pull

NAME

git-pull - Fetch from and integrate with another repository or a local branchgit-pull - 他のリポジトリやローカルブランチから取得して統合する

SYNOPSIS概要

git pull [<options>] [<repository> [<refspec>…​]]

DESCRIPTION説明

Incorporates changes from a remote repository into the current branch. In its default mode, git pull is shorthand for git fetch followed by git merge FETCH_HEAD.リモートリポジトリからの変更を現在のブランチに組み込みます。そのデフォルトモードでgit pullは、のgit fetch後に続くの省略形ですgit merge FETCH_HEAD

More precisely, git pull runs git fetch with the given parameters and calls git merge to merge the retrieved branch heads into the current branch. With --rebase, it runs git rebase instead of git merge.より正確には、git pullは与えられたパラメータでgit fetchを実行し、git mergeを呼び出して検索されたブランチヘッドを現在のブランチにマージします。で--rebase、それが実行さGitのリベースの代わりに、Gitのマージを

<repository> should be the name of a remote repository as passed to git-fetch[1]. <refspec> can name an arbitrary remote ref (for example, the name of a tag) or even a collection of refs with corresponding remote-tracking branches (e.g., refs/heads/*:refs/remotes/origin/*), but usually it is the name of a branch in the remote repository.<repository>はgit-fetch [1]に渡されるリモートリポジトリの名前です。<refspec>は任意のリモート参照(例えばタグの名前)、あるいは対応するリモート追跡ブランチを持つ参照の集まり(例:refs / heads / *:refs / remotes / origin / *)でもいいです。通常、これはリモートリポジトリのブランチの名前です。

Default values for <repository> and <branch> are read from the "remote" and "merge" configuration for the current branch as set by git-branch[1] --track.<repository>と<branch>のデフォルト値は、git-branch [1]で 設定されている現在のブランチの "remote"と "merge"の設定から読み込まれます--track

Assume the following history exists and the current branch is "master":次の履歴が存在し、現在のブランチが " master"であるとします。

	  A---B---C master on origin
	 /
    D---E---F---G master
	^
	origin/master in your repository

Then "git pull" will fetch and replay the changes from the remote master branch since it diverged from the local master (i.e., E) until its current commit (C) on top of master and record the result in a new commit along with the names of the two parent commits and a log message from the user describing the changes.そして、「git pull」フェッチおよびリモートからの変更を再生しますmaster、それは地元から分岐するので枝master(すなわち、E(コミットその現在まで)Cの上に)master2つの親の名前と一緒にコミットし、新しい中に結果を記録しコミットし、変更を説明するユーザーからのログメッセージ。

	  A---B---C origin/master
	 /         \
    D---E---F---G---H master

See git-merge[1] for details, including how conflicts are presented and handled.競合の表示や処理方法など、詳細についてはgit-merge [1]を参照してください。

In Git 1.7.0 or later, to cancel a conflicting merge, use git reset --merge. Warning: In older versions of Git, running git pull with uncommitted changes is discouraged: while possible, it leaves you in a state that may be hard to back out of in the case of a conflict.Git 1.7.0以降では、競合するマージをキャンセルするにはを使用してくださいgit reset --merge警告:古いバージョンのGitでは、コミットされていない変更を加えてgit pullを実行することはお勧めできません。可能であれば、競合が発生した場合に元に戻すことが困難な状態になる可能性があります。

If any of the remote changes overlap with local uncommitted changes, the merge will be automatically canceled and the work tree untouched. It is generally best to get any local changes in working order before pulling or stash them away with git-stash[1].リモートの変更のいずれかがローカルのコミットされていない変更と重複する場合、マージは自動的にキャンセルされ、作業ツリーは変更されません。一般的には、git-stash [1]でそれらを引っ張ったり隠したりする前に、作業順序にローカルな変更を加えるのが最善です。

OPTIONSオプション

-q
--quiet - 静か

This is passed to both underlying git-fetch to squelch reporting of during transfer, and underlying git-merge to squelch output during merging.これは、転送中の基礎となるgit-fetchからスケルチへの報告と、マージ中の基礎となるgit-mergeからスケルチへの出力の両方に渡されます。

-v
--verbose - 冗談

Pass --verbose to git-fetch and git-merge.--verboseをgit-fetchとgit-mergeに渡します。

--[no-]recurse-submodules[=yes|on-demand|no] - [no-] recurse-submodules [= yes | on-demand | no]

This option controls if new commits of all populated submodules should be fetched and updated, too (see git-config[1] and gitmodules[5]).このオプションは、すべての投入されたサブモジュールの新しいコミットを取得して更新する必要があるかどうかも制御します(git-config [1]gitmodules [5]を参照)。

If the checkout is done via rebase, local submodule commits are rebased as well.チェックアウトがリベースを介して行われる場合、ローカルサブモジュールのコミットもリベースされます。

If the update is done via merge, the submodule conflicts are resolved and checked out.更新がマージによって行われた場合、サブモジュールの競合は解決され、チェックアウトされます。

--commit - コミット
--no-commit

Perform the merge and commit the result. This option can be used to override --no-commit.マージを実行して結果を確定します。このオプションは--no-commitを上書きするために使用できます。

With --no-commit perform the merge but pretend the merge failed and do not autocommit, to give the user a chance to inspect and further tweak the merge result before committing.--no-commitを指定すると、マージを実行しますが、失敗したとみなして自動コミットしないようにします。これにより、コミットする前にユーザーがマージ結果を調べてさらに調整することができます。

--edit - 編集
-e
--no-edit

Invoke an editor before committing successful mechanical merge to further edit the auto-generated merge message, so that the user can explain and justify the merge. The --no-edit option can be used to accept the auto-generated message (this is generally discouraged).自動生成されたマージメッセージをさらに編集するために正常な機械的マージをコミットする前にエディタを呼び出して、ユーザがマージを説明して正当化できるようにします。この--no-editオプションは自動生成されたメッセージを受け入れるために使うことができます(これは一般的にはお勧めできません)。

Older scripts may depend on the historical behaviour of not allowing the user to edit the merge log message. They will see an editor opened when they run git merge. To make it easier to adjust such scripts to the updated behaviour, the environment variable GIT_MERGE_AUTOEDIT can be set to no at the beginning of them.古いスクリプトは、ユーザーがマージログメッセージを編集できないという過去の動作に依存する可能性があります。実行するとエディタが開きますgit merge。そのようなスクリプトを更新された動作に合わせやすくするために、環境変数GIT_MERGE_AUTOEDITをスクリプトnoの先頭に設定することができます。

--ff

When the merge resolves as a fast-forward, only update the branch pointer, without creating a merge commit. This is the default behavior.マージが早送りとして解決した場合は、マージコミットを作成せずに分岐ポインタのみを更新します。これがデフォルトの動作です。

--no-ff

Create a merge commit even when the merge resolves as a fast-forward. This is the default behaviour when merging an annotated (and possibly signed) tag that is not stored in its natural place in refs/tags/ hierarchy.マージが早送りとして解決された場合でもマージコミットを作成します。これは、refs / tags / hierarchyの本来の場所に格納されていない注釈付き(そしておそらく署名付き)タグをマージするときのデフォルトの動作です。

