reset

NAME

git-reset - Reset current HEAD to the specified stategit-reset - 現在のHEADを指定された状態にリセットする

SYNOPSIS概要

git reset [-q] [<tree-ish>] [--] <paths>…​
git reset (--patch | -p) [<tree-ish>] [--] [<paths>…​]
git reset [--soft | --mixed [-N] | --hard | --merge | --keep] [-q] [<commit>]

DESCRIPTION説明

In the first and second form, copy entries from <tree-ish> to the index. In the third form, set the current branch head (HEAD) to <commit>, optionally modifying index and working tree to match. The <tree-ish>/<commit> defaults to HEAD in all forms.1番目と2番目の形式で<tree-ish>は、インデックスからエントリをコピーします。3番目の形式では、現在の分岐head(HEAD)をに設定し<commit>、必要に応じてインデックスと作業ツリーを一致するように変更します。<tree-ish>/ <commit>デフォルトはHEAD、すべてのフォームインチ

git reset [-q] [<tree-ish>] [--] <paths>…​ git reset [-q] [<tree-ish>] [ - ] <paths>…

This form resets the index entries for all <paths> to their state at <tree-ish>. (It does not affect the working tree or the current branch.)このフォームは、allのインデックスエントリをの<paths>状態にリセットします<tree-ish>。(作業ツリーや現在のブランチには影響しません。)

This means that git reset <paths> is the opposite of git add <paths>.これgit reset <paths>はの反対ですgit add <paths>

After running git reset <paths> to update the index entry, you can use git-checkout[1] to check the contents out of the index to the working tree. Alternatively, using git-checkout[1] and specifying a commit, you can copy the contents of a path out of a commit to the index and to the working tree in one go.git reset <paths>インデックスエントリの更新を実行した後、git-checkout [1]を使用してインデックスから作業ツリーへの内容をチェックアウトできます。あるいは、git-checkout [1]を使用してコミットを指定することで、コミットからのパスの内容をインデックスと作業ツリーに一度にコピーできます。

git reset (--patch | -p) [<tree-ish>] [--] [<paths>…​] git reset(--patch | -p)[<ツリー>>] [ - ] [<パス>…]

Interactively select hunks in the difference between the index and <tree-ish> (defaults to HEAD). The chosen hunks are applied in reverse to the index.インデックスと<tree-ish>(デフォルトはHEAD)の差にあるハンクを対話的に選択します。選択されたハンクはインデックスとは逆に適用されます。

This means that git reset -p is the opposite of git add -p, i.e. you can use it to selectively reset hunks. See the “Interactive Mode” section of git-add[1] to learn how to operate the --patch mode.これgit reset -pは、逆の意味ですgit add -p。つまり、ハンクを選択的にリセットするために使用できます。モードの操作方法については、git-add [1]の「対話モード」の節を参照して--patchください。

git reset [<mode>] [<commit>] git reset [<モード>] [<コミット>]

This form resets the current branch head to <commit> and possibly updates the index (resetting it to the tree of <commit>) and the working tree depending on <mode>. If <mode> is omitted, defaults to --mixed. The <mode> must be one of the following:この形式は、現在のブランチヘッドをに応じ<commit>てインデックスをツリーにリセットし<commit>、作業ツリーを更新します<mode><mode>省略した場合、デフォルトはになり--mixedます。<mode>以下のいずれかでなければなりません。

--soft - 柔らかい

Does not touch the index file or the working tree at all (but resets the head to <commit>, just like all modes do). This leaves all your changed files "Changes to be committed", as git status would put it.インデックスファイルや作業ツリーには一切触れません(ただし<commit>、すべてのモードがそうであるように、頭をにリセットします)。これにより、変更されたファイルはすべて「変更をコミットする」git statusようになります。

--mixed - 混合

Resets the index but not the working tree (i.e., the changed files are preserved but not marked for commit) and reports what has not been updated. This is the default action.作業ツリーではなくインデックスをリセットし(つまり、変更されたファイルは保存されますがコミットのマークは付けられません)、更新されていないものを報告します。これがデフォルトの動作です。

If -N is specified, removed paths are marked as intent-to-add (see git-add[1]).-Nが指定された場合、削除されたパスは追加意図としてマークされます(git-add [1]を参照)。

