受信したオブジェクトの数がこの制限を下回っていると、オブジェクトはばらばらのオブジェクトファイルに解凍されます。ただし、受信したオブジェクトの数がこの制限以上であると、受信したパックは、欠けているデルタベースを追加した後で、パックとして格納されます。パックをプッシュから保存することで、特に遅いファイルシステムではプッシュ操作をより速く完了させることができます。設定されていない場合は、transfer.unpackLimit代わりにの値が使用されます。

receive.maxInputSize

If the size of the incoming pack stream is larger than this limit, then git-receive-pack will error out, instead of accepting the pack file. If not set or set to 0, then the size is unlimited.着信パックストリームのサイズがこの制限よりも大きい場合、パックファイルを受け入れるのではなく、git-receive-packはエラーになります。設定しない、または0に設定すると、サイズは無制限になります。

receive.denyDeletes

If set to true, git-receive-pack will deny a ref update that deletes the ref. Use this to prevent such a ref deletion via a push.trueに設定されている場合、git-receive-packは参照を削除する参照更新を拒否します。プッシュによるそのようなrefの削除を防ぐためにこれを使用してください。

receive.denyDeleteCurrent

If set to true, git-receive-pack will deny a ref update that deletes the currently checked out branch of a non-bare repository.trueに設定した場合、git-receive-packは、現在チェックアウトされている非ベアリポジトリのブランチを削除するref更新を拒否します。

receive.denyCurrentBranch

If set to true or "refuse", git-receive-pack will deny a ref update to the currently checked out branch of a non-bare repository. Such a push is potentially dangerous because it brings the HEAD out of sync with the index and working tree. If set to "warn", print a warning of such a push to stderr, but allow the push to proceed. If set to false or "ignore", allow such pushes with no message. Defaults to "refuse".trueまたは "refuse"に設定すると、git-receive-packは、現在チェックアウトされている非ベアリポジトリのブランチへのref更新を拒否します。このようなプッシュは、HEADとインデックスおよび作業ツリーとの同期がとれなくなるため、潜在的に危険です。"warn"に設定すると、そのようなプッシュの警告をstderrに出力しますが、プッシュを続行させます。falseまたは "ignore"に設定されている場合、メッセージなしでそのようなプッシュを許可します。デフォルトは「拒否」です。

Another option is "updateInstead" which will update the working tree if pushing into the current branch. This option is intended for synchronizing working directories when one side is not easily accessible via interactive ssh (e.g. a live web site, hence the requirement that the working directory be clean). This mode also comes in handy when developing inside a VM to test and fix code on different Operating Systems.もう1つのオプションは "updateInstead"です。これは現在のブランチにプッシュすると作業ツリーを更新します。このオプションは一方の側が対話的なsshで簡単にアクセスできない場合に作業ディレクトリを同期させることを目的としています(例:ライブWebサイト、それゆえ作業ディレクトリがきれいであることの要件)。このモードは、異なるオペレーティングシステムでコードをテストおよび修正するためにVMの内部で開発するときにも役立ちます。

By default, "updateInstead" will refuse the push if the working tree or the index have any difference from the HEAD, but the push-to-checkout hook can be used to customize this. See githooks[5].デフォルトでは、 "updateInstead"は作業ツリーやインデックスにHEADとの違いがある場合はプッシュを拒否しますが、push-to-checkoutこれをカスタマイズするためにフックを使うことができます。githooks [5]を参照してください。

receive.denyNonFastForwards

If set to true, git-receive-pack will deny a ref update which is not a fast-forward. Use this to prevent such an update via a push, even if that push is forced. This configuration variable is set when initializing a shared repository.trueに設定すると、git-receive-packは早送りではないref更新を拒否します。たとえプッシュが強制されたとしても、プッシュによるそのような更新を防ぐためにこれを使用してください。この構成変数は、共有リポジトリを初期化するときに設定されます。

receive.hideRefs

This variable is the same as transfer.hideRefs, but applies only to receive-pack (and so affects pushes, but not fetches). An attempt to update or delete a hidden ref by git push is rejected.この変数は同じですが、transfer.hideRefs適用されるだけですreceive-pack(プッシュには影響しますが、フェッチには影響しません)。によって隠された参照を更新または削除しようとする試みgit pushは拒否されます。

receive.updateServerInfo

If set to true, git-receive-pack will run git-update-server-info after receiving data from git-push and updating refs.trueに設定した場合、git-receive-packはgit-pushからデータを受信して??参照を更新した後にgit-update-server-infoを実行します。

receive.shallowUpdate

If set to true, .git/shallow can be updated when new refs require new shallow roots. Otherwise those refs are rejected.trueに設定すると、新しい参照に新しい浅い根が必要になったときに.git / shallowを更新できます。そうでなければ、それらの参照は拒否されます。

remote.pushDefault

The remote to push to by default. Overrides branch.<name>.remote for all branches, and is overridden by branch.<name>.pushRemote for specific branches.デフォルトでプッシュ先のリモート。オーバーライドしbranch.<name>.remote、すべての支店のために、そしてによって上書きされbranch.<name>.pushRemote、特定の支店のために。

remote.<name>.url remote。<name> .url

The URL of a remote repository. See git-fetch[1] or git-push[1].リモートリポジトリのURL。git-fetch [1]またはgit-push [1]を参照してください。

remote.<name>.pushurl remote。<name> .pushurl

The push URL of a remote repository. See git-push[1].リモートリポジトリのプッシュURL。参照してくださいgitのプッシュを[1]

remote.<name>.proxy remote。<name> .proxy

For remotes that require curl (http, https and ftp), the URL to the proxy to use for that remote. Set to the empty string to disable proxying for that remote.curlが必要なリモート(http、https、およびftp)の場合は、そのリモートに使用するプロキシへのURL。そのリモートのプロキシを無効にするには、空の文字列に設定します。

remote.<name>.proxyAuthMethod remote。<name> .proxyAuthMethod

For remotes that require curl (http, https and ftp), the method to use for authenticating against the proxy in use (probably set in remote.<name>.proxy). See http.proxyAuthMethod.curl(http、https、およびftp)を必要とするリモートの場合は、使用中のプロキシに対する認証に使用する方法(おそらくに設定されているremote.<name>.proxy)。を見てくださいhttp.proxyAuthMethod

remote.<name>.fetch remote。<name> .fetch

The default set of "refspec" for git-fetch[1]. See git-fetch[1].git-fetchのデフォルトの "refspec" [1]git-fetch [1]を参照してください。

remote.<name>.push remote。<name> .push

The default set of "refspec" for git-push[1]. See git-push[1].git-pushのデフォルトの "refspec" [1]。参照してくださいgitのプッシュを[1]

remote.<name>.mirror remote。<name> .mirror

If true, pushing to this remote will automatically behave as if the --mirror option was given on the command line.trueの場合、このリモコンを押すと自動的に--mirrorオプションがコマンドラインで指定されたように動作します。

remote.<name>.skipDefaultUpdate remote。<名前> .skipDefaultUpdate

If true, this remote will be skipped by default when updating using git-fetch[1] or the update subcommand of git-remote[1].trueの場合、git-fetch [1]またはgit-remote [1]のupdateサブコマンドを使用して更新するときに、このリモートはデフォルトでスキップされます。