--ff-only

Refuse to merge and exit with a non-zero status unless the current HEAD is already up to date or the merge can be resolved as a fast-forward.現在HEADが最新であるか、マージが早送りとして解決できる場合を除き、マージを拒否してゼロ以外のステータスで終了します。

-S[<keyid>] -S [<keyid>]
--gpg-sign[=<keyid>] --gpg-sign [= <keyid>]

GPG-sign the resulting merge commit. The keyid argument is optional and defaults to the committer identity; if specified, it must be stuck to the option without a space.結果のマージコミットにGPG署名します。keyid引数はコミッターのアイデンティティオプションで、デフォルトです。指定した場合は、スペースなしでオプションに固定する必要があります。

--log[=<n>] --log [= <n>]
--no-log

In addition to branch names, populate the log message with one-line descriptions from at most <n> actual commits that are being merged. See also git-fmt-merge-msg[1].ブランチ名に加えて、マージされている最大<n>個の実際のコミットからの1行の説明をログメッセージに入れます。git-fmt-merge-msg [1]もご覧ください。

With --no-log do not list one-line descriptions from the actual commits being merged.--no-logを使用すると、マージされている実際のコミットから1行の説明を表示しません。

--signoff - サインオフ
--no-signoff

Add Signed-off-by line by the committer at the end of the commit log message. The meaning of a signoff depends on the project, but it typically certifies that committer has the rights to submit this work under the same license and agrees to a Developer Certificate of Origin (see http://developercertificate.org/ for more information).コミットログメッセージの最後に、コミッターによるサインオフラインを追加します。承認の意味はプロジェクトによって異なりますが、通常、コミッターは同じライセンスの下でこの作品を送信する権利を持っていることを証明し、開発者証明書に同意します(詳細についてはhttp://developercertificate.org/を参照)。

With --no-signoff do not add a Signed-off-by line.--no-signoffを使用すると、Signed-off-by行を追加しません。

--stat - スタット
-n
--no-stat

Show a diffstat at the end of the merge. The diffstat is also controlled by the configuration option merge.stat.マージの終わりにdiffstatを表示します。diffstatは設定オプションmerge.statによっても制御されます。

With -n or --no-stat do not show a diffstat at the end of the merge.-nまたは--no-statを指定すると、マージの最後にdiffstatを表示しません。

--squash - 押しつぶす
--no-squash - スカッシュなし

Produce the working tree and index state as if a real merge happened (except for the merge information), but do not actually make a commit, move the HEAD, or record $GIT_DIR/MERGE_HEAD (to cause the next git commit command to create a merge commit). This allows you to create a single commit on top of the current branch whose effect is the same as merging another branch (or more in case of an octopus).実際のマージが行われたかのように(マージ情報を除いて)作業ツリーとインデックスの状態を生成しますが、実際にはコミットを行わずHEAD、またはレコードを移動します$GIT_DIR/MERGE_HEAD(次のgit commitコマンドでマージコミットを作成します)。これにより、現在のブランチの上に単一のコミットを作成でき、その効果は別のブランチをマージするのと同じです(またはタコの場合はそれ以上)。

With --no-squash perform the merge and commit the result. This option can be used to override --squash.--no-squashを使用すると、マージを実行して結果をコミットします。このオプションは--squashを上書きするために使用できます。

-s <strategy> -s <戦略>
--strategy=<strategy> --strategy = <strategy>

Use the given merge strategy; can be supplied more than once to specify them in the order they should be tried. If there is no -s option, a built-in list of strategies is used instead (git merge-recursive when merging a single head, git merge-octopus otherwise).与えられたマージ戦略を使います。試してみるべき順序でそれらを指定するために複数回指定することができます。-s選択肢がない場合は、代わりに戦略の組み込みリストが使用されます(シングルヘッドをマージする場合はgit merge-recursive、それ以外の場合はgit merge-octopus)。

-X <option> -X <オプション>
--strategy-option=<option> --strategy-option = <オプション>

Pass merge strategy specific option through to the merge strategy.マージストラテジ固有のオプションをマージストラテジに渡します。

--verify-signatures - 署名を検証する
--no-verify-signatures

Verify that the tip commit of the side branch being merged is signed with a valid key, i.e. a key that has a valid uid: in the default trust model, this means the signing key has been signed by a trusted key. If the tip commit of the side branch is not signed with a valid key, the merge is aborted.マージされるサイドブランチのチップコミットが有効なキー、つまり有効なuidを持つキーで署名されていることを確認します。デフォルトの信頼モデルでは、署名キーは信頼できるキーによって署名されています。サイドブランチのチップコミットが有効なキーで署名されていない場合、マージは中止されます。

--summary - 概要
--no-summary

Synonyms to --stat and --no-stat; these are deprecated and will be removed in the future.--statおよび--no-statの同義語。これらは非推奨であり、将来削除される予定です。

--allow-unrelated-histories - 無関係な歴史

By default, git merge command refuses to merge histories that do not share a common ancestor. This option can be used to override this safety when merging histories of two projects that started their lives independently. As that is a very rare occasion, no configuration variable to enable this by default exists and will not be added.デフォルトでは、git mergecommandは共通の先祖を共有しない履歴をマージすることを拒否します。このオプションは、独立して生活を始めた2つのプロジェクトの履歴をマージするときにこの安全性を無効にするために使用できます。これはごくまれなことですが、デフォルトでこれを有効にする設定変数は存在せず、追加されません。

-r
--rebase[=false|true|merges|preserve|interactive] --rebase [= false | true |マージ| preserve | interactive]

When true, rebase the current branch on top of the upstream branch after fetching. If there is a remote-tracking branch corresponding to the upstream branch and the upstream branch was rebased since last fetched, the rebase uses that information to avoid rebasing non-local changes.trueの場合、フェッチ後に現在のブランチを上流のブランチの上にリベースします。アップストリームブランチに対応するリモートトラッキングブランチがあり、アップストリームブランチが最後にフェッチされてからリベースされた場合、リベースはその情報を使用してローカル以外の変更をリベースしないようにします。

When set to merges, rebase using git rebase --rebase-merges so that the local merge commits are included in the rebase (see git-rebase[1] for details).に設定すると、ローカルマージコミットがリベースに含まれるようにmergesusingをgit rebase --rebase-mergesリベースします(詳細はgit-rebase [1]を参照)。

When set to preserve, rebase with the --preserve-merges option passed to git rebase so that locally created merge commits will not be flattened.preserveに設定されている場合、ローカルに作成されたマージコミットがフラット化されないように、--preserve-merges渡されたオプションでリベースしますgit rebase

When false, merge the current branch into the upstream branch.falseの場合、現在のブランチを上流のブランチにマージします。

When interactive, enable the interactive mode of rebase.ときinteractiveに、対話モードのリベースを有効にします。

See pull.rebase, branch.<name>.rebase and branch.autoSetupRebase in git-config[1] if you want to make git pull always use --rebase instead of merging.参照してくださいpull.rebasebranch.<name>.rebaseそしてbranch.autoSetupRebase中に[1]のgit-config設定あなたがしたい場合はgit pull、必ず使用--rebaseマージするのではなく。