--hard - ハード

Resets the index and working tree. Any changes to tracked files in the working tree since <commit> are discarded.インデックスと作業ツリーをリセットします。それ以降の作業ツリー内の追跡ファイルへの変更<commit>は破棄されます。

--merge - マージ

Resets the index and updates the files in the working tree that are different between <commit> and HEAD, but keeps those which are different between the index and working tree (i.e. which have changes which have not been added). If a file that is different between <commit> and the index has unstaged changes, reset is aborted.インデックスをリセットし、との間<commit>で異なる作業ツリー内のファイルを更新しますが、インデックスと作業ツリーの間で異なるファイルHEAD(つまり、追加されていない変更があるファイル)を保持します。ファイルと<commit>インデックスの間で異なるファイルにステージングされていない変更があると、リセットは中止されます。

In other words, --merge does something like a git read-tree -u -m <commit>, but carries forward unmerged index entries.つまり、--mergeaのようなことをしますが、git read-tree -u -m <commit>マージされていないインデックスエントリを繰り越します。

--keep - キープ

Resets index entries and updates files in the working tree that are different between <commit> and HEAD. If a file that is different between <commit> and HEAD has local changes, reset is aborted.との間<commit>で異なるインデックスエントリをリセットし、作業ツリー内のファイルを更新しますHEAD。間で異なるファイル場合<commit>HEADローカルの変更を持って、リセットが中止されます。

If you want to undo a commit other than the latest on a branch, git-revert[1] is your friend.最新のブランチ以外のコミットを元に戻したい場合は、git-revert [1]があなたの友人です。

OPTIONSオプション

-q
--quiet - 静か
--no-quiet - 静か

Be quiet, only report errors. The default behavior is set by the reset.quiet config option. --quiet and --no-quiet will override the default behavior.静かにしなさい、ただエラーを報告する。デフォルトの動作はreset.quietconfigオプションで設定されています。--quietそして--no-quietデフォルトの動作を上書きします。

EXAMPLES

Undo add 追加を元に戻す
$ edit                                     (1)
$ git add frotz.c filfre.c
$ mailx                                    (2)
$ git reset                                (3)
$ git pull git://info.example.com/ nitfol  (4)
  1. You are happily working on something, and find the changes in these files are in good order. You do not want to see them when you run git diff, because you plan to work on other files and changes with these files are distracting.あなたは楽しく何かに取り組んでいて、そしてこれらのファイルの変更が良い順番になっているのを見つけます。git diff他のファイルで作業することを計画しており、これらのファイルによる変更が邪魔になるため、実行時にそれらを見たくはありません。

  2. Somebody asks you to pull, and the changes sound worthy of merging.誰かがあなたに引っ張るように頼みます、そして変化はマージする価値があるように聞こえます。

  3. However, you already dirtied the index (i.e. your index does not match the HEAD commit). But you know the pull you are going to make does not affect frotz.c or filfre.c, so you revert the index changes for these two files. Your changes in working tree remain there.しかし、あなたはすでにインデックスをダーティにしています(つまり、あなたのインデックスはHEADコミットと一致しません)。しかし、あなたがやろうとしているpullがfrotz.cまたはfilfre.cに影響しないことを知っているので、あなたはこれら二つのファイルのインデックスの変更を元に戻します。作業ツリーの変更はそのまま残ります。

  4. Then you can pull and merge, leaving frotz.c and filfre.c changes still in the working tree.そして、あなたは残して、引っ張るとマージすることができますfrotz.cし、filfre.c作業ツリーにまだ変更。

Undo a commit and redo コミットを元に戻してやり直す
$ git commit ...
$ git reset --soft HEAD^      (1)
$ edit                        (2)
$ git commit -a -c ORIG_HEAD  (3)
  1. This is most often done when you remembered what you just committed is incomplete, or you misspelled your commit message, or both. Leaves working tree as it was before "reset".これは、コミットした内容が不完全であること、またはコミットメッセージのスペルを間違えたこと、あるいはその両方を思い出したときによく行われます。「リセット」の前と同じように作業ツリーをそのままにします。

