git

NAME

git - the stupid content trackergit - バカなコンテンツトラッカー

SYNOPSIS概要

git [--version] [--help] [-C <path>] [-c <name>=<value>]
    [--exec-path[=<path>]] [--html-path] [--man-path] [--info-path]
    [-p|--paginate|-P|--no-pager] [--no-replace-objects] [--bare]
    [--git-dir=<path>] [--work-tree=<path>] [--namespace=<name>]
    [--super-prefix=<path>]
    <command> [<args>]

DESCRIPTION説明

Git is a fast, scalable, distributed revision control system with an unusually rich command set that provides both high-level operations and full access to internals.Gitは高速でスケーラブルな分散型のリビジョン管理システムで、高度な操作と内部へのフルアクセスの両方を提供する非常に豊富なコマンドセットを備えています。

See gittutorial[7] to get started, then see giteveryday[7] for a useful minimum set of commands. The Git User’s Manual has a more in-depth introduction.参照してくださいgittutorial [7]開始するには、その後、参照giteveryday [7]コマンドの便利な最小セットのために。Gitのユーザーズマニュアルには、より詳細な紹介があります。

After you mastered the basic concepts, you can come back to this page to learn what commands Git offers. You can learn more about individual Git commands with "git help command". gitcli[7] manual page gives you an overview of the command-line command syntax.基本概念を習得したら、このページに戻ってGitが提供するコマンドを学ぶことができます。"git help command"で個々のGitコマンドについてもっと学ぶことができます。gitcli [7]マニュアルページには、コマンドラインのコマンド構文の概要が説明されています。

A formatted and hyperlinked copy of the latest Git documentation can be viewed at https://git.github.io/htmldocs/git.html.最新のGitドキュメントのフォーマットされたハイパーリンクコピーは、で見ることができますhttps://git.github.io/htmldocs/git.html

OPTIONSオプション

--version - バージョン

Prints the Git suite version that the git program came from.gitプログラムの由来となったGitスイートのバージョンを表示します。

--help - 助けて

Prints the synopsis and a list of the most commonly used commands. If the option --all or -a is given then all available commands are printed. If a Git command is named this option will bring up the manual page for that command.概要と最も一般的に使用されるコマンドのリストを印刷します。オプション--allor -aが与えられると、利用可能なすべてのコマンドが表示されます。Gitコマンドに名前が付けられている場合、このオプションはそのコマンドのマニュアルページを表示します。

Other options are available to control how the manual page is displayed. See git-help[1] for more information, because git --help ... is converted internally into git help ....マニュアルページの表示方法を制御するために他のオプションを使用できます。は内部的にに変換されるので、詳細についてはgit-help [1]を参照してください。git --help ...git help ...

-C <path> -C <パス>

Run as if git was started in <path> instead of the current working directory. When multiple -C options are given, each subsequent non-absolute -C <path> is interpreted relative to the preceding -C <path>.gitが現在の作業ディレクトリではなく<path>で起動されたかのように実行します。複数の-Cオプションが指定されている場合、後続の各非絶対値-C <path>は先行するものに対して相対的に解釈され-C <path>ます。

This option affects options that expect path name like --git-dir and --work-tree in that their interpretations of the path names would be made relative to the working directory caused by the -C option. For example the following invocations are equivalent:このオプションは、パス名likeを必要--git-dirとするオプションに影響を与え--work-tree、パス名の解釈は、-Cオプションによって引き起こされる作業ディレクトリに対して相対的に行われることになります。たとえば、次の呼び出しは同等です。

git --git-dir=a.git --work-tree=b -C c status
git --git-dir=c/a.git --work-tree=c/b status
-c <name>=<value> -c <名前> = <値>

Pass a configuration parameter to the command. The value given will override values from configuration files. The <name> is expected in the same format as listed by git config (subkeys separated by dots).コマンドに設定パラメータを渡します。与えられた値は設定ファイルからの値を上書きします。<name>は、git config(ドットで区切られたサブキー)にリストされているのと同じ形式であると予想されます。

Note that omitting the = in git -c foo.bar ... is allowed and sets foo.bar to the boolean true value (just like [foo]bar would in a config file). Including the equals but with an empty value (like git -c foo.bar= ...) sets foo.bar to the empty string which git config --type=bool will convert to false.=in を省略するgit -c foo.bar ...ことは許可さfoo.barれ、ブールのtrue値に設定されることに注意してください([foo]bar設定ファイルの場合と同じ)。等しいが空の値(like git -c foo.bar= ...)を含むと、に変換されるfoo.bar空の文字列に設定さgit config --type=boolfalseます。

--exec-path[=<path>] --exec-path [= <path>]

Path to wherever your core Git programs are installed. This can also be controlled by setting the GIT_EXEC_PATH environment variable. If no path is given, git will print the current setting and then exit.コアGitプログラムがインストールされている場所へのパス。これはGIT_EXEC_PATH環境変数を設定することによっても制御できます。パスが指定されていない場合、gitは現在の設定を表示して終了します。

--html-path

Print the path, without trailing slash, where Git’s HTML documentation is installed and exit.GitのHTMLドキュメントがインストールされているパスを末尾のスラッシュなしで印刷して終了します。

--man-path

Print the manpath (see man(1)) for the man pages for this version of Git and exit.man(1)このバージョンのGitのmanページのmanpath(を参照)を印刷して終了してください。

--info-path

Print the path where the Info files documenting this version of Git are installed and exit.このバージョンのGitを文書化しているInfoファイルがインストールされているパスを印刷して、終了してください。

-p
--paginate - ページ番号

Pipe all output into less (or if set, $PAGER) if standard output is a terminal. This overrides the pager.<cmd> configuration options (see the "Configuration Mechanism" section below).標準出力が端末の場合、すべての出力をless(または設定されている場合は$ PAGER)にパイプ処理します。これはpager.<cmd>設定オプションを無効にします(下記の設定メカニズムを参照)。

-P
--no-pager

Do not pipe Git output into a pager.Gitの出力をページャにパイプしないでください。

--git-dir=<path> --git-dir = <パス>

Set the path to the repository. This can also be controlled by setting the GIT_DIR environment variable. It can be an absolute path or relative path to current working directory.リポジトリへのパスを設定します。これはGIT_DIR環境変数を設定することによっても制御できます。絶対パスまたは現在の作業ディレクトリへの相対パスにすることができます。

--work-tree=<path> --work-tree = <パス>

Set the path to the working tree. It can be an absolute path or a path relative to the current working directory. This can also be controlled by setting the GIT_WORK_TREE environment variable and the core.worktree configuration variable (see core.worktree in git-config[1] for a more detailed discussion).作業ツリーへのパスを設定します。絶対パスまたは現在の作業ディレクトリからの相対パスです。これは、GIT_WORK_TREE環境変数とcore.worktree設定変数を設定することによっても制御できます(詳細については、git-config [1]の core.worktreeを参照してください)。

--namespace=<path> --namespace = <パス>

Set the Git namespace. See gitnamespaces[7] for more details. Equivalent to setting the GIT_NAMESPACE environment variable.Git名前空間を設定します。詳細はgitnamespaces [7]を見てください。GIT_NAMESPACE環境変数を設定することと同じです。

--super-prefix=<path> --super-prefix = <パス>

Currently for internal use only. Set a prefix which gives a path from above a repository down to its root. One use is to give submodules context about the superproject that invoked it.現在は内部使用専用です。リポジトリの上からそのルートまでのパスを指定するプレフィックスを設定します。1つの用途は、それを呼び出したスーパープロジェクトについてのサブモジュールコンテキストを与えることです。

--bare - 裸

Treat the repository as a bare repository. If GIT_DIR environment is not set, it is set to the current working directory.リポジトリをベアリポジトリとして扱います。GIT_DIR環境が設定されていない場合は、現在の作業ディレクトリに設定されます。

--no-replace-objects

Do not use replacement refs to replace Git objects. See git-replace[1] for more information.Gitオブジェクトを置き換えるために置換参照を使用しないでください。詳しくはgit-replace [1]を見てください。

--literal-pathspecs

Treat pathspecs literally (i.e. no globbing, no pathspec magic). This is equivalent to setting the GIT_LITERAL_PATHSPECS environment variable to 1.パススペックを文字通りに扱います(すなわち、グロブなし、パススペックマジックなし)。これはGIT_LITERAL_PATHSPECS環境変数をに設定するのと同じ1です。

--glob-pathspecs

Add "glob" magic to all pathspec. This is equivalent to setting the GIT_GLOB_PATHSPECS environment variable to 1. Disabling globbing on individual pathspecs can be done using pathspec magic ":(literal)"すべてのpathspecに "glob"マジックを追加してください。これはGIT_GLOB_PATHSPECS環境変数をに設定するのと同じ1です。個々のパススペックのグロビングを無効にすることは、パススペックマジック ":(literal)"を使って行うことができます。

--noglob-pathspecs

Add "literal" magic to all pathspec. This is equivalent to setting the GIT_NOGLOB_PATHSPECS environment variable to 1. Enabling globbing on individual pathspecs can be done using pathspec magic ":(glob)"すべてのpathspecに "literal"マジックを追加してください。これはGIT_NOGLOB_PATHSPECS環境変数をに設定するのと同じ1です。個々のパススペックでグロブを有効にすることは、パススペックマジック ":(glob)"を使って行うことができます。

