stash

NAME

git-stash - Stash the changes in a dirty working directory awaygit-stash - 汚れた作業ディレクトリの変更を隠します。

SYNOPSIS概要

git stash list [<options>]
git stash show [<stash>]
git stash drop [-q|--quiet] [<stash>]
git stash ( pop | apply ) [--index] [-q|--quiet] [<stash>]
git stash branch <branchname> [<stash>]
git stash [push [-p|--patch] [-k|--[no-]keep-index] [-q|--quiet]
	     [-u|--include-untracked] [-a|--all] [-m|--message <message>]
	     [--] [<pathspec>…​]]
git stash clear
git stash create [<message>]
git stash store [-m|--message <message>] [-q|--quiet] <commit>

DESCRIPTION説明

Use git stash when you want to record the current state of the working directory and the index, but want to go back to a clean working directory. The command saves your local modifications away and reverts the working directory to match the HEAD commit.git stash作業ディレクトリとインデックスの現在の状態を記録したいが、クリーンな作業ディレクトリに戻りたい場合に使用します。このコマンドはローカルの変更を保存し、HEADコミットに合わせて作業ディレクトリを元に戻します。

The modifications stashed away by this command can be listed with git stash list, inspected with git stash show, and restored (potentially on top of a different commit) with git stash apply. Calling git stash without any arguments is equivalent to git stash push. A stash is by default listed as "WIP on branchname …​", but you can give a more descriptive message on the command line when you create one.このコマンドによって隠された変更はgit stash list、で一覧表示され、で検査されgit stash show、そして復元される可能性があります(別のコミットの先頭に)git stash applygit stash引数なしで呼び出すことは、と等価git stash pushです。隠し場所は、デフォルトでは " 支店の名前に WIP …"と表示されますが、作成時にコマンドラインにもっと説明的なメッセージを表示することができます。

The latest stash you created is stored in refs/stash; older stashes are found in the reflog of this reference and can be named using the usual reflog syntax (e.g. stash@{0} is the most recently created stash, stash@{1} is the one before it, stash@{2.hours.ago} is also possible). Stashes may also be referenced by specifying just the stash index (e.g. the integer n is equivalent to stash@{n}).あなたが作成した最新の隠し場所はに保存されrefs/stashます。古いstashはこのリファレンスのreflogにあり、通常のreflog構文を使用して名前を付けることができます(例えばstash@{0}、最近作成されたstash、stash@{1}その前のものstash@{2.hours.ago}も可能です)。隠し場所は、隠し場所インデックスだけを指定して参照することもできます(例えば、整数nはと同等ですstash@{n})。

OPTIONSオプション

push [-p|--patch] [-k|--[no-]keep-index] [-u|--include-untracked] [-a|--all] [-q|--quiet] [-m|--message <message>] [--] [<pathspec>…​] push [-p | --patch] [-k | - [no-] keep-index] [-u | - include-untracked] [-a | --all] [-q | --quiet] [ -m | --message <message>] [ - ] [<pathspec>…]

Save your local modifications to a new stash entry and roll them back to HEAD (in the working tree and in the index). The <message> part is optional and gives the description along with the stashed state.ローカルの変更を新しいstashエントリに保存し、それらを(作業ツリーとインデックス内の)HEADにロールバックします。<message>部分はオプションであり、stashed状態とともに説明を提供します。

For quickly making a snapshot, you can omit "push". In this mode, non-option arguments are not allowed to prevent a misspelled subcommand from making an unwanted stash entry. The two exceptions to this are stash -p which acts as alias for stash push -p and pathspecs, which are allowed after a double hyphen -- for disambiguation.スナップショットをすばやく作成するには、「プッシュ」を省略できます。このモードでは、スペルミスのあるサブコマンドが不要な隠し項目を作成するのを防ぐために、オプション以外の引数を使用することはできません。これに対する2つの例外は、2つのハイフンの後に使用できる曖昧さ回避のためのstash -palias stash push -pおよびpathspecのエイリアスとして機能するもの--です。

When pathspec is given to git stash push, the new stash entry records the modified states only for the files that match the pathspec. The index entries and working tree files are then rolled back to the state in HEAD only for these files, too, leaving files that do not match the pathspec intact.pathspecがgit stash pushに指定されている場合、新しいstashエントリーは、pathspecに一致するファイルについてのみ変更された状態を記録します。インデックスエントリと作業ツリーファイルは、これらのファイルについてのみHEADの状態にロールバックされ、パス仕様と一致しないファイルはそのまま残ります。