Note This is a potentially dangerous mode of operation. It rewrites history, which does not bode well when you published that history already. Do not use this option unless you have read git-rebase[1] carefully. これは潜在的に危険な操作モードです。それはあなたがすでにその歴史を発表したときにはうまくいきません。git-rebase [1]を熟読していない限り、このオプションを使用しないでください。
--no-rebase

Override earlier --rebase.以前の--rebaseをオーバーライドします。

--autostash - オートスタッシュ
--no-autostash

Before starting rebase, stash local modifications away (see git-stash[1]) if needed, and apply the stash entry when done. --no-autostash is useful to override the rebase.autoStash configuration variable (see git-config[1]).リベースを開始する前に、必要ならローカルの変更を隠して(git-stash [1]を参照)、終わったらstashエントリを適用してください。設定変数--no-autostashを上書きするのに便利rebase.autoStashです(git-config [1]を参照)。

This option is only valid when "--rebase" is used.このオプションは "--rebase"が使用されている場合にのみ有効です。

--all - すべて

Fetch all remotes.すべてのリモートを取得します。

-a
--append - 追加

Append ref names and object names of fetched refs to the existing contents of .git/FETCH_HEAD. Without this option old data in .git/FETCH_HEAD will be overwritten.の参照名と取得した参照のオブジェクト名をの既存の内容に追加します.git/FETCH_HEAD。このオプションがなければ、古いデータは.git/FETCH_HEAD上書きされます。

--depth=<depth> --depth = <深さ>

Limit fetching to the specified number of commits from the tip of each remote branch history. If fetching to a shallow repository created by git clone with --depth=<depth> option (see git-clone[1]), deepen or shorten the history to the specified number of commits. Tags for the deepened commits are not fetched.各リモートブランチ履歴の先端からの指定したコミット数までのフェッチを制限します。with option(git-clone [1]を参照)で作成された浅いリポジトリにフェッチする場合は、指定されたコミット数まで履歴を深くするか短くします。深くなったコミットのタグは取得されません。git clone--depth=<depth>

--deepen=<depth> --deepen = <深さ>

Similar to --depth, except it specifies the number of commits from the current shallow boundary instead of from the tip of each remote branch history.--depthと似ていますが、各リモートブランチ履歴の先端からではなく、現在の浅い境界からのコミット数を指定する点が異なります。

--shallow-since=<date> --shallow-since = <日付>

Deepen or shorten the history of a shallow repository to include all reachable commits after <date>.<date>の後に到達可能なすべてのコミットを含めるように、浅いリポジトリの履歴を深くするか短くします。

--shallow-exclude=<revision> --shallow-exclude = <リビジョン>

Deepen or shorten the history of a shallow repository to exclude commits reachable from a specified remote branch or tag. This option can be specified multiple times.指定されたリモートブランチまたはタグから到達可能なコミットを除外するために、浅いリポジトリの履歴を深くするか短くします。このオプションは複数回指定できます。

--unshallow - アンシャロー

If the source repository is complete, convert a shallow repository to a complete one, removing all the limitations imposed by shallow repositories.ソースリポジトリが完成したら、浅いリポジトリを完全なリポジトリに変換し、浅いリポジトリによる制限をすべて取り除きます。

If the source repository is shallow, fetch as much as possible so that the current repository has the same history as the source repository.ソースレポジトリが浅い場合は、現在のレポジトリがソースレポジトリと同じ履歴を持つように、できるだけ取得します。

--update-shallow

By default when fetching from a shallow repository, git fetch refuses refs that require updating .git/shallow. This option updates .git/shallow and accept such refs.浅いリポジトリから取得するときのデフォルトでは、git fetch.git / shallowの更新が必要な参照を拒否します。このオプションは.git / shallowを更新し、そのような参照を受け入れます。

--negotiation-tip=<commit|glob> --negotiation-tip = <commit | glob>

By default, Git will report, to the server, commits reachable from all local refs to find common commits in an attempt to reduce the size of the to-be-received packfile. If specified, Git will only report commits reachable from the given tips. This is useful to speed up fetches when the user knows which local ref is likely to have commits in common with the upstream ref being fetched.デフォルトでは、Gitは、受信するpackfileのサイズを減らすために、すべてのローカル参照から到達可能なコミットを報告して、共通のコミットを見つけます。指定された場合、Gitは与えられた助言から到達可能なコミットのみを報告します。これは、どのローカル参照が取り出される上流参照と共通してコミットされている可能性が高いかをユーザーが知っているときに取り出しを高速化するのに役立ちます。

This option may be specified more than once; if so, Git will report commits reachable from any of the given commits.このオプションは複数回指定できます。もしそうなら、Gitは与えられたコミットのどれからでも到達可能なコミットを報告します。

The argument to this option may be a glob on ref names, a ref, or the (possibly abbreviated) SHA-1 of a commit. Specifying a glob is equivalent to specifying this option multiple times, one for each matching ref name.このオプションへの引数は、参照名に対するグロブ、参照、またはコミットの(おそらく短縮された)SHA-1です。グロブを指定することは、このオプションを複数回指定することと同じです(一致する参照名ごとに1回)。

See also the fetch.negotiationAlgorithm configuration variable documented in git-config[1].git-config [1]にfetch.negotiationAlgorithm記載されている設定変数も参照してください。

-f
--force - 力

When git fetch is used with <src>:<dst> refspec it may refuse to update the local branch as discussed in the <refspec> part of the git-fetch[1] documentation. This option overrides that check.場合Gitは、フェッチで使用され<src>:<dst>、それはで説明したようにローカルブランチを更新することを拒否してもよいrefspec <refspec>の一部gitのフェッチ[1]文書を。このオプションはそのチェックを無効にします。

-k
--keep - キープ

Keep downloaded pack.ダウンロードしたパックを保管してください。

--no-tags

By default, tags that point at objects that are downloaded from the remote repository are fetched and stored locally. This option disables this automatic tag following. The default behavior for a remote may be specified with the remote.<name>.tagOpt setting. See git-config[1].デフォルトでは、リモートリポジトリからダウンロードされたオブジェクトを指すタグが取得され、ローカルに保存されます。このオプションは、この自動タグフォローを無効にします。リモートのデフォルトの動作は、remote。<name> .tagOpt設定で指定できます。参照のgit-config設定を[1]

-u
--update-head-ok

By default git fetch refuses to update the head which corresponds to the current branch. This flag disables the check. This is purely for the internal use for git pull to communicate with git fetch, and unless you are implementing your own Porcelain you are not supposed to use it.デフォルトではgit fetchは現在のブランチに対応するheadの更新を拒否します。このフラグはチェックを無効にします。これは純粋にgit pullgit fetchと通信するための内部使用のためのものであり、あなたがあなた自身のPorcelainを実装していない限りあなたはそれを使うべきではありません。

--upload-pack <upload-pack>

When given, and the repository to fetch from is handled by git fetch-pack, --exec=<upload-pack> is passed to the command to specify non-default path for the command run on the other end.与えられた、とリポジトリがによって処理されるからフェッチするときにgitのフェッチパック--exec=<upload-pack>もう一方の端で実行するコマンドにデフォルト以外のパスを指定するには、コマンドに渡されます。