--icase-pathspecs

Add "icase" magic to all pathspec. This is equivalent to setting the GIT_ICASE_PATHSPECS environment variable to 1.すべてのpathspecに "icase"マジックを追加してください。これはGIT_ICASE_PATHSPECS環境変数をに設定するのと同じ1です。

--no-optional-locks

Do not perform optional operations that require locks. This is equivalent to setting the GIT_OPTIONAL_LOCKS to 0.ロックを必要とするオプションの操作を実行しないでください。これは、設定することと同じですGIT_OPTIONAL_LOCKS0

--list-cmds=group[,group…​] --list-cmds = group [、group…]

List commands by group. This is an internal/experimental option and may change or be removed in the future. Supported groups are: builtins, parseopt (builtin commands that use parse-options), main (all commands in libexec directory), others (all other commands in $PATH that have git- prefix), list-<category> (see categories in command-list.txt), nohelpers (exclude helper commands), alias and config (retrieve command list from config variable completion.commands)グループ別にコマンドを一覧表示します。これは内部的/実験的なオプションであり、将来変更または削除される可能性があります。サポートされているグループは次のとおりです。組み込みコマンド、parseopt(parse-optionsを使用する組み込みコマンド)、mainコマンド(libexecディレクトリ内のすべてのコマンド)、その他グループ($PATHgit-prefixを含む他のすべてのコマンド)、list- <category>(command-のカテゴリを参照) list.txt)、nohelpers(ヘルパーコマンドを除く)、aliasおよびconfig(config変数completion.commandsからコマンドリストを取得します)

GIT COMMANDSGITコマンド

We divide Git into high level ("porcelain") commands and low level ("plumbing") commands.Gitを高レベル( "磁器")のコマンドと低レベル( "配管")のコマンドに分けます。

High-level commands (porcelain)高レベルのコマンド(磁器)

We separate the porcelain commands into the main commands and some ancillary user utilities.磁器コマンドをメインコマンドと補助的なユーザユーティリティに分けます。

Main porcelain commands主な磁器コマンド

git-add[1] git-add [1]

Add file contents to the indexファイルの内容をインデックスに追加する

git-am[1] git-am [1]

Apply a series of patches from a mailboxメールボックスから一連のパッチを適用する

git-archive[1] git-archive [1]

Create an archive of files from a named tree名前付きツリーからファイルのアーカイブを作成する

git-bisect[1] git-bisect [1]

Use binary search to find the commit that introduced a bugバイナリ検索を使用してバグを引き起こしたコミットを見つけます

git-branch[1] git-branch [1]

List, create, or delete branchesブランチを一覧表示、作成、または削除する

git-bundle[1] git-bundle [1]

Move objects and refs by archiveアーカイブによるオブジェクトと参照の移動

git-checkout[1] git-checkout [1]

Switch branches or restore working tree filesブランチの切り替えや作業ツリーファイルの復元

git-cherry-pick[1] git-cherry-pick [1]

Apply the changes introduced by some existing commitsいくつかの既存のコミットによって導入された変更を適用する

git-citool[1] git-citool [1]

Graphical alternative to git-commitgit-commitに代わるグラフィカルな方法

git-clean[1] git-clean [1]

Remove untracked files from the working tree作業ツリーから追跡されていないファイルを削除する

git-clone[1] git-clone [1]

Clone a repository into a new directoryリポジトリを新しいディレクトリにクローンする

git-commit[1] git-commit [1]

Record changes to the repositoryリポジトリへの変更を記録する

git-describe[1] git-describe [1]

Give an object a human readable name based on an available ref利用可能な参照に基づいてオブジェクトに人間が読める名前を付ける

git-diff[1] git-diff [1]

Show changes between commits, commit and working tree, etcコミット間の変更、コミットと作業ツリーなどを表示する

git-fetch[1] git-fetch [1]

Download objects and refs from another repositoryオブジェクトをダウンロードして他のリポジトリから参照する

git-format-patch[1] git-format-patch [1]

Prepare patches for e-mail submission電子メール送信用のパッチを準備する

git-gc[1] git-gc [1]

Cleanup unnecessary files and optimize the local repository不要なファイルをクリーンアップしてローカルリポジトリを最適化する

git-grep[1] git-grep [1]

Print lines matching a patternパターンに一致する印刷行

git-gui[1] git-gui [1]

A portable graphical interface to GitGitへの移植可能なグラフィカルインターフェース

git-init[1] git-init [1]

Create an empty Git repository or reinitialize an existing one空のGitリポジトリを作成するか、既存のリポジトリを再初期化します。

gitk[1] gitk [1]

The Git repository browserGitリポジトリブラウザ

git-log[1] git-log [1]

Show commit logsコミットログを表示する

git-merge[1] git-merge [1]

Join two or more development histories together2つ以上の開発履歴を結合する

git-mv[1] git-mv [1]

Move or rename a file, a directory, or a symlinkファイル、ディレクトリ、またはシンボリックリンクを移動または名前変更する

git-notes[1] git-notes [1]

Add or inspect object notesオブジェクトノートを追加または確認する

git-pull[1] git-pull [1]

Fetch from and integrate with another repository or a local branch他のリポジトリやローカルブランチから取得して統合する

git-push[1] git-push [1]

Update remote refs along with associated objects関連付けられているオブジェクトとともにリモート参照を更新する

git-range-diff[1] git-range-diff [1]

Compare two commit ranges (e.g. two versions of a branch)2つのコミット範囲を比較する(例えば2つのバージョンのブランチ)

git-rebase[1] git-rebase [1]

Reapply commits on top of another base tip別のベースチップの上にコミットし直す

git-reset[1] git-reset [1]

Reset current HEAD to the specified state現在のHEADを指定された状態にリセットします

git-revert[1] git-revert [1]

Revert some existing commits既存のコミットを元に戻す

git-rm[1] git-rm [1]

Remove files from the working tree and from the index作業ツリーとインデックスからファイルを削除する

git-shortlog[1] git-shortlog [1]

Summarize git log outputgitログ出力の要約

git-show[1] git-show [1]

Show various types of objectsさまざまな種類のオブジェクトを表示する

git-stash[1] git-stash [1]

Stash the changes in a dirty working directory away汚れた作業ディレクトリの変更を隠します。

git-status[1] git-status [1]

Show the working tree status作業ツリーの状態を表示する

git-submodule[1] git-submodule [1]

Initialize, update or inspect submodulesサブモジュールを初期化、更新、または検査する

git-tag[1] git-tag [1]

Create, list, delete or verify a tag object signed with GPGGPGで署名されたタグオブジェクトを作成、一覧表示、削除、または検証する

git-worktree[1] git-worktree [1]

Manage multiple working trees複数のワーキングツリーを管理する

Ancillary Commands補助コマンド

Manipulators:マニピュレータ:

git-config[1] git-config [1]

Get and set repository or global optionsリポジトリまたはグローバルオプションの取得と設定

git-fast-export[1] git-fast-export [1]

Git data exporterGitデータエクスポータ

git-fast-import[1] git-fast-import [1]

Backend for fast Git data importers高速Gitデータインポーターのバックエンド

git-filter-branch[1] git-filter-branch [1]

Rewrite branches枝を書き換える

git-mergetool[1] git-mergetool [1]

Run merge conflict resolution tools to resolve merge conflictsマージ競合の解決ツールを実行してマージ競合を解決する

git-pack-refs[1] git-pack-refs [1]

Pack heads and tags for efficient repository access効率的なリポジトリアクセスのためのヘッドとタグのパック

git-prune[1] git-prune [1]

Prune all unreachable objects from the object databaseオブジェクトデータベースから到達不可能なすべてのオブジェクトを削除します。

git-reflog[1] git-reflog [1]

Manage reflog informationreflog情報を管理する

git-remote[1] git-remote [1]

Manage set of tracked repositories追跡リポジトリのセットを管理する

git-repack[1] git-repack [1]

Pack unpacked objects in a repository解凍したオブジェクトをリポジトリに詰める

git-replace[1] git-replace [1]

Create, list, delete refs to replace objectsオブジェクトを置き換えるための参照の作成、一覧表示、削除

Interrogators:質問者:

git-annotate[1] git-annotate [1]

Annotate file lines with commit informationコミット情報でファイル行に注釈を付ける

git-blame[1] git-blame [1]

Show what revision and author last modified each line of a fileファイルの各行を最後に修正したリビジョンと作者を表示

git-count-objects[1] git-count-objects [1]

Count unpacked number of objects and their disk consumption解凍されたオブジェクト数とそのディスク消費量を数える

git-difftool[1] git-difftool [1]

Show changes using common diff tools一般的な差分ツールを使って変更を表示する

git-fsck[1] git-fsck [1]

Verifies the connectivity and validity of the objects in the databaseデータベース内のオブジェクトの接続性と有効性を確認します

git-help[1] git-help [1]

Display help information about GitGitに関するヘルプ情報を表示する

git-instaweb[1] git-instaweb [1]