remote.<name>.skipFetchAll remote。<name> .skipFetchAll

If true, this remote will be skipped by default when updating using git-fetch[1] or the update subcommand of git-remote[1].trueの場合、git-fetch [1]またはgit-remote [1]のupdateサブコマンドを使用して更新するときに、このリモートはデフォルトでスキップされます。

remote.<name>.receivepack remote。<name> .receivepack

The default program to execute on the remote side when pushing. See option --receive-pack of git-push[1].プッシュ時にリモート側で実行するデフォルトのプログラム。git-pushのオプション--receive-pack [1]を参照してください。

remote.<name>.uploadpack remote。<名前> .uploadpack

The default program to execute on the remote side when fetching. See option --upload-pack of git-fetch-pack[1].取得時にリモート側で実行するデフォルトのプログラム。git-fetch-packのオプション--upload- pack [1]を参照してください。

remote.<name>.tagOpt remote。<name> .tagOpt

Setting this value to --no-tags disables automatic tag following when fetching from remote <name>. Setting it to --tags will fetch every tag from remote <name>, even if they are not reachable from remote branch heads. Passing these flags directly to git-fetch[1] can override this setting. See options --tags and --no-tags of git-fetch[1].この値を--no-tagsに設定すると、リモート<名前>から取得するときの自動タグ追跡が無効になります。--tagsに設定すると、リモートブランチヘッドからアクセスできない場合でも、リモート<name>からすべてのタグを取得します。これらのフラグをgit-fetch [1]に直接渡すと、この設定を上書きすることができます。git-fetch [1]の options --tagsと--no-tagsを参照してください。

remote.<name>.vcs remote。<名前> .vcs

Setting this to a value <vcs> will cause Git to interact with the remote with the git-remote-<vcs> helper.これを値<vcs>に設定すると、Gitはgit-remote- <vcs>ヘルパーを使ってリモートと対話します。

remote.<name>.prune remote。<name> .prune

When set to true, fetching from this remote by default will also remove any remote-tracking references that no longer exist on the remote (as if the --prune option was given on the command line). Overrides fetch.prune settings, if any.trueに設定されている場合、デフォルトでこのリモートから取得すると、リモートに存在しなくなったリモートトラッキング参照も削除されます(--pruneオプションがコマンドラインで指定された場合と同様)。fetch.prune設定があればそれをオーバーライドします。

remote.<name>.pruneTags remote。<name> .pruneTags

When set to true, fetching from this remote by default will also remove any local tags that no longer exist on the remote if pruning is activated in general via remote.<name>.prune, fetch.prune or --prune. Overrides fetch.pruneTags settings, if any.trueに設定すると、デフォルトでは、このリモートからのフェッチも剪定を経由して、一般的に活性化されれば、もはや、リモートに存在しない任意のローカルタグを削除しますremote.<name>.prunefetch.pruneまたは--prunefetch.pruneTags設定があればそれをオーバーライドします。

See also remote.<name>.prune and the PRUNING section of git-fetch[1].git-fetch [1]remote.<name>.pruneのPRUNINGセクションも参照してください。

remotes.<group> <グループ>

The list of remotes which are fetched by "git remote update <group>". See git-remote[1]."git remote update <group>"によって取得されたリモートの一覧。git-remote [1]を参照してください。

repack.useDeltaBaseOffset

By default, git-repack[1] creates packs that use delta-base offset. If you need to share your repository with Git older than version 1.4.4, either directly or via a dumb protocol such as http, then you need to set this option to "false" and repack. Access from old Git versions over the native protocol are unaffected by this option.デフォルトでは、git-repack [1]はデルタベースオフセットを使用するパックを作成します。リポジトリをバージョン1.4.4より前のGitと直接またはhttpなどのダムプロトコル経由で共有する必要がある場合は、このオプションを "false"に設定して再パックする必要があります。ネイティブプロトコルによる古いGitバージョンからのアクセスはこのオプションの影響を受けません。

repack.packKeptObjects

If set to true, makes git repack act as if --pack-kept-objects was passed. See git-repack[1] for details. Defaults to false normally, but true if a bitmap index is being written (either via --write-bitmap-index or repack.writeBitmaps).trueに設定すると、渡さgit repackれたかのよう--pack-kept-objectsに動作します。詳細はgit-repack [1]を見てください。デフォルトfalse通常、しかし、trueビットマップ・インデックスは、(いずれかを介して書き込まれている場合--write-bitmap-index、またはrepack.writeBitmaps)。

repack.useDeltaIslands

If set to true, makes git repack act as if --delta-islands was passed. Defaults to false.trueに設定すると、渡さgit repackれたかのよう--delta-islandsに動作します。デフォルトはfalseです。

repack.writeBitmaps

When true, git will write a bitmap index when packing all objects to disk (e.g., when git repack -a is run). This index can speed up the "counting objects" phase of subsequent packs created for clones and fetches, at the cost of some disk space and extra time spent on the initial repack. This has no effect if multiple packfiles are created. Defaults to false.trueの場合、gitはすべてのオブジェクトをディスクにパックするときにビットマップインデックスを書き込みます(たとえばgit repack -aが実行されるとき)。このインデックスは、クローンスペースとフェッチ用に作成された後続のパックの「オブジェクトのカウント」フェーズを高速化できますが、ディスク容量が多少増え、最初の再パックに余分な時間がかかります。複数のパックファイルが作成された場合、これは効果がありません。デフォルトはfalseです。

rerere.autoUpdate

When set to true, git-rerere updates the index with the resulting contents after it cleanly resolves conflicts using previously recorded resolution. Defaults to false.trueに設定するgit-rerereと、以前に記録された解決方法を使用して競合を明確に解決した後で、結果の内容でインデックスを更新します。デフォルトはfalseです。

rerere.enabled

Activate recording of resolved conflicts, so that identical conflict hunks can be resolved automatically, should they be encountered again. By default, git-rerere[1] is enabled if there is an rr-cache directory under the $GIT_DIR, e.g. if "rerere" was previously used in the repository.解決した競合の記録をアクティブにして、同一の競合ハンクが再び発生した場合に自動的に解決できるようにします。デフォルトでは、git-rerere [1]rr-cache、その下にディレクトリがある$GIT_DIR場合、例えば "rerere"がリポジトリで以前に使用されていた場合に有効になります。

reset.quiet

When set to true, git reset will default to the --quiet option.trueに設定すると、git resetはデフォルトの--quietオプションになります。

sendemail.identity

A configuration identity. When given, causes values in the sendemail.<identity> subsection to take precedence over values in the sendemail section. The default identity is the value of sendemail.identity.構成ID 指定すると、sendemail。<identity>サブセクションの値がsendemailセクションの値よりも優先されます。デフォルトのIDはの値ですsendemail.identity

sendemail.smtpEncryption

See git-send-email[1] for description. Note that this setting is not subject to the identity mechanism.説明はgit-send-email [1]を見てください。この設定はIDメカニズムの影響を受けません。

sendemail.smtpssl (deprecated) sendemail.smtpssl(廃止予定)