--progress - 進捗

Progress status is reported on the standard error stream by default when it is attached to a terminal, unless -q is specified. This flag forces progress status even if the standard error stream is not directed to a terminal.-qが指定されていない限り、進行状況は端末に接続されたときにデフォルトで標準エラー・ストリームに報告されます。このフラグは、標準エラーストリームが端末に向けられていなくても進行状況を強制します。

-o <option> -o <オプション>
--server-option=<option> --server-option = <オプション>

Transmit the given string to the server when communicating using protocol version 2. The given string must not contain a NUL or LF character. When multiple --server-option=<option> are given, they are all sent to the other side in the order listed on the command line.プロトコルバージョン2を使用して通信するときに、指定された文字列をサーバーに送信します。指定された文字列にNULまたはLF文字を含めることはできません。複数指定されて--server-option=<option>いる場合、それらはすべてコマンドラインにリストされた順序で反対側に送信されます。

-4
--ipv4

Use IPv4 addresses only, ignoring IPv6 addresses.IPv6アドレスを無視して、IPv4アドレスのみを使用してください。

-6
--ipv6

Use IPv6 addresses only, ignoring IPv4 addresses.IPv4アドレスを無視して、IPv6アドレスのみを使用してください。

<repository> <リポジトリ>

The "remote" repository that is the source of a fetch or pull operation. This parameter can be either a URL (see the section GIT URLS below) or the name of a remote (see the section REMOTES below).フェッチまたはプル操作のソースである「リモート」リポジトリ。このパラメータは、URL(後述のGIT URLを参照)またはリモートの名前(下記のREMOTESを参照)のいずれかになります。

<refspec> <参照仕様>

Specifies which refs to fetch and which local refs to update. When no <refspec>s appear on the command line, the refs to fetch are read from remote.<repository>.fetch variables instead (see git-fetch[1]).どの参照をフェッチし、どのローカル参照を更新するかを指定します。コマンドラインに<refspec>が表示されていない場合は、remote.<repository>.fetch代わりに取得する参照が変数から読み込まれます(git-fetch [1]を参照)。

The format of a <refspec> parameter is an optional plus +, followed by the source <src>, followed by a colon :, followed by the destination ref <dst>. The colon can be omitted when <dst> is empty. <src> is typically a ref, but it can also be a fully spelled hex object name.<reffspec>パラメータの形式は、オプションのプラス+、その後にソース<src>、コロン:、さらに宛先ref <dst>が続きます。<dst>が空の場合、コロンは省略できます。<src>は通常refですが、完全なスペルの16進数のオブジェクト名にすることもできます。

tag <tag> means the same as refs/tags/<tag>:refs/tags/<tag>; it requests fetching everything up to the given tag.tag <tag>と同じ意味refs/tags/<tag>:refs/tags/<tag>です。与えられたタグまでの全てを取得することを要求します。

The remote ref that matches <src> is fetched, and if <dst> is not an empty string, an attempt is made to update the local ref that matches it.<src>に一致するリモート参照が取得され、<dst>が空の文字列でない場合は、それに一致するローカル参照を更新しようとします。

Whether that update is allowed without --force depends on the ref namespace it’s being fetched to, the type of object being fetched, and whether the update is considered to be a fast-forward. Generally, the same rules apply for fetching as when pushing, see the <refspec>... section of git-push[1] for what those are. Exceptions to those rules particular to git fetch are noted below.その更新が許可されているかどうかは、--forceそれがフェッチされているref名前空間、フェッチされているオブジェクトのタイプ、および更新が早送りであると見なされるかどうかに依存します。一般的に、プッシュ時と同じ規則がフェッチに適用されます。それらについて<refspec>...git-push [1]のセクションを参照してください。git fetchに特有のこれらの規則の例外は以下に記されています。

Until Git version 2.20, and unlike when pushing with git-push[1], any updates to refs/tags/* would be accepted without + in the refspec (or --force). When fetching, we promiscuously considered all tag updates from a remote to be forced fetches. Since Git version 2.20, fetching to update refs/tags/* works the same way as when pushing. I.e. any updates will be rejected without + in the refspec (or --force).Gitバージョン2.20まで、そしてgit-push [1]プッシュするときとは異なり、への更新はrefspec(または)refs/tags/*なし+で受け入れられます--force。取得時に、リモートからのすべてのタグ更新を強制的な取得と無差別に考慮しました。Gitバージョン2.20以降、updateへのフェッチはrefs/tags/*pushのときと同じように機能します。+つまり、更新はrefspec(または--force)に含まれずに拒否されます。

Unlike when pushing with git-push[1], any updates outside of refs/{tags,heads}/* will be accepted without + in the refspec (or --force), whether that’s swapping e.g. a tree object for a blob, or a commit for another commit that’s doesn’t have the previous commit as an ancestor etc.git-push [1]プッシュするときとは異なり、それ以外の更新はrefspec(または)をrefs/{tags,heads}/*使わず+に受け付けられ--forceます。先祖などとしてコミットする

Unlike when pushing with git-push[1], there is no configuration which’ll amend these rules, and nothing like a pre-fetch hook analogous to the pre-receive hook.git-push [1]プッシュするときとは異なり、これらの規則を修正するような設定はなく、pre-fetchフックに似たフックのようなものもありませんpre-receive

As with pushing with git-push[1], all of the rules described above about what’s not allowed as an update can be overridden by adding an the optional leading + to a refspec (or using --force command line option). The only exception to this is that no amount of forcing will make the refs/heads/* namespace accept a non-commit object.押すと同様にGitのプッシュ[1] 、更新として許可されていない何について上述した規則の全ては、主要オプションを追加することによって無効にすることができる+refspecに(または使用--forceコマンドラインオプション)。これに対する唯一の例外は、refs/heads/*名前空間がコミットされていないオブジェクトを受け入れるように強制しないことです。

Note When the remote branch you want to fetch is known to be rewound and rebased regularly, it is expected that its new tip will not be descendant of its previous tip (as stored in your remote-tracking branch the last time you fetched). You would want to use the + sign to indicate non-fast-forward updates will be needed for such branches. There is no way to determine or declare that a branch will be made available in a repository with this behavior; the pulling user simply must know this is the expected usage pattern for a branch. あなたがフェッチしたいリモートブランチが定期的に巻き戻されリベースされていることがわかっている場合、その新しいチップは前のチップの子孫にはならないことが予想されます。この+ようなブランチでは、早送り以外の更新が必要になることを示すためにこの記号を使用します。この振る舞いでブランチがリポジトリで利用可能になることを決定または宣言する方法はありません。引っ張ってくるユーザは単にこれがブランチの予想される使用パターンであることを知っていなければならない。
Note There is a difference between listing multiple <refspec> directly on git pull command line and having multiple remote.<repository>.fetch entries in your configuration for a <repository> and running a git pull command without any explicit <refspec> parameters. <refspec>s listed explicitly on the command line are always merged into the current branch after fetching. In other words, if you list more than one remote ref, git pull will create an Octopus merge. On the other hand, if you do not list any explicit <refspec> parameter on the command line, git pull will fetch all the <refspec>s it finds in the remote.<repository>.fetch configuration and merge only the first <refspec> found into the current branch. This is because making an Octopus from remote refs is rarely done, while keeping track of multiple remote heads in one-go by fetching more than one is often useful. git pullコマンドラインで 直接複数の<refspec>を一覧表示することremote.<repository>.fetchと、設定に<repository>のエントリを複数指定すること、および明示的な<refspec>パラメータを指定せずにgit pullコマンドを実行することとの間には違いがあります。コマンド行に明示的にリストされている<reffspec>は、フェッチ後に常に現在のブランチにマージされます。つまり、複数のリモート参照をリストした場合、git pullはOctopusのマージを作成します。一方、コマンドラインで明示的な<refspec>パラメータを指定しなかった場合、git pullはそれに含まれるすべての<refspec>を取得します。remote.<repository>.fetch最初の<refspec>のみを現在のブランチに設定してマージします。これは、複数のリモートヘッドを複数回フェッチして1度に追跡する一方で、リモート参照からOctopusを作成することはめったに行われないためです。

