mergetool

NAME

git-mergetool - Run merge conflict resolution tools to resolve merge conflictsgit-mergetool - マージ競合解決ツールを実行してマージ競合を解決します

SYNOPSIS概要

git mergetool [--tool=<tool>] [-y | --[no-]prompt] [<file>…​]

DESCRIPTION説明

Use git mergetool to run one of several merge utilities to resolve merge conflicts. It is typically run after git merge.git mergetoolマージの競合を解決するためにいくつかのマージユーティリティの1つを実行するために使用します。通常はgit mergeの後に実行されます。

If one or more <file> parameters are given, the merge tool program will be run to resolve differences on each file (skipping those without conflicts). Specifying a directory will include all unresolved files in that path. If no <file> names are specified, git mergetool will run the merge tool program on every file with merge conflicts.1つ以上の<file>パラメータが指定されている場合、マージツールプログラムは各ファイルの違いを解決するために実行されます(競合することなくそれらをスキップします)。ディレクトリを指定すると、そのパスに未解決のファイルがすべて含まれます。<file>名が指定されていない場合、git mergetoolはマージ競合のあるすべてのファイルに対してマージツールプログラムを実行します。

OPTIONSオプション

-t <tool> -t <ツール>
--tool=<tool> --tool = <ツール>

Use the merge resolution program specified by <tool>. Valid values include emerge, gvimdiff, kdiff3, meld, vimdiff, and tortoisemerge. Run git mergetool --tool-help for the list of valid <tool> settings.<tool>で指定されたマージ解決プログラムを使用してください。有効な値はemerge、gvimdiff、kdiff3、meld、vimdiff、およびtortoisemergeです。git mergetool --tool-help有効な<tool>設定のリストに対して実行します。

If a merge resolution program is not specified, git mergetool will use the configuration variable merge.tool. If the configuration variable merge.tool is not set, git mergetool will pick a suitable default.マージ解決プログラムが指定されていない場合、git mergetoolは構成変数を使用しますmerge.tool。設定変数merge.toolが設定されていない場合、git mergetoolは適切なデフォルトを選びます。

You can explicitly provide a full path to the tool by setting the configuration variable mergetool.<tool>.path. For example, you can configure the absolute path to kdiff3 by setting mergetool.kdiff3.path. Otherwise, git mergetool assumes the tool is available in PATH.構成変数を設定して、ツールへの絶対パスを明示的に指定できますmergetool.<tool>.path。たとえば、設定によってkdiff3への絶対パスを設定できますmergetool.kdiff3.path。そうでなければ、git mergetoolはツールがPATHで利用可能であると仮定します。

Instead of running one of the known merge tool programs, git mergetool can be customized to run an alternative program by specifying the command line to invoke in a configuration variable mergetool.<tool>.cmd.git mergetoolは、既知のマージツールプログラムの1つを実行する代わりに、構成変数で呼び出すコマンドラインを指定することによって、別のプログラムを実行するようにカスタマイズできますmergetool.<tool>.cmd

When git mergetool is invoked with this tool (either through the -t or --tool option or the merge.tool configuration variable) the configured command line will be invoked with $BASE set to the name of a temporary file containing the common base for the merge, if available; $LOCAL set to the name of a temporary file containing the contents of the file on the current branch; $REMOTE set to the name of a temporary file containing the contents of the file to be merged, and $MERGED set to the name of the file to which the merge tool should write the result of the merge resolution.場合Gitのmergetoolは、(いずれかを介して、このツールを使用して呼び出され-t、または--toolオプションまたはmerge.tool構成コマンドラインを用いて呼び出されるコンフィギュレーション変数)$BASE利用可能な場合、マージのための共通ベースを含むテンポラリファイルの名前に設定され、$LOCAL現在のブランチ上のファイルの内容を含む一時ファイルの名前に設定します。$REMOTEマージするファイルの内容を含む一時ファイル$MERGEDの名前に設定し、マージツールがマージ解決の結果を書き込むファイルの名前に設定します。

If the custom merge tool correctly indicates the success of a merge resolution with its exit code, then the configuration variable mergetool.<tool>.trustExitCode can be set to true. Otherwise, git mergetool will prompt the user to indicate the success of the resolution after the custom tool has exited.カスタムマージツールがその終了コードでマージ解決の成功を正しく示している場合は、構成変数mergetool.<tool>.trustExitCodeをに設定できますtrue。そうでなければ、git mergetoolはカスタムツールが終了した後にユーザーに解決の成功を示すように促します。

--tool-help

Print a list of merge tools that may be used with --tool.使用可能なマージツールの一覧を印刷し--toolます。

-y
--no-prompt

Don’t prompt before each invocation of the merge resolution program. This is the default if the merge resolution program is explicitly specified with the --tool option or with the merge.tool configuration variable.マージ解決プログラムを呼び出すたびにプロンプ??トを出さないでください。これは、マージ解決プログラムが--toolオプションまたはmerge.tool構成変数で明示的に指定されている場合のデフォルトです。

--prompt - プロンプト

Prompt before each invocation of the merge resolution program to give the user a chance to skip the path.ユーザーにパスをスキップする機会を与えるために、マージ解決プログラムを呼び出すたびにプロンプ??トを出します。

-g
--gui

When git-mergetool is invoked with the -g or --gui option the default merge tool will be read from the configured merge.guitool variable instead of merge.tool.ときにgit-mergetoolがで呼び出される-gか、--guiオプションのデフォルトのマージツールは、設定から読み込まれますmerge.guitool代わりの変数merge.tool

--no-gui - のぐい

This overrides a previous -g or --gui setting and reads the default merge tool will be read from the configured merge.tool variable.これは、以前よりも優先されます-g--guiの設定を、デフォルトのマージツールを構成から読み込まれます読み込みmerge.tool変数。

-O<orderfile> -O <orderfile>

Process files in the order specified in the <orderfile>, which has one shell glob pattern per line. This overrides the diff.orderFile configuration variable (see git-config[1]). To cancel diff.orderFile, use -O/dev/null.ファイルを1行に1つのシェルグロブパターンを持つ<orderfile>で指定された順序でファイルを処理します。これはdiff.orderFile設定変数を上書きします(git-config [1]を参照)。キャンセルするにdiff.orderFileはを使用してください-O/dev/null

TEMPORARY FILES一時ファイル

git mergetool creates *.orig backup files while resolving merges. These are safe to remove once a file has been merged and its git mergetool session has completed.git mergetool*.origマージを解決しながらバックアップファイルを作成します。ファイルがマージされてそのgit mergetoolセッションが完了したら、これらは安全に削除できます。

Setting the mergetool.keepBackup configuration variable to false causes git mergetool to automatically remove the backup as files are successfully merged.設定mergetool.keepBackupに設定変数をfalse原因git mergetoolファイルが正常にマージされるように自動的にバックアップを削除します。

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ANY演算子 『いずれか』を表す比較演算子の修飾子

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る