trap システム割り込み時の処理を設定する

システム割り込み時の処理を設定する

構文

trap [-l] [-p] commands signal_number

説明

システム割り込みが発生した場合の処理内容を設定する。主なシグナル番号と意味は以下のとおり。使用例では,CTRL+Cを押すと,"CTRL+C is pushed."というメッセージが出力されるように設定している。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

NULLIF関数 等しい場合にNULLを返す

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る