Deprecated alias for sendemail.smtpEncryption = ssl.sendemail.smtpEncryption = sslの非推奨別名。

sendemail.smtpsslcertpath

Path to ca-certificates (either a directory or a single file). Set it to an empty string to disable certificate verification.CA証明書へのパス(ディレクトリまたは単一ファイル)。証明書の検証を無効にするには、これを空の文字列に設定します。

sendemail.<identity>.* sendemail。<identity>。*

Identity-specific versions of the sendemail.* parameters found below, taking precedence over those when this identity is selected, through either the command-line or sendemail.identity.下記のsendemail。*パラメータのアイデンティティ固有のバージョンこのアイデンティティが選択されたときのものよりも優先されsendemail.identityます。

sendemail.aliasesFile
sendemail.aliasFileType
sendemail.annotate
sendemail.bcc
sendemail.cc
sendemail.ccCmd
sendemail.chainReplyTo
sendemail.confirm
sendemail.envelopeSender
sendemail.from
sendemail.multiEdit
sendemail.signedoffbycc
sendemail.smtpPass
sendemail.suppresscc
sendemail.suppressFrom
sendemail.to
sendemail.tocmd
sendemail.smtpDomain
sendemail.smtpServer
sendemail.smtpServerPort
sendemail.smtpServerOption
sendemail.smtpUser
sendemail.thread
sendemail.transferEncoding
sendemail.validate
sendemail.xmailer

See git-send-email[1] for description.説明はgit-send-email [1]を見てください。

sendemail.signedoffcc (deprecated) sendemail.signedoffcc(廃止予定)

Deprecated alias for sendemail.signedoffbycc.の廃止予定のエイリアスsendemail.signedoffbycc

sendemail.smtpBatchSize

Number of messages to be sent per connection, after that a relogin will happen. If the value is 0 or undefined, send all messages in one connection. See also the --batch-size option of git-send-email[1].接続ごとに送信されるメッセージの数。その後再ログインが行われます。値が0または未定義の場合、1つの接続ですべてのメッセージを送信してください。git-send-email [1]--batch-sizeオプションも参照してください。

sendemail.smtpReloginDelay

Seconds wait before reconnecting to smtp server. See also the --relogin-delay option of git-send-email[1].smtpサーバに再接続する前に数秒待ちます。git-send-email [1]--relogin-delayオプションも参照してください。

sequence.editor

Text editor used by git rebase -i for editing the rebase instruction file. The value is meant to be interpreted by the shell when it is used. It can be overridden by the GIT_SEQUENCE_EDITOR environment variable. When not configured the default commit message editor is used instead.git rebase -iリベース指示ファイルの編集に使用されるテキストエディタ。この値は、使用時にシェルによって解釈されることを意味しています。GIT_SEQUENCE_EDITOR環境変数によって上書きされる可能性があります。設定されていない場合は、デフォルトのコミットメッセージエディタが代わりに使用されます。

showBranch.default

The default set of branches for git-show-branch[1]. See git-show-branch[1].git-show-branch [1]のデフォルトのブランチセット。git-show-branch [1]を参照してください。

splitIndex.maxPercentChange

When the split index feature is used, this specifies the percent of entries the split index can contain compared to the total number of entries in both the split index and the shared index before a new shared index is written. The value should be between 0 and 100. If the value is 0 then a new shared index is always written, if it is 100 a new shared index is never written. By default the value is 20, so a new shared index is written if the number of entries in the split index would be greater than 20 percent of the total number of entries. See git-update-index[1].分割索引機能を使用する場合、これは、新しい共有索引が書き込まれる前の、分割索引と共用索引の両方の中の項目の総数と比較した、分割索引に入れることができる項目のパーセントを指定します。値は0から100の間でなければなりません。値が0の場合は新しい共有インデックスが常に書き込まれ、100の場合は新しい共有インデックスは書き込まれません。デフォルトでは、値は20です。したがって、分割インデックス内のエントリ数がエントリ総数の20パーセントを超える場合は、新しい共有インデックスが書き込まれます。git-update-index [1]を参照してください。

splitIndex.sharedIndexExpire

When the split index feature is used, shared index files that were not modified since the time this variable specifies will be removed when a new shared index file is created. The value "now" expires all entries immediately, and "never" suppresses expiration altogether. The default value is "2.weeks.ago". Note that a shared index file is considered modified (for the purpose of expiration) each time a new split-index file is either created based on it or read from it. See git-update-index[1].分割インデックス機能を使用すると、この変数が指定した時刻以降に変更されていない共有インデックスファイルは、新しい共有インデックスファイルが作成されたときに削除されます。値「now」はすべてのエントリをただちに期限切れにし、「never」は期限切れを完全に抑制します。デフォルト値は "2.weeks.ago"です。共有インデックスファイルは、それに基づいて新しい分割インデックスファイルが作成されるか、またはそこから読み取られるたびに(有効期限切れのために)変更されたと見なされます。git-update-index [1]を参照してください。

ssh.variant

By default, Git determines the command line arguments to use based on the basename of the configured SSH command (configured using the environment variable GIT_SSH or GIT_SSH_COMMAND or the config setting core.sshCommand). If the basename is unrecognized, Git will attempt to detect support of OpenSSH options by first invoking the configured SSH command with the -G (print configuration) option and will subsequently use OpenSSH options (if that is successful) or no options besides the host and remote command (if it fails).デフォルトでは、Gitは設定されたSSHコマンドのベース名(環境変数GIT_SSHまたはGIT_SSH_COMMANDconfig設定を使って設定されたものcore.sshCommand)に基づいて使用するコマンドライン引数を決定します。ベース名が認識されない場合、Gitは最初に-G(print configuration)オプションを指定して設定されたSSHコマンドを呼び出すことによってOpenSSHオプションのサポートを検出しようと試み、次にhostおよびremoteコマンド以外にOpenSSHオプションを使用します。 (失敗した場合)

The config variable ssh.variant can be set to override this detection. Valid values are ssh (to use OpenSSH options), plink, putty, tortoiseplink, simple (no options except the host and remote command). The default auto-detection can be explicitly requested using the value auto. Any other value is treated as ssh. This setting can also be overridden via the environment variable GIT_SSH_VARIANT.config変数ssh.variantは、この検出を無効にするように設定できます。有効な値はssh(OpenSSHのオプションを使用する)、 、plinkputtytortoiseplinksimpleホストとリモートコマンドを除くオプションなし)。デフォルトの自動検出は値を使用して明示的に要求できますauto。他の値はすべてとして扱われsshます。この設定は環境変数で上書きすることもできますGIT_SSH_VARIANT

The current command-line parameters used for each variant are as follows:各バリアントに使用されている現在のコマンドラインパラメータは次のとおりです。

  • ssh - [-p port] [-4] [-6] [-o option] [username@]host commandssh - [-p port] [-4] [-6] [-oオプション] [username @]ホストコマンド

  • simple - [username@]host commandsimple - [username @]ホストコマンド

  • plink or putty - [-P port] [-4] [-6] [username@]host commandplinkまたはputty- [-P port] [-4] [-6] [username @]ホストコマンド

  • tortoiseplink - [-P port] [-4] [-6] -batch [username@]host commandtortoiseplink - [-P port] [-4] [-6] -batch [username @]ホストコマンド