Instantly browse your working repository in gitwebgitwebで作業中のリポジトリを即座に閲覧する

git-merge-tree[1] git-merge-tree [1]

Show three-way merge without touching indexインデックスに触れずに3者間マージを表示

git-rerere[1] git-rerere [1]

Reuse recorded resolution of conflicted merges競合するマージの記録された解決を再利用する

git-show-branch[1] git-show-branch [1]

Show branches and their commits枝とそのコミットを表示する

git-verify-commit[1] git-verify-commit [1]

Check the GPG signature of commitsコミットのGPG署名を確認する

git-verify-tag[1] git-verify-tag [1]

Check the GPG signature of tagsタグのGPG署名を確認する

gitweb[1] gitweb [1]

Git web interface (web frontend to Git repositories)Git Webインターフェース(GitリポジトリへのWebフロントエンド)

git-whatchanged[1] git-whatchanged [1]

Show logs with difference each commit introducesコミットごとに異なるログを表示する

Interacting with Others他人との交流

These commands are to interact with foreign SCM and with other people via patch over e-mail.これらのコマンドは、電子メールを介したパッチを介して、外国のSCMや他の人々とやり取りするためのものです。

git-archimport[1] git-archimport [1]

Import a GNU Arch repository into GitGitにGNU Archリポジトリをインポートする

git-cvsexportcommit[1] git-cvsexportcommit [1]

Export a single commit to a CVS checkout単一のコミットをCVSチェックアウトにエクスポートする

git-cvsimport[1] git-cvsimport [1]

Salvage your data out of another SCM people love to hate憎むことを愛する別のSCMからあなたのデータを取り戻す

git-cvsserver[1] git-cvsserver [1]

A CVS server emulator for GitGit用のCVSサーバエミュレータ

git-imap-send[1] git-imap-send [1]

Send a collection of patches from stdin to an IMAP folder標準入力からIMAPフォルダにパッチのコレクションを送信する

git-p4[1] git-p4 [1]

Import from and submit to Perforce repositoriesPerforceリポジトリからインポートおよび送信する

git-quiltimport[1] git-quiltimport [1]

Applies a quilt patchset onto the current branch現在のブランチにキルトパッチセットを適用します

git-request-pull[1] git-request-pull [1]

Generates a summary of pending changes保留中の変更の要約を生成します

git-send-email[1] git-send-email [1]

Send a collection of patches as emailsパッチのコレクションを電子メールとして送信する

git-svn[1] git-svn [1]

Bidirectional operation between a Subversion repository and GitSubversionリポジトリとGit間の双方向操作

Low-level commands (plumbing)低レベルのコマンド(配管)

Although Git includes its own porcelain layer, its low-level commands are sufficient to support development of alternative porcelains. Developers of such porcelains might start by reading about git-update-index[1] and git-read-tree[1].Gitには独自の磁器層が含まれていますが、その低レベルのコマンドで代替磁器の開発をサポートするのに十分です。そのような磁器の開発者は、git-update-index [1]git-read-tree [1]について読むことから始めるかもしれません。

The interface (input, output, set of options and the semantics) to these low-level commands are meant to be a lot more stable than Porcelain level commands, because these commands are primarily for scripted use. The interface to Porcelain commands on the other hand are subject to change in order to improve the end user experience.これらのコマンドは主にスクリプト用であるため、これらの低レベルのコマンドへのインターフェース(入力、出力、オプションのセット、およびセマンティクス)は、Porcelainレベルのコマンドよりもはるかに安定していることを意味します。一方、Porcelainコマンドへのインタフェースは、エンドユーザエクスペリエンスを向上させるために変更される可能性があります。

The following description divides the low-level commands into commands that manipulate objects (in the repository, index, and working tree), commands that interrogate and compare objects, and commands that move objects and references between repositories.以下の説明では、低レベルのコマンドを、オブジェクトを操作するコマンド(リポジトリ、インデックス、および作業ツリー内)、オブジェクトを調べて比較するコマンド、およびオブジェクトと参照をリポジトリ間で移動するコマンドに分けています。

Manipulation commands操作コマンド

git-apply[1] git-apply [1]

Apply a patch to files and/or to the indexファイルやインデックスにパッチを適用する

git-checkout-index[1] git-checkout-index [1]

Copy files from the index to the working treeインデックスから作業ツリーにファイルをコピーする

git-commit-graph[1] git-commit-graph [1]

Write and verify Git commit-graph filesGitコミットグラフファイルを書いて検証する

git-commit-tree[1] git-commit-tree [1]

Create a new commit object新しいコミットオブジェクトを作成する

git-hash-object[1] git-hash-object [1]

Compute object ID and optionally creates a blob from a fileオブジェクトIDを計算し、オプションでファイルからBLOBを作成します

git-index-pack[1] git-index-pack [1]

Build pack index file for an existing packed archive既存のパックアーカイブ用のビルドパックインデックスファイル

git-merge-file[1] git-merge-file [1]

Run a three-way file merge3者間ファイルマージを実行する

git-merge-index[1] git-merge-index [1]

Run a merge for files needing mergingマージが必要なファイルに対してマージを実行する

git-multi-pack-index[1] git-multi-pack-index [1]

Write and verify multi-pack-indexesマルチパックインデックスの作成と確認

git-mktag[1] git-mktag [1]

Creates a tag objectタグオブジェクトを作成します

git-mktree[1] git-mktree [1]

Build a tree-object from ls-tree formatted textLSツリー形式のテキストからツリーオブジェクトを作成する

git-pack-objects[1] git-pack-objects [1]

Create a packed archive of objectsオブジェクトのパックアーカイブを作成する

git-prune-packed[1] git-prune-pack [1]

Remove extra objects that are already in pack filesすでにパックファイルにある余分なオブジェクトを削除します。

git-read-tree[1] git-read-tree [1]

Reads tree information into the indexツリー情報をインデックスに読み込みます

git-symbolic-ref[1] git-symbolic-ref [1]

Read, modify and delete symbolic refs記号参照の読み取り、変更、削除

git-unpack-objects[1] git-unpack-objects [1]

Unpack objects from a packed archive圧縮アーカイブからオブジェクトを解凍する

git-update-index[1] git-update-index [1]

Register file contents in the working tree to the index作業ツリーのファイルの内容をインデックスに登録する

git-update-ref[1] git-update-ref [1]

Update the object name stored in a ref safelyrefに格納されているオブジェクト名を安全に更新する

git-write-tree[1] git-write-tree [1]

Create a tree object from the current index現在のインデックスからツリーオブジェクトを作成します

Interrogation commands問い合わせコマンド

git-cat-file[1] git-cat-file [1]

Provide content or type and size information for repository objectsリポジトリオブジェクトの内容または種類とサイズの情報を提供する

git-cherry[1] git-cherry [1]

Find commits yet to be applied to upstream上流にまだ適用されていないコミットを見つける

git-diff-files[1] git-diff-files [1]

Compares files in the working tree and the index作業ツリー内のファイルとインデックスを比較します。

git-diff-index[1] git-diff-index [1]

Compare a tree to the working tree or indexツリーを作業ツリーまたはインデックスと比較する

git-diff-tree[1] git-diff-tree [1]

Compares the content and mode of blobs found via two tree objects2つのツリーオブジェクトを介して見つかったBLOBの内容とモードを比較します

git-for-each-ref[1] git-for-each-ref [1]

Output information on each ref各参照に関する情報を出力する

git-get-tar-commit-id[1] git-get-tar-commit-id [1]

Extract commit ID from an archive created using git-archivegit-archiveを使用して作成されたアーカイブからコミットIDを抽出します

git-ls-files[1] git-ls-files [1]

Show information about files in the index and the working treeインデックスと作業ツリーのファイルに関する情報を表示する

git-ls-remote[1] git-ls-remote [1]

List references in a remote repositoryリモートリポジトリ内の参照を一覧表示する

git-ls-tree[1] git-ls-tree [1]

List the contents of a tree objectツリーオブジェクトの内容を一覧表示する

git-merge-base[1] git-merge-base [1]

Find as good common ancestors as possible for a mergeマージのためにできるだけ良い共通の祖先を見つける

git-name-rev[1] git-name-rev [1]

Find symbolic names for given revs与えられたrevのシンボル名を探す

git-pack-redundant[1] git-pack-redundant [1]

Find redundant pack files冗長パックファイルを探す

git-rev-list[1] git-rev-list [1]

Lists commit objects in reverse chronological orderコミットオブジェクトを新しい順にリストします。

git-rev-parse[1] git-rev-parse [1]

Pick out and massage parametersピックアップとマッサージのパラメータ

git-show-index[1] git-show-index [1]

Show packed archive index圧縮アーカイブインデックスを表示する

git-show-ref[1] git-show-ref [1]

List references in a local repositoryローカルリポジトリ内の参照を一覧表示する

git-unpack-file[1] git-unpack-file [1]

Creates a temporary file with a blob’s contentsBLOBの内容で一時ファイルを作成します

git-var[1] git-var [1]

Show a Git logical variableGit論理変数を表示する

git-verify-pack[1] git-verify-pack [1]