If the --keep-index option is used, all changes already added to the index are left intact.この--keep-indexオプションを使用すると、すでにインデックスに追加されているすべての変更はそのまま残ります。

If the --include-untracked option is used, all untracked files are also stashed and then cleaned up with git clean, leaving the working directory in a very clean state. If the --all option is used instead then the ignored files are stashed and cleaned in addition to the untracked files.この--include-untrackedオプションを使用すると、追跡されていないすべてのファイルも隠されてからクリーンアップされgit clean、作業ディレクトリは非常にクリーンな状態になります。--all代わりにこのオプションを使用すると、追跡されていないファイルに加えて、無視されたファイルが隠されて整理されます。

With --patch, you can interactively select hunks from the diff between HEAD and the working tree to be stashed. The stash entry is constructed such that its index state is the same as the index state of your repository, and its worktree contains only the changes you selected interactively. The selected changes are then rolled back from your worktree. See the “Interactive Mode” section of git-add[1] to learn how to operate the --patch mode.を使って--patch、HEADと作業ツリーの差分から隠しておくためのハンクを対話的に選択することができます。隠し項目は、その索引状態がリポジトリーの索引状態と同じになるように作成され、そのワークツリーには対話式に選択した変更のみが含まれます。選択した変更はワークツリーからロールバックされます。モードの操作方法については、git-add [1]の「対話モード」の節を参照して--patchください。

The --patch option implies --keep-index. You can use --no-keep-index to override this.--patchオプションは意味します--keep-index--no-keep-indexこれを上書きするために使用できます。

save [-p|--patch] [-k|--[no-]keep-index] [-u|--include-untracked] [-a|--all] [-q|--quiet] [<message>] save [-p | --patch] [-k | - [no-] keep-index] [-u | - include-untracked] [-a | --all] [-q | --quiet] [ <メッセージ>]

This option is deprecated in favour of git stash push. It differs from "stash push" in that it cannot take pathspecs, and any non-option arguments form the message.このオプションはgit stash pushのために廃止予定です。それはパス指定を取ることができないという点で「stash push」と異なり、オプション以外の引数はメッセージを形成します。

list [<options>] list [<オプション>]

List the stash entries that you currently have. Each stash entry is listed with its name (e.g. stash@{0} is the latest entry, stash@{1} is the one before, etc.), the name of the branch that was current when the entry was made, and a short description of the commit the entry was based on.現在持っている隠しエントリを一覧表示します。それぞれの隠し項目はその名前(例えばstash@{0}、最新の項目、stash@{1}前の項目など)、その項目が作成されたときに現在だったブランチの名前、およびその項目が基づいていたコミットの短い説明とともにリストされます。 。

stash@{0}: WIP on submit: 6ebd0e2... Update git-stash documentation
stash@{1}: On master: 9cc0589... Add git-stash

The command takes options applicable to the git log command to control what is shown and how. See git-log[1].このコマンドは、git logコマンドに適用可能なオプションを使用して、表示内容と表示方法を制御します。参照してくださいgitのログを[1]

show [<stash>]

Show the changes recorded in the stash entry as a diff between the stashed contents and the commit back when the stash entry was first created. When no <stash> is given, it shows the latest one. By default, the command shows the diffstat, but it will accept any format known to git diff (e.g., git stash show -p stash@{1} to view the second most recent entry in patch form). You can use stash.showStat and/or stash.showPatch config variables to change the default behavior.隠しエントリに記録された変更を隠しコンテンツと隠しエントリが最初に作成されたときのコミットバックとの差分として表示します。no <stash>を指定すると、最新のものが表示されます。デフォルトでは、このコマンドはdiffstat を表示しますが、git diffとして知られている任意の形式を受け入れます(たとえば、git stash show -p stash@{1}パッチ形式で2番目に新しいエントリを表示するため)。デフォルトの動作を変更するには、stash.showStatまたはstash.showPatch構成変数、あるいはその両方を使用できます。

pop [--index] [-q|--quiet] [<stash>] pop [--index] [-q | --quiet] [<stash>]

Remove a single stashed state from the stash list and apply it on top of the current working tree state, i.e., do the inverse operation of git stash push. The working directory must match the index.隠しリストから1つの隠し状態を削除し、それを現在の作業ツリー状態の上に適用しますgit stash push。つまり、の逆の操作を行います。作業ディレクトリはインデックスと一致する必要があります。