  2. Make corrections to working tree files.作業ツリーファイルを修正します。

  3. "reset" copies the old head to .git/ORIG_HEAD; redo the commit by starting with its log message. If you do not need to edit the message further, you can give -C option instead."reset"は古いヘッドをにコピーし.git/ORIG_HEADます。ログメッセージから始めてコミットをやり直します。メッセージをさらに編集する必要がない場合は、-C代わりにオプションを指定できます。

See also the --amend option to git-commit[1].git-commit [1]--amendオプションも参照してください。

Undo a commit, making it a topic branch コミットを元に戻してトピックブランチにする
$ git branch topic/wip     (1)
$ git reset --hard HEAD~3  (2)
$ git checkout topic/wip   (3)
  1. You have made some commits, but realize they were premature to be in the master branch. You want to continue polishing them in a topic branch, so create topic/wip branch off of the current HEAD.あなたはいくつかのコミットをしましたが、それらがmasterブランチに入るには時期尚早であったことを理解してください。トピックブランチでそれらを磨き続けたいのでtopic/wip、現在のブランチからブランチを作成しますHEAD

  2. Rewind the master branch to get rid of those three commits.これら3つのコミットを取り除くためにmasterブランチを巻き戻します。

  3. Switch to topic/wip branch and keep working.topic/wipブランチに切り替えて作業を続けます。

Undo commits permanently コミットを元に戻す
$ git commit ...
$ git reset --hard HEAD~3   (1)
  1. The last three commits (HEAD, HEAD^, and HEAD~2) were bad and you do not want to ever see them again. Do not do this if you have already given these commits to somebody else. (See the "RECOVERING FROM UPSTREAM REBASE" section in git-rebase[1] for the implications of doing so.)最後の三つのコミット(HEADHEAD^、およびHEAD~2)が悪かったとあなたはそれらを再度見たくありません。あなたがすでに他の誰かにこれらのコミットを与えているならば、これをしないでください。(そうすることの意味については、git-rebase [1]の「UPSTREAM REBASEからの回復」セクションを参照してください。)

Undo a merge or pull マージを元に戻すまたはプルする
$ git pull                         (1)
Auto-merging nitfol
CONFLICT (content): Merge conflict in nitfol
Automatic merge failed; fix conflicts and then commit the result.
$ git reset --hard                 (2)
$ git pull . topic/branch          (3)
Updating from 41223... to 13134...
Fast-forward
$ git reset --hard ORIG_HEAD       (4)
  1. Try to update from the upstream resulted in a lot of conflicts; you were not ready to spend a lot of time merging right now, so you decide to do that later.上流から更新しようとすると、多くの競合が発生しました。今マージするのに多くの時間を費やす準備ができていなかったので、後でそれをすることにします。

  2. "pull" has not made merge commit, so git reset --hard which is a synonym for git reset --hard HEAD clears the mess from the index file and the working tree."pull"はマージコミットをしていないので、git reset --hardこれはgit reset --hard HEADインデックスファイルと作業ツリーから混乱を解消するための同義語です。

  3. Merge a topic branch into the current branch, which resulted in a fast-forward.トピックブランチを現在のブランチにマージすると、早送りができます。

  4. But you decided that the topic branch is not ready for public consumption yet. "pull" or "merge" always leaves the original tip of the current branch in ORIG_HEAD, so resetting hard to it brings your index file and the working tree back to that state, and resets the tip of the branch to that commit.しかし、トピックブランチはまだ一般消費向けには準備ができていないとあなたは決めました。"pull"または "merge"は常に現在のブランチの元の先端ORIG_HEADをそのままにしておくので、それに強くリセットするとインデックスファイルと作業ツリーをその状態に戻し、ブランチの先端をそのコミットにリセットします。

Undo a merge or pull inside a dirty working tree マージを元に戻す、または汚れた作業ツリーの中を引っ張る
$ git pull                         (1)
Auto-merging nitfol
Merge made by recursive.
 nitfol                |   20 +++++----
 ...
$ git reset --merge ORIG_HEAD      (2)
  1. Even if you may have local modifications in your working tree, you can safely say git pull when you know that the change in the other branch does not overlap with them.作業ツリーにローカルの変更があったとしてもgit pull、他のブランチの変更がそれらと重ならないことを知っていれば安全に言えます。