GIT URLSGIT URL

In general, URLs contain information about the transport protocol, the address of the remote server, and the path to the repository. Depending on the transport protocol, some of this information may be absent.一般に、URLにはトランスポートプロトコル、リモートサーバーのアドレス、およびリポジトリへのパスに関する情報が含まれています。トランスポートプロトコルによっては、この情報の一部が欠落している可能性があります。

Git supports ssh, git, http, and https protocols (in addition, ftp, and ftps can be used for fetching, but this is inefficient and deprecated; do not use it).Gitはssh、git、http、およびhttpsプロトコルをサポートしています(さらに、ftp、およびftpsをフェッチに使用できますが、これは非効率的で非推奨です。使用しないでください)。

The native transport (i.e. git:// URL) does no authentication and should be used with caution on unsecured networks.ネイティブトランスポート(つまりgit:// URL)は認証を行わないため、セキュリティ保護されていないネットワークでは注意して使用する必要があります。

The following syntaxes may be used with them:以下の構文がそれらと共に使用されるかもしれません:

  • ssh://[user@]host.xz[:port]/path/to/repo.git/ssh:// [user @] host.xz [:port] /path/to/repo.git/

  • git://host.xz[:port]/path/to/repo.git/git://host.xz [:port] /path/to/repo.git/

  • http[s]://host.xz[:port]/path/to/repo.git/http [s]://host.xz [:port] /path/to/repo.git/

  • ftp[s]://host.xz[:port]/path/to/repo.git/ftp [s]://host.xz [:port] /path/to/repo.git/

An alternative scp-like syntax may also be used with the ssh protocol:sshプロトコルでは、scpに似た代替構文も使用できます。

  • [user@]host.xz:path/to/repo.git/[user @] host.xz:パス/ to / repo.git /

This syntax is only recognized if there are no slashes before the first colon. This helps differentiate a local path that contains a colon. For example the local path foo:bar could be specified as an absolute path or ./foo:bar to avoid being misinterpreted as an ssh url.この構文は、最初のコロンの前にスラッシュがない場合にのみ認識されます。これは、コロンを含むローカルパスを区別するのに役立ちます。たとえば、ローカルパスをfoo:bar絶対パスとして指定したり./foo:bar、sshのURLとして誤って解釈されないようにすることができます。

The ssh and git protocols additionally support ~username expansion:sshおよびgitプロトコルはさらに〜ユーザー名の展開をサポートします。

  • ssh://[user@]host.xz[:port]/~[user]/path/to/repo.git/ssh:// [ユーザー@] host.xz [:ポート] /〜[ユーザー] /path/to/repo.git/

  • git://host.xz[:port]/~[user]/path/to/repo.git/git://host.xz [:port] /〜[ユーザー] /path/to/repo.git/

  • [user@]host.xz:/~[user]/path/to/repo.git/[user @] host.xz:/〜[user] /path/to/repo.git/

For local repositories, also supported by Git natively, the following syntaxes may be used:同じくGitによってサポートされているローカルリポジトリのために、以下の構文が使用されるかもしれません:

  • /path/to/repo.git/

  • file:///path/to/repo.git/file:///path/to/repo.git/

These two syntaxes are mostly equivalent, except when cloning, when the former implies --local option. See git-clone[1] for details.これら2つの構文は、前者が--localオプションを暗黙指定している場合を除いて、クローン作成時を除いてほぼ同等です。詳細はgit-clone [1]をご覧ください。

When Git doesn’t know how to handle a certain transport protocol, it attempts to use the remote-<transport> remote helper, if one exists. To explicitly request a remote helper, the following syntax may be used:Gitが特定のトランスポートプロトコルの扱い方を知らない場合、remote- <transport>リモートヘルパーがあればそれを使用しようとします。リモートヘルパーを明示的に要求するには、次の構文が使用されます。

  • <transport>::<address><トランスポート> :: <アドレス>

where <address> may be a path, a server and path, or an arbitrary URL-like string recognized by the specific remote helper being invoked. See gitremote-helpers[1] for details.ここで、<address>はパス、サーバーとパス、または呼び出されている特定のリモートヘルパーによって認識される任意のURLのような文字列です。詳細はgitremote-helpers [1]を見てください。

If there are a large number of similarly-named remote repositories and you want to use a different format for them (such that the URLs you use will be rewritten into URLs that work), you can create a configuration section of the form:同じ名前のリモートリポジトリが多数あり、それらに異なるフォーマットを使用する場合(使用するURLが機能するURLに書き換えられるなど)は、次の形式の構成セクションを作成できます。

	[url "<actual url base>"]
		insteadOf = <other url base>

For example, with this:たとえば、これで:

	[url "git://git.host.xz/"]
		insteadOf = host.xz:/path/to/
		insteadOf = work:

a URL like "work:repo.git" or like "host.xz:/path/to/repo.git" will be rewritten in any context that takes a URL to be "git://git.host.xz/repo.git"."work:repo.git"や "host.xz:/path/to/repo.git"のようなURLは、URLが "git://git.host.xz/repo"になるような任意のコンテキストで書き換えられます。 "git"。

If you want to rewrite URLs for push only, you can create a configuration section of the form:プッシュ専用のURLに書き換えたい場合は、次の形式の構成セクションを作成できます。

	[url "<actual url base>"]
		pushInsteadOf = <other url base>

For example, with this:たとえば、これで:

	[url "ssh://example.org/"]
		pushInsteadOf = git://example.org/

a URL like "git://example.org/path/to/repo.git" will be rewritten to "ssh://example.org/path/to/repo.git" for pushes, but pulls will still use the original URL."git://example.org/path/to/repo.git"のようなURLはプッシュのために "ssh://example.org/path/to/repo.git"に書き換えられますが、プルは依然として元のURL

REMOTESリモート

The name of one of the following can be used instead of a URL as <repository> argument:<repository>引数としてURLの代わりに次のいずれかの名前を使用できます。

  • a remote in the Git configuration file: $GIT_DIR/config,Gitの設定ファイルのリモート:$GIT_DIR/config

  • a file in the $GIT_DIR/remotes directory, or$GIT_DIR/remotesディレクトリ内のファイル

  • a file in the $GIT_DIR/branches directory.$GIT_DIR/branchesディレクトリ内のファイル

All of these also allow you to omit the refspec from the command line because they each contain a refspec which git will use by default.これらはすべてgitがデフォルトで使用するrefspecを含んでいるので、コマンドラインからrefspecを省略することもできます。