Validate packed Git archive files圧縮されたGitアーカイブファイルを検証する

In general, the interrogate commands do not touch the files in the working tree.一般に、問い合わせコマンドは作業ツリーのファイルには触れません。

Synching repositories同期リポジトリ

git-daemon[1] git-daemon [1]

A really simple server for Git repositoriesGitリポジトリ用の本当にシンプルなサーバー

git-fetch-pack[1] git-fetch-pack [1]

Receive missing objects from another repository他のリポジトリから不足しているオブジェクトを受け取る

git-http-backend[1] git-http-backend [1]

Server side implementation of Git over HTTPGit over HTTPのサーバーサイド実装

git-send-pack[1] git-send-pack [1]

Push objects over Git protocol to another repositoryGitプロトコルを介して他のリポジトリにオブジェクトをプッシュする

git-update-server-info[1] git-update-server-info [1]

Update auxiliary info file to help dumb serversダムサーバーを助けるために補助情報ファイルを更新する

The following are helper commands used by the above; end users typically do not use them directly.以下は上記で使用されるヘルパーコマンドです。エンドユーザーは通常それらを直接使用しません。

git-http-fetch[1] git-http-fetch [1]

Download from a remote Git repository via HTTPHTTP経由でリモートのGitリポジトリからダウンロードする

git-http-push[1] git-http-push [1]

Push objects over HTTP/DAV to another repositoryHTTP / DAVを介して他のリポジトリにオブジェクトをプッシュする

git-parse-remote[1] git-parse-remote [1]

Routines to help parsing remote repository access parametersリモートリポジトリアクセスパラメータの解析に役立つルーチン

git-receive-pack[1] git-receive-pack [1]

Receive what is pushed into the repositoryリポジトリにプッシュされたものを受け取る

git-shell[1] git-shell [1]

Restricted login shell for Git-only SSH accessGit-only SSHアクセス用の制限付きログインシェル

git-upload-archive[1] git-upload-archive [1]

Send archive back to git-archiveアーカイブをgit-archiveに送り返す

git-upload-pack[1] git-upload-pack [1]

Send objects packed back to git-fetch-packパックされたオブジェクトをgit-fetch-packに送信する

Internal helper commands内部ヘルパーコマンド

These are internal helper commands used by other commands; end users typically do not use them directly.これらは他のコマンドによって使用される内部ヘルパーコマンドです。エンドユーザーは通常それらを直接使用しません。

git-check-attr[1] git-check-attr [1]

Display gitattributes informationgitattributes情報を表示する

git-check-ignore[1] git-check-ignore [1]

Debug gitignore / exclude filesgitignore / excludeファイルをデバッグする

git-check-mailmap[1] git-check-mailmap [1]

Show canonical names and email addresses of contacts連絡先の正規名と電子メールアドレスを表示する

git-check-ref-format[1] git-check-ref-format [1]

Ensures that a reference name is well formed参照名が正しい形式であることを確認します

git-column[1] git-column [1]

Display data in columnsデータを列に表示する

git-credential[1] gitクレデンシャル[1]

Retrieve and store user credentialsユーザーの資格情報を取得して保存する

git-credential-cache[1] git-credential-cache [1]

Helper to temporarily store passwords in memoryパスワードを一時的にメモリに保存するためのヘルパー

git-credential-store[1] gitクレデンシャルストア[1]

Helper to store credentials on disk資格情報をディスクに保存するためのヘルパー

git-fmt-merge-msg[1] git-fmt-merge-msg [1]

Produce a merge commit messageマージコミットメッセージを作成する

git-interpret-trailers[1] git解釈トレーラー[1]

add or parse structured information in commit messagesコミットメッセージに構造化情報を追加または解析する

git-mailinfo[1] git-mailinfo [1]

Extracts patch and authorship from a single e-mail message単一の電子メールメッセージからパッチと作成者を抽出します

git-mailsplit[1] git-mailsplit [1]

Simple UNIX mbox splitter program単純なUNIXのmbox分割プログラム

git-merge-one-file[1] git-merge-one-file [1]

The standard helper program to use with git-merge-indexgit-merge-indexで使用する標準のヘルパープログラム

git-patch-id[1] git-patch-id [1]

Compute unique ID for a patchパッチの一意のIDを計算する

git-sh-i18n[1] git-sh-i18n [1]

Git’s i18n setup code for shell scriptsシェルスクリプト用のGitの国際化セットアップコード

git-sh-setup[1] git-sh-setup [1]

Common Git shell script setup code共通Gitシェルスクリプトセットアップコード

git-stripspace[1] git-strippace [1]

Remove unnecessary whitespace不要な空白を削除

Configuration Mechanism構成メカニズム

Git uses a simple text format to store customizations that are per repository and are per user. Such a configuration file may look like this:Gitは単純なテキストフォーマットを使用して、リポジトリごとおよびユーザーごとのカスタマイズを保存します。そのような設定ファイルは次のようになります。

#
# A '#' or ';' character indicates a comment.
#
; core variables
[core]
	; Don't trust file modes
	filemode = false
; user identity
[user]
	name = "Junio C Hamano"
	email = "gitster@pobox.com"

Various commands read from the configuration file and adjust their operation accordingly. See git-config[1] for a list and more details about the configuration mechanism.さまざまなコマンドが設定ファイルから読み込み、それに応じて動作を調整します。参照[1]のgit-config設定をリストし、設定メカニズムの詳細については。

Identifier Terminology識別子の用語

<object> <オブジェクト>

Indicates the object name for any type of object.任意の種類のオブジェクトのオブジェクト名を示します。

<blob>

Indicates a blob object name.BLOBオブジェクト名を示します。

<tree> <ツリー>

Indicates a tree object name.ツリーオブジェクト名を示します。

<commit> <コミット>

Indicates a commit object name.コミットオブジェクト名を示します。

<tree-ish> <ツリー>

Indicates a tree, commit or tag object name. A command that takes a <tree-ish> argument ultimately wants to operate on a <tree> object but automatically dereferences <commit> and <tag> objects that point at a <tree>.ツリー、コミット、またはタグのオブジェクト名を示します。<tree-ish>引数をとるコマンドは、最終的には<tree>オブジェクトを操作しますが、<tree>を指す<commit>および<tag>オブジェクトを自動的に間接参照します。

<commit-ish>

Indicates a commit or tag object name. A command that takes a <commit-ish> argument ultimately wants to operate on a <commit> object but automatically dereferences <tag> objects that point at a <commit>.コミットまたはタグのオブジェクト名を示します。<commit-ish>引数を受け取るコマンドは、最終的には<commit>オブジェクトを操作しますが、<commit>を指す<tag>オブジェクトを自動的に間接参照します。

<type> <タイプ>

Indicates that an object type is required. Currently one of: blob, tree, commit, or tag.オブジェクトタイプが必要であることを示します。現在の1: 、blobtreecommitまたはtag

<file> <ファイル>

Indicates a filename - almost always relative to the root of the tree structure GIT_INDEX_FILE describes.ファイル名を示します - ほとんどの場合、ツリー構造のGIT_INDEX_FILE記述のルートに対する相対パスです。

Symbolic Identifiersシンボリック識別子

Any Git command accepting any <object> can also use the following symbolic notation:<object>を受け付けるGitコマンドでは、次の記号表記も使用できます。

HEAD

indicates the head of the current branch.現在のブランチの先頭を示します。

<tag>

a valid tag name (i.e. a refs/tags/<tag> reference).有効なタグ(すなわちrefs/tags/<tag>参照)

<head> <ヘッド>

a valid head name (i.e. a refs/heads/<head> reference).有効なヘッド(すなわちrefs/heads/<head>参照)

For a more complete list of ways to spell object names, see "SPECIFYING REVISIONS" section in gitrevisions[7].オブジェクト名をつづる方法のより完全なリストについては、gitrevisions [7]の "リビジョンの指定"セクションを見てください。

File/Directory Structureファイル/ディレクトリ構造

Please see the gitrepository-layout[5] document.gitrepository-layout [5]ドキュメントを見てください。

Read githooks[5] for more details about each hook.各フックの詳細についてはgithooks [5]を読んでください。

Higher level SCMs may provide and manage additional information in the $GIT_DIR.より高いレベルのSCMsは、追加の情報を提供して、管理するかもしれません$GIT_DIR

Terminology用語

Please see gitglossary[7].gitglossary [7]を見てください。

Environment Variables環境変数

Various Git commands use the following environment variables:さまざまなGitコマンドは以下の環境変数を使用します。

The Git RepositoryGitリポジトリ

These environment variables apply to all core Git commands. Nb: it is worth noting that they may be used/overridden by SCMS sitting above Git so take care if using a foreign front-end.これらの環境変数はすべてのコアGitコマンドに適用されます。Nb:それらがGitの上に座っているSCMSによって使われる/上書きされるかもしれないことに注目する価値があるので、外国のフロントエンドを使う場合は注意してください。

GIT_INDEX_FILE

This environment allows the specification of an alternate index file. If not specified, the default of $GIT_DIR/index is used.この環境では、代替索引ファイルを指定できます。指定しない場合は、デフォルトの$GIT_DIR/indexが使用されます。