  2. After inspecting the result of the merge, you may find that the change in the other branch is unsatisfactory. Running git reset --hard ORIG_HEAD will let you go back to where you were, but it will discard your local changes, which you do not want. git reset --merge keeps your local changes.マージの結果を調べた後、他のブランチでの変更が不十分であることがわかります。実行git reset --hard ORIG_HEADすると元の場所に戻りますが、ローカルの変更は破棄されます。git reset --mergeあなたの地域の変化を守ります。

Interrupted workflow 中断されたワークフロー

Suppose you are interrupted by an urgent fix request while you are in the middle of a large change. The files in your working tree are not in any shape to be committed yet, but you need to get to the other branch for a quick bugfix.あなたが大きな変化の真っ只中にいる間にあなたが緊急の修正要求によって中断されたと仮定してください。作業ツリーのファイルはまだコミットされるような形ではありませんが、迅速なバグ修正のために他のブランチに行く必要があります。

$ git checkout feature ;# you were working in "feature" branch and
$ work work work       ;# got interrupted
$ git commit -a -m "snapshot WIP"                 (1)
$ git checkout master
$ fix fix fix
$ git commit ;# commit with real log
$ git checkout feature
$ git reset --soft HEAD^ ;# go back to WIP state  (2)
$ git reset                                       (3)
  1. This commit will get blown away so a throw-away log message is OK.このコミットは吹き飛ばされるので、捨てログメッセージは問題ありません。

  2. This removes the WIP commit from the commit history, and sets your working tree to the state just before you made that snapshot.これにより、WIPコミットがコミット履歴から削除され、作業ツリーがそのスナップショットを作成した直前の状態に設定されます。

  3. At this point the index file still has all the WIP changes you committed as snapshot WIP. This updates the index to show your WIP files as uncommitted.この時点で、インデックスファイルには、スナップショットWIPとしてコミットしたすべてのWIP変更が残っています。これにより、WIPファイルがコミットされていないものとして表示されるようにインデックスが更新されます。

See also git-stash[1].git-stash [1]もご覧ください。

Reset a single file in the index インデックス内の単一ファイルをリセットする

Suppose you have added a file to your index, but later decide you do not want to add it to your commit. You can remove the file from the index while keeping your changes with git reset.ファイルをインデックスに追加したが、後でコミットに追加したくないと判断したとします。git resetを使って変更を保存しながらインデックスからファイルを削除することができます。

$ git reset -- frotz.c                      (1)
$ git commit -m "Commit files in index"     (2)
$ git add frotz.c                           (3)
  1. This removes the file from the index while keeping it in the working directory.これにより、ファイルは作業ディレクトリに保存されたままインデックスから削除されます。

  2. This commits all other changes in the index.これにより、インデックス内の他のすべての変更がコミットされます。

  3. Adds the file to the index again.ファイルをインデックスに再度追加します。

Keep changes in working tree while discarding some previous commits 以前のコミットを破棄しながら作業ツリーを変更しないでください。

Suppose you are working on something and you commit it, and then you continue working a bit more, but now you think that what you have in your working tree should be in another branch that has nothing to do with what you committed previously. You can start a new branch and reset it while keeping the changes in your working tree.あなたが何かに取り組んでいてそれをコミットし、それからもう少し作業を続けているとしましょう。しかし今度はあなたの作業ツリーにあるものは以前にコミットしたものとは関係のない別のブランチにあるべきだと思います。作業ツリーの変更を維持しながら、新しいブランチを開始してリセットすることができます。

$ git tag start
$ git checkout -b branch1
$ edit
$ git commit ...                            (1)
$ edit
$ git checkout -b branch2                   (2)
$ git reset --keep start                    (3)
  1. This commits your first edits in branch1.これで最初の編集が確定しますbranch1

  2. In the ideal world, you could have realized that the earlier commit did not belong to the new topic when you created and switched to branch2 (i.e. git checkout -b branch2 start), but nobody is perfect.理想的な世界で、あなたは以前にコミットすることを実現している可能性があり、あなたが作成したとに切り替えたときに新しいトピックに属していなかったbranch2(つまりgit checkout -b branch2 start)が、誰も完璧ではありません。

  3. But you can use reset --keep to remove the unwanted commit after you switched to branch2.あなたがにreset --keep切り替えた後しかし、あなたは不要なコミットを削除するために使用することができますbranch2