Except for the simple variant, command-line parameters are likely to change as git gains new features.simpleバリアントを除いて、gitが新機能を追加するにつれてコマンドラインパラメータは変更される可能性があります。

status.relativePaths

By default, git-status[1] shows paths relative to the current directory. Setting this variable to false shows paths relative to the repository root (this was the default for Git prior to v1.5.4).デフォルトでは、git-status [1]は現在のディレクトリからの相対パスを表示します。この変数をに設定falseすると、リポジトリのルートからの相対パスが表示されます(これは、v1.5.4より前のGitのデフォルトです)。

status.short

Set to true to enable --short by default in git-status[1]. The option --no-short takes precedence over this variable.git-status [1]でデフォルトで--shortを有効にするには、trueに設定します。オプション--no-shortがこの変数よりも優先されます。

status.branch

Set to true to enable --branch by default in git-status[1]. The option --no-branch takes precedence over this variable.git-status [1]でデフォルトで--branchを有効にするには、trueに設定します。オプション--no-branchがこの変数よりも優先されます。

status.displayCommentPrefix

If set to true, git-status[1] will insert a comment prefix before each output line (starting with core.commentChar, i.e. # by default). This was the behavior of git-status[1] in Git 1.8.4 and previous. Defaults to false.trueに設定すると、git-status [1]は各出力行の前にコメントプレフィックスを挿入しますcore.commentChar(つまり#、デフォルトで始まります)。これはGit 1.8.4以前のgit-status [1]の振る舞いでした。デフォルトはfalseです。

status.renameLimit

The number of files to consider when performing rename detection in git-status[1] and git-commit[1]. Defaults to the value of diff.renameLimit.git-status [1]およびgit-commit [1]で名前変更検出を実行するときに考慮するファイルの数。デフォルトはdiff.renameLimitの値です。

status.renames

Whether and how Git detects renames in git-status[1] and git-commit[1] . If set to "false", rename detection is disabled. If set to "true", basic rename detection is enabled. If set to "copies" or "copy", Git will detect copies, as well. Defaults to the value of diff.renames.Gitがgit-status [1]git-commit [1]で名前の変更を検出するかどうかとその方法。"false"に設定すると、名前変更検出は無効になります。"true"に設定すると、基本的な名前変更検出が有効になります。「コピー」または「コピー」に設定すると、Gitはコピーも検出します。デフォルトはdiff.renamesの値です。

status.showStash

If set to true, git-status[1] will display the number of entries currently stashed away. Defaults to false.trueに設定されている場合、git-status [1]は現在隠されているエントリの数を表示します。デフォルトはfalseです。

status.showUntrackedFiles

By default, git-status[1] and git-commit[1] show files which are not currently tracked by Git. Directories which contain only untracked files, are shown with the directory name only. Showing untracked files means that Git needs to lstat() all the files in the whole repository, which might be slow on some systems. So, this variable controls how the commands displays the untracked files. Possible values are:デフォルトでは、git-status [1]git-commit [1]は現在Gitによって追跡されていないファイルを表示します。追跡されていないファイルのみを含むディレクトリは、ディレクトリ名のみで表示されます。追跡されていないファイルを表示することはGitがリポジトリ全体のすべてのファイルをlstat()する必要があることを意味します。これはシステムによっては遅くなるかもしれません。したがって、この変数は、コマンドが追跡されていないファイルを表示する方法を制御します。可能な値は次のとおりです。

  • no - Show no untracked files.no - 追跡されていないファイルを表示しません。

  • normal - Show untracked files and directories.normal - 追跡されていないファイルとディレクトリを表示します。

  • all - Show also individual files in untracked directories.all - 追跡されていないディレクトリの個々のファイルも表示します。

If this variable is not specified, it defaults to normal. This variable can be overridden with the -u|--untracked-files option of git-status[1] and git-commit[1].この変数が指定されていない場合は、デフォルトのnormalになります。この変数はgit-status [1]git-commit [1]の-u | --untracked-filesオプションで上書きできます。

status.submoduleSummary

Defaults to false. If this is set to a non zero number or true (identical to -1 or an unlimited number), the submodule summary will be enabled and a summary of commits for modified submodules will be shown (see --summary-limit option of git-submodule[1]). Please note that the summary output command will be suppressed for all submodules when diff.ignoreSubmodules is set to all or only for those submodules where submodule.<name>.ignore=all. The only exception to that rule is that status and commit will show staged submodule changes. To also view the summary for ignored submodules you can either use the --ignore-submodules=dirty command-line option or the git submodule summary command, which shows a similar output but does not honor these settings.デフォルトはfalseです。これがゼロ以外の値またはtrue(-1または無制限の数と同じ)に設定されている場合、サブモジュールの要約が有効になり、変更されたサブモジュールのコミットの要約が表示されます(git-の--summary-limitオプションを参照)。サブモジュール[1])summary出力コマンドは、allにdiff.ignoreSubmodules設定されている場合、またはwhere が設定されているサブモジュールに対してのみ設定されている場合、すべてのサブモジュールに対して抑制されますsubmodule.<name>.ignore=all。その規則の唯一の例外は、ステータスとコミットが段階的なサブモジュールの変更を表示することです。無視されたサブモジュールの要約も表示するには、 - ignore-submodules = dirtyコマンドラインオプションまたはgit submodule summaryコマンドを使用します。これは、同様の出力を表示しますが、これらの設定を反映しません。

stash.showPatch

If this is set to true, the git stash show command without an option will show the stash entry in patch form. Defaults to false. See description of show command in git-stash[1].これがtrueに設定されている場合、git stash showオプションなしのコマンドは隠し項目をパッチ形式で表示します。デフォルトはfalseです。git-stash [1]showコマンドの説明を参照してください。

stash.showStat

If this is set to true, the git stash show command without an option will show diffstat of the stash entry. Defaults to true. See description of show command in git-stash[1].これがtrueに設定されている場合、git stash showオプションなしのコマンドは隠し項目のdiffstatを表示します。デフォルトはtrueです。git-stash [1]showコマンドの説明を参照してください。

submodule.<name>.url サブモジュール。<名前> .url

The URL for a submodule. This variable is copied from the .gitmodules file to the git config via git submodule init. The user can change the configured URL before obtaining the submodule via git submodule update. If neither submodule.<name>.active or submodule.active are set, the presence of this variable is used as a fallback to indicate whether the submodule is of interest to git commands. See git-submodule[1] and gitmodules[5] for details.サブモジュールのURL。この変数は、git submodule initを介して.gitmodulesファイルからgit configにコピーされます。ユーザはgit submodule updateを通してサブモジュールを取得する前に設定されたURLを変更することができます。submodule。<name> .activeもsubmodule.activeも設定されていない場合、この変数の存在は、サブモジュールがgitコマンドにとって重要かどうかを示すフォールバックとして使用されます。詳細はgit-submodule [1]gitmodules [5]をご覧ください。

