case 条件分岐構造を作る

条件分岐構造を作る

構文

case 式 in 式) コマンド esac

説明

条件分岐構文を作る。以下の例のように,シェル変数の値が1のときは,2のときは,…という条件分岐を実現したい場合は,if文を組み合わせるより,case文を使ったほうが分かりやすいコードを記述できる。式の部分には正規表現を記述できるため,最後の条件を*としておくと,他のすべての条件に合致しないときにコマンドnを実行できる。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

サイトの安全性を確認するサービス McAfee SiteAdvisor

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る