Split a commit apart into a sequence of commits コミットを一連のコミットに分割する

Suppose that you have created lots of logically separate changes and committed them together. Then, later you decide that it might be better to have each logical chunk associated with its own commit. You can use git reset to rewind history without changing the contents of your local files, and then successively use git add -p to interactively select which hunks to include into each commit, using git commit -c to pre-populate the commit message.論理的に別々の変更を多数作成し、それらをまとめてコミットしたとします。その後、後でそれぞれの論理チャンクをそれ自身のコミットに関連付けた方が良いかもしれないと判断します。ローカルファイルの内容を変更せずに履歴を巻き戻すにはgit resetを使用git add -pし、次にgit commit -cコミットメッセージを事前に設定するために使用する各ハンクを対話的に選択するために使用することができます。

$ git reset -N HEAD^                        (1)
$ git add -p                                (2)
$ git diff --cached                         (3)
$ git commit -c HEAD@{1}                    (4)
...                                         (5)
$ git add ...                               (6)
$ git diff --cached                         (7)
$ git commit ...                            (8)
  1. First, reset the history back one commit so that we remove the original commit, but leave the working tree with all the changes. The -N ensures that any new files added with HEAD are still marked so that git add -p will find them.最初に、元のコミットを削除するように履歴を1コミット戻して、作業ツリーにはすべての変更を残します。-Nは、で追加された新しいファイルHEADがまだマークされていることgit add -pを確認して、それらを見つけます。

  2. Next, we interactively select diff hunks to add using the git add -p facility. This will ask you about each diff hunk in sequence and you can use simple commands such as "yes, include this", "No don’t include this" or even the very powerful "edit" facility.次に、このgit add -p機能を使用して対話的に追加する差分ハンクを選択します。これは各diff hunkについて順番に尋ねてくるでしょう、そして "yes、include this"、 "no don't include this"あるいは非常に強力な "edit"機能のような単純なコマンドを使うことができます。

  3. Once satisfied with the hunks you want to include, you should verify what has been prepared for the first commit by using git diff --cached. This shows all the changes that have been moved into the index and are about to be committed.含めたいハンクに満足したら、を使って最初のコミットのために何が準備されたかを確かめるべきgit diff --cachedです。これは、インデックスに移動されてコミットされようとしているすべての変更を示します。

  4. Next, commit the changes stored in the index. The -c option specifies to pre-populate the commit message from the original message that you started with in the first commit. This is helpful to avoid retyping it. The HEAD@{1} is a special notation for the commit that HEAD used to be at prior to the original reset commit (1 change ago). See git-reflog[1] for more details. You may also use any other valid commit reference.次に、インデックスに保存されている変更をコミットします。この-cオプションは、最初のコミットで開始した元のメッセージからコミットメッセージを事前に入力するように指定します。これは再入力を避けるのに役立ちます。これHEAD@{1}HEAD、元のリセットコミット(1変更前)の前にあったコミットの特別な表記法です。詳細はgit-reflog [1]を見てください。他の有効なコミット参照も使用できます。

  5. You can repeat steps 2-4 multiple times to break the original code into any number of commits.元のコードを任意の数のコミットに分割するために、ステップ2〜4を複数回繰り返すことができます。

  6. Now you’ve split out many of the changes into their own commits, and might no longer use the patch mode of git add, in order to select all remaining uncommitted changes.今、あなたは多くの変更をそれら自身のコミットに分割し、そしてコミットモードのgit add残りのすべての変更を選択するためにもはやパッチモードを使用しないかもしれません。

  7. Once again, check to verify that you’ve included what you want to. You may also wish to verify that git diff doesn’t show any remaining changes to be committed later.もう一度、欲しいものが含まれていることを確認します。また、git diffが、後でコミットするために残っている変更を表示していないことを確認することもできます。

  8. And finally create the final commit.そして最後に最終コミットを作成します。

DISCUSSION討論

The tables below show what happens when running:以下の表は実行時に何が起こるかを示しています。

git reset --option target

to reset the HEAD to another commit (target) with the different reset options depending on the state of the files.リセットするためにHEAD別の(コミットtargetファイルの状態に応じて、異なるリセットオプションで)。