Applying the state can fail with conflicts; in this case, it is not removed from the stash list. You need to resolve the conflicts by hand and call git stash drop manually afterwards.状態を適用すると競合が発生する可能性があります。この場合、隠しリストからは削除されません。あなたはgit stash drop手動で競合を解決し、その後手動で呼び出す必要があります。

If the --index option is used, then tries to reinstate not only the working tree’s changes, but also the index’s ones. However, this can fail, when you have conflicts (which are stored in the index, where you therefore can no longer apply the changes as they were originally).この--indexオプションを使用すると、作業ツリーの変更だけでなくインデックスの変更も元に戻そうとします。ただし、競合があると(インデックスに格納されているため、元の変更を適用できなくなります)、これは失敗する可能性があります。

When no <stash> is given, stash@{0} is assumed, otherwise <stash> must be a reference of the form stash@{<revision>}.no <stash>が与えられているstash@{0}と仮定され、そうで<stash>なければフォームの参照でなければなりませんstash@{<revision>}

apply [--index] [-q|--quiet] [<stash>] apply [--index] [-q | --quiet] [<stash>]

Like pop, but do not remove the state from the stash list. Unlike pop, <stash> may be any commit that looks like a commit created by stash push or stash create.似てpopいますが、隠しリストから状態を削除しないでください。とは異なりpop、または<stash>によって作成されたコミットのように見える任意のコミットである可能性があります。stash pushstash create

branch <branchname> [<stash>] ブランチ<branchname> [<stash>]

Creates and checks out a new branch named <branchname> starting from the commit at which the <stash> was originally created, applies the changes recorded in <stash> to the new working tree and index. If that succeeds, and <stash> is a reference of the form stash@{<revision>}, it then drops the <stash>. When no <stash> is given, applies the latest one.が最初に作成され<branchname>たコミットから始まる名前の新しいブランチを作成してチェックアウトし、<stash>記録された変更を<stash>新しい作業ツリーとインデックスに適用します。それが成功し、そしてそれ<stash>がフォームの参照であるならばstash@{<revision>}、それはそれからドロップし<stash>ます。no <stash>が与えられると、最新のものを適用します。

This is useful if the branch on which you ran git stash push has changed enough that git stash apply fails due to conflicts. Since the stash entry is applied on top of the commit that was HEAD at the time git stash was run, it restores the originally stashed state with no conflicts.これはあなたが実行したブランチが衝突のために失敗git stash pushするほど十分に変更されている場合に便利ですgit stash applygit stash実行された時点でHEADであったコミットの上に隠し項目が適用されるので、元の隠し状態を矛盾なく復元します。

clear クリア

Remove all the stash entries. Note that those entries will then be subject to pruning, and may be impossible to recover (see Examples below for a possible strategy).隠しエントリをすべて削除します。これらのエントリは剪定の対象となり、回復することは不可能な場合があることに注意してください(考えられる戦略については下記の例を参照してください)。

drop [-q|--quiet] [<stash>] drop [-q | --quiet] [<stash>]

Remove a single stash entry from the list of stash entries. When no <stash> is given, it removes the latest one. i.e. stash@{0}, otherwise <stash> must be a valid stash log reference of the form stash@{<revision>}.隠しエントリのリストから隠しエントリを1つ削除します。no <stash>が与えられると、それは最新のものを削除します。つまりstash@{0}、それ以外の場合<stash>はフォームの有効なstashログ参照でなければなりませんstash@{<revision>}

create つくる

Create a stash entry (which is a regular commit object) and return its object name, without storing it anywhere in the ref namespace. This is intended to be useful for scripts. It is probably not the command you want to use; see "push" above.隠しエントリ(通常のコミットオブジェクト)を作成し、ref名前空間のどこにも格納せずにそのオブジェクト名を返します。これはスクリプトに役立つように意図されています。おそらくあなたが使いたいコマンドではないでしょう。上記の「プッシュ」を参照してください。

store 格納

Store a given stash created via git stash create (which is a dangling merge commit) in the stash ref, updating the stash reflog. This is intended to be useful for scripts. It is probably not the command you want to use; see "push" above.git stash create(ダングリングマージコミット)によって作成された特定のstashをstash refに格納し、stash reflogを更新します。これはスクリプトに役立つように意図されています。おそらくあなたが使いたいコマンドではないでしょう。上記の「プッシュ」を参照してください。