submodule.<name>.update サブモジュール。<名前> .update

The method by which a submodule is updated by git submodule update, which is the only affected command, others such as git checkout --recurse-submodules are unaffected. It exists for historical reasons, when git submodule was the only command to interact with submodules; settings like submodule.active and pull.rebase are more specific. It is populated by git submodule init from the gitmodules[5] file. See description of update command in git-submodule[1].唯一の影響を受けるコマンドであるgit submodule updateによってサブモジュールが更新される方法、git checkout --recurse-submodulesなどの他のものは影響を受けません。歴史的な理由で、git submoduleがサブモジュールと対話するための唯一のコマンドであったときに存在します。設定が好きsubmodule.activepull.rebase、より具体的です。gitmodules [5]ファイルgit submodule initから読み込まれます。git-submodule [1]updateコマンドの説明を参照してください。

submodule.<name>.branch サブモジュール。<名前> .branch

The remote branch name for a submodule, used by git submodule update --remote. Set this option to override the value found in the .gitmodules file. See git-submodule[1] and gitmodules[5] for details.によって使用されるサブモジュールのリモートブランチ名git submodule update --remote。このオプションを設定して、.gitmodulesファイル内の値を上書きします。詳細はgit-submodule [1]gitmodules [5]をご覧ください。

submodule.<name>.fetchRecurseSubmodules submodule。<name> .fetchRecurseSubmodules

This option can be used to control recursive fetching of this submodule. It can be overridden by using the --[no-]recurse-submodules command-line option to "git fetch" and "git pull". This setting will override that from in the gitmodules[5] file.このオプションは、このサブモジュールの再帰的フェッチを制御するために使用できます。"git fetch"と "git pull"に - [no-] recurse-submodulesコマンドラインオプションを使うことで上書きできます。この設定はgitmodules [5]ファイルの設定を上書きします。

submodule.<name>.ignore サブモジュール。<名前> .ignore

Defines under what circumstances "git status" and the diff family show a submodule as modified. When set to "all", it will never be considered modified (but it will nonetheless show up in the output of status and commit when it has been staged), "dirty" will ignore all changes to the submodules work tree and takes only differences between the HEAD of the submodule and the commit recorded in the superproject into account. "untracked" will additionally let submodules with modified tracked files in their work tree show up. Using "none" (the default when this option is not set) also shows submodules that have untracked files in their work tree as changed. This setting overrides any setting made in .gitmodules for this submodule, both settings can be overridden on the command line by using the "--ignore-submodules" option. The git submodule commands are not affected by this setting.どのような状況下で "git status"とdiffファミリが変更されたサブモジュールを表示するかを定義します。"all"に設定すると、変更されたとは見なされません(ただし、ステータスの出力に表示され、ステージングされたときにコミットされます)。サブモジュールのHEADとスーパープロジェクトに記録されたコミットとの間。「追跡されていない」とは、追跡されたファイルが変更されたサブモジュールの作業ツリーが表示されるようになります。"none"(このオプションが設定されていないときのデフォルト)を使用すると、ワークツリー内の未追跡ファイルが変更されたサブモジュールも表示されます。この設定は、このサブモジュールの.gitmodulesで行われた設定をオーバーライドします。両方の設定は、コマンドラインで次のように指定してオーバーライドできます。git submoduleコマンドはこの設定の影響を受けません。

submodule.<name>.active submodule。<名前> .active

Boolean value indicating if the submodule is of interest to git commands. This config option takes precedence over the submodule.active config option. See gitsubmodules[7] for details.サブモジュールがgitコマンドにとって重要かどうかを示すブール値。この設定オプションはsubmodule.active設定オプションよりも優先されます。詳細はgitsubmodules [7]を見てください。

submodule.active

A repeated field which contains a pathspec used to match against a submodule’s path to determine if the submodule is of interest to git commands. See gitsubmodules[7] for details.サブモジュールがgitコマンドにとって重要かどうかを判断するためにサブモジュールのパスと突き合わせるために使用されるパス指定を含む繰り返しフィールド。詳細はgitsubmodules [7]を見てください。

submodule.recurse

Specifies if commands recurse into submodules by default. This applies to all commands that have a --recurse-submodules option, except clone. Defaults to false.デフォルトでコマンドがサブモジュールに再帰するかどうかを指定します。これは、--recurse-submodulesオプションを含むすべてのコマンドに適用されますclone。デフォルトはfalseです。

submodule.fetchJobs

Specifies how many submodules are fetched/cloned at the same time. A positive integer allows up to that number of submodules fetched in parallel. A value of 0 will give some reasonable default. If unset, it defaults to 1.同時に取得または複製されるサブモジュールの数を指定します。正の整数は、並行してフェッチされるサブモジュールの最大数を許可します。値0は合理的なデフォルト値を与えます。設定しない場合は、デフォルトの1になります。

submodule.alternateLocation

Specifies how the submodules obtain alternates when submodules are cloned. Possible values are no, superproject. By default no is assumed, which doesn’t add references. When the value is set to superproject the submodule to be cloned computes its alternates location relative to the superprojects alternate.サブモジュールのクローン作成時にサブモジュールが代替を取得する方法を指定します。可能な値はnosuperprojectです。デフォルトでnoは、参照は追加されないと想定されています。値がsuperprojectクローン作成されるサブモジュールに設定されると、スーパープロジェクトの代替オブジェクトに対する代替オブジェクトの場所が計算されます。

submodule.alternateErrorStrategy

Specifies how to treat errors with the alternates for a submodule as computed via submodule.alternateLocation. Possible values are ignore, info, die. Default is die.で計算されたサブモジュールの代替処理でエラーを処理する方法を指定しますsubmodule.alternateLocation。可能な値はignoreinfodie。デフォルトはdieです。

tag.forceSignAnnotated

A boolean to specify whether annotated tags created should be GPG signed. If --annotate is specified on the command line, it takes precedence over this option.作成された注釈付きタグをGPG署名するかどうかを指定するブール値。--annotateがコマンドラインで指定されている場合は、このオプションよりも優先されます。

tag.sort

This variable controls the sort ordering of tags when displayed by git-tag[1]. Without the "--sort=<value>" option provided, the value of this variable will be used as the default.この変数はgit-tag [1]で表示されるときのタグのソート順を制御します。"--sort = <value>"オプションを指定しないと、この変数の値がデフォルトとして使用されます。

tar.umask

This variable can be used to restrict the permission bits of tar archive entries. The default is 0002, which turns off the world write bit. The special value "user" indicates that the archiving user’s umask will be used instead. See umask(2) and git-archive[1].この変数は、tarアーカイブエントリの許可ビットを制限するために使用できます。デフォルトは0002で、これはワールド書き込みビットをオフにします。特別な値 "user"は、アーカイブユーザーのumaskが代わりに使用されることを示します。umask(2)とgit-archive [1]を参照してください。

transfer.fsckObjects

When fetch.fsckObjects or receive.fsckObjects are not set, the value of this variable is used instead. Defaults to false.ときfetch.fsckObjects、またはreceive.fsckObjects設定されていない、この変数の値が代わりに使用されます。デフォルトはfalseです。