Named remote in configuration file構成ファイルで名前付きリモート

You can choose to provide the name of a remote which you had previously configured using git-remote[1], git-config[1] or even by a manual edit to the $GIT_DIR/config file. The URL of this remote will be used to access the repository. The refspec of this remote will be used by default when you do not provide a refspec on the command line. The entry in the config file would appear like this:あなたは以前にgit-remote [1]git-config [1]を使って、あるいは手動編集によって、あなたが以前に設定したリモートの名前を提供することを選ぶことができます$GIT_DIR/config。このリモートのURLはリポジトリへのアクセスに使用されます。コマンドラインでrefspecを指定しないと、このリモートのrefspecがデフォルトで使用されます。設定ファイルのエントリは次のようになります。

	[remote "<name>"]
		url = <url>
		pushurl = <pushurl>
		push = <refspec>
		fetch = <refspec>

The <pushurl> is used for pushes only. It is optional and defaults to <url>.<pushurl>だけプッシュするために使用されています。これはオプションであり、デフォルトはです<url>

Named file in $GIT_DIR/remotes名前付きファイル $GIT_DIR/remotes

You can choose to provide the name of a file in $GIT_DIR/remotes. The URL in this file will be used to access the repository. The refspec in this file will be used as default when you do not provide a refspec on the command line. This file should have the following format:でファイルの名前を提供することを選択できます$GIT_DIR/remotes。このファイルのURLはリポジトリへのアクセスに使用されます。コマンドラインでrefspecを指定しないと、このファイルのrefspecがデフォルトとして使用されます。このファイルの形式は次のとおりです。

	URL: one of the above URL format
	Push: <refspec>
	Pull: <refspec>

Push: lines are used by git push and Pull: lines are used by git pull and git fetch. Multiple Push: and Pull: lines may be specified for additional branch mappings.Push:linesはgit pushによって使われ、Pull:linesはgit pullgit fetchによって使われます。追加のブランチマッピングには、複数行Push:Pull:行を指定できます。

Named file in $GIT_DIR/branches名前付きファイル $GIT_DIR/branches

You can choose to provide the name of a file in $GIT_DIR/branches. The URL in this file will be used to access the repository. This file should have the following format:でファイルの名前を提供することを選択できます$GIT_DIR/branches。このファイルのURLはリポジトリへのアクセスに使用されます。このファイルの形式は次のとおりです。

	<url>#<head>

<url> is required; #<head> is optional.<url>必要とされている; #<head>オプションです。

Depending on the operation, git will use one of the following refspecs, if you don’t provide one on the command line. <branch> is the name of this file in $GIT_DIR/branches and <head> defaults to master.操作に応じて、コマンドラインで指定しない場合、gitは以下のいずれかの参照仕様を使用します。<branch>このファイルの名前で$GIT_DIR/branches<head>デフォルトはmasterです。

git fetch uses:git fetchは以下を使用します。

	refs/heads/<head>:refs/heads/<branch>

git push uses:git pushは使用します:

	HEAD:refs/heads/<head>

MERGE STRATEGIESマージ戦略

The merge mechanism (git merge and git pull commands) allows the backend merge strategies to be chosen with -s option. Some strategies can also take their own options, which can be passed by giving -X<option> arguments to git merge and/or git pull.マージメカニズム(git mergeおよびgit pullコマンド)を使用すると、オプションでバックエンドのマージ戦略を選択-sできます。いくつかの戦略は独自のオプションを取ることもできます。そしてそれは/ やに-X<option>引数を与えることで渡すことができます。git mergegit pull

resolve 解決する

This can only resolve two heads (i.e. the current branch and another branch you pulled from) using a 3-way merge algorithm. It tries to carefully detect criss-cross merge ambiguities and is considered generally safe and fast.これは3方向マージアルゴリズムを使用して2つのヘッド(つまり現在のブランチとあなたが引っ張った別のブランチ)を解決することしかできません。危機的なクロスマージのあいまいさを慎重に検出しようとしますが、一般的に安全かつ高速と見なされます。

recursive 再帰的

This can only resolve two heads using a 3-way merge algorithm. When there is more than one common ancestor that can be used for 3-way merge, it creates a merged tree of the common ancestors and uses that as the reference tree for the 3-way merge. This has been reported to result in fewer merge conflicts without causing mismerges by tests done on actual merge commits taken from Linux 2.6 kernel development history. Additionally this can detect and handle merges involving renames, but currently cannot make use of detected copies. This is the default merge strategy when pulling or merging one branch.これは3方向マージアルゴリズムを使用して2つのヘッドを解決することしかできません。3者間マージに使用できる共通の祖先が複数ある場合は、共通の祖先のマージされたツリーを作成し、それを3者間マージの参照ツリーとして使用します。これは、Linux 2.6カーネル開発の歴史から取られた実際のマージコミットに対して行われたテストによるミスマージを引き起こすことなく、マージコンフリクトが少なくなると報告されています。さらに、これは名前の変更を含むマージを検出して処理できますが、現在のところ検出されたコピーを利用することはできません。これは、1つのブランチをプルまたはマージするときのデフォルトのマージ戦略です。

The recursive strategy can take the following options:再帰的な戦略は、次のオプションを取ることができます。

ours 私たちのもの

This option forces conflicting hunks to be auto-resolved cleanly by favoring our version. Changes from the other tree that do not conflict with our side are reflected to the merge result. For a binary file, the entire contents are taken from our side.このオプションは私たちのバージョンを支持することによって衝突しているハンクをきれいに自動解決することを強制します。私たちの側と矛盾しない他のツリーからの変更はマージ結果に反映されます。バイナリファイルの場合、内容全体が私たちの側から取られます。

This should not be confused with the ours merge strategy, which does not even look at what the other tree contains at all. It discards everything the other tree did, declaring our history contains all that happened in it.これは、他のツリーに含まれているものをまったく見ないという、当社のマージ戦略と混同しないでください。それは他の木がしたすべてを捨てて、私たちの歴史がそれで起こったことすべてを含むと宣言します

theirs 彼らの

This is the opposite of ours; note that, unlike ours, there is no theirs merge strategy to confuse this merge option with.これは私たちの反対です。注意してください、私たちのものとは異なり、このマージオプションを混同する彼らのマージ戦略はありません。

patience 忍耐

With this option, merge-recursive spends a little extra time to avoid mismerges that sometimes occur due to unimportant matching lines (e.g., braces from distinct functions). Use this when the branches to be merged have diverged wildly. See also git-diff[1] --patience.このオプションを指定すると、merge-recursiveは、重要でない一致行(たとえば、異なる関数の中括弧)が原因で発生することがあるミスマージを回避するために、少し余分な時間を費やします。マージされるブランチが激しく分岐したときにこれを使用してください。git-diff [1] もご覧ください--patience

diff-algorithm=[patience|minimal|histogram|myers] diff-algorithm = [忍耐|最小|ヒストグラム|マイヤーズ]

Tells merge-recursive to use a different diff algorithm, which can help avoid mismerges that occur due to unimportant matching lines (such as braces from distinct functions). See also git-diff[1] --diff-algorithm.伝えマージ再帰的(例えば、別個の機能からブレースなどの)重要でないマッチング線による発生mismergesを回避することができ、異なる差分アルゴリズムを、使用します。git-diff [1] もご覧ください--diff-algorithm

ignore-space-change 無視スペース変更
ignore-all-space 全スペースを無視
ignore-space-at-eol
ignore-cr-at-eol