GIT_INDEX_VERSION

This environment variable allows the specification of an index version for new repositories. It won’t affect existing index files. By default index file version 2 or 3 is used. See git-update-index[1] for more information.この環境変数により、新しいリポジトリのインデックスバージョンを指定できます。既存のインデックスファイルには影響しません。デフォルトでは、インデックスファイルのバージョン2または3が使用されます。詳しくはgit-update-index [1]をご覧ください。

GIT_OBJECT_DIRECTORY

If the object storage directory is specified via this environment variable then the sha1 directories are created underneath - otherwise the default $GIT_DIR/objects directory is used.この環境変数でオブジェクト格納ディレクトリを指定すると、その下にsha1ディレクトリが作成されます$GIT_DIR/objects。それ以外の場合は、デフォルトのディレクトリが使用されます。

GIT_ALTERNATE_OBJECT_DIRECTORIES

Due to the immutable nature of Git objects, old objects can be archived into shared, read-only directories. This variable specifies a ":" separated (on Windows ";" separated) list of Git object directories which can be used to search for Git objects. New objects will not be written to these directories.Gitオブジェクトは不変のため、古いオブジェクトは共有の読み取り専用ディレクトリにアーカイブできます。この変数は、Gitオブジェクトの検索に使用できるGitオブジェクトディレクトリの ":"で区切られた(Windows上では ";"で区切られた)リストを指定します。新しいオブジェクトはこれらのディレクトリに書き込まれません。

Entries that begin with " (double-quote) will be interpreted as C-style quoted paths, removing leading and trailing double-quotes and respecting backslash escapes. E.g., the value "path-with-\"-and-:-in-it":vanilla-path has two paths: path-with-"-and-:-in-it and vanilla-path."(二重引用符)で始まるエントリは、Cスタイルの引用符付きパスとして解釈され、先頭と末尾の二重引用符は削除され、バックスラッシュエスケープが考慮されます。たとえば、値に"path-with-\"-and-:-in-it":vanilla-pathは2つのパスがpath-with-"-and-:-in-itありvanilla-pathます。

GIT_DIR

If the GIT_DIR environment variable is set then it specifies a path to use instead of the default .git for the base of the repository. The --git-dir command-line option also sets this value.場合はGIT_DIR、環境変数が設定されている、それはデフォルトの代わりに使用するパスを指定し.git、リポジトリのベースのために。--git-dirコマンドラインオプションも、この値を設定します。

GIT_WORK_TREE

Set the path to the root of the working tree. This can also be controlled by the --work-tree command-line option and the core.worktree configuration variable.パスを作業ツリーのルートに設定します。これは--work-treeコマンドラインオプションとcore.worktree設定変数によっても制御できます。

GIT_NAMESPACE

Set the Git namespace; see gitnamespaces[7] for details. The --namespace command-line option also sets this value.Git名前空間を設定します。詳細はgitnamespaces [7]を見てください。--namespaceコマンドラインオプションも、この値を設定します。

GIT_CEILING_DIRECTORIES

This should be a colon-separated list of absolute paths. If set, it is a list of directories that Git should not chdir up into while looking for a repository directory (useful for excluding slow-loading network directories). It will not exclude the current working directory or a GIT_DIR set on the command line or in the environment. Normally, Git has to read the entries in this list and resolve any symlink that might be present in order to compare them with the current directory. However, if even this access is slow, you can add an empty entry to the list to tell Git that the subsequent entries are not symlinks and needn’t be resolved; e.g., GIT_CEILING_DIRECTORIES=/maybe/symlink::/very/slow/non/symlink.これはコロンで区切られた絶対パスのリストです。設定されている場合、リポジトリディレクトリを探す際にGitが調べてはいけないディレクトリのリストです(遅いネットワークディレクトリを除外するのに役立ちます)。コマンドラインまたは環境に設定されている現在の作業ディレクトリまたはGIT_DIRは除外されません。通常、Gitはこのリストのエントリを読み、現在のディレクトリとそれらを比較するために存在するかもしれないシンボリックリンクを解決しなければなりません。ただし、このアクセスでも遅い場合は、リストに空のエントリを追加して、それ以降のエントリはシンボリックリンクではないので解決する必要はないことをGitに伝えることができます。例えばGIT_CEILING_DIRECTORIES=/maybe/symlink::/very/slow/non/symlink

GIT_DISCOVERY_ACROSS_FILESYSTEM

When run in a directory that does not have ".git" repository directory, Git tries to find such a directory in the parent directories to find the top of the working tree, but by default it does not cross filesystem boundaries. This environment variable can be set to true to tell Git not to stop at filesystem boundaries. Like GIT_CEILING_DIRECTORIES, this will not affect an explicit repository directory set via GIT_DIR or on the command line."。git"リポジトリディレクトリを持たないディレクトリで実行された場合、Gitは作業ディレクトリの最上部を見つけるために親ディレクトリからそのようなディレクトリを見つけようとしますが、デフォルトではファイルシステムの境界を越えません。Gitにファイルシステムの境界で止まらないようにするには、この環境変数をtrueに設定します。同様にGIT_CEILING_DIRECTORIES、これはGIT_DIRコマンドライン経由で設定された明示的なリポジトリディレクトリには影響しません。

GIT_COMMON_DIR

If this variable is set to a path, non-worktree files that are normally in $GIT_DIR will be taken from this path instead. Worktree-specific files such as HEAD or index are taken from $GIT_DIR. See gitrepository-layout[5] and git-worktree[1] for details. This variable has lower precedence than other path variables such as GIT_INDEX_FILE, GIT_OBJECT_DIRECTORY…​この変数がパスに設定されている場合、通常$ GIT_DIRにある作業ツリー以外のファイルは代わりにこのパスから取得されます。HEADやインデックスなどのワークツリー固有のファイルは、$ GIT_DIRから取得されます。詳細はgitrepository-layout [5]git-worktree [1]をご覧ください。この変数は、GIT_INDEX_FILE、GIT_OBJECT_DIRECTORYなどの他のパス変数よりも優先順位が低くなります。

Git CommitsGitコミット

GIT_AUTHOR_NAME
GIT_AUTHOR_EMAIL
GIT_AUTHOR_DATE
GIT_COMMITTER_NAME
GIT_COMMITTER_EMAIL
GIT_COMMITTER_DATE
EMAIL Eメール

see git-commit-tree[1]git-commit-treeを見てください[1]

Git Diffs

GIT_DIFF_OPTS

Only valid setting is "--unified=??" or "-u??" to set the number of context lines shown when a unified diff is created. This takes precedence over any "-U" or "--unified" option value passed on the Git diff command line.唯一の有効な設定は "--unified = ??"です。または "-u ??" 統合diffが作成されたときに表示されるコンテキスト行の数を設定します。これはGit diffコマンドラインで渡された "-U"または "--unified"オプション値よりも優先されます。

GIT_EXTERNAL_DIFF

When the environment variable GIT_EXTERNAL_DIFF is set, the program named by it is called, instead of the diff invocation described above. For a path that is added, removed, or modified, GIT_EXTERNAL_DIFF is called with 7 parameters:環境変数GIT_EXTERNAL_DIFFが設定されると、上記のdiff呼び出しの代わりに、それによって指定されたプログラムが呼び出されます。追加、削除、または変更されたパスの場合、GIT_EXTERNAL_DIFF7つのパラメータを使用して呼び出されます。

path old-file old-hex old-mode new-file new-hex new-mode

where:ここで、

<old|new>-file <old | new> -file

are files GIT_EXTERNAL_DIFF can use to read the contents of <old|new>,GIT_EXTERNAL_DIFFが<old | new>の内容を読み取るために使用できるファイルです。

<old|new>-hex <old | new> -hex

are the 40-hexdigit SHA-1 hashes,40桁のSHA-1ハッシュです。

<old|new>-mode <old | new>モード

are the octal representation of the file modes.ファイルモードの8進表現です。

The file parameters can point at the user’s working file (e.g. new-file in "git-diff-files"), /dev/null (e.g. old-file when a new file is added), or a temporary file (e.g. old-file in the index). GIT_EXTERNAL_DIFF should not worry about unlinking the temporary file --- it is removed when GIT_EXTERNAL_DIFF exits.ファイルのパラメータは、ユーザーの作業ファイルを指すことができます(例えばnew-file、「gitの-デフ・ファイル」で)、 /dev/null(たとえば、old-file新しいファイルが追加された場合)、または(例えば、一時ファイルold-fileのインデックスで)。GIT_EXTERNAL_DIFF一時ファイルのリンクを解除することについて心配するべきではありません--- GIT_EXTERNAL_DIFF終了時に削除されます。

For a path that is unmerged, GIT_EXTERNAL_DIFF is called with 1 parameter, <path>.マージされていないパスの場合GIT_EXTERNAL_DIFFは、1つのパラメータ<path>を指定して呼び出されます。

For each path GIT_EXTERNAL_DIFF is called, two environment variables, GIT_DIFF_PATH_COUNTER and GIT_DIFF_PATH_TOTAL are set.各パスについてGIT_EXTERNAL_DIFF、2つの環境変数と呼ばれ、GIT_DIFF_PATH_COUNTERおよびGIT_DIFF_PATH_TOTAL設定されています。