When set, the fetch or receive will abort in the case of a malformed object or a link to a nonexistent object. In addition, various other issues are checked for, including legacy issues (see fsck.<msg-id>), and potential security issues like the existence of a .GIT directory or a malicious .gitmodules file (see the release notes for v2.2.1 and v2.17.1 for details). Other sanity and security checks may be added in future releases.設定されていると、不正なオブジェクトや存在しないオブジェクトへのリンクの場合、フェッチまたは受信は中止されます。さらに、レガシーの問題(を参照fsck.<msg-id>)や、.GITディレクトリや悪意のある.gitmodulesファイルの存在などの潜在的なセキュリティの問題(詳細については、v2.2.1とv2.17.1のリリースノートを参照してください)を含む、その他のさまざまな問題がチェックされます。他の健全性とセキュリティのチェックは将来のリリースで追加されるかもしれません。

On the receiving side, failing fsckObjects will make those objects unreachable, see "QUARANTINE ENVIRONMENT" in git-receive-pack[1]. On the fetch side, malformed objects will instead be left unreferenced in the repository.受信側では、fsckObjectsが失敗するとそれらのオブジェクトに到達できなくなります。git -receive-pack [1]の "QUARANTINE ENVIRONMENT"を参照してください。取得側では、不正な形式のオブジェクトは代わりにリポジトリ内で参照されないままになります。

Due to the non-quarantine nature of the fetch.fsckObjects implementation it can not be relied upon to leave the object store clean like receive.fsckObjects can.fetch.fsckObjects実装の非検疫的性質のために、オブジェクトストアをreceive.fsckObjects缶のようにきれいにしておくことに頼ることはできません。

As objects are unpacked they’re written to the object store, so there can be cases where malicious objects get introduced even though the "fetch" failed, only to have a subsequent "fetch" succeed because only new incoming objects are checked, not those that have already been written to the object store. That difference in behavior should not be relied upon. In the future, such objects may be quarantined for "fetch" as well.オブジェクトが解凍されると、それらはオブジェクトストアに書き込まれるので、「取得」が失敗しても悪意のあるオブジェクトが導入され、新しい受信オブジェクトのみがチェックされるので後続の「取得」が成功する場合があります。それはすでにオブジェクトストアに書き込まれています。その行動の違いは信頼されるべきではありません。将来的には、そのようなオブジェクトは「フェッチ」のために隔離される可能性があります。

For now, the paranoid need to find some way to emulate the quarantine environment if they’d like the same protection as "push". E.g. in the case of an internal mirror do the mirroring in two steps, one to fetch the untrusted objects, and then do a second "push" (which will use the quarantine) to another internal repo, and have internal clients consume this pushed-to repository, or embargo internal fetches and only allow them once a full "fsck" has run (and no new fetches have happened in the meantime).今のところ、妄想者が「プッシュ」と同じ保護を望むのであれば、隔離環境をエミュレートするための何らかの方法を見つける必要があります。たとえば、内部ミラーの場合、2つのステップでミラーリングを行います。1つは信頼できないオブジェクトを取得し、次にもう1つの内部リポジトリに「プッシュ」(検疫を使用する)して、内部クライアントにこのプッシュを消費させる方法です。完全な "fsck"が実行された(そしてその間に新しいフェッチが行われなかった)場合に限り、それらをリポジトリに格納するか、または内部フェッチを禁止します。

transfer.hideRefs

String(s) receive-pack and upload-pack use to decide which refs to omit from their initial advertisements. Use more than one definition to specify multiple prefix strings. A ref that is under the hierarchies listed in the value of this variable is excluded, and is hidden when responding to git push or git fetch. See receive.hideRefs and uploadpack.hideRefs for program-specific versions of this config.最初の広告からどの参照を除外するかを決定するための文字列receive-packupload-pack使用。複数の接頭辞文字列を指定するには、複数の定義を使用してください。この変数の値にリストされている階層の下にある参照は除外され、git pushまたはに応答すると非表示になりgit fetchます。参照receive.hideRefsしてuploadpack.hideRefs、この設定のプログラム固有のバージョンの。

You may also include a ! in front of the ref name to negate the entry, explicitly exposing it, even if an earlier entry marked it as hidden. If you have multiple hideRefs values, later entries override earlier ones (and entries in more-specific config files override less-specific ones).また!、以前のエントリで非表示としてマークされていても、エントリを無効にして明示的に表示するために、ref名の前にを含めることもできます。hideRefsの値が複数ある場合は、後のエントリが前のエントリを上書きします(より具体的な設定ファイルのエントリは、それほど限定的ではないエントリを上書きします)。

If a namespace is in use, the namespace prefix is stripped from each reference before it is matched against transfer.hiderefs patterns. For example, if refs/heads/master is specified in transfer.hideRefs and the current namespace is foo, then refs/namespaces/foo/refs/heads/master is omitted from the advertisements but refs/heads/master and refs/namespaces/bar/refs/heads/master are still advertised as so-called "have" lines. In order to match refs before stripping, add a ^ in front of the ref name. If you combine ! and ^, ! must be specified first.名前空間が使用されている場合、名前空間接頭辞はtransfer.hiderefsパターンと照合される前に各参照から取り除かれます。たとえば、refs/heads/masterで指定されtransfer.hideRefs、現在の名前空間がありfoo、その後、refs/namespaces/foo/refs/heads/master広告から省略されているが、refs/heads/masterrefs/namespaces/bar/refs/heads/masterはまだ、いわゆる「持っている」ラインとして宣伝されています。削除する前に参照を一致させるに^は、参照名の前にを追加します。あなたが結合した場合!^!最初に指定する必要があります。

Even if you hide refs, a client may still be able to steal the target objects via the techniques described in the "SECURITY" section of the gitnamespaces[7] man page; it’s best to keep private data in a separate repository.refを隠しても、クライアントはgitnamespaces [7]の manページの "SECURITY"セクションで説明されているテクニックを使ってターゲットオブジェクトを盗むことができるかもしれません。プライベートデータを別のリポジトリに保存するのが最善です。

transfer.unpackLimit

When fetch.unpackLimit or receive.unpackLimit are not set, the value of this variable is used instead. The default value is 100.ときfetch.unpackLimit、またはreceive.unpackLimit設定されていない、この変数の値が代わりに使用されます。デフォルト値は100です。

uploadarchive.allowUnreachable

If true, allow clients to use git archive --remote to request any tree, whether reachable from the ref tips or not. See the discussion in the "SECURITY" section of git-upload-archive[1] for more details. Defaults to false.trueの場合git archive --remote、参照のヒントから到達可能かどうかにかかわらず、クライアントが任意のツリーを要求するために使用できるようにします。詳細についてはgit-upload-archive [1]の "SECURITY"セクションの議論を参照してください。デフォルトはfalseです。

uploadpack.hideRefs

This variable is the same as transfer.hideRefs, but applies only to upload-pack (and so affects only fetches, not pushes). An attempt to fetch a hidden ref by git fetch will fail. See also uploadpack.allowTipSHA1InWant.この変数は同じですが、transfer.hideRefsにだけ適用されますupload-pack(そして、プッシュには影響せず、フェッチにのみ影響します)。によって隠された参照を取得しようとしてgit fetchも失敗します。もご覧くださいuploadpack.allowTipSHA1InWant