DISCUSSION討論

A stash entry is represented as a commit whose tree records the state of the working directory, and its first parent is the commit at HEAD when the entry was created. The tree of the second parent records the state of the index when the entry is made, and it is made a child of the HEAD commit. The ancestry graph looks like this:隠しエントリはコミットとして表現され、そのツリーは作業ディレクトリの状態を記録し、その最初の親はHEADエントリが作成された時点のコミットです。2番目の親のツリーは、エントリが作成されたときのインデックスの状態を記録し、それがHEADコミットの子になります。祖先グラフは次のようになります。

       .----W
      /    /
-----H----I

where H is the HEAD commit, I is a commit that records the state of the index, and W is a commit that records the state of the working tree.ここHで、はHEADコミット、IインデックスWの状態を記録するコミット、作業ツリーの状態を記録するコミットです。

EXAMPLES

Pulling into a dirty tree 汚れた木に引っ張る

When you are in the middle of something, you learn that there are upstream changes that are possibly relevant to what you are doing. When your local changes do not conflict with the changes in the upstream, a simple git pull will let you move forward.あなたが何かの真ん中にいるとき、あなたはあなたがしていることにおそらく関連している上流の変化があることを学ぶ。あなたの地域の変化が上流の変化と矛盾しないとき、単純なものgit pullはあなたが前進することを可能にするでしょう。

However, there are cases in which your local changes do conflict with the upstream changes, and git pull refuses to overwrite your changes. In such a case, you can stash your changes away, perform a pull, and then unstash, like this:ただし、ローカルの変更がアップストリームの変更と競合し、変更git pullを上書きすることを拒否する場合があります。このような場合は、次のように、変更内容を隠してプルを実行してから、元に戻すことができます。

$ git pull
 ...
file foobar not up to date, cannot merge.
$ git stash
$ git pull
$ git stash pop
Interrupted workflow 中断されたワークフロー

When you are in the middle of something, your boss comes in and demands that you fix something immediately. Traditionally, you would make a commit to a temporary branch to store your changes away, and return to your original branch to make the emergency fix, like this:あなたが何かの真ん中にいるとき、あなたの上司は入ってきて、あなたがすぐに何かを直すことを要求します。伝統的には、あなたはあなたの変更を保存するために一時的なブランチにコミットし、次のように緊急修正をするためにあなたの元のブランチに戻るでしょう:

# ... hack hack hack ...
$ git checkout -b my_wip
$ git commit -a -m "WIP"
$ git checkout master
$ edit emergency fix
$ git commit -a -m "Fix in a hurry"
$ git checkout my_wip
$ git reset --soft HEAD^
# ... continue hacking ...

You can use git stash to simplify the above, like this:次のように、git stashを使って上記を単純化することができます。

# ... hack hack hack ...
$ git stash
$ edit emergency fix
$ git commit -a -m "Fix in a hurry"
$ git stash pop
# ... continue hacking ...
Testing partial commits 部分コミットのテスト

You can use git stash push --keep-index when you want to make two or more commits out of the changes in the work tree, and you want to test each change before committing:あなたは使用することができgit stash push --keep-indexますが、作業ツリーの変更のうち、二つ以上のコミットを作りたいとき、あなたがコミットする前に、各変更をテストします:

# ... hack hack hack ...
$ git add --patch foo            # add just first part to the index
$ git stash push --keep-index    # save all other changes to the stash
$ edit/build/test first part
$ git commit -m 'First part'     # commit fully tested change
$ git stash pop                  # prepare to work on all other changes
# ... repeat above five steps until one commit remains ...
$ edit/build/test remaining parts
$ git commit foo -m 'Remaining parts'
Recovering stash entries that were cleared/dropped erroneously 誤って消去または削除された隠し場所項目の回復

If you mistakenly drop or clear stash entries, they cannot be recovered through the normal safety mechanisms. However, you can try the following incantation to get a list of stash entries that are still in your repository, but not reachable any more:誤って隠し場所のエントリを削除または削除した場合、それらは通常の安全メカニズムでは回復できません。ただし、次のようにして、まだリポジトリには残っているが到達できなくなったstashエントリのリストを取得できます。

git fsck --unreachable |
grep commit | cut -d\  -f3 |
xargs git log --merges --no-walk --grep=WIP

SEE ALSO関連項目

git-checkout[1], git-commit[1], git-reflog[1], git-reset[1]git-checkout [1]git-commit [1]git-reflog [1]git-reset [1]

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

# コメントを記述する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る