GIT_DIFF_PATH_COUNTER

A 1-based counter incremented by one for every path.パスごとに1ずつ増加する1ベースのカウンタ。

GIT_DIFF_PATH_TOTAL

The total number of paths.パスの総数

otherその他の

GIT_MERGE_VERBOSITY

A number controlling the amount of output shown by the recursive merge strategy. Overrides merge.verbosity. See git-merge[1]再帰的マージ戦略によって示される出力の量を制御する数値。merge.verbosityをオーバーライドします。git-merge [1]を参照してください

GIT_PAGER

This environment variable overrides $PAGER. If it is set to an empty string or to the value "cat", Git will not launch a pager. See also the core.pager option in git-config[1].この環境変数は上書きされます$PAGER。空の文字列または値 "cat"に設定されている場合、Gitはポケットベルを起動しません。git-config [1]core.pagerオプションも参照してください。

GIT_EDITOR

This environment variable overrides $EDITOR and $VISUAL. It is used by several Git commands when, on interactive mode, an editor is to be launched. See also git-var[1] and the core.editor option in git-config[1].この環境変数は$EDITORandをオーバーライドします$VISUAL。対話モードでエディターを起動するときに、いくつかのGitコマンドで使用されます。git-var [1]git-config [1]のcore.editorオプションも参照してください。

GIT_SSH
GIT_SSH_COMMAND

If either of these environment variables is set then git fetch and git push will use the specified command instead of ssh when they need to connect to a remote system. The command-line parameters passed to the configured command are determined by the ssh variant. See ssh.variant option in git-config[1] for details.これらの環境変数のどちらかが設定されていると、git fetchgit pushは、リモートシステムに接続する必要があるときに、sshの代わりに指定されたコマンドを使用します。設定されたコマンドに渡されるコマンドラインパラメータは、sshバリアントによって決まります。詳細ssh.variantgit-config [1]の option を参照してください。

$GIT_SSH_COMMAND takes precedence over $GIT_SSH, and is interpreted by the shell, which allows additional arguments to be included. $GIT_SSH on the other hand must be just the path to a program (which can be a wrapper shell script, if additional arguments are needed).$GIT_SSH_COMMANDより優先$GIT_SSHされ、シェルによって解釈されます。これにより、追加の引数を含めることができます。$GIT_SSH一方、プログラムへのパスにする必要があります(追加の引数が必要な場合は、ラッパーシェルスクリプトにすることもできます)。

Usually it is easier to configure any desired options through your personal .ssh/config file. Please consult your ssh documentation for further details.通常、あなたの個人的な.ssh/configファイルを通してどんな望ましいオプションでも構成することはより簡単です。詳細についてはsshのドキュメントを参照してください。

GIT_SSH_VARIANT

If this environment variable is set, it overrides Git’s autodetection whether GIT_SSH/GIT_SSH_COMMAND/core.sshCommand refer to OpenSSH, plink or tortoiseplink. This variable overrides the config setting ssh.variant that serves the same purpose.この環境変数が設定されている場合、それはかどうかのGitの自動検出よりも優先されますGIT_SSH/ GIT_SSH_COMMAND/ core.sshCommandOpenSSHの、PLINKまたはtortoiseplink参照を。この変数ssh.variantは同じ目的を果たすconfig設定を上書きします。

GIT_ASKPASS

If this environment variable is set, then Git commands which need to acquire passwords or passphrases (e.g. for HTTP or IMAP authentication) will call this program with a suitable prompt as command-line argument and read the password from its STDOUT. See also the core.askPass option in git-config[1].この環境変数が設定されている場合、パスワードまたはパスフレーズを取得する必要があるGitコマンド(HTTPまたはIMAP認証など)は、適切なプロンプトをコマンドライン引数として使用してこのプログラムを呼び出し、そのSTDOUTからパスワードを読み取ります。git-config [1]core.askPassオプションも参照してください。

GIT_TERMINAL_PROMPT

If this environment variable is set to 0, git will not prompt on the terminal (e.g., when asking for HTTP authentication).この環境変数がに設定されていると0、gitは端末にプロンプ??トを出しません(例えば、HTTP認証を要求するとき)。

GIT_CONFIG_NOSYSTEM

Whether to skip reading settings from the system-wide $(prefix)/etc/gitconfig file. This environment variable can be used along with $HOME and $XDG_CONFIG_HOME to create a predictable environment for a picky script, or you can set it temporarily to avoid using a buggy /etc/gitconfig file while waiting for someone with sufficient permissions to fix it.システム全体の$(prefix)/etc/gitconfigファイルから設定を読み取るのをスキップするかどうか。この環境変数は、一緒に使用することができます$HOMEし、$XDG_CONFIG_HOMEうるさいスクリプトの予測可能な環境を作成するために、またはあなたがバグの使用を避けるために、一時的に設定することができ/etc/gitconfig、それを修正するための十分な権限を持つ誰かを待っている間にファイルを。

GIT_FLUSH

If this environment variable is set to "1", then commands such as git blame (in incremental mode), git rev-list, git log, git check-attr and git check-ignore will force a flush of the output stream after each record have been flushed. If this variable is set to "0", the output of these commands will be done using completely buffered I/O. If this environment variable is not set, Git will choose buffered or record-oriented flushing based on whether stdout appears to be redirected to a file or not.この環境変数が "1"に設定されている場合、git blame(インクリメンタルモード)、git rev-listgit loggit check-attrgit check-ignoreなどのコマンドは、毎回出力ストリームをフラッシュします。レコードがフラッシュされました。この変数が "0"に設定されている場合、これらのコマンドの出力は完全にバッファされたI / Oを使用して行われます。この環境変数が設定されていない場合、Gitは標準出力がファイルにリダイレクトされているように見えるかどうかに基づいて、バッファリングまたはレコード指向のフラッシュを選択します。

GIT_TRACE

Enables general trace messages, e.g. alias expansion, built-in command execution and external command execution.エイリアス展開、組み込みコマンドの実行、外部コマンドの実行など、一般的なトレースメッセージを有効にします。

If this variable is set to "1", "2" or "true" (comparison is case insensitive), trace messages will be printed to stderr.この変数が "1"、 "2"、または "true"に設定されている場合(比較では大文字と小文字が区別されません)、トレースメッセージは標準エラー出力に出力されます。

If the variable is set to an integer value greater than 2 and lower than 10 (strictly) then Git will interpret this value as an open file descriptor and will try to write the trace messages into this file descriptor.変数が2より大きく10より小さい整数値(厳密に)に設定されている場合、Gitはこの値をオープンファイルディスクリプタとして解釈し、トレースメッセージをこのファイルディスクリプタに書き込もうとします。

Alternatively, if the variable is set to an absolute path (starting with a / character), Git will interpret this as a file path and will try to append the trace messages to it.あるいは、変数が(/文字で始まる)絶対パスに設定されている場合、Gitはこれをファイルパスとして解釈し、それにトレースメッセージを追加しようとします。

Unsetting the variable, or setting it to empty, "0" or "false" (case insensitive) disables trace messages.変数の設定を解除するか、空に設定するか、 "0"または "false"(大文字と小文字を区別しない)にすると、トレースメッセージが無効になります。

GIT_TRACE_FSMONITOR

Enables trace messages for the filesystem monitor extension. See GIT_TRACE for available trace output options.ファイルシステムモニタ拡張機能のトレースメッセージを有効にします。GIT_TRACE利用可能なトレース出力オプションについてはを参照してください。

GIT_TRACE_PACK_ACCESS

Enables trace messages for all accesses to any packs. For each access, the pack file name and an offset in the pack is recorded. This may be helpful for troubleshooting some pack-related performance problems. See GIT_TRACE for available trace output options.任意のパックへのすべてのアクセスについてトレースメッセージを有効にします。アクセスごとに、パックファイル名とパック内のオフセットが記録されます。これは、パックに関連したパフォーマンスの問題のトラブルシューティングに役立ちます。GIT_TRACE利用可能なトレース出力オプションについてはを参照してください。

GIT_TRACE_PACKET

Enables trace messages for all packets coming in or out of a given program. This can help with debugging object negotiation or other protocol issues. Tracing is turned off at a packet starting with "PACK" (but see GIT_TRACE_PACKFILE below). See GIT_TRACE for available trace output options.特定のプログラムに出入りするすべてのパケットに対するトレースメッセージを有効にします。これは、オブジェクトネゴシエーションや他のプロトコル問題のデバッグに役立ちます。"PACK"で始まるパケットでトレースがオフになります(ただし下記GIT_TRACE_PACKFILE参照)。GIT_TRACE利用可能なトレース出力オプションについてはを参照してください。

GIT_TRACE_PACKFILE

Enables tracing of packfiles sent or received by a given program. Unlike other trace output, this trace is verbatim: no headers, and no quoting of binary data. You almost certainly want to direct into a file (e.g., GIT_TRACE_PACKFILE=/tmp/my.pack) rather than displaying it on the terminal or mixing it with other trace output.特定のプログラムによって送信または受信されたパックファイルのトレースを有効にします。他のトレース出力とは異なり、このトレースは逐語的です。ヘッダーもバイナリデータの引用もありません。ほとんどの場合、ファイルをGIT_TRACE_PACKFILE=/tmp/my.pack端末に表示したり、他のトレース出力と混合したりするのではなく、ファイルに送信することをお勧めします。