Treats lines with the indicated type of whitespace change as unchanged for the sake of a three-way merge. Whitespace changes mixed with other changes to a line are not ignored. See also git-diff[1] -b, -w, --ignore-space-at-eol, and --ignore-cr-at-eol.3方向マージのために、指定されたタイプの空白変更を持つ行を変更されていないものとして扱います。行に対する他の変更と混在する空白の変更は無視されません。参照してください[1]のgit-diffのに -b-w--ignore-space-at-eol、と--ignore-cr-at-eol

  • If their version only introduces whitespace changes to a line, our version is used;それらのバージョンが行に空白の変更を導入するだけなら、私たちのバージョンが使われます。

  • If our version introduces whitespace changes but their version includes a substantial change, their version is used;場合は、私たちのバージョンが空白の変更を導入したが、そのバージョンは実質的な変化が含まれ、そのバージョンが使用されています。

  • Otherwise, the merge proceeds in the usual way.それ以外の場合、マージは通常の方法で進行します。

renormalize くりこむ

This runs a virtual check-out and check-in of all three stages of a file when resolving a three-way merge. This option is meant to be used when merging branches with different clean filters or end-of-line normalization rules. See "Merging branches with differing checkin/checkout attributes" in gitattributes[5] for details.これは、3者間マージを解決するときに、ファイルの3つのステージすべての仮想チェックアウトおよびチェックインを実行します。このオプションは、異なるクリーンフィルタまたは行末正規化ルールを使用してブランチをマージするときに使用することを目的としています。詳細はgitattributes [5]の "異なるチェックイン/チェックアウト属性を持つブランチのマージ"を参照してください。

no-renormalize 繰り込まない

Disables the renormalize option. This overrides the merge.renormalize configuration variable.renormalizeオプションを無効にします。これはmerge.renormalize設定変数を上書きします。

no-renames 名前変更なし

Turn off rename detection. This overrides the merge.renames configuration variable. See also git-diff[1] --no-renames.名前変更検出をオフにします。これはmerge.renames設定変数を上書きします。git-diff [1] もご覧ください--no-renames

find-renames[=<n>] 検索リネーム[= <n>]

Turn on rename detection, optionally setting the similarity threshold. This is the default. This overrides the merge.renames configuration variable. See also git-diff[1] --find-renames.名前の変更の検出をオンにし、オプションで類似度のしきい値を設定します。これがデフォルトです。これはmerge.renames設定変数を上書きします。git-diff [1] もご覧ください--find-renames

rename-threshold=<n> 名前変更しきい値= <n>

Deprecated synonym for find-renames=<n>.の廃止予定の同義語find-renames=<n>

subtree[=<path>] サブツリー[= <パス>]

This option is a more advanced form of subtree strategy, where the strategy makes a guess on how two trees must be shifted to match with each other when merging. Instead, the specified path is prefixed (or stripped from the beginning) to make the shape of two trees to match.このオプションは、より高度な形式のサブツリー戦略で、2つのツリーをマージ時に一致させるために2つのツリーをどのようにシフトする必要があるかを推測します。代わりに、指定されたパスに接頭語(または先頭から削除)を付けて、2本の木の形状を一致させます。

octopus たこ

This resolves cases with more than two heads, but refuses to do a complex merge that needs manual resolution. It is primarily meant to be used for bundling topic branch heads together. This is the default merge strategy when pulling or merging more than one branch.これは3つ以上の頭を持つケースを解決しますが、手動の解決を必要とする複雑なマージをすることを拒否します。これは主にトピックブランチのヘッドをまとめるために使われることを意図しています。これは、複数のブランチをプルまたはマージするときのデフォルトのマージ戦略です。

ours 私たちのもの

This resolves any number of heads, but the resulting tree of the merge is always that of the current branch head, effectively ignoring all changes from all other branches. It is meant to be used to supersede old development history of side branches. Note that this is different from the -Xours option to the recursive merge strategy.これは任意の数のヘッドを解決しますが、結果として得られるマージのツリーは常に現在のブランチヘッドのツリーになり、他のすべてのブランチからのすべての変更を事実上無視します。それはサイドブランチの古い開発履歴に取って代わるために使われることを意図しています。これは再帰的マージ戦略の-Xoursオプションとは異なることに注意してください。

subtree サブツリー

This is a modified recursive strategy. When merging trees A and B, if B corresponds to a subtree of A, B is first adjusted to match the tree structure of A, instead of reading the trees at the same level. This adjustment is also done to the common ancestor tree.これは修正された再帰的戦略です。ツリーAとBをマージするとき、BがAのサブツリーに対応する場合、Bは、同じレベルでツリーを読み取るのではなく、まずAのツリー構造と一致するように調整されます。この調整は共通の先祖ツリーに対しても行われます。

With the strategies that use 3-way merge (including the default, recursive), if a change is made on both branches, but later reverted on one of the branches, that change will be present in the merged result; some people find this behavior confusing. It occurs because only the heads and the merge base are considered when performing a merge, not the individual commits. The merge algorithm therefore considers the reverted change as no change at all, and substitutes the changed version instead.3方向マージ(デフォルト、再帰を含む)を使用する戦略では、両方のブランチで変更が行われたが、後で一方のブランチで元に戻された場合、その変更はマージ結果に反映されます。何人かの人々はこの行動が紛らわしいと思います。これは、個々のコミットではなく、マージを実行するときにヘッドとマージベースのみが考慮されるために発生します。したがって、マージアルゴリズムは、元に戻された変更をまったく変更なしと見なし、代わりに変更されたバージョンを代わりに使用します。

DEFAULT BEHAVIOURデフォルトの動作

Often people use git pull without giving any parameter. Traditionally, this has been equivalent to saying git pull origin. However, when configuration branch.<name>.remote is present while on branch <name>, that value is used instead of origin.多くの場合git pull、パラメータを指定せずに使用します。伝統的に、これは言うことと同等git pull originでした。ただし、branch.<name>.remote分岐中に設定が存在<name>する場合は、代わりにその値が使用されますorigin

In order to determine what URL to use to fetch from, the value of the configuration remote.<origin>.url is consulted and if there is not any such variable, the value on the URL: line in $GIT_DIR/remotes/<origin> is used.どのURLから取得するのに使用するかを決定するために、設定の値remote.<origin>.urlが調べられ、そのような変数がない場合は、URL:行の値$GIT_DIR/remotes/<origin>が使用されます。