In these tables, A, B, C and D are some different states of a file. For example, the first line of the first table means that if a file is in state A in the working tree, in state B in the index, in state C in HEAD and in state D in the target, then git reset --soft target will leave the file in the working tree in state A and in the index in state B. It resets (i.e. moves) the HEAD (i.e. the tip of the current branch, if you are on one) to target (which has the file in state D).これらのテーブルでは、ABCおよびDファイルの一部異なる状態です。たとえば、最初のテーブルの最初の行は、ファイルがA作業ツリー内の状態B、インデックス内の状態、ターゲット内の状態CHEADおよび状態D内にある場合、git reset --soft targetそのファイルを作業ツリー内の状態のままにすることを意味します。Aそして状態のインデックスでB。それは(すなわち移動)をリセットHEAD(使用すると、1つ上にある場合、つまり現在のブランチの先端を)するtarget(状態のファイルを持っていますD)。

working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 A       B     C    D     --soft   A       B     D
			  --mixed  A       D     D
			  --hard   D       D     D
			  --merge (disallowed)
			  --keep  (disallowed)
working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 A       B     C    C     --soft   A       B     C
			  --mixed  A       C     C
			  --hard   C       C     C
			  --merge (disallowed)
			  --keep   A       C     C
working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 B       B     C    D     --soft   B       B     D
			  --mixed  B       D     D
			  --hard   D       D     D
			  --merge  D       D     D
			  --keep  (disallowed)
working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 B       B     C    C     --soft   B       B     C
			  --mixed  B       C     C
			  --hard   C       C     C
			  --merge  C       C     C
			  --keep   B       C     C
working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 B       C     C    D     --soft   B       C     D
			  --mixed  B       D     D
			  --hard   D       D     D
			  --merge (disallowed)
			  --keep  (disallowed)
working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 B       C     C    C     --soft   B       C     C
			  --mixed  B       C     C
			  --hard   C       C     C
			  --merge  B       C     C
			  --keep   B       C     C

reset --merge is meant to be used when resetting out of a conflicted merge. Any mergy operation guarantees that the working tree file that is involved in the merge does not have local change wrt the index before it starts, and that it writes the result out to the working tree. So if we see some difference between the index and the target and also between the index and the working tree, then it means that we are not resetting out from a state that a mergy operation left after failing with a conflict. That is why we disallow --merge option in this case.reset --merge競合したマージからリセットするときに使用されることを意図しています。マージ操作には、マージに関連する作業ツリーファイルが開始前にインデックスに対してローカルで変更されていないこと、および結果が作業ツリーに書き込まれることが保証されます。したがって、インデックスとターゲットの間、およびインデックスと作業ツリーの間に何らかの違いがある場合は、マージ操作が競合に失敗した後に残った状態からリセットされていないことを意味します。だからこそ私たち--mergeはこの場合に選択肢を認めないのです。

reset --keep is meant to be used when removing some of the last commits in the current branch while keeping changes in the working tree. If there could be conflicts between the changes in the commit we want to remove and the changes in the working tree we want to keep, the reset is disallowed. That’s why it is disallowed if there are both changes between the working tree and HEAD, and between HEAD and the target. To be safe, it is also disallowed when there are unmerged entries.reset --keep作業ツリーの変更を維持しながら、現在のブランチの最後のコミットの一部を削除するときに使用することを意図しています。削除したいコミットの変更と保持したい作業ツリーの変更との間に矛盾がある場合、リセットは許可されません。そのため、作業ツリーHEADとの間HEAD、およびターゲットとの間の両方に変更があっても許可されません。安全のために、マージされていないエントリがある場合も許可されません。

The following tables show what happens when there are unmerged entries:次の表は、マージされていないエントリがあるとどうなるかを示しています。

working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 X       U     A    B     --soft  (disallowed)
			  --mixed  X       B     B
			  --hard   B       B     B
			  --merge  B       B     B
			  --keep  (disallowed)
working index HEAD target         working index HEAD
----------------------------------------------------
 X       U     A    A     --soft  (disallowed)
			  --mixed  X       A     A
			  --hard   A       A     A
			  --merge  A       A     A
			  --keep  (disallowed)

X means any state and U means an unmerged index.X任意の状態をU意味し、マージされていないインデックスを意味します。

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

エラーテンプレートが表示されない

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る