Note that this is currently only implemented for the client side of clones and fetches.これは現在、クローンとフェッチのクライアント側に対してのみ実装されていることに注意してください。

GIT_TRACE_PERFORMANCE

Enables performance related trace messages, e.g. total execution time of each Git command. See GIT_TRACE for available trace output options.パフォーマンス関連のトレースメッセージ、たとえば各Gitコマンドの合計実行時間を有効にします。GIT_TRACE利用可能なトレース出力オプションについてはを参照してください。

GIT_TRACE_SETUP

Enables trace messages printing the .git, working tree and current working directory after Git has completed its setup phase. See GIT_TRACE for available trace output options.Gitがセットアップフェーズを完了した後に、.git、作業ツリー、および現在の作業ディレクトリを表示するトレースメッセージを有効にします。GIT_TRACE利用可能なトレース出力オプションについてはを参照してください。

GIT_TRACE_SHALLOW

Enables trace messages that can help debugging fetching / cloning of shallow repositories. See GIT_TRACE for available trace output options.浅いリポジトリのフェッチ/クローン作成のデバッグに役立つ可能性があるトレースメッセージを有効にします。GIT_TRACE利用可能なトレース出力オプションについてはを参照してください。

GIT_TRACE_CURL

Enables a curl full trace dump of all incoming and outgoing data, including descriptive information, of the git transport protocol. This is similar to doing curl --trace-ascii on the command line. This option overrides setting the GIT_CURL_VERBOSE environment variable. See GIT_TRACE for available trace output options.gitトランスポートプロトコルの記述情報を含むすべての送受信データのカールフルトレースダンプを有効にします。これは--trace-asciiコマンドラインでcurlを実行するのと似ています。このオプションはGIT_CURL_VERBOSE環境変数の設定を上書きします。GIT_TRACE利用可能なトレース出力オプションについてはを参照してください。

GIT_TRACE_CURL_NO_DATA

When a curl trace is enabled (see GIT_TRACE_CURL above), do not dump data (that is, only dump info lines and headers).カールトレースが有効になっているとき(GIT_TRACE_CURL上記を参照)、データをダンプしません(つまり、情報行とヘッダーのみをダンプします)。

GIT_REDACT_COOKIES

This can be set to a comma-separated list of strings. When a curl trace is enabled (see GIT_TRACE_CURL above), whenever a "Cookies:" header sent by the client is dumped, values of cookies whose key is in that list (case-sensitive) are redacted.これは、文字列のコンマ区切りリストに設定できます。カールトレースが有効になっていると(GIT_TRACE_CURL上記参照)、クライアントから送られた "Cookies:"ヘッダがダンプされるときはいつでも、そのリストにキーがあるクッキーの値(大文字と小文字を区別)は編集されます。

GIT_LITERAL_PATHSPECS

Setting this variable to 1 will cause Git to treat all pathspecs literally, rather than as glob patterns. For example, running GIT_LITERAL_PATHSPECS=1 git log -- '*.c' will search for commits that touch the path *.c, not any paths that the glob *.c matches. You might want this if you are feeding literal paths to Git (e.g., paths previously given to you by git ls-tree, --raw diff output, etc).この変数をに設定する1と、Gitはすべてのパススペックをグロブパターンとしてではなく文字通りに扱うようになります。たとえば、running GIT_LITERAL_PATHSPECS=1 git log -- '*.c'*.c、globが*.c一致するパスではなく、パスに触れるコミットを検索します。あなたがGitへのリテラルパス(例えば、以前にあなたに与えられたパスgit ls-tree--rawdiffの出力など)を供給しているなら、これが欲しいかもしれません。

GIT_GLOB_PATHSPECS

Setting this variable to 1 will cause Git to treat all pathspecs as glob patterns (aka "glob" magic).この変数をに設定する1と、Gitはすべてのパススペックをグロブパターンとして扱うようになります(別名 "グロブ"マジック)。

GIT_NOGLOB_PATHSPECS

Setting this variable to 1 will cause Git to treat all pathspecs as literal (aka "literal" magic).この変数をに設定する1と、Gitはすべてのパススペックをリテラルとして扱うようになります(別名「リテラル」マジック)。

GIT_ICASE_PATHSPECS

Setting this variable to 1 will cause Git to treat all pathspecs as case-insensitive.この変数をに設定する1と、Gitはすべてのパス指定を大文字と小文字を区別しないものとして扱います。

GIT_REFLOG_ACTION

When a ref is updated, reflog entries are created to keep track of the reason why the ref was updated (which is typically the name of the high-level command that updated the ref), in addition to the old and new values of the ref. A scripted Porcelain command can use set_reflog_action helper function in git-sh-setup to set its name to this variable when it is invoked as the top level command by the end user, to be recorded in the body of the reflog.refが更新されると、refの古い値と新しい値に加えて、refが更新された理由(通常はrefを更新した上位コマンドの名前)を追跡するためにreflogエントリが作成されます。 。スクリプト化されたPorcelainコマンドは、set_reflog_actionヘルパー関数を使用git-sh-setupして、エンドユーザーによってトップレベルコマンドとして呼び出されたときにその名前をこの変数に設定し、reflogの本文に記録することができます。

GIT_REF_PARANOIA

If set to 1, include broken or badly named refs when iterating over lists of refs. In a normal, non-corrupted repository, this does nothing. However, enabling it may help git to detect and abort some operations in the presence of broken refs. Git sets this variable automatically when performing destructive operations like git-prune[1]. You should not need to set it yourself unless you want to be paranoid about making sure an operation has touched every ref (e.g., because you are cloning a repository to make a backup).に設定されている場合1は、refのリストを反復処理するときに、壊れた、または不適切な名前の付いたrefを含めます。通常の破損していないリポジトリでは、これは何もしません。しかし、これを有効にすると、参照が壊れている場合にgitがいくつかの操作を検出して中止するのに役立ちます。Gitは、git-prune [1]のような破壊的な操作を実行するときにこの変数を自動的に設定します。操作がすべての参照に触れたことを確認することについて妄想的になりたくない場合を除き、自分で設定する必要はありません(たとえば、バックアップを作成するためにリポジトリを複製しているため)。

GIT_ALLOW_PROTOCOL

If set to a colon-separated list of protocols, behave as if protocol.allow is set to never, and each of the listed protocols has protocol.<name>.allow set to always (overriding any existing configuration). In other words, any protocol not mentioned will be disallowed (i.e., this is a whitelist, not a blacklist). See the description of protocol.allow in git-config[1] for more details.コロンで区切られたプロトコルのリストにprotocol.allow設定されている場合は、がに設定されているかのように動作しnever、リストされている各プロトコルがにprotocol.<name>.allow設定されalwaysます(既存の設定を上書きします)。言い換えれば、言及されていないプロトコルは許可されません(すなわち、これはブラックリストではなく、ホワイトリストです)。説明を参照protocol.allow、[1]のgit-configと詳しく。

GIT_PROTOCOL_FROM_USER

Set to 0 to prevent protocols used by fetch/push/clone which are configured to the user state. This is useful to restrict recursive submodule initialization from an untrusted repository or for programs which feed potentially-untrusted URLS to git commands. See git-config[1] for more details.状態に設定されているfetch / push / cloneによって使用されるプロトコルを防ぐには、0に設定しますuser。これは、信頼できないリポジトリからの再帰的なサブモジュールの初期化を制限したり、信頼できない可能性のあるURLをgitコマンドに提供するプログラムに役立ちます。詳しくはgit-config [1]を見てください。

GIT_PROTOCOL

For internal use only. Used in handshaking the wire protocol. Contains a colon : separated list of keys with optional values key[=value]. Presence of unknown keys and values must be ignored.内部使用のみ。ワイヤプロトコルのハンドシェイクに使用されます。結腸含まオプション値とキーの区切りリストをキー[=値]。未知のキーと値の存在は無視しなければなりません。

GIT_OPTIONAL_LOCKS

If set to 0, Git will complete any requested operation without performing any optional sub-operations that require taking a lock. For example, this will prevent git status from refreshing the index as a side effect. This is useful for processes running in the background which do not want to cause lock contention with other operations on the repository. Defaults to 1.に設定すると0、Gitはロックをかける必要があるオプションのサブ操作を実行せずに要求された操作を完了します。たとえば、これgit statusにより、副作用としてインデックスが更新されなくなります。これは、バックグラウンドで実行されていてリポジトリ上の他の操作とのロック競合を起こしたくないプロセスに役立ちます。デフォルトは1です。