uploadpack.allowTipSHA1InWant

When uploadpack.hideRefs is in effect, allow upload-pack to accept a fetch request that asks for an object at the tip of a hidden ref (by default, such a request is rejected). See also uploadpack.hideRefs. Even if this is false, a client may be able to steal objects via the techniques described in the "SECURITY" section of the gitnamespaces[7] man page; it’s best to keep private data in a separate repository.uploadpack.hideRefsが有効になっているときupload-packに、隠し参照の先端にあるオブジェクトを要求するフェッチ要求を受け入れることを許可します(デフォルトでは、このような要求は拒否されます)。もご覧くださいuploadpack.hideRefs。これが偽であっても、クライアントはgitnamespaces [7]の manページの "SECURITY"セクションに記述されているテクニックによってオブジェクトを盗むことができるかもしれません。プライベートデータを別のリポジトリに保存するのが最善です。

uploadpack.allowReachableSHA1InWant

Allow upload-pack to accept a fetch request that asks for an object that is reachable from any ref tip. However, note that calculating object reachability is computationally expensive. Defaults to false. Even if this is false, a client may be able to steal objects via the techniques described in the "SECURITY" section of the gitnamespaces[7] man page; it’s best to keep private data in a separate repository.upload-packどのref tipからも到達可能なオブジェクトを要求するフェッチ要求を受け入れることを許可します。ただし、オブジェクトの到達可能性の計算は計算量が多いことに注意してください。デフォルトはfalseです。これが偽であっても、クライアントはgitnamespaces [7]の manページの "SECURITY"セクションに記述されているテクニックによってオブジェクトを盗むことができるかもしれません。プライベートデータを別のリポジトリに保存するのが最善です。

uploadpack.allowAnySHA1InWant

Allow upload-pack to accept a fetch request that asks for any object at all. Defaults to false.upload-packまったくオブジェクトを要求する取得要求を受け入れることを許可します。デフォルトはfalseです。

uploadpack.keepAlive

When upload-pack has started pack-objects, there may be a quiet period while pack-objects prepares the pack. Normally it would output progress information, but if --quiet was used for the fetch, pack-objects will output nothing at all until the pack data begins. Some clients and networks may consider the server to be hung and give up. Setting this option instructs upload-pack to send an empty keepalive packet every uploadpack.keepAlive seconds. Setting this option to 0 disables keepalive packets entirely. The default is 5 seconds.upload-pack開始したとき、パックpack-objectspack-objects準備する間、静かな期間があるかもしれません。通常は進捗情報を出力しますが--quiet、取得に使用した場合はpack-objects、パックデータが始まるまで何も出力しません。クライアントやネットワークによっては、サーバーがハングアップしてあきらめていると見なす可能性があります。このオプションを設定upload-packすると、空のキープアライブパケットを毎秒送信するように指示されますuploadpack.keepAlive。このオプションを0に設定すると、キープアライブパケットが完全に無効になります。デフォルトは5秒です。

uploadpack.packObjectsHook

If this option is set, when upload-pack would run git pack-objects to create a packfile for a client, it will run this shell command instead. The pack-objects command and arguments it would have run (including the git pack-objects at the beginning) are appended to the shell command. The stdin and stdout of the hook are treated as if pack-objects itself was run. I.e., upload-pack will feed input intended for pack-objects to the hook, and expects a completed packfile on stdout.このオプションが設定されていると、クライアント用のパックファイルを作成するときupload-packに実行され、git pack-objects代わりにこのシェルコマンドが実行されます。pack-objectsそれは、コマンドと引数です(を含む実行したことがgit pack-objects始まりでは)シェルコマンドに追加されます。フックの標準入力と標準出力は、pack-objectsそれ自体が実行されたかのように扱われます。すなわち、フックにupload-pack向けpack-objectsられた入力を送り、標準出力に完成したパックファイルを期待します。

Note that this configuration variable is ignored if it is seen in the repository-level config (this is a safety measure against fetching from untrusted repositories).この設定変数は、リポジトリレベルの設定で見れば無視されることに注意してください(これは信頼できないリポジトリからのフェッチに対する安全対策です)。

uploadpack.allowFilter

If this option is set, upload-pack will support partial clone and partial fetch object filtering.このオプションを設定すると、upload-pack部分クローンおよび部分フェッチオブジェクトのフィルタリングがサポートされます。

uploadpack.allowRefInWant

If this option is set, upload-pack will support the ref-in-want feature of the protocol version 2 fetch command. This feature is intended for the benefit of load-balanced servers which may not have the same view of what OIDs their refs point to due to replication delay.このオプションが設定されている場合、protocol version 2 コマンドの機能をupload-packサポートしref-in-wantますfetch。この機能は、レプリケーション遅延のために参照が示すOIDが同じであるとは見なされない可能性がある、負荷分散サーバーの利点を目的としています。

url.<base>.insteadOf <ベース> .insteadOf

Any URL that starts with this value will be rewritten to start, instead, with <base>. In cases where some site serves a large number of repositories, and serves them with multiple access methods, and some users need to use different access methods, this feature allows people to specify any of the equivalent URLs and have Git automatically rewrite the URL to the best alternative for the particular user, even for a never-before-seen repository on the site. When more than one insteadOf strings match a given URL, the longest match is used.この値で始まるURLはすべて<base>で始まるように書き換えられます。あるサイトが多数のリポジトリを提供していて、それらを複数のアクセス方法で提供していて、一部のユーザーが異なるアクセス方法を使用する必要がある場合、この機能によりユーザーは同等のURLを指定してGitに自動的にURLを書き換えます。これまでに見たことのないサイトのリポジトリであっても、特定のユーザにとって最良の選択肢です。特定のURLに複数の代わりの文字列が一致する場合は、最長の一致が使用されます。

Note that any protocol restrictions will be applied to the rewritten URL. If the rewrite changes the URL to use a custom protocol or remote helper, you may need to adjust the protocol.*.allow config to permit the request. In particular, protocols you expect to use for submodules must be set to always rather than the default of user. See the description of protocol.allow above.書き換えられたURLにはプロトコルの制限が適用されます。書き換えによってカスタムプロトコルまたはリモートヘルパーを使用するようにURLが変更された場合はprotocol.*.allow、要求を許可するように設定を調整する必要があります。特に、サブモジュールに使用する予定のプロトコルalwaysは、デフォルトののではなくに設定する必要がありますuserprotocol.allow上記の説明を参照してください。

url.<base>.pushInsteadOf url。<base> .pushInsteadOf

Any URL that starts with this value will not be pushed to; instead, it will be rewritten to start with <base>, and the resulting URL will be pushed to. In cases where some site serves a large number of repositories, and serves them with multiple access methods, some of which do not allow push, this feature allows people to specify a pull-only URL and have Git automatically use an appropriate URL to push, even for a never-before-seen repository on the site. When more than one pushInsteadOf strings match a given URL, the longest match is used. If a remote has an explicit pushurl, Git will ignore this setting for that remote.この値で始まるURLはプッシュされません。代わりに、<base>で始まるように書き換えられ、結果のURLがプッシュされます。あるサイトが多数のリポジトリを提供し、それらがプッシュを許可しないアクセス方法でそれらを提供する場合、この機能はプル専用URLを指定し、Gitが適切なURLをプッシュに自動的に使用することを可能にします。これまでに見たことのないサイトのリポジトリでも。特定のURLに複数のpushInsteadOf文字列が一致する場合は、最も長い一致が使用されます。リモートに明示的なpushurlがある場合、Gitはそのリモートに対するこの設定を無視します。