In order to determine what remote branches to fetch (and optionally store in the remote-tracking branches) when the command is run without any refspec parameters on the command line, values of the configuration variable remote.<origin>.fetch are consulted, and if there aren’t any, $GIT_DIR/remotes/<origin> is consulted and its Pull: lines are used. In addition to the refspec formats described in the OPTIONS section, you can have a globbing refspec that looks like this:コマンドラインでrefspecパラメータを指定せずにコマンドを実行したときに取得するリモートブランチ(およびオプションでリモートトラッキングブランチに格納する)を決定するために、構成変数の値remote.<origin>.fetchが調べられます。$GIT_DIR/remotes/<origin>相談され、そのPull:行が使用されます。OPTIONSセクションで説明されているrefspecフォーマットに加えて、次のようなグロブrefspecを持つことができます。

refs/heads/*:refs/remotes/origin/*

A globbing refspec must have a non-empty RHS (i.e. must store what were fetched in remote-tracking branches), and its LHS and RHS must end with /*. The above specifies that all remote branches are tracked using remote-tracking branches in refs/remotes/origin/ hierarchy under the same name.globbing refspecは空でないRHSを持っていなければならず(すなわちリモートトラッキングブランチで取得されたものを格納しなければなりません)、そしてそのLHSとRHSはで終わらなければなりません/*。上記は、すべてのリモートブランチがrefs/remotes/origin/同じ名前の階層でリモート追跡ブランチを使用して追跡されることを指定します。

The rule to determine which remote branch to merge after fetching is a bit involved, in order not to break backward compatibility.後方互換性を損なわないために、フェッチ後にどのリモートブランチをマージするかを決定するルールは少し複雑です。

If explicit refspecs were given on the command line of git pull, they are all merged.のコマンドラインで明示的なrefspecが与えられた場合git pull、それらはすべてマージされます。

When no refspec was given on the command line, then git pull uses the refspec from the configuration or $GIT_DIR/remotes/<origin>. In such cases, the following rules apply:コマンドラインでrefspecが指定されていない場合はgit pull、設定またはからのrefspecを使用します$GIT_DIR/remotes/<origin>。そのような場合、以下の規則が適用されます。

  1. If branch.<name>.merge configuration for the current branch <name> exists, that is the name of the branch at the remote site that is merged.場合はbranch.<name>.merge、現在のブランチのための構成が<name>存在している、それがマージされ、リモートサイトでのブランチの名前です。

  2. If the refspec is a globbing one, nothing is merged.参照仕様がグロブするものであれば、何もマージされません。

  3. Otherwise the remote branch of the first refspec is merged.そうでなければ、最初のrefspecのリモートブランチがマージされます。

EXAMPLES

  • Update the remote-tracking branches for the repository you cloned from, then merge one of them into your current branch:クローンを作成したリポジトリのリモート追跡ブランチを更新してから、そのうちの1つを現在のブランチにマージします。

    $ git pull
    $ git pull origin

    Normally the branch merged in is the HEAD of the remote repository, but the choice is determined by the branch.<name>.remote and branch.<name>.merge options; see git-config[1] for details.通常、マージされたブランチはリモートリポジトリのHEADですが、選択はbranch。<name> .remoteとbranch。<name> .mergeのオプションによって決まります。詳細はgit-config [1]を見てください。

  • Merge into the current branch the remote branch next:現在のブランチにリモートブランチをマージしnextます。

    $ git pull origin next

    This leaves a copy of next temporarily in FETCH_HEAD, but does not update any remote-tracking branches. Using remote-tracking branches, the same can be done by invoking fetch and merge:これはnext一時的にのコピーをFETCH_HEADに残しますが、リモートトラッキングブランチは更新しません。リモートトラッキングブランチを使用して、フェッチとマージを呼び出すことで同じことができます。

    $ git fetch origin
    $ git merge origin/next

If you tried a pull which resulted in complex conflicts and would want to start over, you can recover with git reset.複雑な衝突を引き起こして最初からやり直したいプルを試みた場合は、git resetで回復できます。

SECURITYセキュリティ

The fetch and push protocols are not designed to prevent one side from stealing data from the other repository that was not intended to be shared. If you have private data that you need to protect from a malicious peer, your best option is to store it in another repository. This applies to both clients and servers. In particular, namespaces on a server are not effective for read access control; you should only grant read access to a namespace to clients that you would trust with read access to the entire repository.フェッチとプッシュのプロトコルは、一方の側が他方のリポジトリから共有することを意図していないデータを盗むのを防ぐようには設計されていません。悪意のある相手から保護する必要があるプライベートデータがある場合、最善の選択肢はそれを別のリポジトリに保存することです。これはクライアントとサーバーの両方に当てはまります。特に、サーバー上の名前空間は読み取りアクセス制御には効果的ではありません。リポジトリ全体への読み取りアクセスで信頼できるクライアントには、ネームスペースへの読み取りアクセスのみを許可する必要があります。

The known attack vectors are as follows:既知の攻撃方法は次のとおりです。

  1. The victim sends "have" lines advertising the IDs of objects it has that are not explicitly intended to be shared but can be used to optimize the transfer if the peer also has them. The attacker chooses an object ID X to steal and sends a ref to X, but isn’t required to send the content of X because the victim already has it. Now the victim believes that the attacker has X, and it sends the content of X back to the attacker later. (This attack is most straightforward for a client to perform on a server, by creating a ref to X in the namespace the client has access to and then fetching it. The most likely way for a server to perform it on a client is to "merge" X into a public branch and hope that the user does additional work on this branch and pushes it back to the server without noticing the merge.)被害者は、共有することを明示的に意図していないが、相手がそれらを持っている場合は転送を最適化するために使用できるオブジェクトのIDをアドバタイズする "have"行を送信します。攻撃者は盗むためにオブジェクトID Xを選び、Xにrefを送りますが、犠牲者が既に持っているのでXの内容を送るために要求されません。これで、被害者は攻撃者にXがあると考え、Xの内容を後で攻撃者に送り返します。(この攻撃は、クライアントがアクセスできる名前空間にXへの参照を作成し、それをフェッチすることによって、クライアントがサーバー上で実行するのが最も簡単です。サーバーがクライアント上でそれを実行するための最も可能性の高い方法です。 "Xをパブリックブランチにマージし、ユーザーがこのブランチに対して追加の作業を行い、マージに気付かずにサーバーにプッシュすることを期待します。)

  2. As in #1, the attacker chooses an object ID X to steal. The victim sends an object Y that the attacker already has, and the attacker falsely claims to have X and not Y, so the victim sends Y as a delta against X. The delta reveals regions of X that are similar to Y to the attacker.#1と同様に、攻撃者は盗むためにオブジェクトID Xを選びます。被害者は攻撃者が既に持っているオブジェクトYを送り、攻撃者は誤ってXではなくXを持っていると主張するので、被害者はYをXに対するデルタとして送ります。デルタはYに似たXの領域を攻撃者に明らかにします。

BUGSバグ

Using --recurse-submodules can only fetch new commits in already checked out submodules right now. When e.g. upstream added a new submodule in the just fetched commits of the superproject the submodule itself can not be fetched, making it impossible to check out that submodule later without having to do a fetch again. This is expected to be fixed in a future Git version.--recurse-submodulesを使用すると、現在チェックアウト済みのサブモジュールに新しいコミットを取り込むことしかできません。例えば上流がスーパープロジェクトのちょうど取り出されたコミットに新しいサブモジュールを追加したとき、サブモジュール自体は取り出されることができず、再び取り出さなければならないことなしにそのサブモジュールを後でチェックアウトすることは不可能です。これは将来のGitバージョンで修正される予定です。

SEE ALSO関連項目

git-fetch[1], git-merge[1], git-config[1]git-fetch [1]git-merge [1]git-config [1]

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

elevation 声が聞こえてくる高さを指定する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る