GIT_REDIRECT_STDIN
GIT_REDIRECT_STDOUT
GIT_REDIRECT_STDERR

Windows-only: allow redirecting the standard input/output/error handles to paths specified by the environment variables. This is particularly useful in multi-threaded applications where the canonical way to pass standard handles via CreateProcess() is not an option because it would require the handles to be marked inheritable (and consequently every spawned process would inherit them, possibly blocking regular Git operations). The primary intended use case is to use named pipes for communication (e.g. \\.\pipe\my-git-stdin-123).Windowsのみ:標準入力/出力/エラーハンドルを環境変数で指定されたパスにリダイレクトすることを許可します。これはCreateProcess()、ハンドルに継承可能のマークを付ける必要があるため(そしてその結果生成されたすべてのプロセスがそれらを継承し、通常のGit操作をブロックする可能性があるため)、標準ハンドルを渡す標準的な方法では不可能です。主な使用目的は、名前付きパイプを通信に使用することです(例:)\.\pipe\my-git-stdin-123

Two special values are supported: off will simply close the corresponding standard handle, and if GIT_REDIRECT_STDERR is 2>&1, standard error will be redirected to the same handle as standard output.二つの特別な値がサポートされています。off単純に対応する標準ハンドルを閉じ、場合GIT_REDIRECT_STDERR2>&1、標準誤差は、標準出力と同じハンドルにリダイレクトされます。

GIT_PRINT_SHA1_ELLIPSIS (deprecated) GIT_PRINT_SHA1_ELLIPSIS (廃止予定)

If set to yes, print an ellipsis following an (abbreviated) SHA-1 value. This affects indications of detached HEADs (git-checkout[1]) and the raw diff output (git-diff[1]). Printing an ellipsis in the cases mentioned is no longer considered adequate and support for it is likely to be removed in the foreseeable future (along with the variable).に設定されている場合yes、(省略された)SHA-1値の後に省略記号を印刷します。これは分離されたHEADの表示(git-checkout [1])と生の差分出力(git-diff [1])に影響します。上記のケースで省略記号を表示することはもはや適切であるとは見なされず、それに対するサポートは近い将来(変数と共に)削除される可能性があります。

Discussion討論

More detail on the following is available from the Git concepts chapter of the user-manual and gitcore-tutorial[7].以下の詳細は、ユーザーマニュアルのGitの概念の章gitcore-tutorial [7]から入手できます。

A Git project normally consists of a working directory with a ".git" subdirectory at the top level. The .git directory contains, among other things, a compressed object database representing the complete history of the project, an "index" file which links that history to the current contents of the working tree, and named pointers into that history such as tags and branch heads.Gitプロジェクトは通常、最上位に ".git"サブディレクトリを持つ作業ディレクトリで構成されています。.gitディレクトリには、とりわけ、プロジェクトの完全な履歴を表す圧縮オブジェクトデータベース、その履歴を作業ツリーの現在の内容にリンクする "index"ファイル、タグやそのような履歴への名前付きポインタなどがあります。ブランチヘッド

The object database contains objects of three main types: blobs, which hold file data; trees, which point to blobs and other trees to build up directory hierarchies; and commits, which each reference a single tree and some number of parent commits.オブジェクトデータベースには、主に3つのタイプのオブジェクトが含まれています。ツリー。ディレクトリ階層を構築するためのBLOBや他のツリーを指します。各コミットは単一のツリーといくつかの親コミットを参照します。

The commit, equivalent to what other systems call a "changeset" or "version", represents a step in the project’s history, and each parent represents an immediately preceding step. Commits with more than one parent represent merges of independent lines of development.他のシステムが「チェンジセット」または「バージョン」と呼ぶものと同等のコミットは、プロジェクトの履歴内のステップを表し、各親は直前のステップを表します。複数の親とのコミットは、独立した開発ラインのマージを表します。

All objects are named by the SHA-1 hash of their contents, normally written as a string of 40 hex digits. Such names are globally unique. The entire history leading up to a commit can be vouched for by signing just that commit. A fourth object type, the tag, is provided for this purpose.すべてのオブジェクトはそれらの内容のSHA-1ハッシュによって命名され、通常40の16進数の文字列として書かれます。そのような名前は世界的にユニークです。コミットに至るまでの全履歴は、そのコミットだけに署名することで保証できます。この目的のために、4番目のオブジェクトタイプであるタグが提供されています。

When first created, objects are stored in individual files, but for efficiency may later be compressed together into "pack files".最初に作成されたとき、オブジェクトは個々のファイルに格納されますが、効率のために後で「パックファイル」にまとめて圧縮されるかもしれません。

Named pointers called refs mark interesting points in history. A ref may contain the SHA-1 name of an object or the name of another ref. Refs with names beginning ref/head/ contain the SHA-1 name of the most recent commit (or "head") of a branch under development. SHA-1 names of tags of interest are stored under ref/tags/. A special ref named HEAD contains the name of the currently checked-out branch.refsという名前の付いたポインタは歴史の中で興味深い点を示しています。参照には、オブジェクトのSHA-1名または別の参照の名前を含めることができます。名前が始まる参照にref/head/は、開発中のブランチの最新のコミット(または「ヘッド」)のSHA-1名が含まれます。興味のあるタグのSHA-1名が格納されていref/tags/ます。という名前の特別なrefにHEADは、現在チェックアウトされているブランチの名前が含まれています。

The index file is initialized with a list of all paths and, for each path, a blob object and a set of attributes. The blob object represents the contents of the file as of the head of the current branch. The attributes (last modified time, size, etc.) are taken from the corresponding file in the working tree. Subsequent changes to the working tree can be found by comparing these attributes. The index may be updated with new content, and new commits may be created from the content stored in the index.インデックスファイルは、すべてのパスのリスト、および各パスについてBLOBオブジェクトと一連の属性で初期化されます。BLOBオブジェクトは、現在のブランチの先頭にあるファイルの内容を表します。属性(最終更新日時、サイズなど)は、作業ツリー内の対応するファイルから取得されます。これらの属性を比較することによって、作業ツリーに対するその後の変更を見つけることができます。インデックスは新しいコンテンツで更新され、新しいコミットはインデックスに格納されたコンテンツから作成されます。

The index is also capable of storing multiple entries (called "stages") for a given pathname. These stages are used to hold the various unmerged version of a file when a merge is in progress.インデックスは、与えられたパス名に対して複数のエントリ( "ステージ"と呼ばれる)を格納することもできます。これらのステージは、マージが進行中のときにファイルのさまざまなマージされていないバージョンを保持するために使用されます。

FURTHER DOCUMENTATIONさらなる資料

See the references in the "description" section to get started using Git. The following is probably more detail than necessary for a first-time user.Gitを使い始めるには、 "description"セクションの参考文献を参照してください。以下はおそらく初めてのユーザーにとって必要以上の詳細です。

The Git concepts chapter of the user-manual and gitcore-tutorial[7] both provide introductions to the underlying Git architecture.ユーザーマニュアルGit概念の章gitcore-tutorial [7]の両方は、基礎となるGitアーキテクチャの紹介を提供します。

See gitworkflows[7] for an overview of recommended workflows.推奨ワークフローの概要についてはgitworkflows [7]を参照してください。

See also the howto documents for some useful examples.いくつかの有用な例についてはhowtoドキュメントも参照してください。

The internals are documented in the Git API documentation.内部はGit APIドキュメントに文書化されています

Users migrating from CVS may also want to read gitcvs-migration[7].CVSから移行しているユーザはgitcvs-migration [7]を読むことを望むかもしれません。

Authors作者

Git was started by Linus Torvalds, and is currently maintained by Junio C Hamano. Numerous contributions have come from the Git mailing list <git@vger.kernel.org>. http://www.openhub.net/p/git/contributors/summary gives you a more complete list of contributors.GitはLinus Torvaldsによって始められ、現在Junio C Hamanoによって維持されています。Gitメーリングリスト< git@vger.kernel.org > から多くの貢献があります。http://www.openhub.net/p/git/contributors/summaryに、貢献者のより完全なリストがあります。

If you have a clone of git.git itself, the output of git-shortlog[1] and git-blame[1] can show you the authors for specific parts of the project.git.git自体のクローンがある場合は、git-shortlog [1]git-blame [1]の出力から、プロジェクトの特定の部分の作者を確認できます。

Reporting Bugsバグ報告

Report bugs to the Git mailing list <git@vger.kernel.org> where the development and maintenance is primarily done. You do not have to be subscribed to the list to send a message there. See the list archive at https://public-inbox.org/git for previous bug reports and other discussions.開発と保守が主に行われているGitメーリングリスト< git@vger.kernel.org >にバグを報告してください。メッセージを送信するためにリストを購読する必要はありません。過去のバグ報告やその他の議論についてはhttps://public-inbox.org/gitにあるリストアーカイブを参照してください

Issues which are security relevant should be disclosed privately to the Git Security mailing list <git-security@googlegroups.com>.セキュリティ関連の問題は、Git Securityメーリングリスト< git-security@googlegroups.com >に非公開で開示してください。

SEE ALSO関連項目

gittutorial[7], gittutorial-2[7], giteveryday[7], gitcvs-migration[7], gitglossary[7], gitcore-tutorial[7], gitcli[7], The Git User’s Manual, gitworkflows[7]gittutorial [7]gittutorial-2 [7]giteveryday [7]gitcvs-migration [7]gitglossary [7]gitcore-tutorial [7]gitcli [7]The Gitユーザーマニュアルgitworkflows [7]

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

寒くないの?

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る