user.email

Your email address to be recorded in any newly created commits. Can be overridden by the GIT_AUTHOR_EMAIL, GIT_COMMITTER_EMAIL, and EMAIL environment variables. See git-commit-tree[1].新しく作成されたコミットに記録されるあなたのEメールアドレス。で上書きすることができGIT_AUTHOR_EMAILGIT_COMMITTER_EMAILおよびEMAIL環境変数。git-commit-tree [1]を参照してください。

user.name

Your full name to be recorded in any newly created commits. Can be overridden by the GIT_AUTHOR_NAME and GIT_COMMITTER_NAME environment variables. See git-commit-tree[1].新たに作成されたコミットに記録されるあなたのフルネーム。GIT_AUTHOR_NAMEGIT_COMMITTER_NAME環境変数によって上書きすることができます。git-commit-tree [1]を参照してください。

user.useConfigOnly

Instruct Git to avoid trying to guess defaults for user.email and user.name, and instead retrieve the values only from the configuration. For example, if you have multiple email addresses and would like to use a different one for each repository, then with this configuration option set to true in the global config along with a name, Git will prompt you to set up an email before making new commits in a newly cloned repository. Defaults to false.user.emailandのデフォルトを推測しようuser.nameとせずに、代わりに設定からのみ値を取得するようにGitに指示します。たとえば、複数の電子メールアドレスがあり、リポジトリごとに異なるアドレスを使用する場合trueは、グローバル設定でこの設定オプションを名前と共に設定すると、Gitは新しいコミットを行う前に電子メールを設定するように要求します。新しくクローンされたリポジトリに。デフォルトはfalseです。

user.signingKey

If git-tag[1] or git-commit[1] is not selecting the key you want it to automatically when creating a signed tag or commit, you can override the default selection with this variable. This option is passed unchanged to gpg’s --local-user parameter, so you may specify a key using any method that gpg supports.場合は、[1]のgit-タグgitのコミット[1]したいキーを選択されていない、それは自動的に署名したタグを作成するか、コミットするとき、あなたはこの変数にデフォルトの選択を上書きすることができます。このオプションはgpgの--local-userパラメータに変更されずに渡されるので、gpgがサポートする任意の方法を使用してキーを指定できます。

versionsort.prereleaseSuffix (deprecated) versionsort.prereleaseSuffix(廃止予定)

Deprecated alias for versionsort.suffix. Ignored if versionsort.suffix is set.の廃止予定のエイリアスversionsort.suffixversionsort.suffix設定されている場合は無視されます。

versionsort.suffix

Even when version sort is used in git-tag[1], tagnames with the same base version but different suffixes are still sorted lexicographically, resulting e.g. in prerelease tags appearing after the main release (e.g. "1.0-rc1" after "1.0"). This variable can be specified to determine the sorting order of tags with different suffixes.バージョンソートがgit-tag [1]で使用されている場合でも、基本バージョンは同じだが接尾辞が異なるタグ名は、辞書式にソートされ、メインリリース後にプレリリースタグが表示されます(例えば "1.0-rc1" "1.0"の後)。 。この変数を指定して、サフィックスが異なるタグのソート順を決定できます。

By specifying a single suffix in this variable, any tagname containing that suffix will appear before the corresponding main release. E.g. if the variable is set to "-rc", then all "1.0-rcX" tags will appear before "1.0". If specified multiple times, once per suffix, then the order of suffixes in the configuration will determine the sorting order of tagnames with those suffixes. E.g. if "-pre" appears before "-rc" in the configuration, then all "1.0-preX" tags will be listed before any "1.0-rcX" tags. The placement of the main release tag relative to tags with various suffixes can be determined by specifying the empty suffix among those other suffixes. E.g. if the suffixes "-rc", "", "-ck" and "-bfs" appear in the configuration in this order, then all "v4.8-rcX" tags are listed first, followed by "v4.8", then "v4.8-ckX" and finally "v4.8-bfsX".この変数に単一の接尾辞を指定することによって、その接尾辞を含むタグ名は、対応するメインリリースの前に現れます。たとえば、変数が "-rc"に設定されている場合、すべての "1.0-rcX"タグは "1.0"の前に表示されます。サフィックスごとに1回、複数回指定された場合は、構成内のサフィックスの順序によって、それらのサフィックスを持つタグ名のソート順が決まります。たとえば、設定で "-rc"の前に "-pre"がある場合、すべての "1.0-preX"タグが "1.0-rcX"タグの前に表示されます。さまざまな接尾辞を持つタグに対するメインリリースタグの配置は、それらの他の接尾辞の中から空の接尾辞を指定することによって決定できます。例えば、接尾辞が "-rc"、 ""、 "--ck"、 " - bfs"の場合

If more than one suffixes match the same tagname, then that tagname will be sorted according to the suffix which starts at the earliest position in the tagname. If more than one different matching suffixes start at that earliest position, then that tagname will be sorted according to the longest of those suffixes. The sorting order between different suffixes is undefined if they are in multiple config files.複数のサフィックスが同じタグ名と一致する場合、そのタグ名はタグ名の最も早い位置から始まるサフィックスに従ってソートされます。複数の異なる一致サフィックスがその最も早い位置から始まる場合、そのタグ名はそれらのサフィックスのうちの最も長いものに従ってソートされます。異なるサフィックス間のソート順は、それらが複数の設定ファイルにある場合は未定義です。

web.browser ウェブブラウザ

Specify a web browser that may be used by some commands. Currently only git-instaweb[1] and git-help[1] may use it.一部のコマンドで使用される可能性があるWebブラウザを指定します。現在git-instaweb [1]git-help [1]だけがそれを使用できます。

worktree.guessRemote

If no branch is specified and neither -b nor -B nor --detach is used, then git worktree add defaults to creating a new branch from HEAD. If worktree.guessRemote is set to true, worktree add tries to find a remote-tracking branch whose name uniquely matches the new branch name. If such a branch exists, it is checked out and set as "upstream" for the new branch. If no such match can be found, it falls back to creating a new branch from the current HEAD.ブランチが指定されておら-bず、-Bまたどちらも--detach使用されていない場合は、git worktree addデフォルトでHEADから新しいブランチを作成します。場合はworktree.guessRemotetrueに設定され、worktree add名前が一意に新しいブランチ名と一致するリモート追跡ブランチを見つけようとします。そのようなブランチが存在する場合、それはチェックアウトされて新しいブランチの「アップストリーム」として設定されます。そのような一致が見つからない場合は、現在のHEADから新しいブランチを作成することになります。

BUGSバグ

When using the deprecated [section.subsection] syntax, changing a value will result in adding a multi-line key instead of a change, if the subsection is given with at least one uppercase character. For example when the config looks like推奨されていない[section.subsection]構文を使用しているときに、サブセクションが少なくとも1つの大文字で指定されている場合、値を変更すると変更ではなく複数行のキーが追加されます。たとえば、設定が次のようになっているとします。

  [section.subsection]
    key = value1

and running git config section.Subsection.key value2 will result in実行git config section.Subsection.key value2すると、

  [section.subsection]
    key = value1
    key = value2

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

letter-spacingを指定した要素内で「ー」と直後の文字とが重なる

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る